fc2ブログ

いざ総本山へ! 【永福町大勝軒】

2022.11.18

 前記事の続きで… というか、時系列ではこっちが先だが、永福町といえば「大勝軒」。

なぜかいつも立ち寄るポイントになっている井の頭公園の「ジブリ美術館」横のトイレのあと、今回はそこで玉川上水をそれ、井の頭公園駅の先で神田川を渡って立教通りへ。
このまま行くと井ノ頭通りと合流するはずだが、井ノ頭通りといえば「永福町大勝軒」。
たしか11時開店で、このタイミングだと開店直前に着けそうで、もしかしたら行列しないで入れるかも。そう考えればめったにない機会であり、今日入らなかったら一生入れないかも…
――と思ったのである。

創業1955年の「永福町大勝軒」。
昭和のころより行列店の代名詞的存在である。


20221118 eifuku-taishoken-11


11時5分前に到着。順番待ち1人。
読みは当たった… というか、食べ終わって出てくる人もいて、とっくに営業していた気配。
あとでHPを確認すると営業時間はやっぱり11:00~ で、どうなってるの? (・・∂)


20221118 eifuku-taishoken-23


近くの駐輪場に自転車を止める。
ちなみに僕は、(1~3時間無料の)駐輪場の位置はけっこう広域で把握しており、こういう一刻を争う場合にそれが役立つ。トイレとともに都会のちゃりんこライダーに欠かせない情報スキルといえよう。


20221118 eifuku-taishoken-12


で、お店に戻ると順番待ち2人で僕が3番目。
僕の後ろに行列はみるみる伸びていき、なかなかの見ものであった。

待っている間、人数と麺量を確認される。
「麺少なめもできますが?」
こちらは量が多いので有名なのだ。
「いえ、普通で大丈夫です」


20221118 eifuku-taishoken-13


入店までに7~8分。
L字形カウンターの端の席で、ラッキー。
注文は中華麺。


20221118 eifuku-taishoken-14

20221118 eifuku-taishoken-15


意外なことに、いつも横目に見ながら通り過ぎている大行列の印象とは対照的に、店内はゆったり落ち着いた雰囲気。BGMはクラシック音楽だ。
いすの配置に余裕があるのに加え、カウンターの天板に奥行きがあるため、1人当たりのテーブル面積がすごく広い。土地持ちになった気分である。
若い店員さんの接客も物腰柔らかく洗練されている。


20221118 eifuku-taishoken-16


約5分で中華麵来る。
ステンレストレー&でっかいどんぶりというのが、こちら系統のスタイルだ。


20221118 eifuku-taishoken-17


こちら系統とは、同じ「大勝軒」でも、この20年ほどの間に大きく勢力を伸ばした“東池袋系”ではなく、当店をおおもととする“永福町系”のこと。
そのへんの事情についてはこちらの記事を参照いただければ。


20221118 eifuku-taishoken-18


中華麺はスープの表面に油膜が張られ、いつまでも熱々。
煮干しの香りが記憶中枢を刺激する。


20221118 eifuku-taishoken-19


初めて食べるのに懐かしい。
昔よく食べた「一ツ橋 大勝軒」「保谷大勝軒」が思い出されるだけでなく、そのもっと先にも何かありそうな。


20221118 eifuku-taishoken-22
「EIFUKUCHOTAISHOKEN RAMEN STORY」, 2022 May(創刊号)より


麺がやわいのも、こちらの特徴とされている。
麺がやわいと条件反射的に急いで食べようとする。
熱々を急いで食べたらどうなるか。
最後、汗だくに ( >▽< ;;


20221118 eifuku-taishoken-20
食べ終わってお店を出ると、ご覧のとおり


ラーメンとは、個人的な体験。
わがラーメン人生が走馬灯のごとく…。


20221118 eifuku-taishoken-21
時刻は11時30分


[DATA]
永福町大勝軒
東京都杉並区和泉3-5-3
http://eifuku-taishouken.com/





[Today's recommendation]

wachat221118-33.jpg




https://youtu.be/wolO4fJr70Y



20221118 eifuku-taishoken-24


されど奥深い 【川越城 富士見櫓跡】

2022.10.18

 久々に自転車で川越へ。
今日通ったルートで片道25kmくらいと、川越は遠い。
遠いので、自転車でそんなとこまで行っちゃうと心細くなる。
以前は必ずそうだった。

が、コロナ禍のマイブーム“近場観光”で川越はしょっちゅう車で出掛けるようになっており、心理的距離感が縮まっているらしい。
観光客の間を縫って地元民のように自転車をスイスイ走らせてる自分🚴

でも通ったことのない場所に少し踏み込んだだけで思いがけないものに出くわす。
川越の街は奥が深い。


20221018 miyoshino-shrine-11


駐車場と観光地の行き来でいつも歩く初雁城通りの一本南を通ってみると、いきなり小山のような地形が現れた。
ちょうど富士塚のような形で、その下には“川越城富士見櫓跡”の石柱が立っている。


20221018 miyoshino-shrine-12


富士塚ならぬ富士見櫓…
自転車を下りて上ってみることに。


20221018 miyoshino-shrine-13


樹木が茂って見晴らしが利かなくなっているが、いちおう川越駅方面を望むことができる。


20221018 miyoshino-shrine-14


富士見櫓の反対側に少し下りられるようになっており、その先に鳥居が3つ。


20221018 miyoshino-shrine-15
富士浅間神社(左)と、富士見稲荷神社の鳥居(右)

20221018 miyoshino-shrine-16
御嶽神社(左)と、富士浅間神社(右)

20221018 miyoshino-shrine-17
御嶽神社


――かつて天守閣が無い川越城の天守閣代わりとして、見張りや防戦の足場として活躍した富士見櫓の跡地です。数少ない川越城の遺構として現存しています。跡地内には、御嶽神社、富士浅間神社、富士見稲荷神社が祀られています。小江戸川越観光協会HP

と、このような情報はすべて帰ってきてから調べたもので、現場では何も知らないまま動いている。
ブログ記事にするつもりもなく見たままにシャッターを押しているだけで、やっぱり記事にしてみようかとなって、あれも撮ればよかったこれも撮ればよかったとなっても後の祭り。


20221018 miyoshino-shrine-18

20221018 miyoshino-shrine-19

20221018 miyoshino-shrine-20
富士見稲荷神社


へたくそな写真で申し訳ない… という言い訳でした m(_ _;)m

(へたくそなままに、つづく


20221018 miyoshino-shrine-21


[DATA]
川越城 富士見櫓跡
埼玉県川越市郭町2
https://koedo.or.jp/spot_201/





[Today's recommendation]

wachat221018-11.jpg




https://youtu.be/0BILqwUUUpQ


これも東京ラーメン原風景 【丸福中華そば 西荻店】

2021.12.11

 ブログタイトルに“昭和”とついているくらいだから、ある意味時間が止まっている部分があって、たとえばラーメン。
いまどきの人気店にはさほど興味はないが、往年のビッグネームに弱い。
「丸福」なんて、名前を聞いただけでひれ伏す。


20211211 marufuku-1120211211 marufuku-12


いまの人にはそのへんの基準がわからないだろうから、お店も混むことはない。
土曜の12時40分で先客2名。
ありがたいことです。


20211211 marufuku-13


が、こちらの「丸福」さん、かの「丸福」とはビミョーに系統が違うらしい。


20211211 marufuku-14


そのへんの事情について、あるいはそもそも「丸福」とは何か、過去記事を参照していただければと。
なお、“かの「丸福」の謎”に関してはこちらの記事が少し迫ってるかも。


20211211 marufuku-1520211211 marufuku-16


1・2階の2フロアで、1階はカウンター5席と小さいお店。
いまはコロナ対応で4席に減らしてあり、思いのほかゆったり落ち着ける。


20211211 marufuku-18


人気No.2という玉子そばを注文。
昔は代名詞的な品で、1人で入るときはいまだにそれ。
いまのNo.1はワンタン麺で、後客4名の注文は全部そっちだった。


20211211 marufuku-17


店員さんは若めの男女で、普通に日本語を話すが知らない言語も聞こえてくるので、中国系の方かな。昔はプライド高そうなおやじがやっていたものだが…。
いまは作り手側にも過去の栄光の記憶は引き継がれていないだろう。


20211211 marufuku-1920211211 marufuku-20


しかし、ひと口スープをすすって「あ… 丸福だ!」と、味のほうはしっかり継承されているのである。
いいかげんな味覚の人間がごくたまに食べても思い出される味。


20211211 marufuku-2120211211 marufuku-22


こちらのスープは、千葉県・入正醤油の超特選しょうゆを使い、玉子の煮汁とそぼろを加えることで独特の風味を醸し出している。魚介系は使っていない。
スッと鼻に抜ける香気は、いまなお気高い。


20211211 marufuku-23


年の瀬にノスタルジックな感情が高まるのは、自分だけだろうか。


20211211 marufuku-24


[DATA]
丸福中華そば 西荻店
東京都杉並区西荻南3-25-7





[Today's recommendation]

wachat211211.jpg




https://youtu.be/Ezqen5-UxlQ



20211211 marufuku-25
西荻窪駅はすごい人出


超ボリューミーでお得なセット 【秀味軒】

2019.11.12

 記事内容と関係ないけど、がんばれアズミ… ←あ、友人にあてたメッセージにすぎず深い意味はありません。気にしないでください(←ブログの私物化疑惑)。←理不尽に忙しくてヤサグレてるだけなので。どうもすいません (*_ _)人

忙しいときほど、意地でも外に食べに行ってやる…! となる。
しかし昼ごはんの時間はキリのいいところで、というそのキリのいい… が、忙しいとどうしても後ろにずれ込み、14時を過ぎることも珍しくない。
忙しいと昼ごはんのお店が限られる。


20191112 shumiken-11


久米川の西友通り商店街中ほどの中国料理店は、いわゆる鬼門物件である。
中華屋、ラーメン屋と立て続けに撤退したあと「清香屋」が2009~18年とがんばったが、そのあとに入った「鴻福」はまた1年半という短期間しかもたなかった。


20191112 shumiken-12


いまは「秀味軒」という、外観からしてこれまでと同系統すなわち台湾系とみられる中国料理店となっている。


20191112 shumiken-1320191112 shumiken-14


昼の営業時間は11:00~15:00。
あいててよかったナンチャラカンチャラ。


20191112 shumiken-16


先日、通りすがりに見た店頭の品書きで気になっていたものがある。
ラーメンセット:麺類5種類+飯類9種類から組み合わせ自由で昼700円(税別)というもので、麺類トップに載っている台湾ラーメンが気になった。
単に好きなんだが、セットでその値段はかなりオトクなんじゃないか?


20191112 shumiken-15


せっかくだから飯類を台湾炒飯というものにして、W台湾で攻めることにした。
ちなみに台湾ラーメンとは名古屋発祥のラーメンで台湾とは何の関係もないというのは有名な話。
でもこういうたべものを作らせたら台湾系の人は上手に決まってる、というイメージ。ターミー麺とちょっと似てるし… とワタシは考える。


20191112 shumiken-18


台湾ラーメンは、なんかこうコザッパリした盛り付けだ。区画内に空き地が多いというか、具の量があっさりしてる。ちょっと酸味のあるピリ辛ひき肉とコクのあるスープのバランス感はいいと思う。
麺が特徴的で、やや太めで非常にコシが強い。


20191112 shumiken-19-2


台湾炒飯の量に驚かされる。勝手に半チャーハンと思い込んでいたが、フルサイズでこれより少ないところも普通にあるんじゃないの…? というボリュームである。
気合入れないと完食できないセットなのだった。


20191112 shumiken-20


具はこちらもシンプルで、細かく刻まれたチャーシュー、卵、ワケギ。赤っぽいものはチャーシューの縁のようで、ちゃんと焼いて作っているのかも。


20191112 shumiken-17


支払いでおねえさんに「前のお店とは違うんですよね?」と、いちおう確認。「鴻福」のときもそうだったなぁ…。
「いつからですか?」
「7月」
にこやかで感じのいいおねえさんで、そういうのも妙にデジャヴ感。
長くがんばっていただきたい。


20191112 shumiken-24


[DATA]
秀味軒
東京都東村山市栄町2-4-14





[Today's recommendation]

wachat191112.jpg




https://youtu.be/lfMKfsZ7qyU
https://youtu.be/IJOuoyoMhj8


そばセット探索の旅へ 【滝乃家】

2019.07.25

 いま、そば屋のセットメニューに関心がいっている。
これは一般的に、そば or うどん+ミニ丼をメインにお新香・小鉢類が付くという内容のもの。
栄養バランスはともかく麺+丼は好きな組み合わせではあるが、ネックは価格で、相場が1000~2000円との情報も寄せられている。
700~800円のそば屋のセットメニューを発見できればめっけものじゃないか?

いままさに、片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず。
千住宿ならぬ、まずは近場の既知のお店へ。


190725 takinoya-31


東村山青葉町の「滝乃家」はセットメニューが豊富で、1000円以下のものも少なくなかったはず。
ここをアッパーリミットに探索を始めようというわけである。


190725 takinoya-13


「滝乃家」の一番人気は、たぶんソースカツ丼。
ソースカツ丼は福井県のご当地名物。福井出身のご主人の望郷の思いが込められた一品である。
ソースカツ丼単品が900円、そば・うどんとのセットが1050円、セットの丼がミニになると950円。


190725 takinoya-14


ミニソースカツセット950円を注文。
「冷たいの?」と、お店のおかあさん。
「あ…? はい、冷たいの」と僕。
「おそば?」
「おそば」

このやりとりで当方に重大な落ち度があったことが後ほど判明することになる。


190725 takinoya-18
190725 takinoya-19
これもなかなか惹かれるものがある“夏のおすすめ”メニュー


提供までに約10分。
ミニソースカツセットの荷姿は、丼+ザルではなく丼+丼。


190725 takinoya-20


丼はまあミニだが、そばの量がすごいんじゃないの…!? と一瞬ビビるが、ちゃんとすのこが敷いてあるので大丈夫。そばの量も普通である。


190725 takinoya-32


ソースカツ丼は千切りキャベツの上にソースに浸したカツがのっている。
カツはレギュラー丼で3枚、ミニ丼で2枚。ちょっと酸味のある甘いソースが食欲を刺激する。
そばのつゆはかつおだしの香り高く、辛めのかえしとのバランスもよい。街そばとしてはかなりレベルが高いといえる。


190725 takinoya-22


途中、ふと違和感を覚える。
いま食べているそば、もりじゃなくおろしのはずでは…? と、古い記憶が問いかける。


190725 takinoya-16
“ふる里福井名物”の品書き


左手の壁の品書きを確認すると、“ふる里福井名物 ミニソースカツセット(冷やしおろしまたは温たぬき)950円”とある。これは記憶どおりで、そのつもりで注文した。
ところが正面の壁の“滝乃家おすすめミニシリーズ”は、“※セットにはもりまたはたぬき付き”となっている。
値段は同じ950円。


190725 takinoya-15
“滝乃家おすすめミニシリーズ”の品書き


どういうことか?
まあ、記憶やこのブログの過去記事の写真等から推測するに、どうやらこれは一種のダブルスタンダードと思われる。だって単品ならもりとおろしで200円も違うのだ(500円と700円)。もちろん悪意などはなく、たぶん整合をとるのがめんどくさいから放っといてるだけという (;^_^A アセ…
注文時、「冷たいおろしそば」と正確に申告する必要があったのだ。


190725 takinoya-17
メニュー表では“ざる”と、全部違う(笑)


実はブログ記事にないのが自分でも意外なほど以前はよく食べていたセットで、甘めのソースカツ丼とさっぱりしたおろしそばの組み合わせが絶妙。それを紹介するつもりが今回かなわず、まことに残念。

もりそばとの組み合わせも悪くないが、旅の始まりにあたってはおろしそばを食べたつもりになって、「ミニソースカツ丼+おろしそば、お新香・小鉢付き950円」というハイレベルなボーダーラインを設定したい。
しょっぱなからずっこけた感はあるが、ともあれ、そばセット探索の旅へ。


190725 takinoya-11


[DATA]
滝乃家
東京都東村山市青葉町2-1-3





[Today's recommendation]

wachat190725.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/Zsx-qV2Ax9E


https://youtu.be/DpmlAG-X4DY


気候変動下のシーズン到来 【大清かまぼこ店】

2018.11.17

 鍋シーズン立ち上がりの動きが鈍い。
気候変動すなわち地球温暖化とその影響、具体的には11月中旬までに木枯らし1号が吹いていないことが、家庭の食卓に影を落としている。
秋の芋煮鍋を皮切りに、その次がおでんというのがうちのパターン。
そのおでんをまだやっていない。気候変動と併せ、そのタイミングで萩山の定食屋さん「じろえもん」でテイクアウトしたことも影響している。


181117 daiseikamaboko-12


ということで、おでん種を買いにひばりが丘へ。


181117 daiseikamaboko-13


おでんの練り物は「大清かまぼこ店」と決めている。


181117 daiseikamaboko-55181117 daiseikamaboko-56181117 daiseikamaboko-57


ここの味に慣れるとスーパーの練り物はちょっと厳しい。
ほかに吉祥寺の「塚田蒲鉾店」があるが、味はよいが価格的にちょっとキビシイ。


181117 daiseikamaboko-58181117 daiseikamaboko-59


うずら玉子巻、ウインナー巻、利休揚、いんげん揚、はす揚、ごぼう巻(以上90円×3)、自家製 上半ぺん150円×2を購入。


181117 daiseikamaboko-60181117 daiseikamaboko-61


おでんのシメは、ご飯に豆腐をのせて汁をぶっかける日本橋「お多幸本店」の“とうめし”風、またはうどん。


181117 daiseikamaboko-14


帰り道のルートを変えて、うどんを買いに東久留米団地(上の原)へ。


181117 daiseikamaboko-31
「大清かまぼこ店」でつい練り物を買いすぎるので、うちのおでんは茶色い。入りきらない豆腐やジャガイモ、ロールキャベツなどを追加する2日目は色味もよくなる


[DATA]
大清かまぼこ店
東京都西東京市ひばりが丘北4-2-25





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=hNPBclhziXE



wachat181117-2-22.jpg





 時空のひずみ、アクティブ化

2018.11.17 さぬきや/埼玉県新座市西堀2-5-18

181117 sanukiya-55


東久留米団地の建て替えなどにより生じる広大な余剰地について、東久留米市上の原地区土地利用構想が策定され、大規模工事が実施されている。具体的には、日帰り温浴施設、ホームセンター、複合商業施設ができるらしい。こんな駅から遠く主要道路が通っているわけでもない土地に…? という謎の事業である。


181117 sanukiya-16


その北側。東久留米団地とともに栄え、衰退した商店街「西堀銀座」。
残された数少ないお店の一つ「さぬきや」は、当ブログの記事第1号である。
訪れた当時はブログをやるとは夢にも思っていなかったが、何か貴重な記録のような気がして写真を撮らせてもらった。それがいまにつながっている。

手打うどん130円(+税)を2玉購入。


181117 sanukiya-56181117 sanukiya-57


再開発事業が完成すれば、この商店街はいよいよ立ち行かなくなるかもしれない。
あるいは、最新施設とレトロな横丁とのギャップのおもしろさから、リノベーションが進むかもしれない。


181117 sanukiya-13


清瀬ストロングスタイル 【千成亭】

2017.07.18

 昨夜のニュースで狭山の入間川緑地のヤマユリが見ごろを迎え… というのをやっていて、そういえば今年ヤマユリを見ていない、狭山で見ごろということはこのあたりは過ぎてるかも、とにわかに焦りを覚えた。
で、急きょ近場の自生地の一つ、清瀬の中里緑地に行ってみることに。

ここは春先のカタクリが有名で、毎年花のころには“きよせカタクリまつり”が開かれる。
清瀬市のホームページには緑地について次のように記されている(原文ママ)。

――中里二丁目地内に残る24,717平方mの雑木林は、東京都が、都民が快適に生活することができる都市づくりのため設けている「東京都における自然の保護と回復に関する条例」に基づき、平成元年に東京都により清瀬中里緑地保全地域として指定されています。ここは空堀川に面した河岸段丘斜面で、市街化が進み、段丘斜面の一部も宅地されつつあるなか、良好な状況を保っている貴重な自然地です。

その空堀川沿いの斜面にまず入ってみたが、やはりというか、花はすっかり終わっていた。
そこで、もう一つのポイントである清瀬四小の向かいの斜面に行ってみる。こちらは北面だからか、まだ何株か見ごろの花をつけている。しかしだいたいが立ち入り禁止区画の奥のほうで、僕の撮影機材(iPhone !)ではあまりに遠い。無理やり一株写真に収めたけど、まあ白い花というのがわかればいいや(笑)。


sennaritei23.jpg


そのまま清瀬駅方面に向かい、突発的に「一元」でラーメンを食べようとしたが定休日。
その“突発”を起こす前はちゃんと計画的に店を決めていたので、速やかに当初路線に復帰して、駅南口の中華屋「千成亭」へ。


sennaritei27.jpg


ここは以前チャーハンを食べたときにスープがおいしかったので、次はチャーハンスープと汁が共通と思われるしょうゆラーメン系にしようと決めていた。
しょうゆ系とは基本、ラーメン、チャーシューメン、ワンタンメンの3種。ほかに、たとえばこの店のメニューならメンマラーメン、ワカメラーメンあたりもそうだと思うが、ラーメンと同じ味のものということ。つまりトッピングがスープに影響を及ぼさない。
初めて入る中華屋では基本のラーメンを食べてみたい。でもそれではちょっと寂しいというとき、僕はワンタンメンを頼むことが多い。


sennaritei26.jpg


店内はカウンター9席と小上がりに4人掛け座卓2つ。
カウンターがちょっと変わった形で、途中カクカクッと曲がる。断層(地震を起こすアレ)でいえば正断層の形。って、どんな例えだ(笑)。そのすべったあたりに座る。


sennaritei28.jpg


この暑さのなか、あったかい麺というのもどうかと思われたが、先客2人が食べているのはタンメンとみそラーメン。代表的な汗かきメニューである。この2品に比べたらワンタンメンなんか軟弱もいいとこだ。


sennaritei21.jpg

sennaritei22.jpg


こちらのお店はご夫婦かな、初老の男女で営まれている。
おとうさんはひたすら中華鍋で勝負するタイプのようで、よく見てなかったが気配からは玉子丼も中華鍋でガコガコやってたような気がする。
麺ゆではおかあさんの担当で、炒め工程の入らないワンタンメンの場合、お母さんのみの作業となる。


sennaritei29.jpg


ワンタンメン560円。
具は、チャーシュー、メンマ、ナルト、ワカメ、ネギ。スープは鶏ガラベースの懐かし系で、思ったとおりの味。麺は、まあ昔の中華麺。ワンタンは皮がしっかりしている、というか硬めのゆで加減。
スープ、具ともくせのないシンプルな味付けで、レベルの高さを感じる。
特にチャーシューがおいしい。甘め濃いめの味付けで、それがあっさりスープによく合う。普段あまり食べないチャーシューメンが急浮上する。


sennaritei30.jpg


あとに入ってきてすぐ横に座ったおじさんのオーダーが、広東メン。汗かき麺の西の横綱だ。
なぜこの店はこんなストロングスタイルの客が多いのか?
ワンタンメンの軟弱おやじはすごすごと退散するしかないのであった。


sennaritei24.jpg


[DATA]
千成亭
東京都清瀬市松山1-41-20





[Today's recommendation]

kawau11-22.jpg
カワウ(空堀川)



yamayuri11-22.jpg
ヤマユリ(中里緑地)




https://youtu.be/3JeuQ-CA67w


小皿・小鉢のおもてなし 【日光】

2017.04.13

 清瀬のとんかつの名店「枡壱」の様子を見に行ったのだが、「二月をもちまして閉店させていただきます」との張り紙。長く休んでいたから嫌な予感はしていたが、こう事実を突き付けられるとさすがにショックを受ける。お気に入りの店としては、最近では小平の「丸徳」に続いての悲報となった。

ショックを受けても腹は減るもので…。復活していたら「枡壱」に入ろうと思っていたので気持ちはとんかつ寄りだ。
次に「みゆき食堂」に向かうも、こちらもシャッター。日曜定休だと思っていたんだが、あとで調べたら日・月・木と休みだった。
それならば、と前から気になっていた「日光」へ。


nikko26.jpg


ここは店先に定食メニューが見やすく掲示されていて、前を通るたびに「むむっ」となっていた。650円均一なのである。
サイコロステーキとかロースかつとかも650円。この立地でその値段はすごい。


nikko25.jpg


店内は、右手にL字形カウンター、左が広めの座敷になっている。
店構えからして何となく和風のユニフォームの店員さんをイメージしていたのだが、カウンターの中の男性はTシャツの重ね着にデニムのパンツといたってラフな格好だ。和食店というより喫茶店のマスター風である。


nikko21.jpg


壁の調理師免許証は栃木県知事発行のものだから、店名は郷里からとったのだ。名義人は昭和2年生まれ、今年90歳の方である。まだ厨房に立つことはあるんだろうか。ないだろうな。
こちらのマスターは息子さんか? この方、ぱっと見より、見れば見るほど若く思えてくる。僕と同じくらい、ひょっとしたら年下かもしれない。


nikko22.jpg


サイコロステーキ定食650円。
僕はステーキというものを進んで食べることはほぼないので、せっかくだからこれにした。
で、上のビジュアルなのであった。

メインのプレート、ご飯とみそ汁のほかに小皿・小鉢の数がなんと7個。想像をはるかに超える実物に、「むむむむっ」となった。これで650円なのである。
サイコロステーキの横にカニクリームコロッケ。ほかに、やっこ、サラダ、舞茸てんぷら、厚焼き玉子、煮豆、おしんこ、そしてお菓子(栗しぐれ)。しつこいようだが650円。


nikko23.jpg


メインのステーキはとりあえずおいといて、舞茸のてんぷらがおいしい。コレステロールゼロの油使用とある。マスターがいま目の前で揚げてくれたものだ。ほかに奥の厨房で姿の見えない人が調理していたようだ。
ご飯は雑穀米と、こちらも健康志向。おかわり自由。これだけおかずがあるんだからついご飯が進み、おかわりをしてしまった。このところずっと食いすぎのループから抜け出せていない。


nikko24.jpg


品数をそろえるのは、見た目よくしつらえることでおいしく食べてもらおうという気持ちの表れだろう。しかし食材数が増えるほど原価率も上がるだろうし、客はあまり気にかけないことだがこれだけ食器を使えば洗い物の手間だって増える。考えてみれば大変なことなのだ。
この定食を出し続けるのは、よほどおもてなしの心を強くもっていなければできることじゃない。


nikko27.jpg


[DATA]
日光
東京都清瀬市松山1-22-8






nikko28.jpg
中里緑地のカタクリは見ごろをちょっと過ぎていた




https://youtu.be/7ndVsZIYuzs


Latest Articles
王道を行く 【武蔵村山大勝軒】 Dec 01, 2022
アケボノとか… 【大金】 Nov 30, 2022
26の寺院が軒を連ねる ――烏山寺町 Nov 29, 2022
滝山の土曜の午后1時 【珍来】 Nov 27, 2022
こんなコミュニティ、いいね! 【喫茶庵 うたたね】 Nov 26, 2022
チャチャッと 【IKEA立川 ビストロ&スウェーデンフードマーケット】 Nov 26, 2022
かつおの追憶 ――発酵で旅する東京の森 Nov 24, 2022
洋食の追憶 【ホテルオークラレストラン ゆりの木】 Nov 23, 2022
150年後というか、50年前との邂逅 【東京国立博物館 表慶館】 Nov 21, 2022
一日楽しめる巨大ミュージアム 【東京国立博物館】 Nov 20, 2022
いざ総本山へ! 【永福町大勝軒】 Nov 19, 2022
物見遊山気分で 【永福寺】 Nov 18, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2