fc2ブログ

山路でいろいろ考えた ――大平山

2023.11.03

 前回までのあらすじ:低山トレッキングシリーズ、埼玉県越生町のバスの終点・黒山から顔振峠経由で飯能市の吾野駅までのコース。上り口の黒山三滝は意外なほど観光地的で、お休み処でおだんご食べたりで記念写真撮ったりと物見遊山ノリで山歩き気分が盛り上がらず、三滝を過ぎてようやく山道に入ったと思ったら…


20231103 kuroyamasantaki-28


コースは「関東ふれあいの道~埼玉県⑪ 義経伝説と滝のあるみち」で、埼玉県ホームページよりダウンロードできる地図👇を見ながら歩いている。

地図上の黒山三滝~傘杉峠の“沢に沿った静かな山道”と書いてある区間が通行止めと。
地図にはほかの道は記されていない。困った😓


20231105 ohirayama-11


道がふさいであるということはその地点が分かれ道ということで、予定とは違うコースを進むべきか戻るべきかという選択になるが、電車とバスを乗り継いでやって来て、ほんのちょっと上っただけですごすご退散するのも悔しい。
迷っていると、ほかのハイカーがサクサク上っていくので、「こっち行ってみるか…」と。


20231105 santakioyasumidokoro-12


案内板は“←役の行者”となっている。
地図にもその地名は載っているので方角はつかめるし、まあ問題なかろう。


20231105 santakioyasumidokoro-13


こっちのルートは杉林の比較的単調な上りで、特に危険な箇所もなく、疲れるが快適な山道である。


20231105 santakioyasumidokoro-14

20231105 santakioyasumidokoro-15


右に大きく曲がると明るい尾根筋で、もうひと上りすると開けた場所に出る。
“大平山山頂→”の看板。


20231105 santakioyasumidokoro-17

20231105 santakioyasumidokoro-18


その先に、なにやらおどろおどろしい石像群。
これが「役行者(えんのぎょうじゃ)像」のようだ。


20231105 santakioyasumidokoro-19

20231105 santakioyasumidokoro-20


――二匹の鬼を従えて立つ修験道の開祖、役行者の巨大な石像です。黒山周辺は、古くから修験者(山伏)の霊場として知られていました。石像の近くには、この地一帯に大きな勢力をもっていた山本坊を開いた栄円の墓があります。「大平山の役行者像」越生町HPより)


20231105 santakioyasumidokoro-21


道は像の建つ小山を回り込むように左手に延びているが、山頂というのは像の背後のようなのでいちおう行ってみる。


20231105 santakioyasumidokoro-22


山頂っぽい看板の先にも道は続いており、進むべきか役行者像まで戻るべきか迷っていると、さっき像の下でひと休みしていたおじさんが上ってきて「この先、抜けられますよ」と。
わかりにくい道だが顔振峠に行くならこっちだというので、途中まで先導していただいた。


20231105 santakioyasumidokoro-24


あとで地図を見ると、役行者像の左手の道は、ヘタをすると上り口の黒山バス停に戻ってしまう。
おじさんと幸運に感謝するとともに、準備不足を反省。


20231105 santakioyasumidokoro-25

20231105 santakioyasumidokoro-26

20231105 santakioyasumidokoro-27


その先、最後の上りは切り立った山肌で高所恐怖症的にはかなり怖いが、まもなく尾根筋に出る。


20231105 santakioyasumidokoro-28


“←杉笠峠”“顔振峠→”の案内看板。
関東ふれあいの道に復帰したもよう。


20231105 santakioyasumidokoro-31


少し下ると舗装道に出る。
奥武蔵の尾根筋をたどるグリーンライン。

そのまま車道をゆるゆる下れば、コースのメインスポット「顔振峠」。


20231105 santakioyasumidokoro-29


思うに、“関ふれ”コースは人が少なくていいとよく書いているが、つまり山歩き的にメインのルートではないということで、たとえ通行止めになっていなくても多くの人は今回歩いたルートを通っているんじゃなかろうか。
いろいろ考えさせられた。

(つづく)


20231105 santakioyasumidokoro-30


[DATA]
大平山
埼玉県入間郡越生町黒山





[Today's recommendation]


https://youtu.be/4DGxBWZ4Mdk?si=pVFWUzfhUtUh6e88



wachat231103-33.jpg



20231105 santakioyasumidokoro-32
次号予告


激変の街で、変わらぬ存在 【ほかり食堂】

2018.04.14

 JR中央線では三鷹―立川間の高架化(~2010年)に伴い、短期間で沿線の街の様子が激変した。
同じように、いま大きく変わろうとしているのが西武池袋線。
練馬高野台駅─大泉学園駅間連続立体交差事業が2015年に終了。同区間の石神井公園駅周辺は大きく様変わりした。


180414 hokarishokudo-27


駅および南北通路を縦軸に、東西に伸びるプロムナードを取り囲むように4つの「Emio」を配置する再開発計画が、西武グループが推進する“エミナード石神井公園”。


180414 hokarishokudo-37


これにより、特に従来商業施設が手薄だった駅北西エリアがおしゃれなショッピングスポットに生まれ変わった。


180414 hokarishokudo-31


その一方で、バス通りとなっている南西側の古い商店街は、いまのところ手つかずのまま。

南口のロータリーから石神井公園にかけて、古本屋や和菓子屋、せんべい屋、青果店、釣具店… と、昔ながらのお店がいくつも残る。
もちろん古い飲食店も多い要注目エリアである。


180414 hokarishokudo-38


公園に下る道の途中にある「ほかり食堂」は、創業1939年。


180414 hokarishokudo-23


お店の隣が「ほかり美容商事」、その向かいに「株式会社ホカリ」が入る「ホカリビル」と、この食堂は一帯の有力者とみられるほかり(穂苅?)一族の一つと想像される。


180414 hokarishokudo-20


ちなみにこちら、坂口安吾ライスカレー100人前事件で有名。
それぐらい歴史がある。


180414 hokarishokudo-34


意外に広い店内は、ホールにテーブル6卓、右側の異様に高さのある小上がりに3卓。
14時10分にしてお客さんは5組6人と多い。


180414 hokarishokudo-39
“高座”


何の気なしに空いている席に座ったが、あとで眺めてみると、自分でテーブル席は全部埋まっていた。下手すると“高座”に上がらされていたわけで、けっこうヒヤヒヤもの。


180414 hokarishokudo-02


何でもありな感じの食堂で、そういうお店でよく頼むカツカレーが食べたかったが、何度見ても見つからない。
すると、壁の張り紙に“ラーメン・半カレーセット”というものを発見。迷わずそちらに変更。


180414 hokarishokudo-01180414 hokarishokudo-03


注文後にメニュー表を見直すと、あっさりカツカレーが見つかった。これはレイアウト上、タブの設定に問題があるんですね。
結果的には見落としてよかったと思っている。


180414 hokarishokudo-04


こちらは60前後? の男女が主に取り仕切っている。
と思ったら、厨房に小柄で背中の曲がった男性の姿がちらちら。この方が店主のほかり(穂苅?)さんと思われる。

しばらく見ていると、若手の2人は精力的に動き回ってはいるが、どうやら調理関係には関わっていない。
洗い物やテーブルの片づけがメインで、それが終わったとしても、たとえばカレーのごはんをよそうとか、そういうアシスト的な作業さえいっさいしないようなのだ。


180414 hokarishokudo-13


配膳口のトレーに店主によってカレーとラーメンがセットされても、ほかの2人は厨房の奥で突っ立ったまま。

「え、セルフサービス?」と、中腰になるワタクシ。
すると店主がぐるっと回ってホールに出てきて、背中をぐいと伸ばして重そうなトレーを持ち上げる。
中腰から、一歩踏み出しそうになるワタクシ。
「お待たせしちゃってね」と、店主のおとうさんが運んできてくれる。


180414 hokarishokudo-17


これは客一人一人に声をかけて料理を出すという、おとうさんのポリシーなんだと思った。
だから、多少危なっかしく見えても、周りは手出しをしない。


180414 hokarishokudo-35


まずラーメンのスープをひと口、レンゲがないのでカレーのスプーンですする。
「うまー!」
続いてカレーをひと口。
「うまいなー…」


180414 hokarishokudo-36


こんなしょっぱおいしいラーメンは高校の学食以来かも… と、たぶん違うスイッチが入っちゃってる(笑)。
とはいっても、懐かしいだけでなくカレーはけっこうスパイシーで案外辛かったりするので、オッ! となる。


180414 hokarishokudo-40


お支払いに対応したのもおとうさん。
千円札を出してお釣りをもらう、そのやりとりだけでもホンワカと…。


180414 hokarishokudo-24


[DATA]
ほかり食堂
東京都練馬区石神井町3-16-18





[Today's recommendation]


https://youtu.be/m0d4qNXnCFM



chat180414-22.jpg





 創業明治35年! 
2018.04.14 名物焼だんご 池田屋(閉店)/東京都練馬区石神井台1-15-3

180414 ikedaya-01


三宝寺門前のおだんご屋さん。
こちらは創業1902(明治35)年と。


180414 ikedaya-03180414 ikedaya-02


焼だんご1本100円(×3)


180414 ikedaya-04


ただのラーメン、されどラーメン 【大吉】

2017.02.18

 東久留米という街は、川の崖線の上と下で異なる様相を呈するが、このあたりは駅から丘の上へと動線ができている(いた?)。
234号前沢保谷線と黒目川を結ぶ通り(門前大橋通り)には年季の入ったそば屋、すし屋、ラーメン屋が並び、向かいにはレトロな喫茶店もある。昭和的・団地的必須飲食店ひとそろい。

ラーメン「大吉」は暖簾もなくひっそり営業中で、初めての客には入りにくいことこの上ない。


daikichi23.jpg


壁のメニューを眺めていたら店主と目が合った。
「写真、いいですか?」と聞くと、「いいよ、別に。でもこんなのただのラーメンだよ。むかーしの」と言う。
「それがいいんですよ」と僕。

こそばゆいような不思議な表情を浮かべ、店主は「あのころ150円くらいじゃなかったかな…」と昔話を始めた。


daikichi22.jpg


――15歳で工場勤めをして、給料日にはきつねうどんとかたぬきそばとかラーメンとか。150円くらいだったと思うよ。そんな食べ物なの、これは。そんなものしかなかったんだけどね。でもあのころは面白かった。ほんと、面白かったなぁ…。いまはちっとも面白くない。

店主は「面白くない」と繰り返した。

(だから僕はその面白かった時代の空気に包まれて生気を取り戻したくて、ここみたいな場所を巡り歩いているんですよ)
と心の中で応えた。


daikichi21.jpg


ここの支那ソバは品がある。うまく言えないが、昔ながらのラーメンのうちでも上級という部類。
うまくいえないが、閉店した阿佐谷の「蓬莱軒」を思い出した。


daikichi24.jpg


[DATA]
大吉
東京都東久留米市東本町12-5





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=nQ_4937eNv4


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2