fc2ブログ

古きよき風情を楽しみつつ… 【伊佐沼庵】

2022.07.24

 前記事の続きで、「伊佐沼農産物直売所」の隣にある古民家食堂「伊佐沼庵」へ。


20220724 isanumaan-11


ざっと概要を記すと、「伊佐沼庵」は農産物直売所と同じ㈲あぐり小江戸による運営で、オープンは2005年11月。古民家「旧戸田家住宅」を改修・整備した建物が使われ、直売所内の加工室で製造された地場産小麦粉を使用したうどんを提供している。


20220724 isanumaan-12


11:00~14:00が「伊佐沼庵」で、14:30以降は「古民家カフェ&バー smiley」として営業している(カフェタイム14:30~17:00、バータイム18:00~22:00)


20220724 isanumaan-13

20220724 isanumaan-14-2


――旧戸田家住宅は、江戸時代後期に市内福原地区(下松原)に建設された古民家で、平成5年3月に現在の位置に移築復元されました。展示家屋として多くの市民の皆様に親しんでいただいていましたが、直売所改修工事にあわせて地元食材を供給する食堂に生まれ変わりました。川越市HP


20220724 isanumaan-15


旧戸田家住宅はもともとの茅葺き屋根にトタンをかぶせてあり、外観のインパクトはそれほどでもないが、建て付けの悪い引き戸がタイムスリップの扉… という仕掛けでもあるかのように、一歩踏み込めば懐かしくも心地よい空間が広がる。


20220724 isanumaan-16


土間で靴を脱いで左手の座敷に上がる。


20220724 isanumaan-17


家のつくりはGWに行った鷲宮神社門前の「大酉茶屋 田々」に似ており、畳の間に座卓5席とテーブル5席ほどがゆったり配置されている。


20220724 isanumaan-31


僕らで2番目くらいだが、あれよあれよという間に席が埋まった。
知らなかったが、なかなかの人気店らしい。


20220724 isanumaan-1820220724 isanumaan-19


注文は、季節限定メニューの冷汁うどんと、メニュー帳トップに載っている伊佐沼庵御膳。


20220724 isanumaan-2020220724 isanumaan-21


あっという間に提供され、ゆで置きか見込みゆでかと思われる。
そういう部分を執拗に追及するコメントはよくあるが、ハコの価値などトータルで考えたらどうなのよ… と言いたくなる。どうでもいいけど。


20220724 isanumaan-22


伊佐沼庵御膳は、うどんもご飯もサラダもデザートも… という方向性。
それどころか、うどんは冷たいのと温かいのが両方のっていて、なかなか斬新かも。


20220724 isanumaan-24


当然、温かいうどんから食べるわけだが、なんか普通かなぁ… と思いつつ冷たい山菜うどんに箸をつければ、コシの強さに驚かされると… いう組み立てになっていると。


20220724 isanumaan-26


ミニうな丼は、シシトウがイイね(笑)。
いや真面目な話、先日食べた某チェーン店のうな丼にものっていたが、やや鈍重な甘辛味をシシトウの香りが引き締めてくれるということを発見した… ということが言いたい。


20220724 isanumaan-23


直売所の加工室で農家のご婦人が打っていらっしゃるらしいが、かつてうどんはどこの家でもふるまわれていたということがあらためて認識されるこの空間。


20220724 isanumaan-25


大きな家屋に大家族で暮らし、近所の人や親類縁者が集まることも多々あった時代。
それぞれの家庭で手間ひまかけてうどんをつくっていたなんて、いまからすればなんというぜいたく。
うどんの味も違って感じられたかも。


20220724 isanumaan-28


この店が人気なのは、うどんの味だけでなく、失われた日本の原風景を求める人たちがいまもたくさん存在するから。


20220724 isanumaan-27


[DATA]
伊佐沼庵
埼玉県川越市鴨田922-1
https://www.isanuma-nousanbutsu.com/





[Today's recommendation]

wachat220724-22.jpg




https://youtu.be/WaXi7nd0ODc


夏こそ熱々メン 【狩勝】

2017.07.06

 今日は忙しくて外で昼ごはんを食べる余裕はないと思われたが、つい習慣でフラッと出てしまう。逆に言うと、昼食に臨む姿勢はいつも“フラッと”であって、店を決めて出ることは少ない。
出たのはいいが、やはり仕事が気にかかる。しかし昼食を食べないわけにはいかないし、出てしまったからには食べて帰るほうが早い。


karikachi3-18.jpg


こういうときはいろいろ読める行きつけのお店が重宝する。
混み具合(混まないという意味で)、提供時間(早いという意味で)、スタッフの安定感(気持ちよいという意味で)。
ということで久米川駅前、西友横を入ったところのサッポロラーメン「狩勝」へ。


karikachi3-52.jpg


お客さんは肉体系若者2人組と工員風初老男性の計3人。前回もちょっと違和感があったのだが、客層のガテン化は続いているもよう。
この店で食べる順番からすると今回はみそラーメンとするべきだが、チラッと壁を見たらしおラーメンの写真にサービス品の札が貼ってある。ちょっと迷ったが、お店のおかあさんに「しおラーメン」と申告。


karikachi3-22.jpg


こちらのおかあさんはいつも朗らかで、今日も鼻歌が聞こえてくる。厨房にはおとうさんもいるが、僕の分はおかあさんが作っているようだ。
しおラーメン、サービス品につき通常価格500円のところ本日450円。注文して約6分で提供。
こちらのしおラーメンはほぼタンメンであって、炒め野菜がのるからアツアツだ。夏に食べたくなるものの一つにタンメンがある。発汗作用を求めるのである。


karikachi3-20.jpg


具はハクサイ、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラのたっぷり炒め野菜に、メンマのトッピング。この内容で450円は本当に頭が下がる。
なんだかいつにもましてアツアツで、汗ぐっしょりになってしまった。


karikachi3-21.jpg


入店からお勘定までの所要時間約15分。
ほぼ読みどおり。


karikachi3-51.jpg


[DATA]
狩勝(かりかち)
東京都東村山市栄町2-7-1





[Today's recommendation]

chat170706-22.jpg



yamori170706-22.jpg
ニホンヤモリ




https://youtu.be/7nqXCWPWZzI


鍋の力で香ばしく 【燕京】

2017.03.28

 狭山に同名の人気店があって、広東メンで有名である。こちらの「燕京」もカントンメンは人気で、レバー入りという特徴やその他の具の種類もたぶん一致するので、のれん分けかと思われる。
レバー入りのラーメンといえば東小金井「宝華」のレバニラソバがバカウマだが、こちらのレバー入りカントンメンもそれに負けないイッピンだと思う。狭山は守備範囲から外れるので行ったことはない。


enkyo14-2.jpg


この店の印象は中華鍋に尽きる。
いくつかの火口にそれぞれ中華鍋がセットされていて、店主がその料理ごとに所定の位置でガコンガコンとやる。料理の順番は奥さんがカウンター奥の台に端から順に並べる器を見てわかるシステムになっている。一つの作業が終わったらただちにささらで流し、次のガコンガコンに取りかかる。ここは客の入りのいい店だから、ガコンガコンが終わらない。


enkyo13-2.jpg


ここでは便宜上、店主を「火の王(通称:料理大臣)」と呼ぶことにする。


enkyo15.jpg


前回隣の人が食べているのをみておいしそうだったチャーハン650円に。
具はチャーシュー、卵、ネギ、グリーンピース。
量はかなり多い。


enkyo11-2.jpg


中華鍋の鉄の匂いがいい感じに移って食欲をそそられる。
カントンメンやマーボー関係も、その中華鍋由来の香ばしさがここの特徴だ。セントラルキッチンで製造した食品は、絶対こうはいかない。
オーソドックスでレベルの高いチャーハンであった。


IMG_0715-2.jpg


店を出て自転車の支度をしていると、店の中でまた次のガコンガコンが始まった。
信号を渡って向かいの歩道を走っていると、こっち側まで火の王(通称:料理大臣)のガコンガコンが聞こえてくるのだった。


enkyo12-2.jpg


[DATA]
燕京
東京都東久留米市幸町1-1-2







https://youtu.be/ng9AC3FO3uI


Latest Articles
厄払いからの… 暑気払い! 【小川藤】 Aug 16, 2022
厄除けあれこれ 【喜多院】 Aug 15, 2022
17万石の風格 【川越城本丸御殿】 Aug 14, 2022
Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】 Aug 13, 2022
天空の古民家 【小林家住宅】 Aug 11, 2022
田園地帯の古民家カフェ 【繭久里カフェ】 Aug 09, 2022
関東(ry) ロード ―5 【手打ちうどん・そば 子亀】 Aug 08, 2022
ここにもガラパゴス系!? 【バスラーメン】 Aug 06, 2022
猛暑後半に備える 【焼き鳥野島】 Aug 05, 2022
暑いときほど、アツアツ💦 【さんらいず亭】 Aug 04, 2022
単なるノスタルジアにあらず 【河内屋】 Aug 02, 2022
80’sファンシーな 【迷夢】 Aug 01, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2