fc2ブログ

今年は“来福”で 【放生寺】

2022.12.27

 この時期の風物詩に「一陽来復御守」の頒布というものがある。
商売繁盛や出世、開運にご利益がある神社として知られる西早稲田の穴八幡宮で毎年冬至の日に金銀融通のお守りの頒布を始めるという、一種の冬至祭りである。

一陽来復とは、“陰極まりて陽に転ずる”冬至の日を指す言葉で、季節が春に向かうことや運気が好転するといった意味で使われる。

うちでは10年ほど前からこのお守りを授かるようになり、2017年2018年2019年と、その模様をブログ記事にしている。

その後コロナ禍で行けてなかったが、今年3年ぶりに行ってみようかと。
ただし穴八幡はやはり混雑不可避とも思われ、あまりにひどかった場合を考え、次の手を用意しておく。


20221227 hoshoji-11


12月27日火曜日14時30分。
仕事納め前の平日午後といういちばんすいていそうなタイミングを選んだつもりだが、穴八幡はすごい混みよう。


20221227 hoshoji-12
右が穴八幡宮西参道鳥居、左の献灯提灯が放生寺参道


ただちに次の手発動。
穴八幡宮の隣のお寺さんでもお守りを拝受できるのでした c( ̄▽ ̄)


20221227 hoshoji-13


放生寺は1641(寛永18)年、穴八幡宮の別当寺として創建された。


20221227 hoshoji-14


――穴八幡宮とは元々不可分であったため、神仏習合の江戸時代に始まった「一陽来復」の札の授与は穴八幡と放生寺の双方で行われている。ただし放生寺の札は「一陽来福」と1文字異なる…Wikipedia

ホームページヘッダーには“高野山真言宗 一陽来福創始の寺”とある。


20221227 hoshoji-15


こちらは落ち着いてお参りでき、一陽来福のお札も並ぶことなく拝受することができた。


20221227 hoshoji-16


一陽来福(一陽来復)のお札には独特の作法がある。
家の居間などに、冬至、大みそか、節分のいずれかの深夜0時、毎年定められた恵方に向けてお札を貼らなければならない。
それによってはじめて金銀融通のご利益にあずかることができるというわけだ。


20221227 hoshoji-17


深夜0時…。
それが最大の難関だったりする。このトシになると。

(つづく)


20221227 hoshoji-18


[DATA]
放生寺(ほうしょうじ)
東京都新宿区西早稲田2-1-14
https://www.houjou.or.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/YVe0uW_BcvM



wachat221229-11.jpg



20221227 hoshoji-19
次号予告


なにかと貴重な 【御菓子司 せき口】

2021.09.25

 午前中「図書喫茶 カンタカ」のイベントに行っていた相方がコンサートのチラシをもらってきた。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮NHK交響楽団のベートーヴェン交響曲第5番。
実演を聴けずじまいと思っていた巨匠だが、御年94歳にしてまだ現役らしい。しかも今回すごいのは、六本木や池袋だけでなく所沢でもやるということ。自転車で見に行ける。
この機を逃したら絶対後悔する。でもチケット残ってるわけないよなぁ…。

残ってました (≧ω≦)b OK!!


20210925 sekiguchi-21


コロナ禍だからか所沢だからか、けっこう余裕でチケット入手。


20210925 sekiguchi-22


受け取り方法で唯一手数料のかからない窓口現金払いを選択。
だって自転車で行けるんだから。


20210925 sekiguchi-33-3


話は変わって「所沢市民文化センター」の帰り、おはぎが食べたくなった。
彼岸6日目にしてようやく思い出したと。


20210925 sekiguchi-23


しかし所沢駅エリアって、意外に和菓子屋さんが思い浮かばない。


20210925 sekiguchi-24


西所沢に古い和菓子屋さんがあったのを思い出して行ってみたが、おはぎは売り切れ。地元の青葉町の新しい和菓子屋さんは店頭に置き看板が出ているにもかかわらず、おはぎ完売。
彼岸の中日を2日も過ぎていれば普通に買えるだろうという考えは甘かった。


20210925 sekiguchi-2520210925 sekiguchi-26


最後にあまり期待せずにのぞいてみた「御菓子司 せき口」。


20210925 sekiguchi-27


小さいお店なので文字どおり外からのぞき見たんだが、ありました、おはぎ。


20210925 sekiguchi-28


所沢に限らず激減している街の和菓子屋さん、いろんな意味で貴重。


20210925 sekiguchi-2920210925 sekiguchi-30


つぶあんとこしあん1個ずつ買う。
本当はもっといろいろ買いたかったが、何らかの理由で甘いものを控えているらしい家族に配慮して今日はおはぎのみに。


20210925 sekiguchi-32


いつまでもあると思うな。
巨匠も菓匠も。


20210925 sekiguchi-31


[DATA]
御菓子司 せき口
東京都東村山市青葉町2-1-5





[Today's recommendation]

wachat210925.jpg




https://youtu.be/OReqQEkVBZs



20210925 sekiguchi-34
ミューズメンバー倶楽部会員になったので、カフェも1割引きで使える♪


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2