FC2ブログ

小平産小麦のおいしさを実感 【さんさろうどん】

2020.02.21

 青梅街道の小平上宿交差点(小川三差路)近くの、文字どおり三差路にあるうどん屋さん「さんさろうどん」。


20200221 sansaroudon-11


古い街道沿いだけに昔の“辻の茶屋”を連想させるが、茶屋=休憩所はいまでいえばSAや道の駅であり、飲食提供はカフェテリア方式、これをうどん・そばに当てはめれば… という勝手に三段論法的に路麺=立ち食いそばのイメージを抱いていた「さんさろうどん」であるが、いざ入ってみれば意外性ある真面目な実力派であった… というのが前回のおさらい。


20200221 sansaroudon-13


すっかり忘れていたが、その生真面目で几帳面かつ規則正しい仕事ぶりに感銘を受けたらしく、前報では3Kならぬ5Sならぬ5Kの標語的なものを作っている。
「生真面目で 几帳面に 規則正しく 全面禁煙の きれいなお店」


20200221 sansaroudon-14


先客1人とすいているので、「どちらでも」というご主人のお言葉に甘えてカウンターでなくテーブル席に座らせてもらう。
壁の品書きをじっくり眺めたかったのだ。


20200221 sansaroudon-17


前回はカレーライスで麺類を食べていないので、次に入るときはラーメン+カレーまたはかけそば+カレーにしようと決めていた(←カレー気に入ったらしい)が、正面の“小平産100%小麦使用うどんセット”というものに目が行った。これにも+カレーのセットがある。
ラーメンまたはかけそばのほうに視線を戻すと“小平産以外”とわざわざ断ってある。
これで小平産頼まなかったら非小平民(非国民的な)呼ばわりは免れない。小平市民じゃないけど。


20200221 sansaroudon-16


ということで、小平産100%小麦使用のうどん(かけ)+カレー(中)850円に。


20200221 sansaroudon-18


今回は接客係がご主人。前回、厨房の仕事ぶりを遠目に眺めて気難しそうに感じたが、まったくそんなことはなく、きわめて柔和かつフレンドリーな接客である。


20200221 sansaroudon-15


提供までに10分近くかかっているので、うどんはもちろんゆで上げ。
ぱっと見、やや細めで切り方のそろった上品なうどん。ひと口すすると、しっかりした歯応えである。ラーメンでよくいうところの加水率の低そうな食感というか。


20200221 sansaroudon-19


つゆはかつおだしでやや甘めの田舎風。そのやや鈍重なつゆに浸っていてさえ小麦の甘さがはっきりわかる、というくらいおいしいうどんである。香りも素晴らしく。


20200221 sansaroudon-21


平均的な武蔵野うどんと比べればだいぶ細いが、風味や食感はまさしく小平糧うどん(武蔵野うどんの別称の一つ)そのもの。加水率を下げることで強いコシが得られ、武蔵野うどんにありがちな汁うどんでダレるということがない。甘みを引き出す塩加減もポイントかも。


20200221 sansaroudon-20


カレーはとろみの強いいわゆるそば屋のカレー風。甘めの優しい味わいである。
品書きを見ると、小平地粉100%うどんのカレーうどんというものがある。これは気になるぞ。


20200221 sansaroudon-22


いまは路麺どころか武蔵野エリアで一二を争うおいしいうどんなんじゃないかと…。
自分の想像力の不足を思い知らされるようだが、真面目そのもののお店という印象を強くした。


20200221 sansaroudon-12


[DATA]
さんさろうどん
東京都小平市小川町1₋685





[Today's recommendation]

wachat20200221.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/djgsOrrqzLE

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200221 sansaroudon-31
セツブンソウ(東京都薬用植物園)




東京でも貴重なチーズ専門店 【Fromagerie Alpage】

2019.07.14

 新宿で昼ごはんにしたあと大江戸線で神楽坂へ。
目的はチーズ専門店の「Alpage(アルパージュ)」。


190714 alpagei-11


神楽坂は昔からフランス人が多く住む街。
チーズ専門店がなじんでいる。


190714 alpagei-12


オーナー自ら現地に出向き選んだチーズがたくさん。熟成庫があり、食べごろを並べているそうだ。
フレッシュな山羊チーズや無殺菌乳の農家製など、貴重なチーズがそろっていて見ているだけでも楽しい。
通うようになって10年以上たつが、どれもおいしくハズレたことがない。


190714 alpagei-13


青カビチーズやウォッシュ系が好きなのだが、このあと用事があり「持ち歩くことになりますけど、どうでしょう?」と聞くと、「ちょっと怖いかもしれませんね…」とお店のおねえさん。保存面でそれほど影響のないハード系を選ぶ。

羊乳のトゥルマレと無殺菌乳の6カ月もののミモレットを100gずつ切り出してもらう。
どうしてもブルーチーズが欲しく、切り落としのお買い得的なかごに入れられたスティルトンを一緒に買う。


190714 alpagei-14190714 alpagei-15


発酵食品がブームだけれど、本当においしいチーズはまだまだ日本に少ないと思う。
ありがたいお店です。


190714 alpagei-16


[DATA]
Fromagerie Alpage(チーズ専門店 アルパージュ)
東京都新宿区神楽坂6-22
https://alpage.co.jp/www/
https://www.facebook.com/FromagerieAlpage/





[Today's recommendation]

wachat190714-2.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/JsLDsdEsTeg


https://youtu.be/2DUOJcQOPP4





みちのく行き当たりバッタリ ( ‥)ノ ――最終回 【草津温泉 湯畑】

2019.05.01 夕





――湯畑(ゆばたけ)とは、温泉の源泉を地表や木製の樋に掛け流し、温泉の成分である湯の花の採取や湯温を調節する施設のことである。湯畑は湯の花採取を実施している温泉地に多く存在し、群馬県草津町の草津温泉では地域のランドマークであるとともに観光名所となっている。(Wikipedia)


190501 yubatake-18
日本三名泉の一つ、草津温泉のシンボル“湯畑”。毎分4000リットルの温泉が湧き出ている

190501 yubatake-19
八代将軍御汲み上げの湯枠:徳川吉宗はこの湯枠の湯をたる詰めにして江戸城へ運ばせたといわれる

190501 yubatake-17-2

190501 yubatake-16
湯樋:温泉成分を沈殿させ土産物“湯の花”を採取するための木のおけ

190501 yubatake-15

190501 yubatake-14

190501 yubatake-13
湯滝

190501 yubatake-12
湯滝の燈篭:崖の上の石燈篭は1830(文政13)年、伊勢太々講中の人々によって寄進された

190501 yubatake-21
草津山光泉寺から見下ろす湯畑


2019.05.02 朝

190501 yubatake-23

190501 yubatake-22


Thank you for reading to the end.


[DATA]
草津温泉 湯畑
群馬県吾妻郡草津町草津
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/





[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします

◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/UgDlWfzv-gs?t=7m53s


みちのく行き当たりバッタリ (#/_ _)/ ――その⑧ 【道の駅 象潟「ねむの丘」】

2019.04.30

 次に向かったのが秋田県南部、山形と境を接しているにかほ市にある「道の駅 象潟『ねむの丘』」。


190430 kisakata-21
ついに海へ! 相方さんは初日本海


象潟といえば松尾芭蕉が『奥の細道』に詠んだ
象潟や 雨に西施が ねぶの花
で有名な景勝地。


190430 kisakata-22
道の駅の裏手にある西施像

190430 kisakata-29


かつては潟湖に松の生い茂る小さな島々が浮かぶ風光明媚な地形で“東の松島 西の象潟”と称されたが、1804年の地震で海底が隆起して陸地化した。現在は田んぼの中に102の島の名残が点在する地形だが、地殻変動以前のまま「九十九島」という名称が付けられている。


190430 kisakata-11-2


というわけで、現在の象潟の風景は芭蕉が見たそれとはまったく異なるが、鳥海山を背景に松の島々を浮かべた静かな浅海の眺めというものはさぞ美しかったであろうと想像力をかき立てるに十分なものがある。


190430 kisakata-23


「道の駅 象潟『ねむの丘』」は日本海に臨み、背後には九十九島と鳥海山を望む絶好のロケーションにある。


190430 kisakata-12


11時半到着とお昼ごはんにはちょうどいいタイミングで、2階の「レストラン眺海」へ。


190430 kisakata-34


このレストランからも右に日本海、左に鳥海山を望むことができる。


190430 kisakata-14


メニューには角館で食べられなかった稲庭うどんもあるが、それより象潟うどんというものに惹かれる。
稲庭うどんより約500円安いのだ。


190430 kisakata-35


こんな場合、安く基本メニューっぽい名前(地名・店名等を冠する)を選ぶに限るというのは、券売機の左上の法則と同じ理屈である。


190430 kisakata-18


もう1品はカツカレー820円。


190430 kisakata-13


象潟うどん760円は、稲庭うどんによく似た細めの平打ち麺で、ツルッと喉越しがよい。


190430 kisakata-16


薄口しょうゆの澄んだつゆに小口ネギと、関西風を思わせる上品なうどん。


190430 kisakata-36


トッピングのネバネバのものはうわさのギバサかな?


190430 kisakata-32


カツカレーはカツが分厚くカレーも濃厚。


190430 kisakata-19


普通においしいカツカレー。こういう施設ではそこが大事。


190430 kisakata-31


この施設には天然温泉の足湯がある。


190430 kisakata-26


先ほど角館の武家屋敷通りを散策中に雨に降られ、靴の中まで水が染みて冷えていたので、これはありがたい。


190430 kisakata-27190430 kisakata-28


湯施設からも鳥海山が眺められ、ゆったりと湯につかっていると、気持ちがよくてなんか眠くなってきたなぁ o( ̄ー ̄;)ゞ ウーム…


190430 kisakata-25
鳥海山と、手前には九十九島の一つも


[DATA]
道の駅 象潟「ねむの丘」
秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1
https://www.kisakata.nemunooka.jp/
https://www.facebook.com/kisakata.nemunooka/





[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします

◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/dNfXPgSN5v8


意外に穴場なイートイン 【メルポーチ】

2019.03.22


 このブログは一応、本人にとっては日記や備忘録の役割もあるので、その行動日を“本日”とする記述の仕方をしている。その“本日”の日付は記事タイトル下に記してあり、この記事の場合3月22日に「メルポーチ」に行ったことを示す。
しかし当日中に記事を作成するのは困難で、アップする日は慢性的に遅れている。アップ日はテンプレートの機能として記事末尾に自動で表示されるようになっていて、この記事の場合“実際の今日”は3月29日。タイムラグは丸1週間で、過去最大級のズレ込みである。
今週(3/25~)予想外に忙しくなって、ブログ更新がままならないということの言い訳であるが… (-_- ; クッ…


190322 melpouch-13


この日、つまり1週間前はこんなことになるとは予想だにしていなかっただけに、こんな感じののんきな話がこの先も数回続く予定だが、実時間ではもういっぱいいっぱいや…


190322 melpouch-14


さて、金曜日は西武新宿線沿線各駅停車の旅。
本日は八坂駅近くの人気パン屋「メルポーチ」。
エリア的に自宅からそれほど近いわけではないので日常使いにはならないが、とにかく種類が多い。生地がちゃんとしている惣菜パンが多い。


190322 melpouch-15-2 190322 melpouch-16-2 190322 melpouch-17-2


竹の子チョリソドッグ、目玉焼きキーマカレー、おじゃが明太、コロッケ…
2階のイートインスペース利用を申告すると、カップを渡される。レジ横のコーヒーサーバーから、2人ともイタリアンブレンド。


190322 melpouch-18 190322 melpouch-19


ずっと気になっていた2階席は、思ったより広くゆったりしている。しかも先客ゼロ。


190322 melpouch-21


感覚的に久米川エリア一番人気のパン屋さんだけに、もったいないというか、もうけものというか。
広域的な感覚で捉えても、メルポーチ2階は知られざる穴場ランチスポットといえる。


190322 melpouch-20


食堂に比べ、パン屋さんはより日常使いなので、なくなればその影響はストレートに生活に影響を及ぼす。
去年「メルポーチ」が長く休んでいた時期、その存在感をあらためて感じさせられた。
お店が再開されて、街の活気が戻ったというか、前より生き生きとなったようにも感じられるのだ。


190322 melpouch-11


[DATA]
メルポーチ
東京都東村山市栄町3-16-12



[Today's recommendation]

wachat190322.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/E_D3JHR8emE


使い込まれた厨房のあるパン屋さん 【松屋】

2017.11.30

 東村山の本町商店街はよく通るルートでありながらいまだに新しい発見がある。

とっくに畳んでいるようにも見えて入ってみると意外ににぎわっている中華屋とか(「昭和軒」)、夕日が似合う頑固おやじの昔パンがあったり(「木村屋」)、さびれた街外れになぜかオシャレな地下空間が存在したり(「Share」)と、懐かしいだけでなく驚きに満ち、この商店街は衰えているようでフトコロが深く足腰が強靭そうである。


matsuya32.jpg


川沿いより一本内側の通りにあるパン屋「松屋」も新しく発見した物件。
この道はよく通るので目に入ってはいるはずだが、最近までまったく認知していなかった。普通のヤマザキのパン屋さん。


matsuya15.jpg


つい先日、1人で夕食ということがあって、酒のつまみを調達しに夕暮れの街に出た。
本町の「肉の村田」に入ると鶏唐揚げしか残っていない。
「この時間になると、もうお客さん来ないんだよ」と店主。「日が短くなってきちゃうとさぁ(笑)」

唐揚げだけじゃちょっと寂しい。
ふと隣のパン屋が目に留まった。“お弁当”ののぼりが立っている。
入り口からサンドイッチの並ぶ棚が見え、いかにも手づくりっぽく、いい感じ。
まあ酒のアテとはちょっと違うが、それはともかく驚いたことには、奥に本格的でかなり年季が入った厨房が付いている。

以来、厨房のあるパン屋さんが頭から離れなかった。


matsuya31.jpg


本日は仕事がチョー重く、念願の厨房のあるパン屋さんへ。
入って正面にサンドイッチの棚。そのラインアップとホームメイド感は期待以上。


matsuya33.jpg


サンドイッチを3袋手に取り右を向くと、壁の小窓の奥が厨房になっている。
正面にはフライパンや調理器具が掛かって、外から見るよりもっと本格的。窓の上には焼そば、焼うどん、日替わり弁当などの張り紙。その下のカウンターには天ぷらの載ったバット。手前のアイスクリームストッカーの上に生卵としょうゆ系タレ。レジの横にはおでん鍋もある。
想像を超える混沌の様相を呈している。
月島のもんじゃ、静岡おでんの駄菓子屋か、というような。


matsuya36.jpgmatsuya35.jpg


サンドイッチの支払いをして、なお店内の様子が気になってキョロキョロしていると、お店のおかあさんが「ゆっくり見ていってください」と。
おでんの隣にあまり見たことのない形状のたべもの。平べったく丸い磯辺餅のようなものを2つ串刺しにしてある。
「おだんごですよ」とおかあさん。
それも1本購入。

購入品は、サンドイッチ:タマゴ140円、トマト・キュウリ・ゆで卵162円、ハム・キュウリ194。追加:だんご110円(どれも商品名の表示はなし)。


matsuya13.jpgmatsuya34.jpg


厨房の窓に“HOME MADE SANDWICH cook 33”というロゴマークが貼ってある。これは山崎製パンによる特約店への提案事業のようだ。

――2坪程度の店内厨房でフレッシュサンドイッチを提供するシステムです。 心を込めて作るサンドイッチの美味しさはお客様に大人気、固定客づくりと他店との差別化に最適です。(ヤマザキショップHP)

もともとはメーカー主導としても、山崎パンの営業が「せっかく厨房あるんだから天ぷらでも揚げたらどうです?」となるとも思えない。デイリーヤマザキとの商品の共通性も見いだせない。完全に独り歩きしてる、と思う。


matsuya39.jpg


サンドイッチのフレッシュ感がうれしい。
おだんごがおもしろい。焼きだんごと言っていた気がするが、これは油で揚げてある。しょうゆの甘辛味で、ドーナツのような香ばしさ。


matsuya37.jpg


ゆっくりどうぞ、と言われたが、実はそれほど観察していない。
ちゃんと見たら、たぶんこの倍ぐらいの不思議が詰まっている。


matsuya38.jpg


[DATA]
松屋
東京都東村山市本町4-12-44





[Today's recommendation]


https://youtu.be/3YvHkJtkWiY



chat171130.jpg
◆ 猫写真はこちら


街道の茶屋から続く? 老舗うどん 【関根屋】

2017.06.22

 青梅街道沿いの武蔵野うどんまたは小平糧うどんの老舗。
7代続いているとのことで、団子やいなりずしを出すこともあって、まさに時代劇の茶屋を連想させる。


sekineya31.jpg


ずいぶん前にテレビでこの店のことをやっているのを見て、このあたりがうどんどころであること、この店に代表される昔農家で食べられていたようなうどんを出す店が点在していることを知った。
閉店時間が早いから昼食の遅い人は食べられない、ともテレビで言っていた(営業時間10:30~13:00)。


sekineya32.jpg


12時40分すぎに近くを通っていて、「そういえば」と、閉店間際で客足が引けていることを期待して急きょ立ち寄ることに。
常連客2組が続けて支払いをしているところで、ほかにはカウンターに若い女性1人、奥に中年カップル。どちらもほぼ食べ終わっている。やはりちょうどいい来店時間だったようだ。
カウンター席に座り、もりうどん中430円(+税)を注文。


sekineya33.jpg


店舗は古いシラカシの高木に緩く囲まれ、武蔵野の風情を残す。元は“樫ぐね”に整備されていたのかもしれない。
外観のこぢんまりした様子からすると意外なほど店内は広い。入ってすぐがカウンター、その右にテーブル2卓、それらを囲むように奥がかぎ形の座敷になっている。古い民家のような渋く落ち着いたつくり。


sekineya14.jpg


カウンターの後ろが洗い場と団子用の炭火の焼き台、その奥が広そうな調理場になっている。手前に女性店員、奥に男性店員。
なぜかおばあさん、おじいさんがイメージされる店だが、2人とも案外若い。
うどん屋のおばさんはそういう人が多いのか、こちらの方もけっこう濃い(「みんなのうどんや」 参照)。濃いには濃いが、怖くはない。


sekineya34.jpg


うどんはどんぶりに盛られている。糧は細切りのゆでキャベツ。
ここはゆで置きのイメージがあるが、たしかに提供時間は早かったが麺はゆでたてのようにしっかりしている。武蔵野系にしては細め、かなり長め。灰色がかっており、無漂白の地粉を使用しているようだ。細めでそこそこコシがある、とても食べやすいうどんだ。


sekineya16.jpg


つゆは個性的で、武蔵野うどんに多い砂糖で甘味を付けるのではなく、だしのうま味を効かせたタイプ。しょうゆは控えめで魚の匂いが強いが、やはり武蔵野に多い鰹節ではなく煮干しの風味。


sekineya35.jpg


このうま味の強いつゆと小麦の香り高い麺は非常に相性がよく、いくらでも食べられる。
中盛りは少なくはないが、大でもペロッといけそうだ。


sekineya36.jpgsekineya37.jpg


前に一度入ったことがあるが、そのときはこれといって印象に残らなかった。それが不思議に思えるほど、麺もつゆもとてもおいしく感じられた。やはり、長く続いているのには訳がある、ということ。
混んでいるというイメージだが、この時間に入れば余裕かもしれない。そのことがわかったのも収穫。


sekineya38.jpg


[DATA]
関根屋
東京都小平市仲町164





[Today's recommendation]

chatdailleurs170622-2.jpg
自転車道にいつもいるやつ。うちのじゃないので生き物枠で




https://youtu.be/Uinob0vq3MA


入れる人、入れない人 【ひの食堂】

2017.04.27

 世の中には2種類の人間がいる。ひの食堂に入れる人間と入れない人間だ。

あるとき家族で「ひの食堂」に入ろうとしていたら、目を丸くしてこっちを見ている通行人がいる。妻の知り合いらしい。
「…ここ、入るの?」
体は斜めに、腰が引けてる。防御の構えだ。
「そう。入るの」
「えー…。お、おいしいの?」
「すごくおいしいの。今度入ってみたらいいよ」
「う、うん。今度入ってみるね」
そう言ってそそくさと立ち去った。

絶対入る気ないな、と思いました。


hino3-15.jpg


この外観じゃな… とは思う。
家族と“グニャリ”の話になって(「しなの」 参照)、いちばんすごかったのはどこか聞いてみると、「やっぱり『ひの食堂』だよ」と子どもたちは口をそろえる。「入る前からゆがんでるし」
たしかに四隅が直角じゃない。ここの角を曲がっただけで方向感覚に狂いを生じる気がする。時空のひずみが店外にあふれ出しちゃってる感じ。


hino3-21.jpg


入ってしまえばけっこう普通である。むしろ僕の入るような店の中では清潔なほうだ。
客層も普通、というか市内でも新陳代謝が活発なほうじゃないだろうか。


hino3-22.jpg


今日も若めの男女が当たり前のようにポークソテー等を食べている。
そこに僕の肉野菜炒め定食750円が提供される。


hino3-4.jpg


ジュージューとものすごい蒸気が立ち込め、ちょっとハラハラする。音も匂いもすごいから、何か近所迷惑をかけているような気になってしまう。
そのご近所さんは必ずこのものに気をひかれる。一様にうらやましそうな顔つきをする。自分がご近所の立場のときも、絶対うらやましそうに鉄板の人を見やっているはずだ。


hino3-14.jpg


野菜はキャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン。
そこでちょっと考えてしまったのだが、レバーニラ炒めはニラ、モヤシ、ニンジンのはずなので、違いはキャベツだ。
ここに「肉ニラ炒め」という、まだ食したことのないメニューがある。これがレバニラの肉バージョンだとすれば、つまりは肉野菜炒めのキャベツ抜きということになる。


hino3-23.jpg


どう違うんだろう? それほど違わない気もするが、ものすごく違うかも、とも思ってしまう。なんだか急に肉ニラが通っぽく思えてきた。これはぜひ真実を確かめなければなるまい。

まだまだ奥の深いひの食堂なのであった。


hino3-13.jpg


[DATA]
ひの食堂
東京都東村山市本町3-18-2






chat170427-2.jpg




https://youtu.be/cPTMf2sG1ww


ドカ盛りどんぶりに挑む 【寳来屋】

2017.03.19

 先日、私のあとに店主の顔見知り風の男子高校生2人組が来店した。
彼らの注文は、少年A「豚肉丼と餃子」、少年B「ネギラーメン大盛りと餃子」。
これに対して店主は、Aに「豚肉丼は大盛りね」、Bには「ネギラーメン大盛りに豚肉丼の小盛りプラスね」とオーダー変更を強制執行していた。
変更分はもちろんサービスだろう。


horaiya38.jpg


少し心配になった。運動部男子っぽい彼らの胃袋は問題なさそうだが、お店の経営のほうは大丈夫か? ただでさえ激安店なのだ。
しかしその“いっぱい食べさせてあげたい”という思いは、いまどきになく尊い(「笑顔」 参照)。


horaiya31.jpg


そのときの豚肉丼がおいしそうだったので、この日「誰か豚肉丼にしない?」としつこく迫り、タンメンの予定だった次女が豚肉丼に変更した。
つられて長女もチャーハンからマーボー丼に変更。
「あと餃子」と次女。父はタンメン。


horaiya35.jpg

horaiya36.jpg


やがて運ばれてきたこのどんぶりたちの姿を見て、やっちまった… と思いました。
豚肉丼は、肉がどんぶりからこぼれ落ちそうだ。マーボー丼はラーメンどんぶりになみなみとよそってある。
僕は先日「豚肉丼小盛り」を見て分量を誤認していたらしいのだ。


horaiya31-5.jpg


これは少し手伝わなければと覚悟を決め、タンメンを早々に平らげて待機する。
しかし娘たちはたくましい。各自餃子3個ずつをこなしつつ、ペースを落とすことなくどんぶりを食べ進める。


horaiya34.jpg


途中長女が「人間火力発電所…」とかつぶやいているのが気になるところではあるが。
そしてついに2人とも完食。
あとで聞くと、次女はけろっと「おなかいっぱいにはなったよ」
いやー、なんというか…(笑)


horaiya33.jpg


ところで、いまどきタンメン450円はすごい。
思うにこのタンメンは、キャベツやニンジンなどほかの料理で出た端切れ野菜を使って値段を低く抑えているんじゃないだろうか。


horaiya37.jpg


だとすれば、コストダウンの企業努力もさることながら、フードロスが叫ばれる今日において食品関連事業者のかがみともいえる立派な取り組みである。それでしっかりおいしいんだから言うことなしだ。


horaiya39.jpg


[DATA]
寳来屋
東京都東村山市美住町1-6-31







https://www.youtube.com/watch?v=GsLj3wlycPw


リッチで庶民派なおすし屋さん 【東鮨】

2017.01.28

 平日のみとは知らず、土曜日に「ランチやってますか?」と聞いたわしらに快く応じてくれた。
あとで写真を見ると、なるほどランチの立て看板がない(記事末尾の看板は後日撮影)。開店一番の客だったからこっそりやってくれたんだろうけど、それにしても大将、いい人すぎ。
写真でお店正面の御影石に映るのは本町都営住宅。この商店街を支えた久米川団地は2004年までにすべて高層住宅に建て替えられた。


azumazushi16.jpg


おすすめランチ/「上にぎり1500円が1000円」(私)、「にぎり1人前750円」(妻)。
胃の調子があまりよくなかったのでこういうオーダーになったが、普通だったら「にぎり1.5人前1000円」を選んだような気がする。最近大食いなので。
上にぎりは中トロ、イクラ、子持ち昆布が並との違い。で、中トロもいいけど、さすがにちゃんとしたすし屋は違うなと感じるのは赤身のおいしさだったりする。


azumazushi13.jpg


こうして見るとけっこう立派な外観だが、実はここ、非常にわかりづらいというか、路地裏のまったく目立たない位置取りなのだ。地元民にもあまり知られていないんじゃないだろうか。
そしてこの店、地下に豪華宴会場があるとのこと(20名収容可)。こんなくたびれた街に地下空間…?
そんな、場所にそぐわないハコのリッチさといい、そのわりにはお得な価格設定といい、何かと意外性のある楽しくうれしいおすし屋さんである。


azumazushi17-2.jpgazumazushi15.jpg


[DATA]
東鮨
東京都東村山市本町4-12-52






chat170127-2.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=NeFG2KpbhJg


Latest Articles
To Go に進路を取れ! 【KIMURAYA59】 Jan 27, 2021
門前〇〇そば 【峰英軒】 Jan 25, 2021
フレンチロースト 【cafe Fuu】 Jan 23, 2021
厄除け魔除け 疫病退散 【厄除けだんご ふかの】 Jan 21, 2021
ご褒美のスイーツ🥧 【kitchen neco】 Jan 19, 2021
いまあえて設備投資の勧め 【キッチンバー DenjiN】 Jan 17, 2021
It's alright だいじょうぶだぁ 【餅萬 西口本店】 Jan 14, 2021
ノスタルジーで日本情緒な… 【さくら茶屋】 Jan 12, 2021
さあ でかけよう 【ル・フレザリア パティスリー】 Jan 10, 2021
たぶん繰り返されるであろう… 【日乃出精肉店】 Jan 08, 2021
おせちもいいけど…? 【ダイヤ寿司】 Jan 06, 2021
地元神社めぐりからの… 【お食事処 なごみ】 Jan 04, 2021
Category
Ranking
          
          
Category-2