fc2ブログ

桜と同じ半月遅れの ――高尾山登山道 稲荷山コース

2024.04.06

 東京の桜の開花は3月29日と平年より5日、去年より15日遅い観測で、最近では2012年(3月31日開花)以来の遅さとなった。それには2月下旬以降の低温傾向が影響している。
そういうリズムは人間も同様で、われわれの山歩きも去年の3月21日から、桜と同じ半月遅れのスタートとなった。

行き先は去年と同じ高尾山。
クルマで1時間ちょっとで行ける手軽さから、「高尾山でも…」となりやすい。
ただし、去年の記事にも書いているように高尾山は駐車場事情に釈然としないところがあって、それを回避すべく去年より1時間以上も早く家を出る。


20240406 inariyama-11
案内川、市営駐車場、高尾山口駅


途中、ひと駅手前の高尾駅近くの1日最大500円の駐車場が“満車”でイヤな予感がして、予定していた高尾山口駅前の市営駐車場より350mほど手前の1000円のコインパーキングに駐車。
歩いて登山口に向かう途中に通った市営駐車場は、なんと7時半にして満車なのだった。
普通にこっちに止めようとしていたら去年と同じ氷川神社コースをたどっていたかもしれず、危ないところだった。


20240406 inariyama-12
京王高尾山口駅


去年歩いたのは案内川の支流“前の沢”に沿って上る「6号路」だったが、今回はその沢を挟んで薬王院表参道(1号路)の主尾根とは反対側の南の尾根を伝う「稲荷山コース」。


20240406 inariyama-13
高尾山ケーブルカー清滝駅


40年近く前、初めて高尾山に登ったときに通ったのが稲荷山コースである。
はたして過ぎし日の思い出探訪、いかがあいなりますや。


20240406 inariyama-1420240406 inariyama-1520240406 inariyama-16


高尾山ケーブルカー 清滝駅の左を通る6号路からすぐにそれて沢を渡り、対岸の斜面を上る。
はじめひたすら木段の上りでけっこうしんどいが、尾根に出てしまえばあとは急勾配の少ない歩きやすいコースである。


20240406 inariyama-17

20240406 inariyama-18
稲荷山の名前の由来でもある「旭稲荷」


ただし、ここ数日天候不順が続いたため足元はかなりよくない。
そういう予測もあって水の流れる“飛び石”区間のある6号路ははじめから候補外だったわけだが、結果的に舗装路の1号路を除けばこの日はどのコースもグチャグチャなのだった。


20240406 inariyama-19


尾根に出てしばらくは麓のほうで絶えず自動車走行音が響いていて、木々の間からは圏央道 高尾山ICが垣間見え、自然豊かな国定公園である一方、首都交通の要衝でもあることを思い知らされ、やや興を削がれる。


20240406 inariyama-20


やがて圏央道の騒音も遠ざかり、明るい樹間にさまざまな鳥の声が響き渡る気持ちよい道に。


20240406 inariyama-21


全体にあまり眺望は利かず、ほぼ唯一といっていい見晴らしの開ける場所が稲荷山展望台。
際立ったピークではないが「稲荷山400m」の札がかかっている。


20240406 inariyama-22

20240406 inariyama-23

20240406 inariyama-24


曇りがちであまり見通しはよくないが、新宿のビル街はかすかに認められた(ような気がした)


20240406 inariyama-25


昔歩いたときコース途中の眺めのよい東屋かベンチで昼ごはんをとった記憶があり、それがこの場所だったかはまったく思い出せないが、そのとき食べた手製のおにぎりのおいしさは忘れられない。
人生三本の指に入るおにぎりなのだ。


20240406 inariyama-26


そんなことを思い出しながら歩いているから急激に腹が減ってきた。
5時起きで朝食が早かったというのもある。


20240406 inariyama-27

20240406 inariyama-28


いつもどおり携行食のようかんとチョコは持ってきたが、そういうおやつ系じゃなく、しょっぱいちゃんとした食事がしたい。
山頂には茶屋がいくつもあったはず… と、自然、足取りが速くなる。


20240406 inariyama-29

20240406 inariyama-30


右に下れば6号路の飛び石の道へ合流する分かれ道を過ぎて間もなく、長い木段。
それを上りきればもう山頂広場なのだった。


20240406 inariyama-31


おにぎりを食べたことともう一つ、コース最後が切り立った斜面伝いでけっこう怖かったということをかすかに記憶しているんだが、そんな箇所は存在しなかった。
結局、記憶と整合するものは何一つ見いだせず、虚しくハラは減るばかり。

(つづく)


20240406 inariyama-32
神奈川方面は少し明るくなってきた。左から高取山、経ガ岳、仏果山、高取山…


[DATA]
高尾山登山道 稲荷山コース
東京都八王子市高尾町2484-7
https://www.ces-net.jp/takaovc/?page_id=3093









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/kxOFrMIqPX8?si=bpWfcnTy76cLpJUY



wachat240406-11.jpg



20240406 inariyama-39
次号予告





 高尾山の早春の花 など (稲荷山コース)

20240406 inariyama-3320240406 inariyama-36
20240406 inariyama-3820240406 inariyama-37
20240406 inariyama-3420240406 inariyama-35
カンアオイ、ナガバノスミレサイシン? シュンラン、チゴユリ、ツチグリ、エイザンスミレ


古道をしのばせる茶屋は… ――浅間尾根

2023.10.22

 前記事の続きで、「関東ふれあいの道~東京都④ 歴史のみち」の後半。


20231022 sengenrei-36


コースは標高903mの浅間嶺をピークに、以降はほぼ下り。
植生もガラッと変わり、上りがほぼ杉林だったのに対し浅間嶺展望台から先は明るい広葉樹林で、ススキなど背の高い下草も繁茂し、キク科の花が多い。


20231022 sengenrei2-1120231022 sengenrei2-12
山がピンポイントで見られるのぞき穴


前記事に書いているようにコース起点の上川乗から昼ごはんをとった浅間尾根休憩所までは1人も人に会っていなかったが、休憩所以降、急にひと気が増えた。
おそらく檜原街道の上川乗の先の浅間尾根登山口から上って尾根を縦走するのが、山ガール? の人々のメインルートなんじゃないかと。


20231022 sengenrei2-13


尾根道に取り付くまでまったく人に会わないというのは前回の「東京都コース⑥ 杉の木陰のみち」も同様で、要するに関東ふれあい~ が山の人々に重要視されていないことの表れであろう。


20231022 sengenrei2-14


僕らはたまたまそこ(関ふれ)から入った初心者だが、こんなにヒトと出会うことなく山道を巡るぜいたくを味わえるのだから、いまの方向性は間違っていないわけだ。
クマと出会いさえしなければ💦


20231022 sengenrei2-16


しばらく下ると、伐採斜面を沢筋を経てぐるりとめぐっている箇所に出る。
道の下に金網が設置してあるとはいえ、高所恐怖症的には相当怖いので、この間の写真は残っていない。


20231022 sengenrei2-18

20231022 sengenrei2-19
右が御前山で、左は三頭山?


その先は杉の林下の暗い沢沿いの道。


20231022 sengenrei2-20-2
見事なフジの巨木

20231022 sengenrei2-25


沢沿いに下るうちに人工物がちらほら現れ出す。


20231022 sengenrei2-21

20231022 sengenrei2-22

20231022 sengenrei2-23


立派な屋根の「お代官休息処跡」は「そば処みちこ」として営業していて人気だったらしいが、ネット情報によればおそらく5年前に閉店している。


20231022 sengenrei2-24


その先で少し上ると道は舗装化され、やや広い車道に合流する。


20231022 sengenrei2-2620231022 sengenrei2-27


分かれ道の股の部分に大山祇神社。


20231022 sengenrei2-28


その先に峠の茶屋。


20231022 sengenrei2-29


この「浅間尾根 峠の茶屋 高嶺荘」こそが前記事にも書いているうどん屋さんで、上のそば処とともにこのコースの名物スポットだったらしい(姉妹店だったらしい)が、こちらの茶屋も残念ながら閉業している。


20231022 sengenrei2-30


あちらが“代官休憩所”、こちらには“創業1686年”と書いてあるように、この場所は江戸期に重要な生活路・交易路であった甲州古道の要衝であったに違いない。


20231022 sengenrei2-31


そんな歴史をしのばせるお店が“存続”していて、その閉業がごく最近というところが、残念でしかたない。

(つづく)


20231022 sengenrei2-32


[DATA]
大山祇神社
東京都西多摩郡檜原村小沢





[Today's recommendation]


https://youtu.be/ROQwcfoa9N4?si=2-konhu3uH4NjIvY



wachat231022-22.jpg



20231022 sengenrei2-33-2
次号予告


下山ルート ――武蔵御嶽神社 表参道

2023.07.02

 「駒鳥売店」でひと休みしたあと、下山。
👇こうやって見ると、神代欅は門前商店街と背中合わせなのである。
キレンゲショウマ群生地も、だいたいこのあたりと思われる。


20230702 mitake-sando-11
神代欅。右の建物が「駒鳥売店」?


御岳山には何度も来ているが、これまでは上りも下りもすべてケーブルカー利用。
“天空の集落”というのは最近の表現かもしれないが、ケーブルカー以外に交通手段のない山奥に商業活動を伴う人の営みが突如出現するというファンタジーチックな設定からすれば、ケーブルカー以外の方法によるアプローチはルール違反… と感じなくもなかった。
ケーブルカーの眼下にちらちら映る参道を自分の足で歩こうとは、考えたこともなかった。


20230702 mitake-sando-12


今回は“関東ふれあいの道”というのがテーマでもあり、すなわち“関東ふれあいの道 東京都6 杉の木陰のみち”起点の上養沢バス停から終点の御嶽駅まで歩くのが基本設定。
下山にも意味があるのである。


20230702 mitake-sando-13


馬場家御師住宅や御岳ビジターセンターを過ぎた御師集落の外れのあたりで分かれ道。
左はケーブルカー御岳山駅、右はそのまま徒歩で下る道。
これまであまり考えたこともなかったが、右のルートこそが御嶽神社の表参道なのである。


20230702 mitake-sando-14


ケーブルカー(御岳登山鉄道)開業は1934年。
それ以前は歩いて登るしかなかった。
江戸時代に開かれた歴史ある参道で、杉の巨木が並木をなす荘厳な雰囲気である。


20230702 mitake-sando-39


古い道だけに各所に故事に由来する地名が付いており、道標と説明板が立っている。


20230702 mitake-sando-1520230702 mitake-sando-16
20230702 mitake-sando-1720230702 mitake-sando-18
20230702 mitake-sando-19
20230702 mitake-sando-2020230702 mitake-sando-21


江戸期の参拝文化や風俗をしのばせるものがあり、非常に興味深い。
それにしても、だいぶ下ったが、現代のコンクリート道は足にこたえるのであった💦


20230702 mitake-sando-22


ところどころでケーブルカーのルートと接近する。
これまで見下ろす側だったが、自分の足で歩いているほうがなぜか優越感を覚える。


20230702 mitake-sando-23


ようやく見えてきた鳥居は、御嶽神社の二の鳥居。
鳥居の向こうにケーブルカーのふもと駅である滝本駅。


20230702 mitake-sando-25

20230702 mitake-sando-24

20230702 mitake-sando-27

20230702 mitake-sando-38


滝本駅まで下れば終わった気になるが、JR御岳駅はまだまだ先なのだ💦
臨時バスも出ていたようで呼び声を聞いたが、せっかくここまで来たのだから徒歩で完遂させたい。


20230702 mitake-sando-28


吉野街道に面した一の鳥居まで約1.5km。


20230702 mitake-sando-3020230702 mitake-sando-31
20230702 mitake-sando-32


鳥居の向かいから川のほうに下りる近道があり、その先のつり橋を渡って対岸の青梅街道に出る。
つり橋からの眺めがすばらしかった。


20230702 mitake-sando-33


そのまま青梅街道を歩いて御嶽駅。


20230702 mitake-sando-34


駅には大勢のハイカーが。
皆さん僕ら同様、梅雨の晴れ間を存分に楽しんだ様子であった。


20230702 mitake-sando-35


御岳インフォメーションセンターの前に“冷えてます”の幟が!
ようやくありつけるかも… と駅の時刻表を確認すると、次の上り電車まであと10分ほどである。


20230702 mitake-sando-36


下山のあとのお楽しみは、そそくさと (;^_^A

関東ふれあいの道 杉の木陰のみち編おしまい)


20230702 mitake-sando-37


[DATA]
武蔵御嶽神社 表参道
東京都青梅市御岳2-483-2





[Today's recommendation]


https://youtu.be/uKHO9JKIjGM



wachat230702-66.jpg



20230702 mitake-sando-10


立春の行事食とは 【竹紫堂】

2023.02.04

 今日は立春。

立春は二十四節気の第1。
正月節とも呼ばれ、年のはじめに当たる。
太陽黄経315度で2月3、4日ごろ。

寒がりの大人は、二十四節気でいえば大雪(12月7日ごろ)のあたりからこの日を待ちわびるようになる。
年をとるほど1年が短く感じられるとよくいわれるが(ジャネーの法則)、その原因は人生経験を積むほど、このように1~2カ月単位で時間をスキップさせるよう意識が働くことにある… かもしれない。

ちなみに立春・立夏・立秋・立冬はそれぞれ季節の始まりで、その前日“節分”は文字どおり季節の分かれ目にあたる(節分は年4回)
そのうち立春は年の始まりも意味する特別にめでたい日である。


20230204 chikushido-2820230204 chikushido-26
河津桜と蝋梅(東村山中央公園)


季節ごとの行事やお祝いの日に食べる特別の料理“行事食”。
前日の節分の恵方巻き商戦の過熱ぶりを見れば、めでたい立春当日にも何か特別な食べ物があってもよさそうなもの。

調べてみると、行事色はほとんど節分に持っていかれているようで、たべもの的にもこれといった立春限定は見当たらない。
少ない情報のなか、いくつか上がっているのが和菓子で、“立春大福”や“立春生菓子”という言葉があるらしい。
正月や初春の華やぎという意味で、和菓子はしっくりくるものがある。


20230204 chikushido-11


春の華やぎの大福といってまず思い浮かぶのがいちご大福。
いちご大福といって第一に思いつくのが、東大泉の「竹紫堂」。
ただし、“いちご大福”にあらず…。


20230204 chikushido-12


大泉学園駅から南西に延びる商店街に続く一角(井頭商店会)。
自転車で保谷駅から大泉学園駅方面へ向かうときによく通るルートだが、お店の存在を知るきっかけはテレビか何かだったと思う。
「いちご餅って、なんだべ…?」となったのだった。


20230204 chikushido-13


こちらの名物が、いちご餅である。
いちご餅とは… まぁ、いちご大福かな。


20230204 chikushido-14


よく通るだけにときどき立ち寄る店だが、いちご餅は売り切れていることも多く、これまで食べたことあったかどうか。
いちご餅売り切れにつき桜餅… ということはあった。


20230204 chikushido-1520230204 chikushido-1620230204 chikushido-17


12時の入店で、いちご餅がいっぱい並んでいてひと安心。


20230204 chikushido-18

20230204 chikushido-19


いちご餅2個と桜餅2個を買う。
先の行事食の考え方では、立春大福のいちご餅、立春生菓子の桜餅ということになろうか。


20230204 chikushido-22

20230204 chikushido-23


季節の移ろいと密接な関係にある和菓子の世界において、春はいちばん華やかな時期。
心もウキウキ♪


20230204 chikushido-20


[DATA]
竹紫堂(ちくしどう)
東京都練馬区東大泉7-31-26
https://chikushido.wixsite.com/main
https://www.facebook.com/profile.php?id=100064739584363
https://www.instagram.com/chikushido/
https://www.youtube.com/channel/UCMrj_uKDKwIAbbT5hkf7Hlg





[Today's recommendation]


https://youtu.be/3u-IRq6Y7dc



wachat230204.jpg



20230204 chikushido-29
立春に邪気払いで豆腐… というのもあるようだ


150年後というか、50年前との邂逅 【東京国立博物館 表慶館】

2022.11.19

前記事の続き)

今回、東京国立博物館(通称トーハク)のお目当てのイベントは、「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」。
創立150年記念事業の一環で、いまよりさらに150年後の西暦2172年に伝え残したい国宝候補を一般公募より選定、また人々の生活に新しい価値観をもたらした企業による国宝候補も併せ、その背景のストーリーとともに展示するイベントで、公式Twitterによると“トーハク史上初の公募型展覧会”。

前日の朝のニュースで見て、そこで取り上げられていた観光土産のペナントや煮干しコレクションといった“国宝候補”に、面白そう❣


20221119 hyokeikan-11


会場は本館左手の「表慶館」。


20221119 TokyoNationalMuseum-15


トーハクの建物群の中でもひときわ目を引く洋風建築で、開館1909(明治42)年と博物館内唯一の明治時代の建造物だそうだ。
1978年、重要文化財に指定。


20221119 hyokeikan-12-2


ちなみに150年事業の目玉企画「国宝 東京国立博物館のすべて」が行われているのは平成館(1999年開館)で、建物の90年分、ハクのうえではこっちの“国宝展”がはるかに上回っているといえよう。

「表慶館」は特別展・イベント開催時を除き休館ということで、館内が見られる貴重な機会でもある。


20221119 hyokeikan-13


――大正天皇の御成婚(明治三十三年)を記念して計画された奉献美術館で、片山東熊の設計指導になる。石及びレンガ造、二階建で、ネオ・バロックの様式をもつ。円形と長方形を組合わせた平面の構成や大小ドームの取扱いなど巧みにまとめている。中央ホールのモザイクタイルを張った床は見応えがある。文化遺産オンライン

中央ホールのドーム型天井とそこに描かれた天井画を見るためだけでも、入る価値あり。
外から見れば中央の大ドームで、左右にシンメトリーに小ドームが配置されている。


20221119 hyokeikan-14
こちらは中央ホール左の間で、振り返ると…

20221119 hyokeikan-15
順路に従って奥へ進むと…

20221119 hyokeikan-16
そのまま階段を上る


20221119 hyokeikan-17


展示よりも建物の重厚感に圧倒される。
そりゃそうか… σ( ̄、 ̄=)ンー

が、2階に上がってすぐの企業展示にくぎ付けになるワタクシ。


20221119 hyokeikan-18


学研ホールディングス「科学のふろく」


20221119 hyokeikan-19


科学とは学研の小学生向け学習雑誌『科学と学習』の科学で、毎回ユニークな付録で人気だった。
展示されているテントウムシ、めっちゃ覚えてる。
空前のプラモデルブームの当時、『科学』の付録がプラモ…!? と騒然となったのだった。


20221119 hyokeikan-25


ニュースで見た「煮干しのコレクション」はあったが、ペナントが見つからない。


20221119 hyokeikan-20-220221119 hyokeikan-21-220221119 hyokeikan-22-220221119 hyokeikan-23-2


あとで『NHKプラス』で確認すると、展示自体は「昭和後期のこどもの「城」~ある男子の勉強机まわり~」というもので(パネル展示)、ペナントはNHKの追加取材の過程で出てきたのだった。ペナントを見に来たと言ってもいいくらいで、残念(笑)。


20221119 hyokeikan-29


その先に「ウルトラシリーズ怪獣スクラップブック」の展示。


20221119 hyokeikan-26


お気づきのようにガンダムはさりげなくスルーしているが、こっちは素通りできない。
世代の違いである。
しかも身に覚えもあるし、実家を探したら絶対出てくるぜ、コレ…!


20221119 hyokeikan-27


ざっくりウルトラシリーズというが、あれは『ウルトラセブン』で極め、終わっている。
地底や海底、宇宙空間や未知の惑星から4次元時空まで、あるいは下町四畳半と、よいこの想像の翼を広げてくれたウルトラセブンだが、次作以降は「裏山に怪獣が出た…」という消防団の山狩りレベルまで急激にスケールダウンしてしまったのだった。


20221119 hyokeikan-28


「科学のふろく」でスイッチが入って写真撮りまくってるが、やはり収拾つかなくなるのでこのあたりでおさめておこうかと。
詳細は公式サイトでご確認いただきたい。
きっとあなたにとっての国宝に出会えるはず。

「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」は2023年1月29日(日)まで。

(つづく)


20221119 hyokeikan-30


[DATA]
東京国立博物館 表慶館
東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館構内
https://www.tnm.jp/
https://www.facebook.com/TokyoNationalMuseum
https://twitter.com/TNM_PR
https://www.instagram.com/tnm_pr/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/Nh07vG6EdRg
「アンヌ。僕は、僕はね…」



wachat221119-22.jpg



20221119 hyokeikan-31
次号予告


尊いもの 【中華料理 わかまつ】

2022.11.13

「ジョイフル本田 瑞穂店」で買い物をした帰り、昼ごはんをどうするか。
車でこっち方面はいつもそれで苦労する。
駐車場の広い店はたいがいチェーン店で、うーむ… と ( ̄~ ̄;) ウーム

もうチェーン系でも資本系でもいいかぁ… と某ラーメン店へ向かっている途中、はたと思い当たった。
この先に「わかまつ」があるじゃないか! (* ̄∇ ̄)ノシ


20221113 wakamatsu-11


新青梅街道の街中華「わかまつ」。
ド郊外の幹線道路沿いにこのようなお店が残っていること自体が奇跡的だが、当然その存在はモータリゼーションとの乖離はなはだしい。


20221113 wakamatsu-1220221113 wakamatsu-1320221113 wakamatsu-14


5年前の記事に写っているポール看板もなくなり、店先に暖簾もかかっていないとなれば、ドライバーの目に留まることはまずあるまい。
僕は自転車でよく通り、これでも営業中ということがわかっているからいいけれど。


20221113 wakamatsu-15


知っている人は知っているわけで、先客3組4人。
カウンター席に年配男性、テーブルには小さい女の子と若いお父さんと、すでに幅広い客層だが、僕らのあとどんどんお客が入ってきて、12時前にして5脚のテーブル席がすべて埋まってしまったという。
お店は高齢のご夫婦で切り盛りされており、この状況はかなりハードにも思えるが…。


20221113 wakamatsu-17

20221113 wakamatsu-18


注文は、チャンポンと五目焼ソバ。
チャンポンは、上のリンク先の記事にも書いているが、市内きってのうどんの名店のおかみさんがブログで推していて、ずっと気になっていたもの。


20221113 wakamatsu-19


まずチャンポン。
卵とじ&あんかけと、パッと見から意外性いっぱい。


20221113 wakamatsu-20


具の種類がものすごく多い。
ハクサイ、キャベツ、モヤシ、長ネギ、ニラ、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、干しシイタケ、グリーンピース、豚肉、カマボコ、エビ…
これほど多くの食材を、だしの鶏ガラスープがしっかりまとめている感じ。
ゆえに、初めて食べているにもかかわらず、きわめて懐かしい。


20221113 wakamatsu-21
ストレートの中太麺が、チャンポンっぽい


五目焼ソバは、なんと、洋食のステンレス皿で出てきた。
わーい❣


20221113 wakamatsu-22


こちらもまた、なつかしうまし。
具はチャンポンとほぼ同じで、こっちは長ネギではなくタマネギ、あと卵とじでなくゆで卵 ♪(* ̄∇ ̄)


20221113 wakamatsu-23


実は提供に5分ほどのズレがあり、ネギの件はともかく材料がほぼ同じなら一緒に作れないのかとも思うが、製法が決定的に違う。五目焼きそばといえば普通あんかけを連想するが、こちらは具を麺と一緒に炒めるソース焼きそばタイプ。
なので、卵とじ&あんかけのチャンポンと同時につくることはできそうにないのであった。


20221113 wakamatsu-24


やはり相当忙しそうで厨房はしっちゃかめっちゃかで、2人とも小走りで動いている。
支払いのときも手が離せそうに見えないので、しばらく厨房の様子を見学させてもらったが、おかあさんがタマネギとニンジンとピーマンを大きめにカットし、おとうさんがそれをひったくるようにして油に投入していた。
さっき注文のあった酢豚の製作中らしい。
なんと、酢豚1皿分の野菜を作る直前に切り出しているのである。


20221113 wakamatsu-25


僕らのチャンポンと五目焼ソバもそうだが、注文一つ一つ丁寧にこしらえている。
食べ物を超え、何か尊いものに触れる思いがした。


20221113 wakamatsu-16


[DATA]
中華料理 わかまつ
東京都武蔵村山市中央114-1





[Today's recommendation]

wachat221113.jpg




https://youtu.be/yibf6QNjgGU



20221113 wakamatsu-26


市役所横に実力派な洋食屋さんオープン! 【Kitchen blue grove】

2020.01.11

 東村山市役所裏口の向かいにある四軒長屋は一時期さびれていたが、2018年6月に「とり幸」、同7月に「野口製麺所」と、いずれも市内の人気店が立て続けに支店を出し、様子が一変した。
そこへ新たに洋食店が開店し、いっそうの活気とコジャレた華やぎを添えている。


20200111 Kitchen blue grove-12


店名は「Kitchen blue grove(キッチン ブルーグローブ)」。
2019年9月21日オープン。


20200111 Kitchen blue grove-1320200111 Kitchen blue grove-14


店内は4人掛けテーブル1卓とカウンター5席ほどとこぢんまりしている。
カウンター席の背後の壁際に図書館の自習室ブースのような謎の構造物があるが、よく見るとこれもカウンター席のようだ。
某チェーンの“味集中カウンター”的な? 入ったことないけど (〃 ̄ω ̄〃ゞ ウーン…


20200111 Kitchen blue grove-17


先客はなくテーブル席に着くことができた。
先客はないが、2階から物音や子どもの声が聞こえる。カルチャースクールか何か別運営なのかと思ってあとで聞いてみると、たまたま団体予約の貸し切りとなっていて、普段は客席として普通に使えるそうだ。


20200111 Kitchen blue grove-16
20200111 Kitchen blue grove-15


表でランチメニューをチェックして日替わり+レギュラーという組み立てと決めて入ったわけだが、入って大いに悩む。
カダイフ巻きエビフライって何よ ( ̄ω ̄;)

でもやっぱり最初はハンバーグかなぁ… ということで、デミグラスソースハンバーグ880円と、本日の日替わり:やわらかポークの赤ワインと黒こしょうソース850円に。


20200111 Kitchen blue grove-18


ハンバーグは小判形ではなく、爆弾形などと呼ばれる丸みのある形状。つなぎが少なく牛肉感が強いが、ナツメグをはじめスパイス・ハーブの適度に効いた本格派。
付け合わせのじゃがいものガレットがカリッと香ばしくおいしい。調理道具も使い込んだいいものなんだろうな。


20200111 Kitchen blue grove-19


やわらかポークとは、要するに豚の角煮である。
ふんだんにかけられたソースは赤ワインを煮詰めて暗紫色に底光りしており、甘味が強くバルサミコを思わせる酸味がいいアクセントとなっている。ポークは繊維がほどけるやわらかさ。


20200111 Kitchen blue grove-20


日替わりでこういう料理って、ちょっとすごい。
どれだけ引き出しがあるんだろう… と。


20200111 Kitchen blue grove-21


ご近所の情報筋によれば、ご主人は西武関係のレストランで30年も腕を振るった方だそうだ。花小金井の人気店「ZEN」のシェフのような経歴なのかな…(と思って確認しようとしたら、「ZEN」は閉店したようだ。ショック…)


20200111 Kitchen blue grove-22


先客はなかったが、僕らのあと、1時半すぎにして1人・2人・2人・1人と来客があり、なんと自習室が3席まで埋まってしまった。
市役所に加え久米川病院が移転開業という立地的な好条件下にあって、このクォリティ。
今後の展開が楽しみだ。


20200111 Kitchen blue grove-11


[DATA]
Kitchen blue grove(キッチン ブルーグローブ)
東京都東村山市本町4-6-16





[Today's recommendation]

wachat20200111.jpg




https://youtu.be/fLFMhK96wmI


東京そば・大阪うどん 【伊六庵】

2019.11.14

 東はそば文化・西はうどん文化とよくいわれるが、それをそのまま看板に掲げるお店がある。
青梅街道・奈良橋交差点を武蔵大和駅方面へ500m、塩釜神社の裏手にある「伊六庵」は、“東京そば・大阪うどん”を標榜する。


20191114 irokuan-27


このあたりではほかにも萩山通りにあった「元六」、たかの街道にあった「多加楽」が同じ表現で訴求していたが、系列ということでもないと思うので、ちょっと使ってみたくなるある意味テンプレ発想的にわかりやすいコピーということだろうか。


20191114 irokuan-26


「伊六庵」は思ったよりこぢんまりしたお店で、4人掛けテーブル席×2、小上がりに6人掛け×2という構成。
年配のご夫婦で営まれているもよう。


20191114 irokuan-15


東京そばはいつでも食べられるので、ここは大阪うどんでいってみる。
うどん定食800円を注文。


20191114 irokuan-1820191114 irokuan-19

20191114 irokuan-20


十二支置き物、縁起熊手、天狗のお面、木彫りの人形、… と雑多な装飾品に囲まれているが、黒光りする木のテーブルなどいい感じに年季の入った調度・しつらえにより民芸調という統一感でゆるくまとまっており、懐かしくもしっとり落ち着く店内である。
みずみずしい切り花や季節のポインセチアは、きめ細やかな日常メンテナンスを欠かさない姿勢を物語っているよう。


20191114 irokuan-16


うどん定食は、おにぎり2個とお新香付き。
うどんは“昆布だし大阪味きつねうどん”と書いてある。


20191114 irokuan-21


やや細め、讃岐ほど弾力が強くなく武蔵野ほど重くない、ふわっというかみ心地でしなやかなコシのあるうどん。
透き通ったつゆは昆布だしの優しい味わい。
甘辛の三角お揚げが2枚。


20191114 irokuan-22-2


薬味に小口青ネギと白ネギの2種がデフォでのってくるが、上品なつゆに白ネギは強すぎるし大阪風ということであれば、ここは青ネギのみでいくべきだと思う。と、ちょっとちぐはぐ感を受けなくもないが、ネギどころ・関東平野という土地がら、そうもいかないという事情もわからなくもない。


20191114 irokuan-2320191114 irokuan-24



おにぎりは温かく作りたてで、ふんわりにぎってある。
具はどちらもカリカリ梅。


20191114 irokuan-17


レジで支払いを済ませると、「飴、いかがですか?」とおかあさん。
最後、きっちりまとめてきたなぁ…(笑)。


20191114 irokuan-25
おばちゃんがアメちゃんくれる

20191114 irokuan-14


[DATA]
伊六庵
東京都東大和市高木2-126-8





[Today's recommendation]

wachat191114.jpg




https://youtu.be/Aq8LDUCw6sg


陶器や絵画に囲まれて、秘密のランチスポット 【喫茶庵 うたたね】

2017.12.23

 東村山中央公園の東~南のエリアには隠れ家カフェがいくつもある。隠れ家だけにどこも一見にはハードルが高いが、なかでも入りにくいオーラMAXなのが「陶器・喫茶 うたたね」。


utatane2-55.jpg


中央公園通りに面した喫茶店「樹樹」の裏を斜めに入る路地の先、道なりに左に曲がって、ウサギ小屋の向かいに「うたたね」はある。
というか、東京街道から入ればすぐで、表通りに看板も出ている。
店先をロウバイやカシワバアジサイの鉢植え、藤棚にうっそうと覆われ、中の様子はまったくつかめない。


utatane2-70.jpgutatane2-71.jpg


先週、小川駅前の シュガープラム で食事をしたあとに通りかかったら、ガラス戸に“焼き物セール”の張り紙がしてある。それにかこつけ、思い切って潜入してみた。
思いがけず店主のおばさまのおもてなしにあずかり、いたく感激したのである。
そういうわけで、あらためて正式にお食事をいただきに伺うことに。


utatane2-54.jpg


店主さんは覚えていてくださって、やっぱりうれしい。
聴いていたラジオを止めてピアノ曲をかけてくれる。先週、置いてあったCDから世界的ヴァイオリニストKyung-Wha Chungの話になり、僕がクラシック音楽を好きそうと思っていてくれたのか、それとも営業モードに入ったということか。
でも、それまでかかっていたのがNHKラジオ第1の長寿番組『ひるのいこい』で、そっちを聴いていたかった気もする。


utatane2-56.jpg


開店26年のこの店は、焼き物や絵、アンティーク雑貨などのギャラリーを兼ねる。焼き物は、丹波、瀬戸、信楽、常滑、益子などの陶芸家の作品を扱う。
たたきと奥の上がりというつくり。左手に大小2つのテーブルがあって、5人くらいは座れるだろうか。
ところ狭しと展示された作品に囲まれ、たいへん居心地がよい。


utatane2-72.jpgutatane2-73.jpg


まず、うたたね風鶏肉カレー750円と紅天うどん700円をオーダー。
店主さんはお茶を入れてくれ、
「できるまでお芋でも食べていてください」
と、またまたストーブに載っていたアルミホイルをとってくれるのである。


utatane2-74.jpgutatane2-75.jpgutatane2-76.jpg


店主さんは奥の台所で調理に忙しく、その間ゆっくり店内を拝見する。
焼き物の棚に器が並んでいるが、売れている様子は感じられない。
階段箪笥がいい感じにさびれた雰囲気を醸し出す。


utatane2-77.jpgutatane2-78.jpg


BGMはショパン~リスト~シューマンと、初期ロマン派ピアノ曲の自己編集盤。
同じ作風の抽象絵画が数枚飾ってある。開店当初から扱っている丹波の陶芸作家(故人)のお孫さんの作という。青と黄がポイントの明るい色づかいをツレは気に入ったようだ。
テーブルにはワレモコウやホトトギスのドライフラワーに『牧野富太郎植物記』全8巻(第2巻欠落)。店主さんは植物もお好きとのことで、貯水池周辺の植生にも詳しい。


utatane2-79.jpg


紅天うどんは、ちくわと紅ショウガを一緒にした天ぷらがおもしろく、その酸味が甘めのつゆとよく合う。
ホウレンソウとワカメ、ノリ、ゆでたまごなど具だくさん。


utatane2-52.jpg


鶏肉カレーはタマネギの甘味が強く、バランスをとるようにヨーグルトと思われる酸味を出している。辛さは感じない。
ライスは麦ご飯。鶏肉がごろごろ。
一緒に煮込まれたレーズンがいいアクセントになっている。


utatane2-11.jpg


付け合わせはラッキョウと浅漬けキムチ。
ラッキョウは、しょうゆ、酢、蜂蜜などで漬けた自家製の2年ものという。


utatane2-53.jpg


食後、店主さんはお茶をつぎ足し、お茶請けのせんべいと最中まで出してくれる。
喫茶部門では、いま時分のおしるこ、夏場の豆かんというあたりが見逃せない。

秋から春には予約制の食事会を開いており、語り芝居や落語会も開催しているそうだ。
今月開いた落語会(別府康子さん)では20人ほどが来店したというが、どうやってそんな人数入れたんだろう。
次の落語会にはぜひご案内をいただきたく、お願いをして店を出た。


utatane2-59.jpg


外から見ただけではこのような創造性とホスピタリティにあふれる空間が広がっているとはまったく思いもつかない。
こんな身近にも、自分の知らない世界はまだまだある。


utatane2-60.jpg


[DATA]
喫茶庵 うたたね
東京都東村山市富士見町5-5-47





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=M6mgPnQaZNw



chat171223-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


ホスピタリティの高いうどん屋さん 【かもKyu】

2017.02.20

 ずいぶん前に花小金井から小金井公園経由で武蔵小金井まで散歩したときに通りかかり、気になっていたうどん屋さん。
多摩エリアには自宅開放型を含めポツリポツリとこういった店があるが、意外と長続きしない印象がある。その点、この店はしっかり定着しているように感じられ、この日も1時半という遅い時間にもかかわらず、まさに老若男女、多様な客層でにぎわっていた。


kamokyu33.jpg


BGMはジャズだ。そば屋ではよくあるが、ジャズの流れるうどん屋というのは珍しいかも。
武蔵野うどんにしてはメニューが多い、というか「かわりブタ汁」シリーズがユニーク。カレー風味ブタ汁、キムチブタ汁、塩ブタ汁に、トマトブタ汁なんてものまである。
私はオーソドックスにつけ麺ブタ汁(醤油味)並720円をオーダー。麺はそこそこ香り、コシが強すぎないのも個人的には好ましいのだが、ちょっと汁が甘すぎるかな…。


kamokyu31.jpg


無添加・無化調・国産素材という食材へのこだわりや丁寧な接客を含め、お店の誠実さが伝わってくる。

感心させられたのは、数脚ベビーチェアの用意があること。女性陣もしっかり運営に参画していることをうかがわせる。
そういう女性目線・母親目線は、どうしても男性主導になりがちな個人商店において光明をもたらす。
繁盛の秘訣かもしれないと思った。


kamokyu32.jpg


[DATA]
田舎うどん かもKyu
東京都小金井市緑町4-15-48





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=Zqo3G_yWQ5Y


Latest Articles
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
まずは腹ごしらえ😅 【曙亭】 Apr 08, 2024
桜と同じ半月遅れの ――高尾山登山道 稲荷山コース Apr 07, 2024
赤ずきんといえば 【赤ずきん 久米川店】 Apr 04, 2024
活力の源 【九州ラーメン いし】 Apr 03, 2024
踏切ぎわのだんご屋さん 【みや古だんご】 Apr 01, 2024
生気の補充 【山田屋 十二社】 Mar 31, 2024
ネオたぬき… とは 【cafe222】 Mar 29, 2024
ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】 Mar 28, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2