fc2ブログ

気分は鴨川? 【千代乃家】

2024.04.06

 薬王院にお参りして、そのまま1号路を下山。
朝の出発地点のケーブル清滝駅に着いたのが13時前。
このあとどうするべきか。


20240406 yakuoin-23


何か食べたいが、それをどうすべきか。
流れ的には甘味処などで軽く菓子などをいただくというのが収まりよいが…。
朝5時台に朝ごはんを食べ、9時半すぎにそばを食べ、この間、山歩きというけっこうハードな運動をしていて、甘味ぐらいで夜までハラがもつのかという話。


20240406 chiyonoya-20
偶然、朝に撮っていた「千代乃家」裏手


やっぱもたないよね… ということで、高尾山口駅周辺でちゃんとした食事をすることに。
ところが、このあたりで食べ物屋というと、ほぼほぼ“高尾山名物とろろそば”を訴求するそば店。
そばはさっき食べたしなぁ…。


20240406 chiyonoya-11
高尾山商店会側のお店正面


結局、甘味路線のほうが惹かれるものがある。


20240406 chiyonoya-15


参道の起点である高尾山商店会を通ったとき閉まっているふうな酒まんじゅうの店があり、なんか気になったんだが、そのあと裏手の川沿いの道を引き返してくるときえらくにぎわっている店があり、あ、さっきの酒まんじゅうの…!?


20240406 chiyonoya-13


高尾山口駅と清滝駅を結ぶ裏の通りのほうがいまやメイン。
だったら裏口で商売しようじゃないの… という逆転の発想?


20240406 chiyonoya-14


と前振りが長くなったが、酒まんじゅうの「千代乃家」。
案内川支流“前の沢”に架かる橋の上が、こちらのお休み処である。


20240406 chiyonoya-12
昼はこんな感じ


酒まんじゅうとお飲み物のセットというのが魅力的。


20240406 chiyonoya-16


飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶、甘酒で、やはり無難なところで緑茶のセットを一つ。


20240406 chiyonoya-18


もう一つはそば団子に変更して、甘酒のセットで。


20240406 chiyonoya-17


ふっくら酒まんじゅうとなめらかな生地のそば団子。
いろいろとチョイスに間違いはなかったと、満足のいくものであった。


20240406 chiyonoya-2220240406 chiyonoya-23



お茶も甘酒もなぜこんなにおいしく感じられるか…
というと、霊気あふれる山と清らかな川と、野点傘の効果か🍵


20240406 chiyonoya-21


気分は京都鴨川納涼床。
行ったことないけど。

高尾山編おしまい)


20240406 chiyonoya-24


[DATA]
千代乃家
東京都八王子市高尾町2477





[Today's recommendation]


https://youtu.be/x8BImhH1y9E?si=JgtQv1oApnriSg8x



wachat240406-88.jpg



20240406 chiyonoya-25


渓流の景観を復元 【音無親水公園】

2023.10.08

 前回までのあらすじ:飛鳥山の区民まつりの喧騒から逃れるように「旧渋沢庭園」に迷い込み国重文建造物2棟を外から見学(内部は有料)後、隣の「北区飛鳥山博物館」では区民まつりで無料開放につき常設展示をじっくり見学と、あくまでお金をかけないケチケチ物見遊山を実践中のわしら。

飛鳥山博物館に入った目的は“おはぎ”だが、常設展示が思いのほか面白く見学に1時間近くを要し正午を回ってしまい、おはぎのタイミングを外してしまった。
余力が残っていたら戻ってくるということにして、ひとまず王子の街なかで昼ごはんの店を探すことに。


20231008 ojijinja-11


飛鳥山を下ろうとすると、山頂付近に行列ができている。
あんなところに何が?

――飛鳥山モノレール(あすかパークレール)は、JR王子駅中央口改札すぐの公園入り口から山頂までの高低差約18m、レール延長48mを2分で結んでいます。「飛鳥山モノレール(あすかパークレール)『アスカルゴ』」飛鳥山3つの博物館HPより)


20231008 ojijinja-1320231008 ojijinja-12
20231008 ojijinja-1520231008 ojijinja-14


これも無料。気になるぞ!
でも昼ごはんが先。


20231008 ojijinja-16
アスカルゴ山頂駅付近からの眺め


くだんの玉子焼きのお店はかなりの老舗のようで、そのあたりに行けば老舗飲食店などもあるかもしれない。
ちょうどアスカルゴ山頂駅から見下ろしたあたり。


20231008 ojijinja-17-2
下りてみると…

20231008 ojijinja-18
寄ってみると…

20231008 ojijinja-25
くぐってみると…


なんと、橋の下に渓流風の景観が広がっている。
そういえばたしか博物館の展示に“山と渓流の名所”というようなことが書いてあって、こんなところで渓流…? と疑問に思っていたが。
と、ここでまた寄り道。


20231008 ojijinja-19


――音無親水公園は、小平市の東部を源にして隅田川に注ぐ石神井川の旧流路に整備された公園です。石神井川は、北区付近では“音無川”と呼ばれ親しまれ、古くからの春の桜・夏の青楓と滝あび・秋の紅葉など四季の行楽の名所、景勝の地でした。「音無親水公園」北区HPより)


20231008 ojijinja-20


石神井川はそれこそ水源あたりからよく知っているが、上中流域がほぼ暗渠か三面コンクリート護岸の味も素っ気もない都市河川の最下流部がこんなことになっていようとは、まったく驚かされる。
昭和の河川改修工事で、飛鳥山公園の下に2本のトンネルを掘り流路のショートカットが行われた際、残された旧流路に“かつての渓流を取り戻したい”ということで整備された公園。
5月上旬~9月中旬は流路に水を流し、水遊びの場として人気という。


20231008 ojijinja-21


で、玉子焼き屋さんはというと、流路から二またに分かれる道の先。


20231008 ojijinja-24


その前に、ちょっと気になる案件があり、さっきの橋のたもとに引き返す。
玉子焼きにも昼ごはんにもなかなかたどり着けないままに…

(つづく)


20231008 ojijinja-23


[DATA]
音無親水公園
東京都北区王子本町1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/GfG6H2-wWmo?si=b8pP727wrAhAi74g



wachat231008-33.jpg



20231008 ojijinja-26
次号予告


古河名物といえば 【田村屋 西口店】

2023.09.20

 前記事の続きで、「お休み処 坂長」を出てさらに北へ。


20230920 tamuraya-24


実家で教わった「坂長」への道順が、鮒の甘露煮の「田村屋」の角を曲がって…。

そういえば古河といえば甘露煮。
甘露煮が食べたくなったのだ(笑)。

教わった道順を逆行すれば、坂長→田村屋。


20230920 tamuraya-11


「田村屋」は明治初期創業の鮒甘露煮の老舗。


20230920 tamuraya-1220230920 tamuraya-13


――古河は関東平野の中央に位置し、渡良瀬川や大利根川などの水系に恵まれた土地です。この地では、鮒が豊富にとれることから、鮒を竹串に刺して焼いて保存する方法が生まれました。この焼鮒を正月に煮て味付し食べるのが、古河の伝統的な郷土料理です。田村屋HPより)


20230920 tamuraya-1420230920 tamuraya-1520230920 tamuraya-16


伝統ある郷土料理に研究・改良を重ね、“古河名物 鮒甘露煮”として、4代120余年にわたって製造・販売を続けている。


20230920 tamuraya-17

20230920 tamuraya-18


昔、両親と古河観光をしたことがある。
ほとんど覚えていないが、縁もゆかりもないこの土地を両親が訪れた理由は縁談(ワタクシたちの)以外に考えられないので、結納とかそういうことだったと思う。
35年も前の話だが、そのとき刷り込まれたのが、古河といえば五家宝&甘露煮。


20230920 tamuraya-19


その伝統食、聞いてみると鮒は香川産で、この土地ではもう捕れなくなっているらしい。
というか、漁業者の後継難などにより、もはや捕る人がいない。
こんなところにまでSDGs的視点(目標8や15)による対策の求められる時代… なのかもしれない。

古河編おしまい)


20230920 tamuraya-23-2


[DATA]
田村屋 西口店
茨城県古河市中央町1-1-8
https://koga-tamuraya.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/tnSnrUHDhU8?si=d0IyTVeGkUFMHI4g



wachat230920-55.jpg



20230920 takamisenseki-33-2


内弁慶の法則? 【むらやま 久米川店】

2023.06.20

 昨日の夕方に来た仕事で今月分はすべて終了。
それを今日から丸3日でやればいいので、時間的には余裕である。
時間的には余裕であるが、内容が難解なので、精神的には苦行である。
どれくらい苦行かというと、高校物理くらい。

断っておくが、苦行ではあるが苦痛ではない σ( ̄、 ̄=) ウーム…


20230620 murayama-12


仕事の合間の昼ごはんは、気持ちの余裕がないので近場で。
なんかそんな流れが続いていて、これで7本連続市内ネタである。
コロナ以降では珍しいことかもしれない。


20230620 murayama-13


久米川駅前の居酒屋「むらやま」のランチ。


20230620 murayama-1420230620 murayama-1520230620 murayama-16


居酒屋の雰囲気や匂いは好きだが、夜に出かける元気も金もなく、ランチ営業している居酒屋にはことさら強い吸引力を感じる。
駅の向こう側の名店「ながしま」さんが昨秋閉店してからというもの、こちらの存在はいよいよ貴重なものとなっている。


20230620 murayama-17


1時半すぎでもけっこうお客が多く、「1名様? カウンターへどうぞ」という感じ。
注文は若鶏の唐揚げ定食。


20230620 murayama-18


きわめて個人的でどうでもいい話だが、面白い法則に気づいた。

この7回の記事の内容は、鶏唐揚げ定食、あんかけ焼きそば、インドカレー、担々麺、そば、バゲット、サンドイッチと、けっこうばらけている。
そこからさらに7回分さかのぼると、ラーメン、ラーメン、ラーメン、カレー、競馬、ラーメン、ラーメンと、様相が一変する。

食べ物がばらけている直近7回がすべて東村山市内であるのに対し、それ以前のラーメンに偏っている時期を地域で見ると、武蔵村山、立川、小金井、府中、府中、武蔵野、小平と逆にばらける。

ホームではいろんな店に入るが、アウェーではラーメン屋くらいしか入らない。
ラーメン好き=内弁慶の法則🍜


20230620 murayama-19


どうでもいいこと考えてる間に、唐揚げ定食来る。


20230620 murayama-21-2

20230620 murayama-23


プリプリの唐揚げがゴロゴロ。
この困難な時代に、コスパ抜群。


20230620 murayama-22

20230620 murayama-24


この困難な時代に心置きなくいろんなお店に入れる、地元のありがたさをかみしめる。


20230620 murayama-25


[DATA]
むらやま 久米川店
東京都東村山市栄町2-9-5
http://yakitori-murayama.co.jp/
https://www.facebook.com/yakitorimurayama/





[Today's recommendation]


6月20日はMidsummer Night(夏至前夜) https://youtu.be/sUm41WqTix8



wachat230620.jpg


江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街

2022.09.18

 9月最初の3連休は台風直撃となった。
しかも“過去に例がない”危険な台風という。
不要不急の外出を控えるよう気象庁では呼び掛けている。

しかし台風の中心から遠い関東はまだお出掛け可能なレベル。
というか、今日より明日、明日より明後日と天候が悪化する予報で、出掛けられるうちに出掛けておかないと3連休を丸々家で過ごすハメになりかねない。

朝起きてXRAINアプリで雨雲の動きを見ると、関東ではざっくり北北西方向に雲が流れており、発達した雨雲は神奈川県東部や東京湾に南北に連なっている。
つまり主要な雨雲は群馬方面に向かうと予想され、「栃木ならダイジョブだっぺ?」

ということで、行き先は栃木に決定。
朝8時10分前のこと。
そこから「40秒で支度しな」と速攻で出発し、2時間後には、はや現地に。

読みの正しさを裏付けるように、途中、圏央道を鶴ヶ島JCTから久喜白岡JCTへ(東へと)進むにつれ、どんどん空が明るくなり、雲の切れ間に青空も見えてきた。
これは思った以上にちゃんと観光ができそうだ! と、そのときは思っていたんだが…。


20220918 tochigi-15
栃木の総鎮守「神明宮」本殿

20220918 tochigi-34
「栃木市立文学館」

20220918 tochigi-31
巴波川(うずまがわ)


ちなみに“栃木”とは栃木県栃木市のこと。

――江戸時代には市内を流れる巴波川を利用した江戸との舟運と、朝廷から日光東照宮へと派遣された使者(例幣使)が通行した例幣使街道の宿場町として盛えた商都で、「小江戸」の別名を持つ。Wikipedia

蔵の街並みを背景に川を遊覧船で下るというテレビなどでおなじみの構図を思い出し、あれならたとえ雨が降ったとしても降ったなりに趣あるんじゃない? となったのが、栃木を選んだ理由である。

市街地の中心部にある“蔵の街第一駐車場”(30分100円)に止め、まずは裏手にある栃木の総鎮守「神明宮」へお参り。

以下、行き当たりばったりに街を散策。


20220918 tochigi-13
「神明宮」拝殿

20220918 tochigi-14
県名“とちぎ”の由来が書いてある。屋根の棟両端のクロスした部材が“千木”、棟に直角に何本か並ぶ部材が“鰹木”で、当社本殿屋根は遠目には合わせて10本の千木に見えたことから“十千木(とちぎ)”→“栃木”説、など(冒頭1枚目写真参照)

20220918 tochigi-16
神明宮参道。左が「とちぎ蔵の街観光館」

20220918 tochigi-17
観光館内「文庫蔵」入り口

20220918 tochigi-18
「文庫蔵」内部


神明宮参道入り口にある「とちぎ蔵の街観光館」は、かつての荒物問屋の見世蔵と土蔵群からなり、現在は観光案内所と土産品販売、食事処などとして活用され、観光の拠点施設となっている。
古民具などが展示されている「文庫蔵」(蔵資料館)を拝見した。

…と、ゆっくりのんびり観光できたのはここまで。
行き当たりばったりというか、パッタリ o(_ _o)pパタッ


20220918 tochigi-19


時折パラパラ降っていた雨が、観光館を出ると本降りの様相に。
市役所(東武宇都宮百貨店)に避難し、駐車場でもらった散策マップを見ながら(ここでようやくマップを見るという ;^_^A作戦を練る。


20220918 tochigi-2020220918 tochigi-21
「蔵の街 のんびり散策マップ」より


最低限見ておきたいところを決め、XRAINで雲の切れるタイミングを計りつつ、「それー!」と突撃しては撤退するという慌ただしい展開に(笑)。


20220918 tochigi-22
例幣使道である嘉右衛門通りの南端にあたる嘉右衛門橋

20220918 tochigi-23
嘉右衛門橋と巴波川

20220918 tochigi-24
「翁島」(岡田記念館別邸)

20220918 tochigi-25
「翁島」脇の小径。市中いたるところ水路(と黒塀)が張り巡らされている

20220918 tochigi-26
日光例幣使街道

20220918 tochigi-27
旧栃木県庁遺構「県庁堀」。背後は「栃木市立文学館」(旧栃木町役場庁舎)

20220918 tochigi-29
「横山郷土館」の“荷揚場”。横山家は麻問屋と銀行を営んでいた明治の豪商

20220918 tochigi-30
巴波川。県庁堀からの水路が合流する

20220918 tochigi-32
倭橋から見る巴波川


この先に有名な遊覧船の発着所やうずま公園があるが、雲行きがいよいよ怪しくなってきたので駐車場のある大通りに戻る。

というか、腹が、減った……

(つづく)


20220918 tochigi-33


[DATA]
とちぎ蔵の街観光館
栃木県栃木市万町4-1
https://www.tochigi-kankou.or.jp/spot/kuranomachi-kankokan





[Today's recommendation]

wachat220918-11.jpg




https://youtu.be/gKl-3yn-eDA



20220918 tochigi-35
次号予告


春は海 ――荒崎公園

2022.03.12

 前記事に書いているように忙しい流れだったが、金曜日に大きいのが3つ同時に終わり、残り1つとなった。締め切りが水曜日で、すべての時間を充てられるので月曜に取りかかっても丸々2日は使える。たぶん大丈夫… ということで、土日は思いっきり遊ぶことにした。

「春といえば海でしょう」と相方。
海辺で生まれ育った僕は、まず漁や採集を考えるので、海といえば春である。
貝や海藻の収穫期に当たり、潮干狩りや磯遊びが春の行事になっているのはそのためだ。

思いつく“海”をスマホのマップに入力して車の所要時間を調べると、茨城方面も千葉方面も神奈川方面もだいたい同じで3時間ほど。
そんなことをしているうちに思い出したのが三浦半島西海岸。長女が小さいころに行った横須賀市の海遊びスポットで、古いアルバムを見ると「荒崎」と書いてある。
大洗に決まりかけていたが、思い出したらこっちのほうがよさげだ。やはり昔行った大洗は岩場が少なかった印象だが、荒崎はもろに磯である。上記理由から、僕にとって海といえば磯なのである。

日常のペースで朝ごはん食べたりして7時40分に出発。
それでは遅かったらしく、環八通りは大渋滞だった。

神奈川の海は都内・川崎・横浜を抜けなければならないのがネック。三浦半島となるとさらに鎌倉も回避しなければならず、嫌いな高速を使わざるを得ない。
第三京浜はしょうがないとして、そのあとも土地勘がないためナビさんの言うがままに三浦縦貫道路 林ICまでずっと高速で、4回も料金払わされた ( ̄- ̄;) ムム…


20220312 arasaki-11
環八 高井戸北陸橋

20220312 arasaki-12
第三京浜 港北IC

20220312 arasaki-13
農業体験型公園「ソレイユの丘」あたりから海が見え始める

20220312 arasaki-33
いきなり漁村風景に

20220312 arasaki-14
広場から海岸に降りると…


公園駐車場に車を止めて、まずエントランス広場下、西に開けた海岸へ。
磯遊びをする親子連れがちらほら、磯の先端には釣り人の姿も。

――このあたりの海岸の岩石は、数千万年前、まだ三浦半島が海底であったころに堆積した黒くて硬い凝灰岩と、白くて軟らかい砂岩・泥岩の層により形成されています。またこの2種類の岩石の層は洗濯板のような凸凹をした特殊な地形となっています。(案内板「荒崎の奇勝と歴史」より)


20220312 arasaki-1520220312 arasaki-16
リアス式海岸の荒々しい光景が広がる

20220312 arasaki-1720220312 arasaki-18
波は穏やかで絶好の磯遊び日和

20220312 arasaki-1920220312 arasaki-20
生態系豊かな潮だまり。イシダタミなど巻き貝やヤドカリ、イソギンチャクなどのほか、イソスジエビ(写真中央やや右下)もたくさんいた


20220312 arasaki-21
ハマダイコン


西海岸だけに有数の夕景ビューポイントで、北の高台はその名も“夕日の丘”。
シルエットの富士山を背景にした相模湾の夕景は絶景とのこと。
展望台からは180度の眺望が広がる。


20220312 arasaki-22-220220312 arasaki-23
“夕日の丘”に上る

20220312 arasaki-2420220312 arasaki-2520220312 arasaki-2620220312 arasaki-2720220312 arasaki-28
展望台からパノラマ撮影(手ブレで水平線が波打ってるが… ^^;

20220312 arasaki-5220220312 arasaki-53
夕日の丘より、北西方向の眺望。春がすみで伊豆方面はまったく見えず、右前方にかすかに写っているのはもしかしたら江の島


今度は南側の海岸へ。
以前訪れたとき、こちら側を磯伝いにだいぶ先のほうまで歩いたことを覚えているが、今回は途中の入り江で阻まれた。貝拾いもしたはずだが、そういう雰囲気でもない。
ちなみに今日は小潮で干満差が小さいため、以前とは違った様子に感じられたものと思われる。
逆に言うと、小潮で潮だまりがたくさん出現する西の海岸はすごい。


20220312 arasaki-2920220312 arasaki-30
“どんどんびき”

20220312 arasaki-3120220312 arasaki-32
荒崎を代表するジオサイト“弁天島”

20220312 arasaki-51
ウミウ


昼ごはんのお店探しも兼ねて長井漁港まで歩いてみることにした。
漁村で生まれ育ったため、ひなびた漁村風景に心が晴れる思いがする。日差し、波音、潮の匂い… すべてが懐かしい。
ワカメが特産品らしく、ちょうど収穫時期で、あちこちで天日干しされている。その海藻くささが特別強く記憶中枢に訴えかける。


20220312 arasaki-36-220220312 arasaki-37
長井荒井漁港

20220312 arasaki-34
熊野神社にお参り

20220312 arasaki-35
宮の前浜

20220312 arasaki-46
ワカメの天日干し

20220312 arasaki-3820220312 arasaki-39
長井漁港


長井漁港の長井水産直売センターをのぞいてみる。
新鮮な魚介がズラッと並んでいて壮観。クーラーボックスを積んでこなかったことを後悔。
でも乾物なら大丈夫。
ちょうど新物のワカメが売られている。


20220312 arasaki-4020220312 arasaki-41
長井水産直売センター

20220312 arasaki-42
キンメダイ1尾2000円、など

20220312 arasaki-43
カキ8個1000円、など

20220312 arasaki-45
カットわかめ780円を購入!


腹が、減った……
来る途中に見つけたお店にぶらぶら引き返す。

(つづく)


20220312 arasaki-4720220312 arasaki-48


[DATA]
荒崎公園
神奈川県横須賀市長井6-5320-3
https://www.seibu-la.co.jp/arasaki/





[Today's recommendation]

wachat220312-1.jpg




https://youtu.be/MdQyN7MYSN8


売り切れ御免の豆大福 【喜田屋】

2021.11.14

 前記事のつづきというか、同じく西荻窪ネタ。
西荻で昼ごはんを食べたりしたとき、お土産に買って帰ることが多いのが「喜田屋(きたや)」のお菓子。

記事を書くのに「ひごもんず」の過去記事を読み返してみると、「喜田屋」とセットで1本の記事になっている。
同じようなことやってるなぁ… と。


20211114 kitaya-25


「喜田屋」は創業1948年の老舗和菓子店。
豆大福でよく知られ、東京三大豆大福(音羽・高輪・原宿)にも引けをとらない名品ではないかと思う。いわゆる売り切れ御免の人気の品だ。


20211114 kitaya-12


12時58分入店。
“豆大福 完売いたしました”の札。
やっぱりー ( ̄▽ ̄;)!!ガーン


20211114 kitaya-1320211114 kitaya-14
※許可をいただいて撮影


上のリンク先の記事でも、やはり豆大福は売り切れ。
豆大福の画像のない「喜田屋」の記事という主役不在的に締まりのない事態も危ぶまれたが、もう一本記事があった。

そのときキープしてあった写真から、豆大福↓↓


20211114 kitaya-23


ところがショーケースには豆大福とよく似た品があって、もし見過ごしだったら悔しいので念のため聞いてみた。
「豆大福は…?」
「売り切れなんです」
ですよねー。


20211114 kitaya-1720211114 kitaya-18


そのよく似た“むらさき大福”というものを買う。
あとは、個人的には豆大福より好きかもという豆餅を2枚。


20211114 kitaya-1920211114 kitaya-20


むらさき大福は豆大福と同じく餅のごく薄いところが特徴。こちらは黒米を餅状にしたものらしい。
やはり粒あんの甘さが絶妙である。甘いけれど甘くない。あんこは豆であることを思い出させてくれる。

豆大福は、これの餅部分にたっぷりの赤えんどうが練り込まれている点で異なるわけで。


20211114 kitaya-21


その塩気の効いた赤えんどうがふんだんに使われているのが豆餅。
ごく薄の豆餅とは対照的に、こちらは豆餅一般としてもあまりないぐらいに厚みがある。
1個で食べでがあって、豆餅好きにはたまらない。


20211114 kitaya-22-2
上の記事と同じ菓子器に盛り付けてみた


ところで、豆大福の代役のつもりで買ったむらさき大福、調べてみると岸朝子『[続]東京 五つ星の手みやげ』に選定されているほどの逸品であった。
層の厚さというか、お店の実力のほどがうかがい知れる。


20211114 kitaya-24


[DATA]
喜田屋
東京都杉並区西荻北3-31-15





[Today's recommendation]

wachat211114-22.jpg




https://youtu.be/NJNkyeCFYRo



20211114 kitaya-29
the 西荻


十割そばと地粉うどんと… 【ますも庵】

2021.04.02

 東村山駅東口のそばの名店「ますも庵」には去年の節分に入っている。
題目はずばり“節分そば”で、食べたのは葉わさびせいろ。
そのあたりの経緯は記事をご覧いただければと思うが、去年の節分といえばまさに“コロナ前夜”。そういう意識があったかどうか、そこではワサビの辛味成分アリルイソチオシアネートの抗菌効果に言及している。


210331 nakamuraya-24


もう一つ、葉わさびせいろは2年越しのテーマであり、“店頭にでっかい看板が出ていて、せかされているようで気持ち悪かった”と書いている。


210331 nakamuraya-23


それが、まもなく店先のいちばん目立つ位置の看板が葉わさびせいろから穴子天そばに変わった。
次はこっち… と、せかされている気がした。
こんなマイナーブログで現実にはそういうことは起こらないのだが、記事をせかされている気がしたのである。


210331 nakamuraya-22210331 nakamuraya-25


「ますも庵」は、十割そばと地粉うどんと、本格手打ちそば店には珍しく、そば・うどんの二枚看板である。武蔵野うどんの聖地・東村山ならではといえる。
なので、僕らはそばとうどんの両方を頼むことが多い。


210331 nakamuraya-26


で、上記“せかされてる感”の穴子天そばと、もう一品はBランチのもつ煮うどんセットに。
もつ煮うどんは“創業以来33年間作り続けたヒットメニュー”と書いてあり、もつ煮好きの相方がかなりの確率で頼むメニューである。セットのミニ丼はイカ天。


210331 nakamuraya-27


おそばはどんぶりに盛り付けで、天ぷらは一本揚げでなく、穴子天そばは全体に予想を覆す荷姿。
穴子はちょうどよいサイズ感で、フワッとやわらかく揚がっている。


210331 nakamuraya-31


しかし、十割そばのうまさといったら…。
ラーメンは幸せ感を伴うたべものであるということがよくいわれるが、おいしいそばはそれに劣らないぐらい幸せ。
久々ということもあって、それが強く実感される。


210331 nakamuraya-28


武蔵野うどんとして入門編にして究極… というのが、「ますも庵」のうどんの位置づけ。


210331 nakamuraya-29


もつ煮うどんは、武蔵野うどんの豚との相性のよさを突き詰めた一品。
地粉のうどんは、無漂白の灰色がいっそう強まっているように思った。


210331 nakamuraya-30


そばには旅心を刺激されたりもする。
おいしいそばを食べると、そばを食べた旅先の思い出がよみがえる。長野、群馬、会津…。
あー、旅行行きたい…!


210331 nakamuraya-21


[DATA]
ますも庵
東京都東村山市本町2-16-30





[Today's recommendation]

wachat210402.jpg




https://youtu.be/FbH95mO_o3A



210331 jirobouengosaku
ジロボウエンゴサク / 淵の森


春の短命な… 【秋津ナンバーワン】

2021.03.22

 インスタで“Spring ephemeral(スプリングエフェメラル)シリーズ”というのを始めた。
ephemeralは“つかの間の”“はかない”という意味で、直訳すれば“春のはかないもの”。
Spring ephemeralとは、早春ほかに先駆けて花を咲かせ晩春ごろまでに地上部は姿を消して長い休眠に入る“短命の”草本植物の総称である。


210322 hirohanoamana-2


清瀬中里緑地保全地域に花を撮りに出かける。
仕事のメールが次々に入る。
本当は東久留米の落合川まで行く予定だったが…。
撤収ぅー…! (-o-\) λλλλλ…


210322 akitsuno1-23


D社のIKH社長から20日に取材があるからよろしくといわれていたのを忘れていた。
僕のアタマもephemeral ヾ(-д-;)


210322 akitsuno1-21


そそくさと帰る途中、秋津の街なか「秋津ナンバーワン」でおにぎりを買う。
鶏めしおにぎりとナンバーワンたぬき。


210322 akitsuno1-24210322 akitsuno1-25


以前も同じようなシチュエーションでこちらでおにぎりを買っているのが不思議。


210322 akitsuno1-22


そのときも買ったたぬきおにぎりは、とり天の天かす入りの一品。


210322 akitsuno1-27


鶏めしは、つまりかしわめしで、具は鶏とゴボウのみ。
どちらもシンプルな具材かつ冷めたものを食べるだけに、ごまかしが利かない。
素材と味付けのよさが光ると思いました。


210322 akitsuno1-28


Spring ephemeralは、当然、花期も短い。
今日撮りに行ったヒロハノアマナも終わりかけで危ないところだった。

いずれも希少植物であるが、東京近郊でもこれだけみられますよ… という発信である。
近場で知っている自生地を紹介していく予定なので、興味のある方はインスタをチェックしてみてください。


210322 akitsuno1-26
なんか写り込んじゃってますね…


[DATA]
リヤカー屋台 秋津ナンバーワン
東京都東村山市秋津町5-13-66
https://twitter.com/karaagenanbarr1





[Today's recommendation]

wachat210322.jpg




https://youtu.be/hYISvazyFA8


ハレの日のごちそう 【いとう屋 久米川店】

2021.03.02

 久米川駅南口のウイング通り商店街の持ち帰り寿司&和菓子の「いとう屋 久米川店」でちらし寿司を買った。

おんなじような記事が続くなぁ… とか思ってるそこのアナタ。
気のせいです (ι`・ω・´)ノ キッパリ!!


210302 itoya-23


こちらは諏訪町の「いとう屋」の支店。
ひな祭りということで、ちらし寿司。
五目ちらし280円。やっすーぅ!


210302 itoya-24


が、去年本店で買ったちらし寿司と、どこか違う。
色彩の傾向が異なるというか。


210302 itoya-21210302 itoya-22


調べてみると、去年のはちらし寿司(エビちらし)という商品。
エビのほかにアナゴ、トビコ、桜でんぶと、魚介系がふんだんに使われている。


210302 itoya-25210302 itoya-26



五目ちらしは、かんぴょう、しいたけ、にんじん、お揚げを混ぜ込んだ酢飯に、はす、錦糸卵、刻みのり、紅しょうがのトッピング。
エビちらしに比べ質素ではあるが、僕はこういうおすしが大好き。子どものころ、ハレの日のごちそうだったから。


210302 itoya-27


“ちらし”と付く品は1個しか残っていなかったから迷わず買ったんだが、それにしても11時前にしてちらし寿司完売。前回のエビちらしも最後の1個だった。
本店も支店もよく売れるんだな…。


210302 itoya-31


桃の節句にちらし寿司の由来は諸説あるようだが、つまるところ色味の華やかさに尽きると思う。
「いとう屋」のエビちらしと五目ちらしを並べれば、晴れやかな気分は高まりそう。


210302 itoya-28


[DATA]
いとう屋 久米川店
東京都東村山市栄町2-40-31





[Today's recommendation]

wachat210302.jpg




https://youtu.be/dQSBRtd6neY



210302 itoya-30
嵐の前


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2