FC2ブログ

東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】

2021.07.23

 前記事のつづきで、八王子駅で娘を降ろしたあと、なんとなく国道20号を西に向かった。なんというか、このあたりを車で走っていると無意識に高尾山をめざしている。

ただ、冷静に考えてみると、目的は昼ごはんくらいである。高尾山といえば、そば。
高尾山口駅周辺の事情を思い浮かべると、大きい駐車場がいくつかあって、1日1500円とか2000円とかいう観光地価格だ。山に登らず、そば食べるのにそんな駐車料金払っていたら、いかにもバカらしい。
高尾駅で引き返しました。

「自前のでかい駐車場のあるたべもの屋がいい。なんなら道の駅でもいい」
「だったら八王子には有名なのがあるよ」


20210723 takiyama-11


ということで、行き先を「道の駅 八王子滝山」にセット。
道の駅は駐車待ちが10台ほどあり、予想どおり夏休みモードの混みよう。
あらためて、高尾山行かなくてよかった… と思いました (・Θ・;)


20210723 takiyama-12


こちらは東京唯一の道の駅だそうだ。
地元の野菜や食品の売り場があって、いちばん奥がフードコート「やさいの食卓 八農菜」。


20210723 takiyama-13
右側がテラス席になっている


正午前の昼めし時で席はあらかた埋まっているが、屋外にも席があり、猛暑下でスカスカである。
日陰になっている席を確保して注文カウンターへ。


20210723 takiyama-1620210723 takiyama-17


こういう場合、カレーかラーメンを頼むのがお約束なワタシ。が、土地の名を冠した食べ物は押さえておくべきとの考えもある。
滝山うどんには惹かれるものがある。“滝山名物”とも書いてあるし。


20210723 takiyama-1420210723 takiyama-15


注文口にて口頭で申告するシステム。
もう1品は唐揚げ定食。


20210723 takiyama-18
※屋内は許可をいただいて撮影


テラス席は暑いけど、すぐ横を川(谷地川)が流れていて、風が通るロケーションである。トンボやチョウが飛んでいて、夕方なんかは気持ちいいに違いない。
見ていると、涼しい屋内より、暑いけど密の心配のないテラスをあえて選ぶという人が一定数いるようだ。


20210723 takiyama-19


滝山うどんとは、武蔵野うどんでいうところの肉汁うどん。
田舎うどんなどという名前が付いていたりもしそうな素朴な料理である。


20210723 takiyama-20


つけ汁は、豚肉、長ねぎ、なす、油揚げの入ったしょうゆ味。
デフォで揚げ玉が付いてきたが薬味がなく、セルフでとり忘れたのかもしれない。


20210723 takiyama-22


具だくさんのつけ汁がツルツルの細麺によく絡む。


20210723 takiyama-21


唐揚げは大ぶりのが5個でボリューミー。
ごくシンプルな味付けで、熱々の揚げたてがおいしい。ワシワシとご飯がススム。


20210723 takiyama-23


“野菜の食卓”というわりに付け合せが寂しいと言わざるを得ないが、トマトなどは地場っぽくフレッシュである。


20210723 takiyama-24


滝山うどんは地に足ついた安定感があり、このあたりも武蔵野のうどん文化圏に入るのかと興味深いものがある。
一方、ラーメン類を見ると、基本のラーメンでもたまねぎトッピング。
いまや八王子名物といえば圧倒的にそっちなんですね… σ( ̄、 ̄=) ムー


20210723 takiyama-25


[DATA]
やさいの食卓 八農菜
東京都八王子市滝山町1-592-2 道の駅 八王子滝山
https://www.michinoeki-hachioji.net/









インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

chat210724-2.jpgchat210724-1.jpg
5年ぶりくらいのお医者さんに生きた心地がしないと




https://youtu.be/s_pSJOkmYBA



20210723 takiyama-26


コロナ禍で朝○○のススメ 【ラーメンショップ 小川店】

2021.06.15

 先日「山岡家」でラーメンを食べたとき、こういうのもいいね♪ と思った。
“朝ラー”である。

そのときは入店が10時15分で、それを朝と呼ぶかどうかという問題については、ならば昼ごはんかというと、もっと違う気がするので。


20210615 rasho-11


で、何が「いいね♪」だったかというと、ギャップ感。

gap【名】ギャップ、隔たり、ずれ…

そんな時間に朝ごはん(または昼ごはん)を食べる人はあまりいないので、規則正しく営まれている社会生活とのズレ、隔たりがあり、大多数の人々と異なる時間軸を生きているという感覚。それがその日一日もたらされる。
時間軸が異なれば接触機会も減るわけで。。。

コロナ禍における新しい生活様式――朝ラーメンのススメ ゞ( ̄∇ ̄;)


20210615 rasho-12


朝ラーで思い出したのが「ラーメンショップ 小川店」。
売り切れ御免のスタイルで場合によっては1時台に閉まっているお店だが、あるとき夕方近くでシャッターの下りた店の前を通ると、↓↓このような看板が出ている。


20210615 rasho-13



昔、ドライバー相手の夜間のみ営業のラーメン屋というのが幹線道路沿いによくあったが、それに近い客層狙い?
“13分”については… うん、なんかあるんだろうな(笑)。


20210615 rasho-14


10時半入店。
先客が2名いてかなり驚いたが、じゃなかったらこの営業時間は成り立たないわけで…。


20210615 rasho-1520210615 rasho-16


注文はラーメン(並)。


20210615 rasho-18


量については(中)も考えたが、テスト操業的な感覚で安全運転で。
結果的には腹八分目でちょうどよかった。


20210615 rasho-19

20210615 rasho-20


ラーショ系の多くはだしが煮詰まりすぎてる感が、個人的にはあって、そういう意味ではこの時間帯でちょうどよいダシ加減かも…(笑)。


20210615 rasho-17
20210615 rasho-2120210615 rasho-22


ラーメンが食べたくてもラーメン屋は狭くて混む印象のところが多く、このご時世ではなかなか足が向かない。
こういうズラした時間帯なら混雑が避けられるし、気温もちょっとは低いので夏季の宿命ともいえる汗対策にもつながる。

朝ラーメン、いいことずくめかも c( ̄▽ ̄)


20210615 rasho-23


[DATA]
ラーメンショップ 小川店
東京都小平市小川町2-1290





[Today's recommendation]

wachat210615.jpg




https://youtu.be/kGgEroiMBCY


彼岸のお供え物 【伊勢屋】

2021.03.18

 YouTubeで亡き友人の映像を見ていたら昨日彼岸の入りだったことを思い出し、線香と花とおはぎをお供えした。
それはバーチャルの話で、リアルには散歩がてら久米川の「伊勢屋」までおはぎを買いに行った。


210318 iseya-24


春の彼岸だから“ぼたもち”という呼び方が適切かと思うが、商品名が“おはぎ”なので、ここではおはぎで進める。


210318 iseya-28210318 iseya-29


おはぎをこしあんとつぶあん1個ずつ。
それと、先日買えなかった桜もちを2個。


210318 iseya-30210318 iseya-31


「伊勢屋」といえばかつて諏訪町の西宿通りにも「伊勢屋」があって、そっちは娘のお友だちんちだった。お友だちに電話すると、「はい、伊勢屋です」と出ると(笑)。

とまあ、このように和菓子屋には「伊勢屋」を名乗るお店が多いが、“○に米”の登録商標を掲げているのが由緒正しい伊勢屋の証しらしい。
ラーメン類が人気の西早稲田の「伊勢屋」には“(米) 伊勢屋睦会”の立派な漆塗り看板が飾ってあった。


210318 iseya-26


その西早稲田「伊勢屋」の記事に、「学生時代に団子を買って甘泉園のあたりまでぶらぶら歩き食いをした」と書いている。
一緒に歩き食いをした中に冒頭に記した友人がいたに違いないことを、いま思い出した。


210318 iseya-27


近いうちにそのへんの思い出話を記事にしようと思っている。


210318 iseya-32


[DATA]
伊勢屋
東京都東村山市栄町2-7-20





[Today's recommendation]

wachat210318.jpg




https://youtu.be/lnpqZKnJm_8



210318 kogera
コゲラ / 空堀川


眺望サイコー! 中華レストラン 【天外天】

2020.10.18

 車の点検が12時までかかり、そのまま昼ごはんを食べに行くことにした。
はじめオシャレっぽいお店がいくつかできて気になっている三芳町の“いも街道”を偵察したところ、小江戸川越にあやかった芋ブランド戦略が功を奏したのか部分的に観光地化の様相を呈し、日曜ということもあってイタリアンもカフェもうどん屋も、野菜直売所まで人… というか車でいっぱいだ。即刻退散。

県道163号から入間方面へ回り込もうとして思い出したのが、川越入間線沿い、入間市宮寺の「みのり食堂」。
一度は行ってみたいと思っていたのでちょうどいい機会かと思ったが、1時半前、のれんが掛かっているにもかかわらず、僕らが入ろうとしたところで「今日はおしまいです」と。

今日はいろいろ間が悪いようで家帰ったほうがいいかな… と地元に向かって多摩湖の丘陵越えの途中、「ん…? 掬水亭どうだろう?」となったのである。


201018 tengaiten-11


「掬水亭(きくすいてい)」は西武園ゆうえんちに隣接する西武グループの中国割烹旅館。
祝宴・会食・法要など宴会需要がメインと思われるが、最上階のチャイニーズレストラン「天外天」は予約なしに普通に利用できる。


201018 tengaiten-12


満席ということで1階ロビーで10分ほど待たされたが、入ってみると密を避けるため使用席数を減らしているようだ。
もともとゆったりな配置なので、そのへんのところはまったく気にならない。


201018 tengaiten-13


通されたのは窓際の眺望抜群の席であった。


201018 tengaiten-23


多摩湖越しに中央線沿線を新宿あたりまで、西を向けば雨上がりの雲海に浮かぶ富士山。
巡り巡って、今日はいい日?


201018 tengaiten-14-1201018 tengaiten-14-2201018 tengaiten-14-3


注文は、五目入りチャーハン、五目入りあんかけ焼きそば、海老蒸しギョウザ。
えーと、ビジュアル的にエビ三昧…的な?
街中華も高級中華もごったごたな当ブログ (⌒ ⌒) b !


201018 tengaiten-16


透き通った皮がもちもちというかふるふるで、箸にくっついてなかなか離れない餃子。
スライム的とさえいえる皮とその中にくるまれたエビの食感の対比がよい。


201018 tengaiten-17


エビのピンクがきれいに透けていて、ちょっと見入ってしまうぷるぷる餃子。
使い込まれたせいろはなかなかの歴史を感じさせ。


201018 tengaiten-18


チャーハンはお約束のエビとは別にイカや干し貝柱、チャーシューがたっぷり使われていて、見た目よりずっと豪華。
スープは青菜、ネギ、豆腐、卵… と具だくさん。


201018 tengaiten-19


焼きそばの具は、ハクサイ、コマツナ、ニンジン、タケノコ、干しシイタケ、エビ、イカ、ホタテ…。


201018 tengaiten-20


干しシイタケの厚み&もどしのていねいさにお店の格みたいなものが出ると思う。ホタテ貝柱の大きさもまた、中国料理店の分類上のバロメーターだったり。


201018 tengaiten-21


日本百名月なるものがあり、こちらもその一つにカウントされているらしい。
湖面に満月… たしかに見応えありそう。


201018 tengaiten-22


店内はゆったり、外の見晴らしサイコー。料理も文句なし!
思いがけず素敵なランチにありつくことができた。


201018 tengaiten-15


[DATA]
天外天
埼玉県所沢市山口2942 掬水亭6F
https://www.seibu-leisure.co.jp/hotel_web/





[Today's recommendation]

wachat20201018.jpg




https://youtu.be/J_36x1_LKgg



201018 minorishokudo-12
「みのり食堂」。この落差というか高低差というか…。それもまたよし


贅沢感いっぱい! テイクアウトうどん 【野口製麺所】

2020.05.05

 2週間前の「#東村山エール飯」の記事に“少なくともあと2週間以上緊急事態は続くわけであり、まだまだテイクアウトのお世話になるはず”と書いておきながら、その後2週間以上、パン屋と和菓子屋を除いてテイクアウトをしていない。
この状況は、やっぱり難しい。

しかし緊急事態宣言は延長された。
おそらくこのひと月の間、自分の意識は目まぐるしく変化してきているが、現時点で思うのは、この先、少しずつテイクアウトからでもお店の味を楽しむ機会を増やしていきたいということ。緊急事態措置期間の延長により経営環境がいっそう厳しさを増すものと予想される飲食店のわずかなりとも助けになればとも。


20200505 noguchiseimenjo-11


「野口製麺所」さんには先々月、ある記事にコメントをお寄せいただき、“近いうちにうどんを食べに伺おうと思います”と返信している。なのでちゃんとお店で食べる機会をうかがっていたが、ちょっと無理っぽいので、とりあえずテイクアウトすることにした。


20200505 noguchiseimenjo-12


このところSNS等でよく見る季節限定タケノコぶっかけうどんが食べたいとずっと思っていた。
いま本町店はお休み中とのことで、野口町の本店に電話。タケノコがまだ終わっていないことを確認し、もう1品はテイクアウトメニューを電話で教えてもらいつつ、鶏肉のとろろうどんというようなものを注文。


20200505 noguchiseimenjo-13


正式には朝採り竹の子うどんと伊達鶏とろろうどん、ともに920円。


20200505 noguchiseimenjo-14


タケノコは一昨年もいただいておいしかったのでよく覚えているが、おそらくお店敷地で採れるもので、たぶん孟宗竹ではない(不確かな情報で恐縮だが)。
甘辛く煮つけてあり、“美味しく炙りました”とある。これがふんだんにのっていて、しかも僕の好きな穂先や姫皮付きの部位だけでも5切れほどもあって、実にぜいたく。


20200505 noguchiseimenjo-15


伊達鶏は香ばしく焼いてあり、これもボリュームたっぷり。レモンを搾ることで、同じぶっかけでもタケノコとはぜんぜん違った爽やかテイストに。とろろも加わり、食が進む進む。


20200505 noguchiseimenjo-16


麺類のテイクアウト全般にいえることで、さらにこのお店はうちから近いというわけでもないので、どうしてもゆでたてとは違った状態でいただくことになる。そんなときこそ粉の素性が物を言うのであり、コシが少々落ちてよりしっかり咀嚼できるだけに、ごまかしが利かない。
自粛の日々に元気をもらえる、おいしいうどんでした。


20200505 noguchiseimenjo-18


[DATA]
野口製麺所
東京都東村山市野口町4-46-1
https://www.facebook.com/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%BD%E9%BA%BA%E6%89%80-130454557067401/





[Today's recommendation]

wachat20200505.jpg




https://youtu.be/N_ENSdLOblk


簡単カレーレシピ、など

2020.04.23

 これまで書いたことはないが、このブログでいちばん力を入れているのが、実は記事末尾に張っている音楽YouTubeだ。ヨハン・シュトラウスⅡのワルツ『酒、女、歌』じゃないが、人生を豊かにする要素としておいしい食べ物はもちろん欠かせないが、僕にとって音楽は同じくらい重要… というようなことを発信したいと。
いい動画が見つかったときはモチベーションが上がる。食べ物の話は前振りといってもいいほど(笑)。

ところが音楽に対する反応がほとんど寄せられず、ちょっと寂しい。まあ、説明が足りないという自覚はあって、この部分を文字にしたらスマートじゃないとか男は黙ってサッポロビール的な昭和のおっさんの感性はいまの時代には通用しないというのはわかる。
でも伝わっていなかったらやっぱり悔しいので、かなり気に入っている前記事の動画を再掲載してみる。
コロッケの記事にこの曲って、なかなかいいと思いませんか?



https://youtu.be/6SfLag6ktJc


話はガラッと変わって、お手軽おいしいカレーの作り方。

タマネギ、ニンニク、ショウガをみじん切りにしておく。4人分ならそれぞれカレースプーンで2~3杯くらい。こんなに…? と思うくらい。


20200423 curry-13


鍋にたっぷりの油(これもスプーンで3杯くらい)を入れて、クミンシードをたっぷり(スプーン山盛り1杯)投入。
鍋を熱するとシードがぱちぱちはぜてくるので、そこにみじん切りのタマネギ、ニンニク、ショウガ、カレーパウダー(ガラムマサラがあればなおよい)1/4カップくらい、純ココアパウダースプーン山盛り1杯を入れてよく炒める。
冷蔵庫にあるきのこ類や肉、冷凍しておいたゆで大豆などを入れてトマトの水煮1缶を投入、水気が足りなければ水を足しローリエ1枚入れて、あとは5~10分煮るだけ。


20200423 curry-11


ニンニクとショウガ、クミンシードだけで、不思議とカレー風味になる。さらにカレーパウダーとトマト、ココアパウダーがあれば、家庭でも本格カレー風に整えることができる。

2日目のカレーはパスタに。
たまたま買ってあったビロビロのタリアテッレがカレーとよく絡んでおいしい。
先日植えたパセリもそろそろ収穫できる。

カレー1鍋で、2日 STAY HOME。


20200423 curry-12



[Today's recommendation]

wachat20200423.jpg




https://youtu.be/7KOZzoSXrts


https://youtu.be/Ji-a9zE4IE4

まさかNHK朝ドラでイゴル・ストラヴィンスキーやモーリス・ラヴェルというセリフが飛び出すとは思っていなかった


消えた商店街にコスパ抜群の本格中華 【孔雀苑】

2019.06.25

 清瀬と新座の都県境に広がる旭が丘団地とその付設商店街の記事にはたくさんのコメントが寄せられた(「食堂 蘭」参照)。
団地およびアーケード商店街なる高度経済成長期を支えた重要インフラの、機能を喪失しつつ構造物のみ往時に近い形に取り残された姿にもののあはれを思うのか。


190625 kujakuen-47


コメントをいただいた一人「Single KitchenでSweetsを」のmarinさんこと翻訳家の森嶋マリさんは、以前のやりとりからこのあたりに土地勘をお持ちの方と推察していたが、重ねてコメントをいただくうちに近隣の違う商店街が浮上してきた。

――当時、家の近くの小さな商店街はそれなりににぎわっていて、普段の食料品はそのあたりの店でほぼすべて揃いました。肉屋、パン屋、魚屋、よろず屋(かな?)、本屋、豆腐屋、酒屋、八百屋、文房具屋、薬屋、駄菓子屋、床屋、美容院、etc.…… 思いかえしてみると、あんな小さな商店街に、よくもあれだけの店がそろってたものだと感心します。いまはもう見る影もないし、そこが商店街だったってことも、知らずに通り過ぎる人のほうが多いかもしれません。


190625 kujakuen-26


場所はひばりヶ丘駅寄りの東久留米市内というが…? コメントは次のように続く。
「その、いまはなき商店街の片隅で、営業してる中華料理屋の『孔雀苑』。入ってみたいけど、入れていないお店のひとつです」


hibarigaokamap20190625.jpg
赤枠の立野川左岸が商業エリアだったと思われる。下の写真は✕の交差点を各方角から撮影 ©OpenStreetMap contributors


それは僕のひばりヶ丘からの帰路の一つ、坂の途中にある古びた中華屋。
しかしお店が一つぽつんとあるだけで、商店街らしいありさまは思い浮かばない。書かれているように“いまはなき商店街”。
たしかに途中2度折れながら坂を下った先で川沿いの道と交わるあたり、独特の気の流れ(あるいはよどみ)を感じなくもないが。

こうして「孔雀苑」潜入ルポの道筋がつけられた。


190625 kujakuen-11
190625 kujakuen-12190625 kujakuen-13
190625 kujakuen-14190625 kujakuen-15
190625 kujakuen-16190625 kujakuen-17


190625 kujakuen-18
立野川は“平成の名水百選”に東京都から唯一選定されている南沢湧水群にごく近い位置を水源とする


190625 kujakuen-19
坂を上る。右奥の赤い庇テントが「孔雀苑」


190625 kujakuen-20190625 kujakuen-21


実は先週木曜に一度訪れて(ここまでの写真はそのとき撮影)薄暗い店のイメージに反して明るい色合いのシャッターに、「お店、なくなった…?」と戸惑っていると、斜向かいの住宅で庭木の剪定をしている男性が「すいませんね。木曜休みなんです」と。
「え…? お店の人?」みたいなやりとりがあって、今日は入るのも少し気が楽だ。


190625 kujakuen-25


“中華×孔雀”といったら冷菜孔雀盛り的なものを連想するから、ここは冷やし中華だろうと決めてやって来たが、ショーケースに張ってある冷やし中華の短冊には670円と。安いのはいいけど豪華盛り付けは期待できないだろうな。


190625 kujakuen-27


外観はどこかおどろおどろしく薄暗い印象だが、店内は抑えめの照明がしっとり落ち着いた雰囲気を醸し出すという、同じ“暗い”でも大違い。きれいな手書きのメニュー帳にも高級感がある。


190625 kujakuen-35190625 kujakuen-36


品ぞろえを見ると焼きそば類が充実しており、急きょ方針変更。エビ好きのmarinさんにちなんでエビ焼そばに。あと餃子。


190625 kujakuen-61190625 kujakuen-62


こぢんまりしたお店で4人掛けテーブルが4卓。
先週少しお話をしたところ非常に感じのよい店主ご夫婦で、昔の商店街の話など伺いたかったが、厨房とホールの仕切りがはっきりしていてコミュニケーションがとれなかったのが残念。


190625 kujakuen-63190625 kujakuen-64


冷やし中華と同じ670円であまり期待してはいなかったエビ焼そばが、思いのほか立派。
ぷりぷりのエビが7つものってる。


190625 kujakuen-37


野菜はいずれも大きいカットのハクサイ、チンゲン菜、パプリカ2色、干しシイタケ、キクラゲ、ブナシメジ。やや甘めの塩あんかけである。
量が少ないことはないので、驚くべきコスパといえる。


190625 kujakuen-65


餃子のあんは肉が主体でショウガの風味が強く、みっしり詰まった感じ。


190625 kujakuen-40


どちらも和式の街中華とは一線を画す本格中国料理路線だと思う。
これなら冷やし中華にも何かしらサプライズが期待できるかもしれない。


190625 kujakuen-41190625 kujakuen-42


風通しがよく運気のよどみのない高台より街を見下ろす一羽のクジャク。


190625 kujakuen-66


[DATA]
孔雀苑
東京都東久留米市浅間町3-1-3





[Today's recommendation]

wakacha0204.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/WvJwXfyqtF4


彩り華やか、春のパスタ 【KIMURAYA59】

2019.03.15

 久米川の西友通り(久米川駅南口通り)のパスタ・洋食&居酒屋「KIMURAYA59」を取り上げるのは2回目だが、実際の利用頻度はもっと高い。
ランチ11:30~14:30、ディナー18:00~22:30のはざまの時間帯、16時ごろからコロッケや唐揚げの店頭販売を行う。業態として“パスタ・洋食&居酒屋”に“惣菜”が加わる、と。


190315 kimuraya59-17


さらっと“はざまの時間帯”と書いているが、一般的にここは休憩時間といわれる。
休憩時間に休憩せずに惣菜をつくって売っているわけである。


190315 kimuraya59-23
自家製コロッケ 1個180円(2019.01.11)


冬場ならとっぷり日が落ちて真っ暗ななか、寒風吹きすさぶ軒先に店開きしている。通りかかったら買わずにはいられない。


190315 kimuraya59-16


ランチメニューはパスタを中心とした洋食系であるが、ほかに“特上牛ハラミの網焼きセット(1500円)”というメニューがあることに気づいた。


190315 kimuraya59-11-2


この場所は以前、「韓亭」という韓国料理店で、店のつくりがもろ焼き肉屋居抜きであるが、物件だけでなく料理も引き継いでいる部分があるのかもしれない。
特上牛ハラミ、次の機会にぜひ食べてみたい。


190315 kimuraya59-22


生パスタのランチは旬の食材を取り入れた創作メニューで、毎月更新される。


190315 kimuraya59-12


3月の新作生パスタは、桜パスタ(あさりと菜の花と桜えび)、春野菜のバジルソース春野菜のフリット添え、など。
字づらからも春の息吹が伝わってくるようだ。


190315 kimuraya59-26190315 kimuraya59-25


1.桜パスタ、5.お肉ゴロゴロポークカレーを注文。
どちらもサラダが付くAセット850円で。


190315 kimuraya59-19


レタスたっぷりのサラダは自家製クリーミードレッシングがおいしい。


190315 kimuraya59-18


カレーはタマネギをじっくり炒めたような甘みが特徴で、フルーティな芳香は、隠し味のワインかスパイスの調合によるものか。
程よいやわらかさのお肉がゴロゴロ。自家製ピクルスが付く。


190315 kimuraya59-31


桜パスタはリングイネを主に、桜色のレジネッテを合わせてある。
桜の花の塩漬けが添えてあり、彩りも香りも華やか。


190315 kimuraya59-20


桜えび、桜色のレジネッテ、桜の花というトリプルの桜に、菜の花の緑と黄色という心憎い演出。


190315 kimuraya59-32


華やかランチに、おなかも心も満たされます♪


190315 kimuraya59-15


[DATA]
KIMURAYA59(キムラヤ59)
東京都 東村山市栄町2-6-4
https://ja-jp.facebook.com/kimuraya59/





[Today's recommendation]

wachat190315.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/IY73IyK-1uA


猫使いとソーセージパン 【BuFuUu】

2018.11.08

 チビ猫が具合を悪くして、いちばんの問題は、われわれには捕まえることができないこと。昨日は2人がかりで捕まえられず、かかりつけのお医者さんに連れていけなかった。
そして今日、木曜は休診日。
チビに回復の様子は見られない。


waka181108-1.jpgwaka181108-2.jpg
逃げ回る猫


仕方なく違う病院に行くことにしたが、問題はどうやってケージに入れるか。
ところが、それが実はたやすい。
うちには猫使いがいるのである。

長女はいとも簡単にチビを捕まえる。
なので、長女の出勤前にケージに入れておいてもらう。


181108 buhuuu-11


注射2本で症状(嘔吐)はとりあえず落ち着いているので昼ごはんに出かけてみたものの、ゆっくり食べる気になれず、何か買って帰ることにした。


181108 buhuuu-13


小平団地北の古い商店街にある喫茶店「BuFuUu(ぶーふーうー)」は、喫茶メニューのほか、洋食、手作り・無添加パンのサンドイッチと、食事メニューが充実している。おばさまのお茶目なキャラにも癒される。


181108 buhuuu-14


煉瓦の外壁やメニューボードなど外づらはコジャレているが、創業36年。入ってみれば懐かしの昭和の喫茶店がいまなお息づいている。
お客さんもシニア層が多いという印象だ。


181108 buhuuu-15


店頭のテイクアウトコーナーにはサンドイッチやスイーツが並ぶ。


181108 buhuuu-16


定番のたまご200円、ハム+チーズ&レタス220円のほか、揚げパンのソーセージ150円を購入。


181108 buhuuu-20


写真ではわからないが角型食パンではなく山食を使っているのは、サンドイッチとしてはちょっと珍しいかも。素朴で手作り感いっぱい。


181108 buhuuu-21


ソーセージパンは、まさかの魚肉ソーセージ。
どうりでサイズのわりに安いわけだ。


181108 buhuuu-23


こういうところも外見と違って中身が昭和、懐かしい味がする。
一般的な揚げパンの1/4切りソーセージではなく、豪快に丸ごと1本。食べきれずに半分残した(笑)。


181108 buhuuu-22-2


チビ猫は夕方まで何も食べなかった。
8時ごろ長女が帰ってきてチビと遊んでる。見ると、さっきまでわれわれがどうやっても食べさせることのできなかった子猫が、すごい勢いでCIAOチュールをなめている。
どんな技を使っているのか、まるで謎。

チビは翌夕方までにすっかり回復した。


181108 buhuuu-12


[DATA]
BuFuUu(ぶーふーうー)
東京都小平市学園東町3-2-43





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=JbqySviU4YQ




chat181108.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


老舗日本料理店のお得ランチ 【大野家】

2017.09.22

 西武新宿線の小平駅は駅名からして市の中枢を担っているかのような印象を受けるが、実はここは端っこ。で、決して交通の便がいいとはいえない小平市役所は、なんでこんな場所に? と疑問に思うが、地図を見るとちゃんと市の中心に位置している。
なので小平の“行政上の首都”は、駅で言ったら青梅街道駅になる。ずいぶんショボいな(笑)。
じゃあ小平駅の機能はというと、墓場の表玄関である。

それで小平駅周辺には法事の会食に対応する店が多いわけだが、日常では縁のないような店ばかりでなく格安のランチサービスを行っているところもあり、こういう業態はすしや懐石がベースとなるのでランチといっても侮れないものがある。
たとえば今年、プチ移転・リニューアルした「光琳亭」は、650円で本格すしランチがいただける穴場中の穴場料理屋である。


ohnoya12.jpg


ネットで“小平×法事×食事”で検索すると、グルメサイトのサブカテゴリーやお店そのものの情報もけっこうヒットする。そこで上位に来るのが、昭和48年創業の日本料理店「大野家」。
こちらは小平駅ではなく市役所の近くにある。なんだかこんがらかってきてしまった(笑)。


ohnoya31.jpg


霊園に近くないのになぜ法事でヒットするのか疑問に思ったが、お店のホームページを見るとキャッチコピーが“小平市小平霊園、法事・宴会など 日本料理大野家”と、積極的に展開しているようである。
その秘密はキャパシティにある。“当店では、各種宴席・法事による大人数(~60名様迄)のお食事にご対応しております”


ohnoya32.jpg


こちらでは本格的和食のランチをほぼ830円均一で提供。
昼はかなりにぎわうが、それには法事とかは関係なく、行政の中心という立地が利いている。すぐ隣に中央図書館と中央公民館、西武多摩湖線の線路を挟んで小平市役所とその関連施設。それらの職員だけでもかなりの安定需要が見込めると思われる。


ohnoya35.jpg


和食というか、なぜか鳥の唐揚げが食べたくなって、こういう店なら、と当たりをつけて行ってみる。
12時半前という昼のピークの時間帯が気になったが、カウンターなら大丈夫だろうと入店。しかし右手のカウンター席は飛び石で埋まっていて、それが全部女性。これはぎちぎちに座るのは気が引ける… と躊躇していると、お店のおねえさんに左手の小上がりを勧められる。3卓中1つが空き。まあいっか… とそこに上がったが、やはり大きい座卓に1人というのは相当居心地が悪い。ぎちぎちのほうがまだよかった、と後悔。


ohnoya33.jpgohnoya34.jpg


それで浮足立ったのもあるが、オーダーが決まらない。
とりから定食はあるんだが、値段がちょっと。僕は鳥の唐揚げは安くておいしいものと捉えているので、均一価格が引っかかるのだ。たとえば、とんかつと鳥からが同じ値段だったら、鳥からは頼めない。
逆に言うと、この店のランチメニューはどれも魅力的なので、いったん迷ったら抜け出せない。

メニュー表をにらんだまま固まっていると、
「ど・れ・に・し・よ・う・か・な(笑)」と、注文をとりに来たおばちゃん。
「うーん… これ!」と、見開きトップに載っている海鮮丼を指さしてしまっていた。
なんで海鮮丼だったんだろう? と、あとで何度も首をかしげるのであった。


ohnoya36.jpg


海鮮丼のネタは、マグロ数切れとすき身、カンパチ、サーモン、タコに、白身はヒラメかな。それにトビコ、玉子、カマボコ等と具だくさんの豪華なもの。
煮物(鳥肉、油揚げ、ゼンマイ)、お吸い物、香の物が付く。


ohnoya37.jpg


僕のあとにもお客さんがポツポツ入ってきて、1人でテーブルを占拠しているので肩身が狭い。しかし新規客はすべて、僕の位置からは見えない店の奥に吸い込まれていく。
支払いのとき、レジの位置から奥が見え隠れしている。ふすまが2カ所開いていて、その奥の座敷がつながっているとしたらかなりの広さだ。もう大広間といってもいい。それがそこそこ埋まっているから驚きだ。
ちょっと引っ込んだ店先の様子からは想像もできない異空間が、そこには存在しているのであった。


ohnoya38.jpg


[DATA]
大野家
東京都小平市小川町2-1330-17
http://www.k-oonoya.com/index.shtml





[Today's recommendation]


https://youtu.be/gK-A2ZHOgqs



chat170922-22.jpg


Latest Articles
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2