FC2ブログ

泉岳寺参りからの… 【なか卯 泉岳寺前店】

2020.01.03

 山手七福神めぐりを清正公→目黒不動尊でなくその逆順としたのは、清正公の最寄り駅が白金高輪であることからもわかるように一帯は白金台、高輪台といった地名に“台”の付く台地であり、23区内で最も起伏に富んだ地形を持つことが一つ。
江戸東京の坂道歩きというものをやってみたかった。

もう一つの理由は、地図で見ると清正公は泉岳寺に近い。
『我輩は猫である』に「第一今時泉岳寺などへ参るのはさも東京を知らない、田舎者のようじゃないか」とあるが、田舎者であるワガハイはいまどき泉岳寺へ参ってみたい。


20200103 sengakuji-2120200103 sengakuji-22


天神坂を上り、二本榎通りを左へ。
高輪皇族邸の向かいの路地に入り、井戸を過ぎて6回曲がったら、いきなり泉岳寺参道の和菓子屋の脇に出た。


20200103 sengakuji-25-2


山門手前の橋を渡ると、右手に大石内蔵助良雄銅像。
そうです。
この寺は浅野内匠頭と赤穂浪士が葬られていることで知られる。
いま銅像を見て気づいた ( ̄ω ̄;) エートォ


20200103 sengakuji-2620200103 sengakuji-27


本堂へお参りしたあと、赤穂義士墓地へ。


20200103 sengakuji-24


血染の梅・血染の石、首洗い井戸といった禍々しい名前の付いた見所は、正月であることだしスルーだな…。
墓地は遠目にも線香の煙が立ち込め、名称に地獄または浄土と付く火山地形が連想される。


20200103 sengakuji-28


さて、いろいろお参りしたことだし、待望の昼ごはん。
七福神→泉岳寺コースにしたのは、ここに来れば食べるところがいろいろあると踏んだから。
泉岳寺は、浅草寺も増上寺も寛永寺もそうはなっていない、駅名になっている名刹。門前町が発達しているに違いない、と。


20200103 sengakuji-29


山門から中門経由で伊皿子坂に合流して第一京浜まで… が参道っぽい。
お正月で15時近いとあっては、開いているお店が少ないのもいたしかたないところ。にしても、そもそも飲食店少なすぎ Σ( ̄ε ̄ ; |||
立ち食いそばと、居酒屋と、「なか卯」と、焼き鳥屋と… で、もう突き当りのR15泉岳寺交差点に至る。


20200103 nakau-21


向かい側の中華料理店が開いているが、表の品書きは一品料理のみでちょっと高級そうで怖いし(後で調べたら全然そんなことないらしいが…)、第一京浜の庶民的そうな中華屋さんは準備中だし。
僕一人なら立ち食いそばで決まりだが、着物の人に立ち食いは無理やろ…。
逃れようのない一択状態なのであった。


20200103 nakau-22


人生初「なか卯」。
牛丼といえば「吉野家」か「養老乃瀧」かという世代である。「松屋」には辛うじて引っかかるが、「すき家」「なか卯」が台頭してきたころすでに牛丼は卒業… みたいな。ちなみに「すき家」には1回入ったことがある。


20200103 nakau-23


お得なランチセットから、和風牛丼(並)・はいからうどん(小)セット500円と、親子丼(並)・はいからうどん(小)セット600円をポチッとな。


20200103 nakau-25


こういうお店は久しぶりなのでシステムに注意しながら振る舞う必要があるが、とりあえずセルフではないもよう。スタッフが冷たい玄米茶を出して食券を持っていってくれる。


20200103 nakau-27

20200103 nakau-28


こちらの牛丼は、具がかなり煮詰まってタマネギが小さくなっており、かつそもそもタマネギ混入率が少なく、かなり肉率が高い。
どこの「なか卯」も同じかどうかわからないが、これで単品並380円はかなりお得だと思う。


20200103 nakau-26

20200103 nakau-29


何より、トータル昨日の食事の半値以下… というバランス感覚は大事。


20200103 nakau-30


食事を終え、伊皿子坂を上って魚籃坂を下り、一国を白金高輪駅へ。
目黒駅から、(書いていないがほかにも)いろいろ寄り道して、総距離約10kmという七福神めぐりであった。


20200103 sengakuji-23


[DATA]
なか卯 泉岳寺前店
東京都港区高輪2-16-35
https://www.nakau.co.jp/jp/index.html





[Today's recommendation]

wachat20200103-2.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/ykUCfqvnI9I

 にほんブログ村 音楽ブログへ






おいしいけど、注文は慎重に 【うどん亭 なべきち】

2017.10.28

 ツレはなぎなたの稽古で午前中不在。と当たり前のように書きだしているが、なぎなたに行くのは今日が初めて。好奇心旺盛で、太極拳の次はなぎなた、という感じ。
午後も用事で都心に出るから昼ごはんはうちで食べる。1時間ぐらいしかとれないから何か用意しておいて、と。パンでも弁当でも何でもいい。
「餃子でもいい?」
「餃子は… マスクして行く」
いや、そこまで餃子食べたいわけでもなくて、何でもいいっていうから一応聞いてみただけなんだけど。

「じゃ、そういうことで」と、『はいからさんが通る』の紅緒さんならぬ如月よろしく勇ましく出ていって、僕は仕事をしているわけだが、昼ごはんのことが気になって集中できない。
パンじゃ味気ないし、ホカ弁的なのもちょっとな…。っていうか、昨日も弁当だったし。


nabekichi2-31.jpg


で、思い付いたのが、うどん。清瀬の 「みんなのうどんや」 に行ったときに予約のうどん弁当が大量に用意されていたのを思い出したんだが、このあたりのうどん屋は弁当形態で売っているところが多い。もっとうちから近い「なべきち」はどうかと調べてみたら、ずばり“お持ち帰り用うどん弁当”というものがある。


nabekichi2-32.jpg


10時というなべきちの開店時間の早さがまた、本日の都合上ちょうどいい。雨が降りだすなか、自転車で出かける。
10時28分到着で、ちゃんと暖簾と営業中の札が出ている。でもそのわりに店に入るとけっこう驚いたような顔をされる。さすがにこんな時間には近所のじいさんぐらいしか行かないんだろうな。
なので「お弁当をお願いします」と、まずこちらの用向きを伝える。


nabekichi2-37.jpg


店員はおばちゃん2人。調理担当は店主の奥さん的な人で、もう1人のホール係のおばちゃんにいろいろ聞きながら注文する。
なぜいろいろ聞きながらかというと、カウンターの上に張ってあるうどん弁当の説明らしきものが実に分かりにくいのである。

“お持ち帰り用うどん弁当(おわん1つ20円) ざるうどん 2L 3L えび天ざる 盛合せ天ぷら(中、大) 天むす いなり その他”


nabekichi2-34.jpg


なんじゃそりゃ? って感じ。
なので手っ取り早く、「うどん弁当ってどういうものですか?」と聞いてみる。
「えーと、基本的にメニューに載っているものは全部お弁当にできますけど」という答え。
ん? となった。
要するに“うどん弁当”というパッケージがあるわけではなく、店で出すメニューを“お持ち帰り”で頼むということらしい。それにしても“おわん1つ20円”とは??



nabekichi2-33.jpg


メニュー写真を見ながら、まず海老天が2本付いた海老天ざるに決める。
「うどんはLで少ないですけど」と。
そうだ。この店は東村山の「きくや」系で、“L”という独自のカウント法を採用している。前回食べたときは“L”と“玉”がごっちゃになって量が少なかったことを思い出した(「地元密着型の実力派うどん」参照)。
うどんを3Lに変更。


nabekichi2-35.jpg


もう一品、「お勧めは何ですか?」と聞いてみる。
「この天丼セットなんかは人気ですよ」ということで、それに決める。うどんはLママで。
と、注文に思ったよりも手間どってしまった。


nabekichi2-36.jpg


「お会計が2290円になります」
えーっ!?
昨日は1人前1000円出すのも大ごとだったのに、それを大きく上回ってしまった。
敗因はいくつか考えられ、まず値段の書いていない料理写真を見ながら注文したこと。それから、武蔵野らしくかき揚げにしておけばよかったものを海老天を選んだこと(それもダブル=4本)。そして、あとで判明することになるが、分量の見極めを大幅に誤ってしまったこと。


nabekichi2-41.jpg

nabekichi2-42.jpg


うちに帰ってまもなくツレ帰宅。
弁当のふたを開ける。ものすごい量である。


nabekichi2-38.jpg


たとえば僕は「きくや」ではだいたい3Lにするが、こんなに多くはないと思う。もう一方の天丼セットのLでも全然少なく見えない。お店で食べるのとうちとでは印象が違うということ?
僕は3Lを途中ギブアップしそうになりながらもなんとか食べきる。天丼は手を付けずに残して晩ごはんに子どもたちが食べました(笑)。


nabekichi2-39.jpg


いずれにしろ、うどんも天ぷらもおいしくバリエーションも豊富なので、予算等計画性をもって利用すればかなり満足を得られると思う。

ところで、あとでメニュー写真を見ながら計算しても会計が合わないんだが、もしかしたら“おわん1つ20円”とは弁当容器のこと?


nabekichi2-40.jpg


[DATA]
うどん亭 なべきち
東京都清瀬市竹丘2-2-26





[Today's recommendation]


https://youtu.be/9sw9efeUJng



chat171028.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
厄除け魔除け 疫病退散 【厄除けだんご ふかの】 Jan 21, 2021
ご褒美のスイーツ🥧 【kitchen neco】 Jan 19, 2021
いまあえて設備投資の勧め 【キッチンバー DenjiN】 Jan 17, 2021
It's alright だいじょうぶだぁ 【餅萬 西口本店】 Jan 14, 2021
ノスタルジーで日本情緒な… 【さくら茶屋】 Jan 12, 2021
さあ でかけよう 【ル・フレザリア パティスリー】 Jan 10, 2021
たぶん繰り返されるであろう… 【日乃出精肉店】 Jan 08, 2021
おせちもいいけど…? 【ダイヤ寿司】 Jan 06, 2021
地元神社めぐりからの… 【お食事処 なごみ】 Jan 04, 2021
変わらず過ごせることのかけがえのなさ 【そば処 ごろう】 Dec 31, 2020
巣ごもり年越しに地元の銘酒を 【豊島屋酒造 KAMOSHI no BA】 Dec 29, 2020
カレーでも買って… 【PIMA】 Dec 26, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2