fc2ブログ

気がつけば仕事モードな… 【だんごの丸一 小川店】

2022.09.05

 朝起きて、週末にやっておいた仕事Aをメールで納めて、週末に来ていたボリュームのある仕事Bにぼちぼち取りかかりつつ、週末に動いていた急ぎの仕事C群を待つうちに、突然、1年ぶりという仕事Dのオファーが来た。

ラーメン食べにプチ遠出くらい余裕でできると思っていたんだが…。
というか、当初のB・C段階ですでに際どい設定で、よく考えたらラーメンとか言ってる場合じゃなかったんだが…。

はい、撤収 (-o-\) λλλλλ,,,,,


20220905 maruichi-36


朝起きた勢いのままにいちおう出かけたが、次々仕事のメールが入るし…(笑)。
途中でお弁当買って帰りました… という話。


20220905 maruichi-31


小川の中宿通り真ん中らへんの交差点に位置するだんご屋さん「だんごの丸一」。


20220905 maruichi-32


お客の途絶えることのない人気店だが、珍しく店頭に客がいない。
チャチャッと買って帰ろうと。


20220905 maruichi-33


こちらはいわゆる「たかのチェーン」系列のお店。


20220905 maruichi-34
反射してほぼ写っておらず… ヾ(_ _*)


和菓子や弁当を販売する古くからあるチェーン業態で、このあたりでは「だんごのいずみ屋」「だんごの美好 滝山団地店」などが残っているが、その実態は謎に包まれている。


20220905 maruichi-35


おにぎり3個入りと、やきそばを買う。


20220905 maruichi-38


おにぎりは、梅・鮭・赤飯。
手づくり感いっぱいで、ちゃんとおいしいおにぎり。


20220905 maruichi-39


焼きそばは、キャベツとニンジンと豚肉ちょこっと。
#こういうのでいいんだよ こういうので。


20220905 maruichi-40-220220905 maruichi-41


焼きそばのちょこっとの豚肉以外、ほぼほぼ炭水化物なお食事。
だが脳のエネルギーチャージには、それが大事。

気合いを入れ直して、仕事の続きだ!


20220905 maruichi-37


[DATA]
だんごの丸一 小川店
東京都小平市小川西町2-26-18





[Today's recommendation]

wachat220905.jpg




https://youtu.be/itLYTeni-Ew
忙しくてやさグレてる… という心境を表す


川越といえば、やっぱり 【喜多院 境内みやげ品店】

2021.10.21

 「まことや」「いせや」に続く川越観光その3。

ここまで2回の記事を見る限り、回ったのはお寺さん1カ所とレトロな通り1本、立ち寄ったお店は焼きそばの屋台と街の普通の和菓子屋さん。
観光観光しつこく書いているわりに観光要素が希薄… とお感じのアナタ。そのとおりです (〃 ̄ω ̄〃ゞ

川越観光というからには、寺社めぐりをしたうえで、うなぎの有名店くらいは入っておきたい。
それはわかるんだが、定石どおりに事を進めるというのが、どうも…。無目的に刹那刹那を楽しむ系というか。

まあ今回は12時すぎのスタートという事情もある。
川越の街は広い。1回で回りきれるとは端から思っていない。


20211021 kitain-1120211021 kitain-12


せめてもう一寺くらいはお参りしておきたいということで、川越といえばやっぱり。
「いせや」のある大正浪漫夢通りから東へ700m、「川越大師 喜多院」へ。


20211021 kitain-25


喜多院は平安初期の830(天長7)年に創建された川越を代表する古刹。
前々記事にも書いているが、今年1月にも訪れ、境内のだんご屋さんに立ち寄っている。


20211021 kitain-1320211021 kitain-14


そのときも人出は少なかったが、今回はもっとすいている。
本堂 慈恵堂を正面から撮影して、ほぼ人が写らないというのは、なかなかのシャッターチャンスだと思った。


20211021 kitain-15


お参りしたあと「境内みやげ品店」へ。
こちらも“門前の茶屋”好きとしては気になっていた物件である。


20211021 kitain-1620211021 kitain-17


――喜多院の境内みやげ品店は、昭和47年(1972)川越市内で初の観光のお客様を対象としたみやげ品の店として開店しましたHPより)


20211021 kitain-2320211021 kitain-24


みやげ物や飲食品販売のほか、人気スポット「五百羅漢」の入場券売り場も兼ねる。


20211021 kitain-1920211021 kitain-20


飲料の自販機と、窓口ではおでんとあま酒を売っている。
ホームページを見るとこれは冬バージョンで、夏季はそばそうめん、ところてん、くずきり。
そばそうめんって、なに…!?
また一つ、課題が。


20211021 kitain-21
あま酒300円


境内の案内板に日枝神社とあるので、最後に立ち寄ってみる。
赤坂の山王さんにはご縁があって、ひとかたならぬお世話になっている。


20211021 kitain-26


神社横の看板に「東京都千代田区赤坂にある日枝神社の本社です」と。
川越の底力を見る思いがした。


20211021 kitain-27


[DATA]
喜多院 境内みやげ品店
埼玉県川越市小仙波町1-20-1
https://www.kawagoe.com/kitain/information/souvenir/





[Today's recommendation]

wachat211021-33.jpg




https://youtu.be/yhT6afzke-c



20211021 kitain-28
川越城本丸御殿


Latest Articles
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2