fc2ブログ

饅頭屋さんの“いばら餅” 【小山製菓】

2022.06.12

 前記事の続きで「吹上花しょうぶまつり」会場をぐるっと見て回って11:30。
腹が、減った……


20220612 Fukiage-hanashobu-1620220612 Fukiage-hanashobu-17


公園入り口で配られていた案内パンフレットに地元協賛店のクーポンが付いている。
「どれか1店は行ってみたいね」ということで園内休憩場所でじっくり眺め、帰りのルートにも近い和菓子店に寄って帰ろうとなっていた。


20220612 koyamaseika-21-220220612 koyamaseika-22-2


公園出口を出た駐車場まわりにはフードカーが並んでいて、その中にクーポンの和菓子屋さんの幟が。
「ちょうどいいんじゃないの?」

(※吹上花しょうぶまつり会場出店でクーポンは使えません)


20220612 koyamaseika-1120220612 koyamaseika-12
41番目って…? 聞こうと思って聞き忘れた (・'・;)


青梅市大門の「小山製菓」は創業1970年。

“手作りの大切さを守り、添加物を使用せず安心安全なお饅頭を作り続けています”


20220612 koyamaseika-13


ずらっと並ぶおまんじゅうから、いばら餅(ゆでまんじゅう)を買う。


20220612 koyamaseika-1820220612 koyamaseika-19


いばら餅は三重県津市近辺で食べられる郷土菓子。
柏餅のカシワの葉をサルトリイバラに代えたもの… といえばわかりやすいだろうか。

サルトリイバラの葉の抗菌作用による保存目的や、カシワの葉のあまりとれない西日本でその代用として使われたなど、いばら餅の起源には諸説あるようだ。

農林水産省「うちの郷土料理」ほか参照)


20220612 koyamaseika-20


餅の中に入ったつぶし餡はどことなく塩気を感じるあっさりした味。
小さめサイズなだけに、2~3個は食べられそうだ。


20220612 koyamaseika-23


「小山製菓」は“お饅頭屋”を自称するだけにまんじゅうの種類が豊富で、見ているだけでいろいろ食べたくなる。
青梅の道に少しは詳しくなってきたので、次は店舗を訪ねてみたい。

(つづく)


20220612 koyamaseika-17


[DATA]
小山製菓
東京都青梅市大門1-570-3
http://www.koyamaseika.com/





[Today's recommendation]

wachat220612-22.jpg




https://youtu.be/0p53gJgrf0E



20220612 koyamaseika-24
次号予告


山田うどんで、お土産も 【山田うどん食堂 東大和店】

2022.03.20

 前記事の続きで、武蔵村山から東村山に帰る途中で昼ごはんのお店を探す編。
パッと思い付いた東大和市のうどん屋さんは、ググってみると日曜定休。
そういえばそのすぐ近くにもう1軒うどん屋さんがある。


20220320 yamadaudon-1120220320 yamadaudon-12


…という流れで「山田うどん食堂 東大和店」へ。
店の前を100回以上は通ってるんじゃないかと思うが、入るのは初めて。


20220320 yamadaudon-1320220320 yamadaudon-14


で、「山田うどん」はどの店も、入って驚く。
いわゆる路麺的感覚で気安く入って、中の混みように驚かされる。
埼玉県民以外にも大人気のもよう。


20220320 yamadaudon-1520220320 yamadaudon-16


たまたまいちばん奥の小上がり席が空いていてラッキー。
そのあと外に行列ができた。


20220320 yamadaudon-1720220320 yamadaudon-18


テーブルに並べてある、つまりイチオシのメニュー“まるごと山田セット”に相方が反応。
「せっかく土日祝限定だっていうんだから」と。


20220320 yamadaudon-1920220320 yamadaudon-20


まるごと山田セット、ものの2分で来る。


20220320 yamadaudon-2120220320 yamadaudon-22


僕は内容をよく見ていなかったんだが、すごいボリュームだ。


20220320 yamadaudon-23

20220320 yamadaudon-24


小食なのになんでこんなもの頼んだんだろう…?
と考えるに、たぶんもつ煮が食べたかったんじゃないかと。もつ煮好きだから。


20220320 yamadaudon-25


“その他”のかき揚げ丼とたぬきそばは僕が大幅に手伝うことになる。


20220320 yamadaudon-2620220320 yamadaudon-27


僕は無難に“特製大えび天うどん”。

これには既視感が…。
調べてみると、去年10月に「山田うどん食堂 堀之内店」で食べている。


20220320 yamadaudon-28-220220320 yamadaudon-29


ただし、そのときの品名は“特製えび天うどん”と、“大”が付いていない。値段も100円ほど高くなっている。
写真を見比べると、たしかに大きくなっているような、いないような… ( ̄∇ ̄;; )


20220320 yamadaudon-30


食べている途中、「冷凍もつ煮、店内販売してまーす♪」的な店内放送。
長女に持たせてやるのにちょうどいいんじゃない…? と相方。
泊まりに来ていて今日帰るという長女ももつ煮好き。


20220320 yamadaudon-31


「山田うどん」でお土産買うことになるとは思ってもみなかった。
こちらで“パンチ”と称するもつ煮。
“名物”というだけあって、なかなかのものです c( ̄▽ ̄)


20220320 yamadaudon-3220220320 yamadaudon-33


[DATA]
山田うどん食堂 東大和店
東京都東大和市清水5-1090-2
https://www.yamada-udon.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat220320-22.jpg




https://youtu.be/lDQuWlz37iw



20220320 yamadaudon-34
カタクリ / 野山北公園

年末のループもの? 【シャルキュトゥリー モエ】

2021.12.16

 前記事の続きで、東久留米卸売市場の「大丸食堂」で昼ごはんのあと、市場通り(新所沢街道)をそのまま進んでハム・ソーセージのお店「シャルキュトゥリー モエ」へ。


20211216 moet-1120211216 moet-12


あと1個で埋まるスタンプカードを見つけ、そういえば長いこと行っていないからこのカードはあと1個状態で長いこと放置されていたんだなぁ… と思ったら、お尻に火が付いた状態であわてふためいたと。


20211216 moet-13


スタンプ1個分のお買い物が、今回の絶対使命である。
あれこれ買いたくなるのをグッとこらえて……


20211216 moet-14


いつも買う白カビのサラミ。

「小さめを1本」と相方。
いちばん小さいのを選んでくれたおねえさん、はかりに載せて「931円になりますね♪」
「それだと足りないので…(笑)」


20211216 moet-1520211216 moet-16
※許可をいただいて撮影


こちら、お買い物1000円につきスタンプ1個である ゛(6 ̄  ̄)


20211216 moet-1720211216 moet-1820211216 moet-19


「あ…! 小さすぎましたか(笑)」と選び直そうとするおねえさんを制し、人気ウインナー4種詰めの“いろどりパック”を追加。


20211216 moet-2220211216 moet-23


前記事にも書いているようにクリスマスディナー用で、今回は“あと1個”が気持ち悪かったのでとりあえず賞味期限の長そうなサラミと。
ほかはもっと近くなったらまた買いに来ようと思っていたが、日持ちさえ問題なければいま済ませておいたほうがラクではある。


20211216 moet-2020211216 moet-21


あとで「何年ぶりだろうね…」という話になって、調べてみると1年前にやはりクリスマス用に来店している。
1年前のことすら覚えていられなくなっている。


20211216 moet-24


やはり白カビサラミといろどりパックを買っている。
“スタンプカードの都合で(笑)ヘーゼルナッツのテリーヌを追加”と、ブログに書いてある。


20211216 moet-25


覚えていなくとも、やってることは同じなのだなぁ… (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20211216 moet-26
今年はまだ開封していないので去年の写真を流用


[DATA]
シャルキュトゥリー モエ
東京都東久留米市滝山7-17-24-103
http://www.charcuterie-moet.jp/
https://www.facebook.com/charcuteriemoet/





[Today's recommendation]

wachat211216-22.jpg




https://youtu.be/b-wJJvznb5o



20211216 fujiya-22
復活…!?


裏路地の残照 【まっちゃん】

2021.09.29

 やきとり屋は安いほどウマい(高くてもウマいところはウマい)の法則を提唱している者としては外せないお店の一つ「まっちゃん」。
ラインアップ7種類、オール80円。


20210929 macchan-28


小平駅南口より330mほどと至近だが、西武新宿線と多摩湖自転車歩行者道に挟まれた、地元の人以外に通りそうにない裏通り。
駅チカ裏路地飲み屋街の面影を伝える唯一の存在がこちらのお店… という商機能衰退エリアである。


20210929 macchan-23


夕方4時半、自転車で通りすがりにお店をのぞき込むと、お店のおかあさんとばっちり目が合った。
こだいらネット等では営業時間PM5:00〜 となっているが、昼どきも店内にはひと気があり、ランチ定食でも出していないものかと通るたびにのぞいているので、これまでも簾越しに何度も目を合わせていたに違いない。


20210929 macchan-2420210929 macchan-25


コクコクとうなずき、入り口際のカウンター席から店内をぐるっと回り込んで焼き場へ移動するおかあさん。
ひなやき、かしら、はつ、たん、レバーを、「タレ・塩、1本ずつでもいいですか?」と断ったうえで注文。


20210929 macchan-26


うなぎ1串1200円も気になるが、予算の都合で今回は見送り。
もう一つ“正田スペシャル”という謎メニューがあるらしい。聞いてみたが、店内メニューで持ち帰りはできないとのこと。残念。
(正田スペシャルやうなぎについてはこちらのブログを参照されたい)


20210929 macchan-27


ご高齢の優しそうなおかあさんがていねいに生から焼き上げる。
おいしくないはずないだろうと、見ているだけで思えてくる。


20210929 macchan-2120210929 macchan-22


タレはやさしい甘さで、どの串もおいしくいただける。
くどくないのでうなぎにも合いそうだ。


20210929 macchan-29


塩は薄めの塩加減だが肉に臭みがないので、はつやレバーも食べやすい。


20210929 macchan-3020210929 macchan-31
これで800円!


冒頭の法則は過去の「よしふさ」「ミートショップいのうえ」を根拠としているが、くしくも小平市のお店ばかり、これで3店目。
個人店が減っていくなか、十分なn数になりつつあるんじゃないだろうか。


20210929 macchan-32


[DATA]
まっちゃん
東京都小平市美園町1-28-17





[Today's recommendation]

wachat210929.jpg




https://youtu.be/P_faR8r8k4g



20210929 macchan-33
台風前の微妙な空


令和最初の… 【ひの食堂】

2020.03.07

 前報のタイトルが「平成最後のひの食堂」で、必然的に👆このタイトル。
前回まさに平成最後の営業日に伺ったのに対し、今回はこのように改元から日にちがたってしまった。令和の歴史の長さと同じだけ来店間隔が空いたことになる。令和の歴史、いろいろあった (-_- ) シミジミ

香港大規模デモ、ラグビーW杯、相次ぐ台風大雨被害、消費税率引き上げ、首里城全焼、IR汚職、イギリスのEU離脱。そして世界を震撼させる…


20200301 hinoshokudo-28


昔、ロビン・クック『アウトブレイク』、リチャード・プレストン『ホット・ゾーン』、映画『アウトブレイク』のノベライゼーションと立て続けに読んだことを思い出している。いま読んだら怖いだろうな… いや、この現実は小説よりはるかに怖いかも。

と、まだ1年に満たないとは思えない濃密な令和の歴史。

ということで、約10カ月ぶりの「ひの食堂」。


20200301 hinoshokudo-29


注文は焼肉定食750円とミックスフライ定食980円。
前回に比べ、それぞれ50円、30円アップ。


20200301 hinoshokudo-21


消費税率引き上げを挟み、このように全体に30~50円値上げされているが、なかには価格据え置きの品も。


20200301 hinoshokudo-26


なぜこの焼肉がこんなにおいしいのかという話になって、やっぱり肉がいいんじゃないかという結論に至った。素材については、たとえば高価格帯(といっても980円)のメニューはブロック肉からそのつど切り出しているらしい。
薄いにもかかわらず、甘みとうま味が十分。ぶ厚いだけが売りのステーキより満足度が高いかもしれない。


20200301 hinoshokudo-23


ミックスフライはカキ、イカ、エビ、アジ。
いつも感じるエビフライやイカフライの香りのよさは、油のよさかな…。
それは結局、焼肉など炒め系のおいしさにも通じるわけだし、やっぱり食材の良しあしは大事ということかな。


20200301 hinoshokudo-24


それにしても、この内容・おいしさで、いまだ1000円超えのメニューがないということがすごいわけで d(* ̄o


20200301 hinoshokudo-27


[DATA]
ひの食堂
東京都東村山市本町3-18-2





[Today's recommendation]

wachat20200307.jpg




https://youtu.be/f6qZUCi7ToQ



20200307 tchaikovsky
「ハードオフ 東村山店」で550円で購入した、実はレアアイテム


昭和な商店街に、おいしい1CL 【花ごよみ】

2019.11.05

 五日市街道西久保三丁目交差点の北のグリーンパーク商店街は、バス通りと平行して歩行者専用のショッピングロードが通り、その間わずか建物1軒分の幅しかなく、表通りに面した商店には表口と裏口があるというユニークな構造になっている。
…というようなことを、半年ほど前に「エイトランド」の記事で書いている。


20191105 hanagoyomi-11


その「エイトランド」の裏というか、裏口の向かいというか… という位置に、実はたべもの屋さんがある。
すでにディープ感マックスな「エイトランド」の、さらにその奥という。


20191105 hanagoyomi-12
ショッピングロード最奥。左の青い庇が「エイトランド」裏口で、右の茶色が「花ごよみ」


店名表示が見当たらないが、「花ごよみ」というお店。
うどん屋さんらしいということだけが、表に張ってある品書きから推察される。


20191105 hanagoyomi-13


で、そんな張り紙の中のランチサービスというものがずっと気になっていた。

“日替わりランチうどん ランチ玉子とじうどん・おかかおにぎり1コ付き500円”

消費税率改正を挟んでこの張り紙の内容は変わっていない。
これは入ってみるしかないでしょう。


20191105 hanagoyomi-14

20191105 hanagoyomi-25


「あの表に張ってある500円のランチ、お願いします」と言うと、
「おそばになりますけど」とご主人。「うどん終わっちゃったんで」
…という、意外な展開。


20191105 hanagoyomi-17


思ったより若いというか、老けてないというか… そういう年代のご夫婦のお店。
テーブル席が4人掛け×1、2人掛け×2、カウンター2席という小さなお店だ。


20191105 hanagoyomi-18


そばは太めの平打ちでネットリした食感の、想像したものよりずっと自家製感の強いもの。


20191105 hanagoyomi-19


厨房の隅に製麺機のようなものがあるので、意外にそうなのかも…。
意外といったら失礼か… というくらい、温かいそばとしてかなりおいしいレベルである。


20191105 hanagoyomi-20-2


おにぎりは温かく、いまにぎりましたというという感じのもの。
おかかのベースはうどんつゆのだしがらかもしれないが、みりんが強めだがシンプルな味付けで、コンビニおにぎりとはいろいろ大違い。


20191105 hanagoyomi-2120191105 hanagoyomi-22


1000円札を出して500円玉のお釣りにサービス券が付いてきた。


20191105 hanagoyomi-23


うどんが食べたくて入ったわけだから、うどんランチの再訪、近いうちにあるかも。
490円になることだしね (^-^)ゝ


20191105 hanagoyomi-24


[DATA]
花ごよみ
東京都武蔵野市緑町1-5-24





[Today's recommendation]

wachat191105.jpg




https://youtu.be/VKOrfUS0ZCA


創業50年の手打ちそば 【そば処くるみ】

2018.12.09

東久留米駅北口近くに気になるそば屋がある。
“創業50年 本格手打ち蕎麦”の「そば処くるみ」。
本格手打ちで創業50年というのは案外少ないんじゃないかと思うのだ。特にこういう大都市近郊の駅前繁華街においては。


181209 kurumi-12


本当はもっと遠くまで行く予定だったが、思ったより寒く、急きょ駅周辺散策に切り替えた。少し歩いてから、お昼ごはん。
「寒いから鴨そばが食べたい」と言う人がいる。
という流れで、前から気になっていた「そば処くるみ」へ。


181209 kurumi-13


お店は「サワービル第三」という建物の2階にあるが、入り口の階段からしてただならぬ雰囲気が漂っている。怖いとかいうんじゃなく、つくりが古い。
そば屋の創業50年というのは、つまり物件の築年数とイコールで、ビル開業と同時に入居したのかも。


181209 kurumi-17


2階廊下の奥のほうまで偵察に行った相方が、「すごいよ、『めぞん一刻』みたい」と。
真意は不明だが、一刻館みたいということであればあれは下宿屋なのでつくりが違うけれども、年代的共通性は感じる。


181209 kurumi-18


そういえば主人公たちのたまり場のスナック「茶々丸」のモデルといわれたお店があったのはこのすぐ近く。
それから、一区画東の五差路にある天ぷら屋「大八車」のおやじさんは、「高橋留美子はすぐそこのマンションに住んでて、オカノ電機ができるまでは市内の納税者番付1位だったんだ」と語っていた。

高橋センセーが当時このそば屋を使っていたとしても不思議はないな… と、『勝手なやつら』以来のヘヴィな読者であるワタクシは勝手に感慨に浸る。


181209 kurumi-19 181209 kurumi-21


店内は2人掛けテーブルが7脚、カウンター7席という構成。
鴨そばと言っていた人は、店内の張り紙を見てカレー南蛮そばに日和る。僕は入り口に出ていた“サービスセット 丼ぶりと手打ちそば”を、丼ぶりは天丼で。


181209 kurumi-23


注文後、なんとなくテーブル備え付けのメニュー表を見ていると、二段二色蕎麦 天ぷら付1000円の文字。
「しまった。こっちにすればよかった…」
「まあまあ、この次ね」


181209 kurumi-22


と、このように僕は品書きを吟味することなしにパッと目に付いたものを注文してしまう傾向がある。
それで、あとで悶々とする。


181209 kurumi-24


まずカレー南蛮。
シンプルな荷姿で、本体以外に薬味ネギと取り鉢。


181209 kurumi-27


僕はカレーうどんよりカレーそばが好き。
うどんではどうにも鈍重にしかなりようのない組み合わせが、そばだと粋で通っぽいイメージに一変するのは不思議だ。おかめそばとかコロッケそばとかニシンそばとか。


181209 kurumi-28 181209 kurumi-29


セットの天丼は意外に種が多い。
エビ、ちくわ、ナス、カボチャ、シシトウ、ゴーヤ…。


181209 kurumi-30


そばは見た目おとなしいが意外に香り高い。
ねちっとしたそばがきに似た食感で、不ぞろいな手打ちそばだけに歯応えにもむらがあるが、そういうのは嫌いじゃない。


181209 kurumi-31


年配の店主が1人で回している感じ。
手打ちそばの堅苦しいイメージは皆無な(笑)、フランクな印象のおやじさんだ。
個人的には、そば屋の理想形に近い。


181209 kurumi-32


[DATA]
そば処くるみ
東京都東久留米市東本町2-6 サワービル第三2F


[Today's recommendation]

wachat181209.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://youtu.be/zV1qLYukTH8


落ち葉の精に導かれ… 【ブルボン】

2018.11.26

 雪印仕様のSANYO小型冷凍ストッカーの横の業務用製氷機に載った年代物のカセットデッキらしい機器をぼうぜんと眺める。
ここはどこ… (〃 ̄ω ̄)σ サー…??


181126 bourbon-11


3分前。
三鷹駅北口ロータリーから平沼園前五差路方面へと自転車を走らせていると、視界の隅に心をざわつかせる映像。向き直ると、そこには紛う方なき昭和の喫茶店が。
こんなところにこんなものが… と、しばし見とれてしまった。


181126 bourbon-12


憧憬心をもって遠巻きに眺めておくのがせいぜいといったところ、決して手の届く相手ではない。
言い換えれば、怖くて入れない (( ( ̄  ̄*) ム、ムリ…


181126 bourbon-26181126 bourbon-25


自転車をこぎだそうとする背中に声がかかる。
「どうぞ、お入りください」
振り返ると、昭和のボクシングチャンピオンを思い出させる柔和な笑顔の老紳士。
「お得なランチ、そろえております。自転車も止められます」
憧れの君から差し伸べられた手を振りほどくことが誰にできよう。


181126 bourbon-13


というわけで、3分前まで存在も知らなかった古めかしい喫茶店のビニールレザーのソファにぽつねんと座っている。
ここはどこ… (〃 ̄ω ̄)σ サー…??


181126 bourbon-15

181126 bourbon-14
白地と黒板で微妙にラインアップの異なる品書き。日替わりも店頭と店内で違っている


笑顔のマスターがしきりに日替わりランチを勧めるので、ミートボール定650円をオーダー。
普段ならミートボールというものを進んで食べることはまずない。だが、いまここにこうして座っているのは自分の意志の及ばない何か大きな力に導かれてのことのように思われてならず、ならばこのまま流れに身をゆだねるべく、自らの要求を排除し相手の勧める品のいちばん上に書いてある文字を読み上げた。


181126 bourbon-28


このたたずまいは昔の名曲喫茶を思い出させる。40年近くも前にときどき入っていた中野の店や高田馬場の店。あれらはいつの間にかなくなっていたが、あるいは自重に耐え切れず重力崩壊を起こしスーパーノヴァとなったかもしれない。
そのころ、この店はピカピカだったに違いない。


181126 bourbon-20


定食はプラスチック製仕出し弁当箱で供された。


181126 bourbon-19


ミートボールはつなぎの多い練り物のような食感で、甘い餡と付け合わせのナポリタンが郷愁を誘う。
ほかに、厚焼き玉子、ポテトフライ、お新香にデザートのバナナも付いて、意外にバランスがよい。


181126 bourbon-30


ところで、あとで写真を見ると日替わりの内容が店頭と店内の掲示で違っている。
もし店内もチキン竜田揚げだったなら、いろいろ展開も違っていたかもしれない。


181126 bourbon-22


創業50年以上、東京オリンピックのころからやられているそうだ。
「次のオリンピックが来てしまいますね」
「来てしまいます。でも、それまでやっているかどうか…」
「いやいや、がんばってください」
「ええ…(笑)」


181126 bourbon-24


[DATA]
ブルボン
東京都武蔵野市中町1-20-10





[Today's recommendation]


https://youtu.be/POAe1V4vAcs



wachat181126.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


老舗そば屋で秩父名物 【大むら 本店】

2018.10.14

 車で秩父へ観光に行った。
と書くと予定された行動のように思われそうだが、行き先が決まったのは車を走らせるとき。「じゃ、秩父でも行くかぁ…」と。


181014 ohmura-61-2


アベノミクスのせいかどうか知らないが、最近、道路整備事業の進展が速く、さすがにナビなしでは車で遠出しづらくなった。
ナビはスマホのアプリで十分のような気もするので、とりあえずGoogleマップアプリのナビ機能を使ってみよう、というのが今回の趣旨。


181014 ohmura-11


走り始めてしばらくすると、スマホが何かしゃべってる。
「○○交差点を右折」
いやいや、僕は左折したいのだ(笑)。


181014 ohmura-16


そんな感じで飯能の街を抜けるまでに5回ぐらいナビとけんかして、あとはR299をひたすら走るだけだから案内不要。ナビさんも沈黙。
最後に2回右折の支持をいただいて、「道の駅 ちちぶ」に到着。


181014 ohmura-12181014 ohmura-13
181014 ohmura-14181014 ohmura-15


11時半近かったので、とりあえず昼ごはん。
道の駅に置いてあった「観光×食べ歩きマップ秩父2018」を手に街を歩いてみる。


181014 ohmura-62-2


でもやっぱり、(ここまで写真でお伝えしたとおり)秩父神社へのお参りは、食事より先に済ませましたよ(笑)。


181014 ohmura-36


最近、そばガレットのワークショップに参加してそばづいてる人がいて、「秩父といえばそばでしょ」と。
そうなの…? たしかにマップにはそば屋がたくさん載っている。


181014 ohmura-19


そばに異論はないが、こういうとき本格手打ちそばのお店だと、生まじめさゆえにこの浮ついた気分に水を差されかねない。いかにも観光地、というあか抜けないお店がいい。


181014 ohmura-64


ということで、店名からヤマ勘で選んだのが「大むら 本店」。
参道(番場通り)から1本西の裏道に位置する。


181014 ohmura-63


ヤマ勘のわりに、われながら鼻が利くというか、あとで調べてみると「大むら 本店」は秩父で一番の老舗だそうで、創業明治17(1884)年という情報がいくつか見つかった。


181014 ohmura-22


広めの店内に席がゆったり配置してある。真ん中の12席の大テーブルのほか、6人掛けテーブル、4人掛けテーブル×2、小上がりに座卓4人×3、2人×3。


181014 ohmura-23


「秩父といえば、わらじ丼でしょ」と相方。
そうなの…?


181014 ohmura-65181014 ohmura-66


僕は知らなかったが、たしかにおいしそうなのでミニわらじ丼セット(そばは小もりを選択)1030円に決める。
もう一品は、とり南そば700円。


181014 ohmura-67181014 ohmura-68


先客は5組15人ほど。オペレーションがちょっと変わっていて、1組分作り終わったら次の組に取りかかる、みたいなのんびりペースだ。入店から料理提供まで、実に45分を要す ( ̄▽ ̄;) アハハ…
別に決まった用事ないからいいけどね…。


181014 ohmura-73


わらじ丼はいわゆるソースカツ丼だが、カツが2枚のって一足… で、わらじだそうだ。


181014 ohmura-75


そば屋だけにそばつゆの配合されたソースが絶妙で、甘さがきつくなく上品。


181014 ohmura-70


セットの小もりそばのつゆが洗練された辛口で驚いたが、それがわらじ丼のおいしさの秘訣でもあるのだろう。


181014 ohmura-74


とり南そばのネギがやわらかくおいしい。寒さにあたって甘くなったのもいいけれど、この時期のフレッシュでさっぱりした感じもいいなと思う。
温かいそばがおいしい空気感だ。


181014 ohmura-72


食べ歩きマップのクーポンで、ミニわらじ丼セットは50円引きに。


181014 ohmura-34181014 ohmura-35


お店を出て、街をぶらぶら。
そのあとも寄るお店といえば、たべもの屋ばかりなのだった ( ̄∇ ̄)

(つづく)


181014 ohmura-33


[DATA]
大むら 本店
埼玉県秩父市東町12-17





[Today's recommendation]


https://youtu.be/JJyGkX3WzAM



wachat181014-1-222.jpg


昼飲みのメッカ的な…? 【新月】

2018.01.21

 今日は玉川上水沿いを散歩。
鷹の台駅前通りから遊歩道へ。


josui180121-14.jpg


平日は通学ルートになるが、日曜なのにやたら人が多い。
下草を観察したり写真を撮ったりしながらぶらぶら歩いている自分らは、明らかに邪魔くさい。
皆さん速足で一目散に西に向かう。


20180121 shingetsu-3120180121 shingetsu-3220180121 shingetsu-33


この人波には学生よりもシニア層の姿が目立つ。
なんとなくついていってみると、人々は武蔵野美術大学に吸い込まれていった。
シニア層は保護者というより卒業生っぽい。何の行事だろうとムサビのHPで調べてみると、該当しそうなのは「卒業制作展トーク&ツアー」というもの。


20180121 shingetsu-3420180121 shingetsu-3520180121 shingetsu-36


よくわからないが、そのおかげか、最近開いているのを見たことがない喫茶店「フランソワ」が営業している。
さっき昼ごはんを済ませたことをちょっと後悔。


20180121 shingetsu-3720180121 shingetsu-3820180121 shingetsu-39


三軒長屋の隣同士「キャンディ」「フランソワ」は、昔の洋食屋、喫茶店の風情を残すたいへん魅力的なたたずまいを見せる。
この2店ほど歴史はないと思うが、ほかにもおしゃれっぽいカフェが何軒か。
こういうのに弱いので悶々とする。


josui180121-15.jpg


話は前後するが、散歩の前に鷹の台駅前でお昼ごはんにした。
シブいたたずまいのそば店「新月」。


shingetsu12.jpg


ここは店先に焼き鳥テイクアウト用小窓が設置してあり、そば屋としては特異な個性を放つ。
ホワイトボードの“本日のおすすめ定食”には、ラーメン系はあるが、そば・うどんはなし。


shingetsu11.jpg


焼き鳥からは、飲み屋機能が充実していることが推測される。
なおかつ中華麺も出す(しかも今日は酸辛タンメン!)
フトコロ、深そうである。


20180121 shingetsu-40


意外にお客さんが多く、4人グループ、2人連れ、1人、1人の4組8人。
全員おっさんで、例外なく飲んでる。各組、違うものを飲んでる。
生ビール、サワーの組はまだしも、お銚子手酌の人、焼酎水割りグループは本気飲みだろう。


20180121 shingetsu-5120180121 shingetsu-52


注文は、天ぷらそば900円と焼肉定食750円。
天ぷらそばは時間かかると言われ、「いいですよ」と答える。


20180121 shingetsu-4120180121 shingetsu-42


隣の2人組は生中のあとの展開を思案中。ここも本気か…。
「900ミリでどう?」とお店のおかあさん、焼酎ボトルをお勧め。「1升じゃ多いだろうからさ」
2人組の若いほうが苦笑い。おかあさん、かまわず畳みかける。
「720もあるけど、値段一緒だから900でどうかなと」


20180121 shingetsu-43


スタッフは、おかあさんと、娘さんらしきおねえさんの2人体制。
こちらのおかあさん、気さくというか、徹底的に毒舌をかます。
天ぷらを頼んだお客に、「天ぷら? 何をぜいたくな」といった具合。
「これはどこの料理?」「どこも何もないよ。ただの田舎料理!」とか。
おねえさんも技能を継承しているようで、常連さんをクールにいじってる。
常連はみんな母娘にいたぶられてヨロコンデル。

ほとんどドロンジョ様とトンズラー・ボヤッキーの図式 (笑)。


20180121 shingetsu-4520180121 shingetsu-46
みなしごハッチとボヤッキーの色紙。かつてタツノコプロ鷹の台スタジオが上水新町にあった(~2007 ?)


焼肉定食があっという間に来た。
薄切りの豚肉にタマネギとニラが入る。しょうゆベースの甘辛な味付けでごはんが進む。
手作り感いっぱいのポテトサラダと、濃いめのおふくろの味的みそ汁が付く。


20180121 shingetsu-47


天ぷらそばが来ない。
4人組は焼酎ボトル2本目に突入し、2人組は結局中生をおかわりしてそれも終盤、「次、熱燗いこうか」とか話しているが、僕の天ぷらそばが来ない。
時間かかるとはいっても、ここまで待たされるとは思わなかった。


20180121 shingetsu-48


僕の位置から厨房のおかあさんの持ち場が見えるんだが、タマネギの薄皮をむいて刻み始めたりとかのんびりしていて、天ぷらもそばも取り組んでいる気配がまったくない。
次の客が入ってきて焼肉定食がすぐ供されるに至って、さすがにこれは… と思ったタイミングでいきなり出てきた。
焼肉定食の配膳から実に18分。
でもまあ、常連相手と違って僕らいちげんにはていねいかつフレンドリーな応対なので、不思議と悪感情は湧かないんだが。


shingetsu24.jpg


この天ぷらそばがまた予想外のシロモノ。
こっちはこの異常な待たされようからして無難なたべものが出てきてくれさえすれば… くらいに思っているが、見た目、上品。
そして予想外にそばがちゃんとしてる。
製麺所の出来合いのものと違って、太さが不ぞろいで、よじれとウェーブがかかる。ねっとりした歯応えからつなぎが少なそうで、ちゃんと香りもある。


20180121 shingetsu-49


ただし、予想外に好きなタイプのそばである反面、予想外に量が少なかった。
天ぷらはエビ2尾とナス、ピーマン。

量は少ないが割高感を感じさせない不思議なそばでもある。


shingetsu18.jpg


お支払いで、「お待たせしちゃってね」と言われ、
「でも、おそばおいしいね。手打ちなんだ」とお愛想。
「そう。でも冷たかったらもっとおいしいよ」とのこと。

そのあと、
「すごいね、おそばの味わかるんだ。そば通だね」
と、たぶん毒舌くらわされたんだろうな(笑)。


shingetsu26.jpg


[DATA]
新月
東京都小平市たかの台43-10





[Today's recommendation]


https://youtu.be/L7XOgJHFjSQ



chat180121-22.jpg





 いつものお団子
2018.01.21 つくば(閉店)/東京都東村山市栄町3-16-17

tsukuba4-21.jpg


八坂駅近くの和菓子屋さん。
今日はあんドーナツも。


tsukuba4-22.jpgtsukuba4-23.jpg



Latest Articles
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
田舎風景に忽然と 【五千頭の龍が昇る聖天宮】 Sep 11, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2