fc2ブログ

峠&門前の茶屋 【日の出家】

2023.07.30

 アメダス全国トップの猛暑の中、そそくさと「岩殿観音」にお参りし、足早に駐車場に向かうわしら。
駐車場の向かいに食事処があり、あわよくばそこに逃げ込みたい。
駐車場に着いた10時15分には開いていなかったが、もう(11:05)開店しているかもしれない。
お店がやっていなかったらやっていないで、クルマの冷房装置でいいから速やかにクールダウンしないと危険が危ない。


20230730 hinodeya-11


裏参道のトンネルを抜けると“営業中”の幟。
助かった ヽ( ̄▽ ̄;)


20230730 hinodeya-12


「お休み処 日の出家」。
表に張ってある品書きによれば、そば・うどん、定食・カレー・丼物、天ぷら・揚げ物のほか、飲み物・甘味・氷… と取りそろえる。


20230730 hinodeya-13


道はちょっとした山越えルートになっており、まさに“峠の茶屋”といった風情であり、岩殿観音の“門前の茶屋”でもある。


20230730 hinodeya-14


手前にたたきのホールで、奥に小上がり5~6卓。
「お好きな席へ」ということで、小上がり座卓へ。


20230730 hinodeya-15


注文は、稚鮎の天ぷらそばセットと冷たいうどん・かき揚げ付き。
あとお土産に天ぷらまんじゅう2コ。


20230730 hinodeya-17


腰を落ち着けたら汗が噴き出した。
冷房が効いていないのである。
たしかに山の涼しげな風の吹き抜けそうなロケーションで、強力なエアコンは必要ないかもしれない。
まあ、2kmほど歩いてきましたという客はほかにいないと思うので、僕らが異常なんだが、汗さえ止まればテーブル備え付けの団扇の風も気持ちいいもので (;^_^A


20230730 hinodeya-16


同時にやって来たそばとうどんのお膳。
ひと言で言えば“惜しみなく潤沢”。


20230730 hinodeya-18


稚鮎の天ぷらは、アユだけかと思っていたら、ほかにニンジン、カボチャ、ナス、シュンギク。
しかもアユは3尾も。


20230730 hinodeya-28


しまった。
「ビ、ビール… ヽ(´д`)ノ ハァハァ…


20230730 hinodeya-21


一方、かき揚げはニンジン、カボチャ、ナス、シュンギク、タマネギ。
タネは稚鮎の盛り合わせと共通するが製法が違うので手間がかかっているし、これほど具だくさんのかき揚げも珍しい。しかも3個も。


20230730 hinodeya-19


決してきれいな切りとはいえない手打ち感いっぱいの、ちょっと素人っぽいそば。
それだけに風味も強く、そば粉の粗さを感じるネットリした食感と相まって素朴な田舎そばの風合い。


20230730 hinodeya-20


うどんは逆にツルッとのど越しのよい上品な味わい。

全体に家庭料理的とでも言おうか、手間ひま惜しまない感じが伝わってくる。
煮物と一緒に盛り付けてある焦げぎみの甘い玉子焼きの懐かしいこと。


20230730 hinodeya-22


天ぷらまんじゅうとは、いわゆる揚げまんじゅうである。


20230730 hinodeya-23


小豆とかぼちゃのダブル餡と、こちらもひと手間加えてある。
小豆の粒あんも自家製風で、神田須田町の某老舗の揚まんじゅうよりうまいと思いました。


20230730 hinodeya-24

20230730 hinodeya-25


巌殿観音参道のかつてのにぎわいがしのばれる、門前の茶屋。


20230730 hinodeya-26


[DATA]
日の出家
埼玉県東松山市岩殿242





[Today's recommendation]


https://youtu.be/VzEgzOAronQ



wachat230730-33.jpg



20230730 hinodeya-27
岩殿観音編おしまい)


大正浪漫な芋ようかん 【味の店いせや】

2021.10.21

 前記事タイトル「門前〇〇そば」の〇〇はもちろん“焼き”だが、過去に同じタイトルを使ったことがあって、そのときの〇〇は“中華”だった。

そのタイトルについて、ヤバいことに前記事では“シリーズ”としているが、シリーズ化するほど門前〇〇そばがあるだろうかと。中華そばや焼きそばはほかにあってもおかしくないが、2回目に同じタイトルは使いづらいし、違うジャンルの〇〇そばであってほしいが、そんなものが存在するのかと。そもそも中華そばと焼きそばのほかに非蕎麦で“○○そば”という呼び名がどれほどあるだろうか…。沖縄そば? あとは、えーと…。

と、一人モヤモヤしてたんだが、大事なのは“○○そば”ではなく“門前”のほうだった (;^_^A


20211021 iseya-22


門前の茶屋というものに強くひかれ、それこそシリーズといっていいほど記事を上げてきた。前記事「まことや」もその一環である。
その「まことや」の写真にちょっと写っているように、蓮馨寺境内には焼きそば屋さんのほかにだんご屋さんもある。まさに門前の茶屋風。

せっかくだからハシゴしてだんごでも食べようかと思ったが、しょうゆの焼きだんごより、流れ的には甘いものかなぁ…。

ということで「名代焼だんご松山」は次の機会にということにして蓮馨寺をあとに。
蓮馨寺参道の立門前商栄会を「まことや本店」を過ぎて左折、レトロな雰囲気漂う通りで甘い物屋さんはすぐに見つかった。


20211021 iseya-1920211021 iseya-20


ここは大正浪漫夢通り。

――当商店街は、県内でも有数の歴史のある商店街です。中には、川越で江戸時代より連綿と続く店舗や、3代を越える店舗が数多く存在します。大正浪漫夢通りHPより)


20211021 iseya-1120211021 iseya-12


通りの中ほど、ひときわ目を引く洋風看板建築の「味の店いせや」。
創業1935(昭和10)年という老舗和菓子店である。


20211021 iseya-14


和菓子のほかに、いなり・のり巻き・茶めしなどが売られている。


20211021 iseya-17


酒まん、むしきんは決まり。
あとは川越だけに芋ようかんは外せないだろう。


20211021 iseya-1520211021 iseya-16


芋ようかんは2種類ある。聞いてみると少し違っていて、個包装のものは日持ちがするように作られているそうだ。
和菓子は生もの感覚でいただきたいので、パッケージされていないものを購入。


20211021 iseya-21


あずきのおいしさがよくわかる蒸しきんつばに、あっさりした甘みでなめらかな芋ようかん。
一つといわずもっと買えばよかったと後悔する。


20211021 iseya-18


ふっくら軽い仕上がりの酒まんじゅうはサイズ感もちょうどよく食べ歩きもおすすめ。
どれも破格のプライスで川越の懐の深さを感じた。

(つづく)


20211021 iseya-13


[DATA]
味の店いせや
埼玉県川越市連雀町13-6





[Today's recommendation]

wachat211021-2.jpg




https://youtu.be/ABm7nMVyNh4



20211021 iseya-23
「名代焼だんご松山」


地元愛を育む 【シャモア洋菓子店 久米川店】

2021.04.03

 前記事の続きで、その日、長女だけでなく次女も泊まりに来ていた。
というか、次女が来るというので長女も来た。
一家でお祝いしなきゃ…! という案件があり、主役が次女だからその予定に合わせることになっていたと。

次女が来るのは2月以来で、そのときもらったチョコのお返しをしなきゃいけない。
焼き菓子を買いにウイング通り商店街の「シャモア洋菓子店」へ。


210403 chamois-25


先日、相方の誕生日だったが、ケーキは子どもたちが来る週末に食べようということにしてあって、実はケーキも一緒に買う予定だったが、次女が途中の八王子のケーキ屋さんで買ってきた。
なので焼き菓子だけのやや地味な記事になってしまって「シャモア」さんには申し訳ない。


210403 chamois-24


でも実際、伺った4時すぎにはケーキはほとんど残っていなかった。
「今日はよく売れて…」とシェフ。
お祝いの季節だからね。


210403 chamois-22210403 chamois-23


“多摩っ子プチギフト”を2セット。
多摩っ子しょこら、ひがっしーの多摩っ子チーズ、ひがっしーサブレ、けやきサブレの詰め合わせ。


210403 chamois-30


「私、この間もらったよ」と長女。そうなんだが、次女だけにあげるってわけにもいかないだろう。
「地元愛を育む回ということで」と相方。
そうです。“ひがっしー”は東村山市の公式キャラクター。


210403 chamois-29210403 chamois-27


後日、次女から「開けてみたらひがっしーサブレの触角が折れちゃってた」とLINE。
あの角は触角だったのか? 考えたこともなかったなぁ…。
で、ググってみた。

――東村山生まれのケヤキの木の妖精「ひがっしー」はツンツンした髪型(ひがっしースタイル)がチャームポイント(東村山市HPひがっしーの部屋

真相不明 ( ̄- ̄;)
まあ鱗翅目に見えなくもないし、触角でいっかー。


210403 chamois-26210403 chamois-28


お祝いの宴編へつづく。


210403 chamois-31


[DATA]
シャモア洋菓子店 久米川店
東京都東村山市栄町2-37-8
https://chamois1978.com/
https://www.facebook.com/shamois.kumegawa/
https://www.instagram.com/chamois.daisuke.s/





[Today's recommendation]

wachat210403-3.jpg




https://youtu.be/ykDnOZydX2U



https://youtu.be/zNpeK7sDLzE



210403 nirinso22
ニリンソウ / 栄町の緑地


衰退商店街の隠れ家食堂 【麦】

2017.06.20

 いわゆる団地商店街にもいろいろなタイプがあると思うが、たとえば商業棟の1階部分に商店が入居する団地内蔵型、それから隣接する路地に個人商店が集中する外付け銀座型、このあたりに特に魅力を感じる。もっとも、どちらのタイプもいまや絶滅危惧種で、代表的な衰退商店街でもある。
細い路地のさびついたシャッターの軒並みが途切れ、ふと横を向くと暖簾を掲げた小さな食堂。そんなシチュエーションを求めて衰退商店街を巡り歩いている。


mugi31.jpg


「光商店街」は東京街道団地の南東に隣接する路地裏商店街だ。往時を知らなくとも、すっかりさびれてしまったという状況は明らか。昼に営業している飲食店は2軒しか残っていない。
ただ、飲食店が全滅しているところも珍しくないので、ここはまだいいほうかもしれない。現に団地跡地を挟んで北東の一画、洋品店「ふじや」の向かいの路地裏は、ほぼ壊滅の様相を呈している。


mugi32.jpg


こちら「麦」は中華系が充実した定食屋・居酒屋。
この商店街自体相当ディープなこともあって、この店を見つけたときはゾクゾクしたが、よく見るとこぎれいな外観である。軒先テントはけっこう新しそうだし、食品サンプルの値札も日焼けしていない。植物の手入れも行き届いている感じ。
年季は入っているがメンテナンスを欠いていないという印象だ。


mugi33.jpg


店に入ると意外に混んでいる。っていうか、小さな店なので先客5人でも少々圧迫感がある。
入って右手のテーブルに初老男性3人組、正面奥の小上がりに初老男女。ほかに1卓テーブルが空いているが、カウンター席があるのでそちらに座る。先客はどう見ても地元常連なので、こういうときにカウンターがあると助かる。


mugi36.jpg


店内もメンテが行き届き、天板はピカピカ、掲示物がきれいに整列している。
お冷やを持ってきてくれた店主とおぼしきおじいさんに、焼肉定食750円を注文。


mugi34.jpgmugi35.jpg


3人組は真後ろなので見えないが、工務店、電気屋、ご隠居と勝手に推定。ずっとキュウリの芽かき法について意見を戦わせている。
奥の2人のちゃぶ台には澤乃井生酒300ml。女の人はすぐに真っ赤なナントカサワー的なものを追加。


mugi38.jpg


厨房には、年齢的に娘さんかな? というおばちゃんと、もう1人、そのダンナ? 息子? という年齢不詳な男性。さっきのおじいさんはフロア担当のようだ。



mugi39.jpg


焼肉定食は、大きめの豚肉3枚、お新香、味付け海苔、アサリのみそ汁という構成。
焼肉の味付けは、みそベースと思われる濃厚甘辛タレで、油っこさが食欲をそそる。横に添えられたポテトサラダはリンゴ入り。こういうのあったなと、味付け海苔ともども懐かしさがこみ上げる。みそ汁もアサリのうま味を生かした素朴な味わい。
全体に大味なところがなく丁寧に調理されている感じ。こういうお店は何を食べてもおいしいんじゃないかと思う。これで750円は非常にお得だ。ラーメン類も食べてみたい。


mugi40.jpg


1時を過ぎて、3人組が席を立つ。意外に打ち止めが早い。
支払いは、みそラーメン、冷し中華、冷し中華。「ん?」と思って振り向くと、テーブルにはお冷やグラス3個のみ。ビール瓶もジョッキもない。グダグダな会話だからてっきり飲んでいるものと思っていた。失礼。
小上がりでは生酒を追加しているが。


mugi37.jpg


支払いを済ませて外に出ると、おじいさんが一服していた。
「ありがとうございました」と丁寧にお辞儀してくるから、「ごちそうさまでした」とお辞儀を返す。自分で言うのもなんだが、ほのぼのしてるな… と。


mugi41.jpg


[DATA]

東京都東大和市新堀1-1432-33





[Today's recommendation]


https://youtu.be/QJqH1uZIZMw

Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2