FC2ブログ

いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】

2021.07.23

 帰りの乗換駅の八王子まで娘を車で送っていくことになり、途中のまんじゅう屋さんに寄る。
正確には、私たち八王子のまんじゅう屋さんに行くけど、一緒に乗ってく? と。

せっかくの連休なので近場に車で出かけようかということで、ならば行ってみたいまんじゅう屋さんがあると、まんじゅう好きの家族。


20210723 uchida-21


八王子市石川町の「内田酒まんじゅう」。
最寄り駅は八高線北八王子。
多摩大橋通りからすぐなので、車なら五日市街道に並行する路線をうまく使えばわりと簡単に行けそう。実際、家から30分ほどで到着。


20210723 uchida-2220210723 uchida-23


住宅街にひっそりたたずむ趣ある外観。
知る人ぞ知る存在で、荻窪の「高橋の酒まんじゅう」と並び称される東京酒まんじゅう界の“西の横綱”であると、あとで知る。
高橋さんは僕でも知っている有名店で、内田さん、すごい方だったのね。
和菓子というと都区部の古い街に目が行きがちだが、多摩地区にもそんな名店があると知ると、なんかうれしい。


20210723 uchida-24


商品は酒まんじゅうオンリー、受け渡しカウンターのみの小さいお店というところは「高橋の酒まんじゅう」と共通する。
酒まんじゅう120円×5個を購入。同じだけ娘にもお土産に持たせる。


20210723 uchida-25
家まで我慢できない人がいて、商品写真はすべて車中で撮る


酒まんじゅうは麹を使った“酒種”で発酵させるが、高温多湿の日本の夏は発酵に最適。
まさに酒まんじゅうの季節なのだ。


20210723 uchida-26


八王子から相模原にかけては昔から酒まんじゅう作りが盛んな土地らしい。
こちらの酒まんじゅう、麹の香るもっちりとした皮もおいしいが、あんこが最高にいい。
素朴なつぶあんで小豆の香りがよく、子どものころ家で作っていたまんじゅうそのもの。


20210723 uchida-28


“甘酒”が夏の季語と知ったのはいい大人になってからだ。
江戸時代は暑気払いのために甘酒をよく飲んだらしく、甘酒売りもいたという。
昔の人は発酵食品が体にいいことを体験的に知っていたのだろう。

同じく麹を使った酒まんじゅう、意外と夏バテ予防になったりして🎐


20210723 uchida-27


[DATA]
内田酒まんじゅう
東京都八王子市石川町2966-16









インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat210723-1.jpg




https://youtu.be/Wq5Ks3_r6f0





田舎道に忽然と出現した… 【うどんやさん】

2020.11.29

 日曜の恒例行事化している田舎道歩き。自転車も入れれば4週連続となる。
今回も当日朝に思い付いた。思い付いたが逡巡もあって出遅れた。それがプラスに働いた。(←楽天家)

コースは八高線金子駅~西武池袋線入間市駅。
ざっと入間川支流の霞川沿いとなる。


irumamap20201129.jpg
© OpenStreetMap contributors


家を出たのが10時前。東村山→小川→拝島→金子と、最初の電車の行程で乗り換え2回というのがちょっと気になりはしたが…。

小川で乗り継いだのが玉川上水止まりの電車で、玉川上水駅で次の拝島行きまでの待ち時間が15分ほどもある。
小川の待ち時間と合わせれば20分近くにもなり、この日曜昼の拝島線の不便さは誤算だった。

乗り換えの八高線にはまったく縁がないので知らなかったが、こちらは1時間に2本しかない。
幸い待ち時間は5分ほどで、やれやれと。


20201129 iruma-2120201129 iruma-22


で、あとで考えてみると、仮に拝島線の乗り継ぎがスムーズにいって20分早く拝島駅に着いたとして、八高線の前の電車は5分前に出発している。
結局、乗るのは同じ電車で、拝島駅での待ち時間が25分に延びるだけだったわけだ。


20201129 iruma-2420201129 iruma-25



本筋に関係なさそうな鉄道の旅をくどくどと説明したのはどういうことかというと、出発地点の金子駅に到着したのが11時15分。
歩く前にハラが減ってしまっていた… と ( ̄ー ̄;


20201129 iruma-23


いつも行き当たりばったりだが、今回はまったく土地勘のない土地なのでちょっと準備をしてきた。コースの地図を何枚かスクリーンショットで保存したiPadを持参。ちなみにうちのiPadは契約していないのでモバイルデータ通信は使えない。


20201129 iruma-26


その数枚の地図に近場で1店だけ飲食店がポイントされている。
「手打うどんさわだ」


20201129 iruma-27


川沿いを歩いて入間の街なかで食事にする予定だったが、高台コースに変更、うどん屋をめざすことに。


20201129 iruma-29


このタブレットのスクショ作戦はスマホより画面が大きいので有効だが、ひとんちの庭先をかすめるようなコースどりでは地図から目を離したら現在地を見失いそうで、景色や雰囲気を味わう余裕がないのが難点だ。


20201129 iruma-3320201129 iruma-3420201129 iruma-35


で、「さわだ」まで約4km。
えーと、閉まってました ( ̄▽ ̄;)!!ガーン


20201129 iruma-3120201129 iruma-30


経験上そういうケースも十分予想していたはが、そもそも外観に現役感が感じられず、このお店は本当にやってるんだろうかと近寄ってみると、「すみませんね。日曜休みにしてるんです」と車の陰から声をかけられた。「さわだ」の店主のおじさんのようだ。「コロナが終わったら日曜も開けようと思ってるんですけどね…」
とても感じのいいおじさんで、「手打うどんさわだ」、次はぜひこちらで。


20201129 iruma-32


それにしても困った。これはやはり入間の商店街まで歩かないとたべもの屋はないかもしれない。
「地図に載ってないうどん屋でもないものかねぇ…」と言った途端、忽然と「うどんやさん」の置き看板。


20201129 udonyasan-31


いやー、声に出してみるものだな(笑)。


20201129 udonyasan-34


「うどんやさん」という店名のうどん屋さんらしい。
正確に言うと、末尾の地図を見ていただけばわかるように、このお店もちゃんと地図に載っている。撮ったスクショのサイズでは地図情報から消えてしまっていたのだ。


20201129 udonyasan-28


デタラメに歩いていたらいきなり出現するという非常に印象深い体験となったわけで、結果的にむしろよかったと思っている。(←オプチミスト)


20201129 udonyasan-29


間口の印象より広い店内。座敷のみで座卓が6つ。
注文は肉汁つけ麺と鴨せいろ。


20201129 udonyasan-27


年配の店主1人で切り盛りしているもようで、お茶はセルフ。
茶どころだけあって、お茶がうまい。


20201129 udonyasan-36


けっこう長く待たされる。
〽冬空や 根岸の里の わび住まい (笑)


20201129 udonyasan-24

20201129 udonyasan-23


提供までに約20分。


20201129 udonyasan-26


うどんは武蔵野うどんとしては細めの縮れ麺。
太さは比較的そろっているが、長さが著しく不ぞろいだ。


20201129 udonyasan-2220201129 udonyasan-21


色は白っぽく無漂白ではないと思うが、香りは強い。
つゆはうま味は程よく甘さのない上品な味で、個人的にかなり好みだ。


20201129 udonyasan-25


こういう何もない田舎道に突然うどん屋が出現するあたりは、さすが“隠れうどん県”。
でもなんで、せいろにラップ… ( ̄ー ̄?)…??


20201129 iruma-37
20201129 iruma-3820201129 iruma-39


ちゃんとした旅ができないから田舎歩きで代替しているわけだが、僕らはこれで十分楽しい。
なんとも安上がりだし、緊急事態に影響されることもないのである。


20201129 iruma-4220201129 iruma-40


総距離約9km。


20201129 iruma-41


[DATA]
うどんやさん
埼玉県入間市小谷田100-2





[Today's recommendation]

wakacha20201129.jpg




https://youtu.be/ygNMJFaYvNo


高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】

2019.11.24

 実時間の昨日(11/25)、知り合いが載ってるっていうんで某医学雑誌を探しに国分寺まで出かけ、そのまま昼ごはんにするつもりだったが、Gmailが入り、突然忙しくなった。今月はイレギュラーの仕事が多く脳機能がいっぱいいっぱいだ。ブログ記事書ける気がしない、頭の中がempty感。あ… いつものことか ( ̄ω ̄;) ウーム…


20191121 toen-11


そんな状況の激変を知る由もなく、前日、われわれは立川の団地エリアをのんびり散歩などしていたのであった。
若葉町団地→けやき台団地→江の島住宅→西けやき台団地→幸町団地… というルートを歩けば、高度経済成長期、このあたりはすごかったんだろうな… と想像が膨らむ。


20191121 toen-12


若葉町に戻り、若葉大通りの中華料理店「桃園」に。
食べログによれば1973年オープン。高度成長期(1954~73年)を知る古参である。


20191121 toen-13


照明がグッと抑えられたムーディな雰囲気にまず驚かされた。思っていたよりだいぶお年を召されたご夫婦のお店で、想像していたよりはるかにきれいな店内… と、意外続きの展開。
4人掛けテーブル9卓という、けっこう広いお店である。


20191121 toen-16

20191121 toen-1520191121 toen-14


注文は外のショーケースで決めてきた、うま煮そば650円とかた焼きそば650円。


20191121 toen-18


実はギョーザ入ラーメンというものに惹かれるものがあったが、「入ってなくていいよ」とあっさり却下されたという経緯から、普通のギョーザを頼む。
すると、「サービスで200円になってますが、1皿でよろしいですか?」とお店のおばさま。
それはチョーお得! と、ギョーザ2皿注文。


20191121 toen-19


うま煮そばとかた焼きそば、ほぼ同時に完成。


20191121 toen-24-2


深く考えなかったが、アタマの具材が同じなのだ。
ハクサイ、タマネギ、ニンジン、コマツナ、タケノコ、キクラゲ、豚肉、イカの8種類で、甘辛のあんかけ。


20191121 toen-20


うま煮そばは、あんかけの濃いめの味をもしのぐほどにベースのラーメンスープの存在感が際立つ。


20191121 toen-21-3


“鶏がらスープのラーメン”を看板にしているだけあって、このラーメンスープ、タダモノではない。次は絶対、普通のラーメンを食べてみたい。


20191121 toen-22


焼きそばは太め・短めの揚げ麺。
こちらは、あんのオイリーさが引き立って、食思がいや増す感じがする。


20191121 toen-23-3


ギョーザは6個×2。


20191121 toen-25


サイズは中くらい、具材がギュッと詰まっていて、けっこうパンチのあるおいしいギョーザだ。
薄いがコシのある皮でしっかり包んであるので、これならギョーザ入ラーメンもいけるんじゃないかな…(笑)。


20191121 toen-36-2


これでお支払いが1700円というのは、ちょっと感動的…。


20191121 toen-17


[DATA]
桃園 若葉町店
東京都立川市若葉町4-22-5





[Today's recommendation]

wachat191124.jpg




https://youtu.be/w_z9oSn-eIM


ふらっと大内宿 ――後編 【浅沼食堂】

2019.09.22

 (前記事のつづき)

大内宿で食事といえば、そば。
世事に疎い自分でも知っているチョー有名グルメであるから、行けばお店は見つかるだろうと何も調べずに行って、実際すぐにお店が見つかった。

まだ昼ごはんには早いので、まずは宿場を散策して… と歩き始めたら、またお店が見つかった。
「ん…?」
その隣も、向かいも…。
「ん…? ん…??」


20190922 ouchijuku-66


有名なのが1軒どーんとあるのかと思っていたら、この宿場はそば屋だらけやないかーい w( ̄Д ̄;)w
全部そば屋と言っても過言ではない。
(↑いや、言い過ぎだけど…)


20190922 ouchijuku-5420190922 ouchijuku-55
20190922 ouchijuku-5620190922 ouchijuku-57
20190922 ouchijuku-5920190922 ouchijuku-58


とりあえずそれはおいといて… という状態で、前報に記したように宿をひと通り見物しながら、いちばん奥の見晴台まで行った。
さて、昼ごはん。。。
さすがにスマホで調べました (; ̄ー ̄A …


20190922 ouchijuku-6020190922 ouchijuku-61
20190922 ouchijuku-6220190922 ouchijuku-63
20190922 ouchijuku-6420190922 ouchijuku-65


有名なネギそばの元祖は「三澤屋」というお店らしい。
せっかくだから元祖に入ってみたい。HPには“共同駐車場から歩いて4軒目”とある。
宿のいちばん奥から入り口近くまで引き返しました。


20190922 ouchijuku-51
20190922 ouchijuku-6720190922 ouchijuku-52
ねぎそばの元祖「三澤屋」


「三澤屋」は目立って行列はできていないが、順番待ち名簿にはずらっと記入してある。
そのへんに群がっている人々の会話から「1時間半待ち」という情報が漏れ聞こえてきて、記名するまでもなく離脱。

ということで次の候補。


20190922 asanuma-11
正面が「浅沼食堂」

20190922 asanuma-12


先ほどひと通り見て回った中で特に印象深かったのが「浅沼食堂」。
宿場のいちばん奥の家屋である。
再び奥へ。


20190922 asanuma-13
見晴台より。手前が「浅沼食堂」。いちばん目に付く位置にあるので、実は前報掲載の写真でも3枚に写っている


「浅沼食堂」は家並みの正面に一段高く、祝宴でいえば主賓席、会社忘年会でいえば社長席、大家族の食卓でいえば家長席(横座)というポジショニング。元は庄屋か名主か肝煎か…? という存在感だが、看板には“分家”とある。マップを見ると、“本家”も残っている。有力者は村の中心部に住まう?(大内宿観光協会HP「家並みマップ」参照)。


20190922 asanuma-14

20190922 asanuma-15

20190922 asanuma-16


12時すぎで5組ほどの順番待ち。


20190922 asanuma-20


20分ほどで縁側廊下の際の席に通される。


20190922 asanuma-17

20190922 asanuma-21


襖を外して3間つづきにしたような広い座敷の間にゆったりと席が配置。
土間側には囲炉裏があり、串刺しにされたイワナが薪火を取り囲んでいる。


20190922 asanuma-32

20190922 asanuma-1920190922 asanuma-18


注文は、岩魚定食1200円と、ねぎそば1000円。


20190922 asanuma-2220190922 asanuma-23


まず岩魚定食。
囲炉裏からそのまま皿に載せて出されたという感じ。


20190922 asanuma-24

20190922 asanuma-25


「この魚は全部食べられます」と、宿のおじさん。「頭からいっちゃってください」
言われたとおり、頭からガブリと。
おー、これはうまい!


20190922 asanuma-26

20190922 asanuma-30


骨まで軟らかく焼き上げられ、頭の骨もぜんぜん当たらない。脂がのっていて「頭がいちばんおいしい」というおじさんお言葉にナットク。
小鉢の大根おろしにもみそ汁にもナメコと、山里らしい副菜。赤皮のカボチャが郷愁を誘う。


20190922 asanuma-28


さて、大内名物ねぎそば。
えー… 見たまんまです ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪


20190922 asanuma-27-2


「箸にも薬味にも使えます」とおねえさん。
でも、こちらのそばは切りが短く、ネギ1本ではうまく持ち上がらない。素直に割り箸でいただきました。
そば自体、つなぎが少なく手打ち感いっぱいのおいしいそば。


20190922 asanuma-29


廊下の戸は開け放たれ、山里の風が通り抜けて気持ちいい。
舞台から見下ろすように宿場の通りを一望でき、やはりこの家屋は主賓席のようだ。
まさに五感で味わうぜいたくなひととき。


20190922 asanuma-31


[DATA]
浅沼食堂
福島県南会津郡下郷町大内山本51





[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします




https://youtu.be/HwbWvGtaZGo


優しい味わいのみそラーメン 【狩勝】

2017.03.03

 「狩勝」とは北海道の地名だ。店主が北海道出身で、サッポロラーメン屋なのだと思う。
この年代の地方出身者というと、私はどうしても集団就職に思いを巡らす。北海道から上京して、はじめ工場勤めだったが…(以下、「滝乃家」 参照)


karikachi20.jpg


長く続けるうちにメニューがどんどん増え、きっぱり大衆食堂化しているという、よくあるパターンをここにも見ることができる。


karikachi21.jpg


みそラーメン550円。野菜はキャベツ、ハクサイ、モヤシ、ニンジン、ニラで、メンマがトッピングされている。
ここのみそラーメンは、同じサッポロでも「蝦夷」や「ピリカ」方面とはタイプが異なる。それらに特徴的なニンニクを利かせた男性的・武闘派なテイストとは対極的な、家庭的・女性的な優しい味わいである。おとうさんが作ってもおかあさんが作っても変わらず、家庭的・女性的に仕上がる。


karikachi15.jpgkarikachi24.jpg


1~2カ月ペースで更新されるサービス品は、黄色の付箋が目印。この日は鳥の唐あげ定食730円→680円、しょうゆラーメン500円→450円など。
毎回それを選べばいろんな種類が食べられるからうれしいのだが、それでは申し訳ないから通常価格のものも食べるようにしている。


karikachi23.jpg


ここのおかあさんはいつも明るく朗らかだ。よく鼻歌が聞こえてくる。
狩勝の料理の味わいは、このおかあさんの印象そのものだ。


karikachi22.jpg


[DATA]
狩勝(かりかち)
東京都東村山市栄町2-7-1






chat170303-2.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=SlTTgJau33Q


Latest Articles
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2