fc2ブログ

希少植物の宝庫 ――野川公園自然観察園

2022.04.17

 昨日に続いて自転車でちょい遠出。
漠然と、(しばらく行ってない)調布にでも行ってみようかな… という感じ。

天文台通りを南下している途中、野川の崖線下にカタクリの自生地があったことを思い出した。
もちろんカタクリの時期はとっくに終わっているが、ほかにも見るべき植物があったような気がする。
ICUの下あたりだったような気がする。

戻る形になるが、ICUを回り込むように崖線下に下りると、そこは武蔵野公園と野川公園の境目の、よく通る場所だった。
さっき思い出したのはここではなかったが、ここはここで見ておきたいものがある。


20220417 nogawapark-1320220417 nogawapark-14


2年前、Instagramにオドリコソウの写真を上げたとき、“東京で見られる場所を2カ所しか知らない”と書いている。
その一つがここ。


20220417 nogawapark-1520220417 nogawapark-16


ちょうどタイミングもよさそうだしオドリコソウでも見ていくか… とちょっと寄り道のつもりが……


20220417 nogawapark-1920220417 nogawapark-20


オドリコソウは園外にはみ出すほどの大群落を形成している。


20220417 nogawapark-2120220417 nogawapark-22


ほかにさまざまな希少な植物が花の見ごろを迎えている。


20220417 nogawapark-1720220417 nogawapark-18


時を忘れて写真を撮りまくってしまった(iPhoneだけど)。


20220417 nogawapark-2320220417 nogawapark-24
20220417 nogawapark-2520220417 nogawapark-26
20220417 nogawapark-2720220417 nogawapark-31-2
20220417 nogawapark-2920220417 nogawapark-30
20220417 nogawapark-3220220417 nogawapark-33
20220417 nogawapark-28-2
左上から、オドリコソウ、マルバスミレ、ホタルカズラ、イチリンソウ、ニリンソウ、ジュウニヒトエ、ラショウモンカズラ、カントウタンポポ、サクラソウ、ホウチャクソウ、ヤマブキソウ


気がつけば1時近く。
腹が、減った……

(つづく)


20220417 nogawapark-1120220417 nogawapark-12


[DATA]
野川公園自然観察園
東京都小金井市東町1-6
https://musashinoparks.com/kouen/nogawa/





[Today's recommendation]

waka220417.jpg




https://youtu.be/JcysRctkyt8


20220417 nogawapark-34
次号予告


売り切れ御免の荻窪名物 【高橋の酒まんじゅう】

2018.11.21

 腹が減っているときに甘いものを見たり思い浮かべたりすると無性に食べたくなる。
これまで、甘いものが嫌いなわけではないが、わざわざ食べるということはなかったので、嗜好が変わったのかも。
酒量は変わらないので、大酒飲みのスイーツ男子と。なんという美しくない響き… ┐( -"-)┌ フウ…

五日市街道吉祥寺東町あたりを走っていて、いきなり「高橋の酒まんじゅう」が食べたくなった。
1時近かったので、(時間的に)微妙… と思いつつも荻窪へ。


181121 takahashi-11


1時24分到着。
お店の外に、外観写真を撮っている若い女性… というくらいの人気店。


181121 takahashi-15


商品は酒まんじゅうオンリー。
受け渡し用の間口しかないごくごく狭い店内では、ショーケースの上に5個入りのビニールパックが載っている。
長女が旅行中なので5個では多い。
「何個から買えますか?」と聞くと、「1個からでも大丈夫ですよ」とおばさま。
「3個お願いします」
「お包みしますのでお待ちください」
と、おばさまは目の前の5個パックを手に奥へ。


181121 takahashi-14-2181121 takahashi-12


年配女性が入ってきた。
僕の包みを持って出てきたおばさまがおばあさんに、
「すみません、2個しか残ってないんです…」
えー!? さっきのは最後の5個だったのね… という光景が、この時間帯は毎日繰り広げられる。


181121 takahashi-13-2


お店を出ると、入れ違いにさっき写真を撮っていた女性が入っていった。
まだ買ってなかったのか…
1個分けてあげればよかったな… と、ずっとあとになって思った。


181121 takahashi-16


[DATA]
高橋の酒まんじゅう
東京都杉並区天沼3-1-9





[Today's recommendation]


https://youtu.be/ScZoQRzumpA



chat181121-22.jpgwaka181121-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




 野生ランの名花2種


181011 koran181011 hetsukaran
アマクサコラン(天草小蘭、Cymbidium koran
ヘツカラン(辺塚蘭、Cymbidium dayanum


日本には75属230種のラン科植物がある。
観賞価値の高いものが多く、エビネ属(Calanthe)、セッコク属(Dendrobium)、シュンラン属(Cymbidium)など、古くから盛んに栽培されている。一方、乱獲により野生絶滅状態の種も少なくない。
アマクサコラン(天草小蘭、Cymbidium koran)、ヘツカラン(辺塚蘭、Cymbidium dayanum)は、ともに九州の一部の地域に自生する。
(撮影して1カ月以上も掲載を忘れていた。時期がずれたが、貴重な花なのでとりあえずここに貼り、ころあいを見て正しい日付(10/11)に移動予定)


旬魚と香草のであいもの 【ダイヤ寿司】

2017.04.30

 妻が「お昼どうする?」と聞いてきて、わしが答える前に「すしがいいの」と長女。またかよ…(笑)。
しかも妻は「おとうさんのお給料出たばっかりだからちょうどいいかもね」とか、とんでもないこと言ってるし。


diazushi31.jpg


昼のすし屋は、とりあえずランチサービスのあるところしか考えない。昼とはいえ、すし屋では板さんとのコミュニケーションが欠かせない気がするが、ランチメニューを頼んでおく分にはそれ免除というふうに勝手に理解しているからだ。コミュニケーションが嫌というわけじゃないが、昼間からというのはちょっと気が重い。
しかしこのあたりで日曜日もランチをやっているすし屋は限られる。僕の知る限り、東村山市内では4軒。そのうちの一つが、市内でも屈指の人気店「ダイヤ寿司」だ。


diazushi32.jpg


新青梅街道に面したお店だが、入ってみれば驚くほどの快適空間が用意されている。
1階カウンターはさすがに気が引けるので2階に上がらせてもらう。見習いだろうか、前に来たときには見なかった若い板さんが注文をとりに来た。


diazushi40.jpg


次女がちらしセットで、ほかの3人がにぎりセット(ともに1000円+税)。
BGMはBill Evans & Jim Hall『Undercurrent』


diazushi34.jpg


まずバラちらしが配膳される。
「スズキとマトウダイとカンパチ、炙りはタチウオです」との説明。
ほかにマグロ、エビ、玉子、シイタケ、タケノコ、ニンジン、でんぶ… と、豪華かつ彩りもよい。
ちらしと一緒にサラダ・お新香が提供され、にぎりができるまで少し間が空くのでわれわれはサラダをゆっくりいただく。


diazushi36.jpg


このサラダが鮮烈。野菜の上にタコやイカ、シメた魚などの細切れがちりばめられている。すし種の端切れだと思われるが、端切れとはいえすし種に変わりはない。
そして特筆すべきはハーブ。“魚のハーブ”といわれるディルだが、フレッシュでこういう使い方をするのか、と感嘆する。


diazushi35.jpg


「セルフィーユ、ルッコラ、もちろんディル、その他もろもろ、とてもおいしい有機野菜を作っている茨城のシモタ農芸から届きます」と二代目が教えてくれる。この人はハーブのブログを開設しているほどの達人なのであった。
野菜、ハーブ、魚介を、みそベースのドレッシングが絶妙にまとめる。


diazushi17.jpg
diazushi18.jpgdiazushi19.jpg
にぎりセットのすし一式


にぎりは少しずつ、にぎりたての提供で、まずマグロ、ヒラマサ、エビ、スズキの4貫。


diazushi37.jpg


1000円のランチでヒラマサは驚きだ。しかも五島列島の漁港直送である。
マグロは漬けなのにとてもやわらかく、口いっぱいにおいしさが広がる。


diazushi38.jpg


続いてタチウオの炙り、玉子、イクラ。
タチウオは香ばしく、鮮度抜群でまったく臭みがない。


diazushi41.jpg


最後に巻き物で、具はイナダのニンニク風味みそ仕立てのなめろうと、これもひと仕事施してある。
お椀はカワハギのアラのみそ汁。
食後のコーヒーが付く。


diazushi43.jpg


ランチで鮮度抜群の多彩な魚種をいただける。こういうのはちょっとない。しかもサラダ一つとってもランチのレベルを軽く超えている。
僕らが最初の客だったが、帰るときには1階カウンターがすっかり埋まっていた。その人気ぶりもうなずける。


diazushi39.jpg


[DATA]
ダイヤ寿司
東京都東村山市栄町1-16
https://daiyazushi.jimdo.com/






chat170430-2.jpg




https://youtu.be/qVhvRVYksvU


マスター謹製しょうゆラーメン 【たいほう】

2017.02.25

 ここの店主はヒゲをたくわえた紳士風で、ラーメン屋のおやじというより完全に昭和の喫茶店のマスター的である。
マスターには何名かお目にかかっているが(東村山「すぱいす」、国分寺「とんかつ新和」ほか)、なかでもこちらのマスターは特別マスター然としている。


taiho21.jpg


Aセット(正油ラーメン+半チャーハン)850円をオーダー。


taiho25.jpg


マスターなだけあって常連とのトークが軽妙である。インテリジェンスに富んでいる。
その紳士的マスターが中華鍋をガコンガコン振り回すからギョッとさせられる。
仕事はていねいで、チャーハンをしっかり炒めている姿は、やっぱり完全にラーメン屋のおやじなのであった。


taiho22.jpg


正油ラーメンは鶏ガラベースに豚っぽいコクを感じるスープで、豚骨かチャーシューの煮汁由来と推定。
チャーシュー、メンマ、モヤシ、海苔に薬味。厚手のチャーシューはしっかり歯応えが残るが、硬すぎず、脂身も気にならない。
薬味はネギとカイワレを合わせてある、と思ったがそれにしては細く繊細なのでもしかしたらブロッコリースプラウトかもしれない。


taiho23.jpg


半チャーハンの具はチャーシュー、卵、コーン。
僕はチャーハンの具にチャーシュー、卵、ナルト以外が使われることをあまり好まないのだが、このコーン入りチャーハンはおいしい。
チャーシューの存在感がしっかりしているからだと思った。

喫茶店の軽食的というより、やっぱり完全にラーメン屋のおいしいラーメン&チャーハンなのであった。


taiho24.jpg


[DATA]
たいほう
東京都練馬区関町北4-32-31







https://www.youtube.com/watch?v=OfMFDuE_szc


Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2