FC2ブログ

猫つながりな一日 【甘味処 百】

2021.05.04

 うちのチビ猫の保護主さんの主催する保護猫チャリティーイベントに出かけた。
会場は千駄木よみせ通り裏。夕やけだんだんにも近い下町の人気エリアである。


210504 momo-11


オリジナルグッズや手作り品の販売、バザーなどが行われ、売り上げは保護猫の医療費、地域猫の手術代やごはん代、里親探しの活動費などに充てられる。
“猫の街”谷根千にぴったりのイベント。


210504 momo-12


Tシャツ、焼き菓子、石けん、クチュールBABAのブローチなどを購入。
東村山かいわいでローリング猫ストーンズTシャツを着た素敵なオジサマを見かけたら、それはワタシです ヾ(・ω・o)


210504 momo-13


昼ごはんのお店探しに難渋。
古い街だけに入りたいと思わせる店構えは山ほど見つかるが、人気エリアだけに人出がすごく、下町だけに店が狭そうな印象もぬぐえない。
自然、人の少ないほうに足が向き、商店街の出口まで来てしまった。


210504 momo-14


その先、飲食店は少なそうで、引き返そうか迷っていると、信号正面に「甘味処」の看板。


210504 momo-16


甘味処の軽食というものには惹かれるものがある。
「焼きそばとかカレーとか、やってないかな…」


210504 momo-17


横断歩道を渡ってサンプルケーススタンドをのぞく。
焼きそばとカレー (≧ω≦)b OK!!


210504 momo-18210504 momo-19


店名は「甘味処 百(もも)」。
40年近く前、最初にうちに来た猫が生んで里親が見つからず親猫と一緒に飼っていた子の名が、もも。
いろいろ猫つながりである。

注文は焼きそばとビーフカレー。


210504 momo-20


店内は小テーブルが8卓。壁際と窓際にそれぞれ1人席×2、その間に2卓くっつけた2人席×2。
先客が1組あり、そことの距離感を考え窓際の席に。窓に向かって1人ずつ別々に座る。

年配の夫婦経営と思われ、おとうさんが接客係で、奥の厨房に調理担当のおかあさんらしき姿がちらちらと。


210504 momo-25


焼きそばは豚肉、キャベツ、モヤシ、ブナシメジとごく普通の家庭的な中身。


210504 momo-26


何の変哲もないソース焼きそばと言いたいところだが、このオイリー感が家では出せない。フライパンの年季の違いとかに秘密がありそうだが、おいしい焼きそばである。


210504 momo-22


ビーフカレーは甘口で、辛さはほぼない。
懐かしい味だが、家庭や給食のカレーというより昔の洋食店が思い出される。ちょっとおしゃれな味わい。


210504 momo-24


品書きを見直していると、(あん)みつまめセットというものがある。軽食+(あん)みつまめで950円。
せっかくだから甘味も食べたい。


210504 momo-21


「いまからセットにしてもらうことはできますか?」
「大丈夫ですよ」とおとうさん。

ビーフカレーと焼きそばをそれぞれみつまめセットとあんみつセットに変更。


210504 momo-27

210504 momo-28


どちらも寒天たっぷり。みつまめは懐かしの缶詰フルーツ満載。
蜜がきっぱり甘い、昭和の和スイーツなのだった。


210504 momo-15


帰路はへび道を通って根津神社へ。
お参りしようと思ったが、拝殿はかなりの行列。そそくさと神社を抜ける。


210504 momo-29

210504 momo-30

210504 momo-33


ある程度覚悟はしていたが、都心は地元とは比べものにならないくらい人口密度が高い。
今回は必要な用事で出かけたが、ゆっくり下町散策などは当分できそうにないな…。


210504 momo-32


[DATA]
甘味処 百(もも)
東京都文京区千駄木2-35-6





[Today's recommendation]

wachat210504.jpg




https://youtu.be/dsy0cCe57vs


価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】

2019.12.05

 直近2本、1CL(ワンコインランチ)の記事が続いていることにお気づきの方もおられるかもしれないが、年末年始はなんだかんだ出費がかさむものの特別会計予算を組む余裕のない家計の人は一般会計でやりくりしなければならず、そろそろ節制モードに入っていると。
秋に1CLシリーズを集中掲載しているときに候補に考えていたが回りきれなかったお店や新たに見つけたお店なんかも早めにチェックしておきたいと思っているので、しばらくは1CL多めの展開になるかも。


20191205 futabashokudo-11


JR路線は立川駅より西で青梅線と中央線に分岐し、その股の部分は線路に挟まれた三角地帯になっている。
都会の死角的なこのエリアにある中華料理店「双葉食堂」は、外観が昭和なら値段のほうもおそろしく昭和のままな、時をかける食堂である。


20191205 futabashokudo-12


外壁に掛かっているメニュー看板に載っている代表料理10品目のうち6品がワンコイン(+税)… というのが5月に入ったときの価格帯であるが、はたして増税後、その状況に変化はあるのか?

えー、まったく変わってませんでした (^-^)ゝオーケ!


20191205 futabashokudo-14


それどころか、内税価格が変わっていないので税率変更に伴い新たに1品(550円のオムライス)1CL圏内に500円+税までを1CLと定義)


20191205 futabashokudo-13


値段にかかわらずぜひ食べてみたいと思っていたのがタンメン。
まあ、値段も450円と、素晴らしく昭和路線なのである。
これを今回、1CLシリーズカタログにラインアップしたいと思う。


20191205 futabashokudo-16


13時40分で、お客さんはなし。
お店の人もなし(笑)。


20191205 futabashokudo-15


来客チャイムに奥から店員さんが出てくる。前回の3人体制のうち高齢のご夫婦ではなく若いほうの女の人だ。
そのまま調理・接客一切、1人で切り盛りされているので、あるいは世代交代したのかも。


20191205 futabashokudo-17


6分後、タンメン来る。
なみなみのスープがうれしい (^。^) ゥィゥィ♪


20191205 futabashokudo-18


具材はハクサイ、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、豚肉。
麺は中太の縮れ麺。値段のわりにボリューム感がある。


20191205 futabashokudo-19-2


で、これが昔懐かしのタンメンかというと、個人的にはちょっと違うかな。
僕はタンメンといえば透き通った清湯スープをイメージするが、これは白湯に近いとろっとした乳化感がある。だしに魚介系の風味が感じられるような気もする。
なので、エビの1匹ものせればチャンポンになるというようなタンメンだと思う。


20191205 futabashokudo-2020191205 futabashokudo-21


そういう感想はきわめて個人的な体験に基づいているものなので、これが懐かしの味という人はもちろんたくさんいるはずだ。
要はおいしければいいのであって、こういうタンメンもありだと思う。
あと、タンメンにはゴマ油の風味が必須と考えるので、卓上のラー油を多めに垂らせば、もうバッチリ♪


20191205 futabashokudo-22


おそろしく静かな店内。
自分の咀嚼する音が食堂いっぱいに響き渡っているような錯覚を起こす、地球の午後2時。


20191205 futabashokudo-23


[DATA]
双葉食堂
東京都立川市曙町1-10-6





[Today's recommendation]

wachat191205.jpg




https://youtu.be/Hsg55q2F9MU


きまぐれ松島観光 ――前編 【五大堂~瑞巌寺~水主衆民家】

2019.09.21

 秋分絡みの3連休、いくつか用件があって帰郷することになった。
その一つが母親の墓参り。
実家では平成になって墓の引っ越しをしており(代々のものは辺ぴすぎて不便だから)、土地勘のない自分は石巻市・籠峯山の墓所が覚えられず、姉に連れていってもらう段取りになっている。


20190921 matsushima-1120190921 matsushima-12

20190921 matsushima-37


昼ごはんに松島に立ち寄る。
時刻はちょうど12時。実家には15時到着予定と伝えてあり、少し時間に余裕があるので観光することにした。松島は何十回と来て(通って)いるが、ちゃんとした観光をした記憶がないのだ。


 五大堂

20190921 matsushima-13


日本三景・松島の代表的景観となっている小島に立つお堂。陸側にある瑞巌寺の境外仏堂である。
現在の建物は1604(慶長9)年、伊達政宗が瑞巌寺再興に先立って造営した。東北地方最古の桃山建築であり、国の重要文化財に指定されている。


20190921 matsushima-14
堂へ渡るすかし橋。もともと縦板はなく、はしご状で、江戸時代の紀行文に恐ろしくて渡ることができなかった人のエピソードが紹介されているとか

20190921 matsushima-16
五大堂より福浦橋と福浦島(右奥)方面を望む

20190921 matsushima-15
重要文化財・五大堂


 瑞巌寺

20190921 matsushima-1720190921 matsushima-18
瑞巌寺参道と総門


平安時代の創建の臨済宗妙心寺派の仏教寺院。平泉の中尊寺と毛越寺、山形立石寺とともに“四寺廻廊”という巡礼コースを構成している。伊達家の厚い庇護を受け、110余りの末寺を有し、領内随一の規模格式を誇った。
現存する本堂・御成玄関、庫裡・回廊は国宝に、御成門・中門・太鼓塀は国の重要文化財に指定されている。


20190921 matsushima-19

20190921 matsushima-20
松島を形成している第三紀凝灰岩層を掘った洞窟遺跡群。江戸期に掘られたと考えられている

20190921 matsushima-21
参道の杉並木は東日本大震災の津波に見舞われ、その後の塩害によって多くが枯死し、約300本が伐採された。鬱蒼たる巨木が並び荘厳な雰囲気を醸し出していた参道からガラリと様子が変わった

20190921 matsushima-22
受付の先は有料なので、瑞巌寺見物はここまで(笑)

20190921 matsushima-23


 水主衆民家

20190921 matsushima-28


「御水主町(おかこまち)は瑞巌寺の東に隣接した一画で、仙台藩主等が松島遊覧の際の御座船を操った水主(かこ)衆が集団で住んでいた。昭和51年に最後に残った1棟をここに移築復元した」と案内板にある。建物は木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入、外壁は真壁造り土壁鏝押え。1972(昭和47)年、松島町指定文化財に。


20190921 matsushima-2420190921 matsushima-25
20190921 matsushima-2620190921 matsushima-27


“「松島の歴史と伝説」語り部の会”による「松島昔ばなし」が催されており(入場無料)、せっかくなので「翁島」を聞かせていただいた。

(つづく)


20190921 matsushima-29


[DATA]
〈瑞巌寺〉
 宮城県宮城郡松島町松島字町内91  http://www.zuiganji.or.jp/index.html
〈五大堂〉
 宮城県宮城郡松島町松島字町内111  http://www.zuiganji.or.jp/keidai/godaidou.html
〈水主衆民家〉
 宮城県宮城郡松島町松島字町内





[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします




https://youtu.be/cqhKjuNVsTI


すし屋の絶品ランチ丼 【玉乃鮨】

2017.06.23

 店の前にすごい数のママチャリが止まっている。おそるおそるのぞいてみると、片付けが済めば席が用意されそうな様子。
順番待ちのいすに座ってすぐにカウンターの左端の2席に通される。
ここからしばらく待つ。

待つこと3分くらいかな、ようやく2代目が、「たいへんお待たせしました」と注文を聞いてくれる。
おまかせ丼900円を2つ。
「じゃ、前のと一緒に作っちゃいますね」と断って作り始めるあたりにこちらのこだわりがうかがえる。


tamanozushi33.jpg


去年、初めて入ったとき、この店のシステムに少し戸惑った。
開店と同時に入ったのだが、急に出前が入ったということで少し待たされることになった。僕たち家族4人を含めて5組10人ほど、店内に案内されてからしばらくは2代目がひたすら出前のすしを握る姿を拝見することに。この間、注文をする者はいない。皆さん常連っぽいので、僕らもそれに倣い、事態に進展が見られるまでは黙って座っていることにする。あとから入ってきた客がいきなり注文しようとすると、「順番に伺いますから」と2代目。やはり黙っていて正解なのであった。
で、見通しが立ったころあいで2代目が自ら客の注文を聞く。正確に順番どおり、少しずつ注文を聞いては作り、を繰り返す。


tamanozushi35.jpg


来店してから30分くらい注文を聞いてもらえない人もいるということに少し驚いた。でも2代目の真剣な仕事ぶりを見ているうちに納得させられた。
これはサービスなのである。そして本来、すし屋とはこういうものなのだと思った。
自分の順番まではあまりかまってもらえないが、作る直前に注文を聞かれるから、いまこの人は自分のために仕事をしてくれている、という気持ちになる。作り手側もそれは同じだと思う。
農業分野で最近よく聞く“作り手の顔が見える”食品というのは飲食店でも大事な要素だと思うが、その逆もまた大切ということだ。“食べる人を認識したうえで”調理をすれば、心のこもり方も違うだろう。
少しでも心がこもるように、2代目はこういうやり方を選んでいると思えるのだ。


tamanozushi31.jpgtamanozushi32.jpg


さて本日、おまかせ丼を注文すると、「旦那さんはご飯多めにしときますか?」と聞かれる。喜んでそのようにお願いする。
「男の人じゃ、ちょっと物足りないかもしれないですよね」と2代目。「うちは女性のお客さんが多いもので、どうしてもね」
いまカウンター席に11人座っているが、男性は僕を含めて4人。店員さんも握り手の2代目以外は女性が4~5人。なるほど、女性率が高い。


tamanozushi34.jpg


われわれの位置から仕事ぶりがよく見える。
ケースからでっかいマグロのさくを取り出して、ネタを切り出す。
続いてでっかい灰白色の塊を取り出す。表面を軽くあぶったアカイカのさくようで、厚み5cmはある。これを薄く削ぎ切り。
イワシをおろし、小骨の処理をして隠し包丁を入れる。ホタテは丸のままの扱いとなる。
本日のおまかせ丼のネタは、ほかにヒラメ、玉子、カツオフレーク、切り干し大根。
ユズ風味のワカメのみそ汁、大根の浅漬けが付く。

ネタはどれも新鮮そのもの。
「マグロは天然の生本マグロ、ヒラメは朝まで泳いでました」と向こうのお客さんに説明している。
どれもおいしいが、特にイワシは脂が乗ってとろけるよう。玉子も滋味深い味わい。


tamanozushi36.jpg


1時半を過ぎても次々とお客さんが入ってくる。ほとんどが常連客のようだ。商店街を抜けてほぼ住宅街という隠れ家的な立地がいいのかもしれない。
常連客も、僕らのようなほとんど一見のような客も、まったく分け隔てなく扱ってくれるところがこちらのシステムの副次的な利点であり、おのずから2代目のパーソナリティを反映しているように思えるのだ。


tamanozushi37.jpg


[DATA]
玉乃鮨
東京都東村山市萩山町4-1-8
http://www.tamanozushi.com/





[Today's recommendation]

chat170623-22.jpg




https://youtu.be/zp4lrnyHxuA


ガッツリ丼の誘惑 【淡淡】

2017.04.20

 店名の由来は淡路島という情報を国分寺のオフィシャルっぽい媒体で見たことを思い出し、探してみたら国分寺市商工会のウェブサイトだった。
「店名の『淡淡』は(店主の)出身の淡路島からつけたもの」
15年前(2002年10月)の記事だ。当時創業20年とあるから今年35周年に当たる。
このサイトにはほかにも、いまや名店・行列店、惜しくもその後たたんだ店など、貴重なラーメン情報が載っている。


tantan21.jpg


この店は早稲田実業に近いことから、有名野球選手が通った(ている?)ことで知られる。高校野球部行きつけということからもわかるように盛りのよさがウリだが、それ以前に料理の名前からしてガッツリ感が漂う。肉あんかけチャーハン、豚キムチ丼、焼肉丼…。
トッピングメニューのトップにマヨネーズって(笑)。
人気No.1の焼肉丼エッグ650円に。


tantan23.jpg


以前入ったとき、初老の店主のほかに若い見習い風がいて、きちんと世代交代ができているようで好ましく感じたのだが、今回、たぶん同じ若者だと思うが「今日、4限ありますんで」と店主に断っていた。アルバイトの大学生だったか…。
4限に出る前にまかないを作ってもらうことになってチャーハン大盛りをオーダー。「作るところを見せてもらっていいですか?」という熱心さこそ、後継者の資質だと思うのだが。


tantan25.jpg


焼肉丼エッグはその名のとおり焼肉丼の上に目玉焼きがのったもの。
写真では2玉のエッグに表面が覆い尽されているが、この下に豚肉の焼肉がたっぷり敷かれている。

豚肉はショウガとニンニクを効かせた甘辛のたれに漬け込んである。ほかに具はなく、たまに香りづけのネギがへばりついてるくらいでほぼ肉のみ。スタ丼のネギなしという感じだ。シンプルなのはいいが、若干単調なので何か箸休めがほしいところではある。


tantan26.jpg


それに卵2個だから、カロリーとかコレステロールとか、おっさん的にはいろいろ問題はありそうである。
しかしこういうB級っぽい食べ物にいちばん弱いのが、とりもなおさずわれわれ世代のおっさんである。見た目からしてその誘惑に誰もあらがえない。あまつさえ、特盛とか口走る輩さえ出てきかねない。
おっさんはどう立ち向かったらいいのか。


tantan27.jpg


まあ、おいしそうに見えるなら食べればいいだけなんだが。
ただ、まかないのすさまじさを目の当たりにしただけに、さすがに特盛の人は考え直したほうがいいとは思うが。


tantan22.jpg


[DATA]
淡淡
東京都国分寺市本町2-4-5







https://youtu.be/DidjETOM-M0


食欲増進定食 【ひの食堂】

2017.03.14

 「ひの食堂」のソテー系豚肉料理は、しょうが焼(定食950円)、焼肉(同700円)、ポークソテー(同850円)の3種類。
それぞれ肉の厚みや調理法が変わるが、味付けももちろん違う。しょうが焼と焼肉はしょうゆベース、ポークソテーはケチャップベースで、基本甘辛ながら順に甘味が強くなる。

なかでも僕は焼肉が好きだ。
薄切り肉を炒めただけのようで、スーパーで特売のロースうす切り98円/100gを買ってきて家庭でも作れるんじゃないか、とか考えたら大間違い。完全にプロの味。こういうのは特に甘味の入れ方に秘訣があるんだろうなとは感じるが、素人はこれ以上言及してもしょうがない。
とにかくおいしくてご飯が進む。


hino2-15.jpg


焼肉定食のほかに、焼肉半量にフライを合わせた〇〇フライ焼肉定食が、ひのの人気シリーズになっている。
フライの種類は、カキ、海老、あじ、いか、若さぎの5種類。


hino2-21.jpg


今シーズン、この店でまだカキフライを食べていなかったので、とこの日はカキフライ焼肉定食800円に。僕はカキは走りよりも年明けごろからうまくなると考えているので、いま時分がまさにピークだ。身も大きくなる。
大ぶりのカキが4個。プリプリで味がとても濃厚。焼肉とかわりばんこに食べていく。


hino2-23.jpgchat11-2.jpg
ひの食堂に写真飾ってある猫とうちのは、けっこう似てる


そうすると、ひのの定食は何でもそうなんだが、配分を間違える。いつもご飯が足りなくなるのだ。だったらはじめから大盛りにすれば、と思われるかもしれないが、そうではない。
そもそもここのご飯は決して盛りが少ないわけじゃないし、こっちはいい年したおっさんだ。むしろ頑張らないと食べきれないかも、と思って食べ始め、食べるうちに食欲が増し、結果、いつもご飯が足りなくなるのだ。

ひの食堂の料理の味付けには間違いなく食欲増進作用がある。

hino2-22.jpg


[DATA]
ひの食堂
東京都東村山市本町3-18-2







https://www.youtube.com/watch?v=JeOwlGlNo60


ふらっとキッチンスズキ 【キッチンスズキ】

2017.02.04

 秋津のいなげや→ベタニア修道女会→東京病院→竹丘1丁目の銭湯のある古い商店街→清瀬駅という散歩コースの途中。
「ここ、どこいらへん?」と聞かれたので、「そこ、抜けると『キッチンスズキ』」と説明。


k-suzuki23.jpg


その流れで、
私「お昼どうする?」
妻「キッチンスズキでいいよ」

でも11時40分すぎでは満席だろうなと思いつつのぞいてみると、1席だけ空いていた。
ラッキー♪

ふらっとキッチンスズキ。
こういうのいいな、と思いました。


k-suzuki24.jpg


コーヒー付ランチ:メンチカツ(デミグラスソース)890円(妻)。
前回、Cランチのメンチカツをちょっと横からつまんだらおいしかった、とメンチ嫌いのわしが言うと、「じゃあ私、メンチにする」とメンチ好きのかーちゃん。
小食で外食のときは食べきれず私が手伝うので、好き嫌いの多い夫でも食えるものじゃなきゃいけない。たまに誘惑に負けてメンチを頼んで難儀してたりする。前沢の「大連」とか、八坂の「扇屋」とか。


k-suzuki25.jpg


おすすめランチA:ポークソテー、カニコロッケ990円(私)。
以前、妻が食べたCランチ(メンチカツ・若鶏カラアゲ・カニコロッケ)のカニコロッケがおいしかったのでこちらにしてみた。
ポークソテーも分厚く食べごたえ十分。甘すぎずちょっと苦味のある上品なデミグラスソースがよい。


k-suzuki26.jpg


私たちのあとに入った女性は、4人テーブルで1人で食べている客との相席を勧められ、おじいさんと若い女性というほのぼのとした組み合わせができあがる。その横の、お母さんと一緒に来ている落ち着きのない男の子は隣の老夫婦に手なずけられ、おっぱいをいまだに吸っているか否かという尋問を、おばあさんからくしつこく受けている。
時間がゆったり流れていく。

今回も横からいただいたメンチカツは、しみじみおいしかった。


k-suzuki21.jpg


[DATA]
キッチンスズキ
東京都清瀬市松山1-20-8







https://www.youtube.com/watch?v=8CzEKJMXeP0


Latest Articles
時をかけるスパゲッティ&ドライカレー 【カフェグリーン】 Sep 22, 2021
素晴らしく昭和な 【キッチンサン】 Sep 20, 2021
こんなラーメン屋さん、懐かしい 【ラーメンショップまるよし】 Sep 18, 2021
日帰り旅 【大もりや】 Sep 17, 2021
元気をもらえる朝ラー 【村山ホープ軒 本店】 Sep 16, 2021
しっぽり飲みたい 【本むら庵】 Sep 14, 2021
コロナ禍でも根強い人気 【じゃがいも】 Sep 13, 2021
東村山が誇る銘菓 【宝来屋】 Sep 12, 2021
さんぽ 【サントアン】 Sep 11, 2021
カツカレー、こういう感じもいいな… 【八海食堂】 Sep 09, 2021
ポストワクチン時代は… 【木曽路】 Sep 07, 2021
夢から醒めて 【ぼん天 瑞穂店】 Sep 06, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2