fc2ブログ

いきなり難所…? ――秩父札所巡り②

2024.03.17

 秩父札所1番 四萬部寺をあとに、ルートを進む。


20240317 chichibu2-11


ここから歩き始めとなるが、古い石碑のたぐいから新しいプレートまで道々こまめに道標が設置され、用意してきた地図を見なくともスイスイ歩ける。
思ったほど山ということもなく、のどかな人里という感じ。


20240317 chichibu2-12
20240317 chichibu2-12-220240317 chichibu2-13


…が、はじめ下り道だが、定峰川を渡り、“約1.7km 札所2番真福寺”のプレートの四つ辻と“右 志まんぶ寺(四萬部寺)”の石標の分かれ道を過ぎると、道は徐々に上り勾配に。


20240317 chichibu2-14
20240317 chichibu2-1520240317 chichibu2-16


ずっと舗装路のだらだら上りだが、気がつけばけっこうな坂になっている。
山歩きのトレーニングというには相当キツい。


20240317 chichibu2-17


👆️こんな看板も。
まだあと500mもあるんかーい!


20240317 chichibu2-1820240317 chichibu2-19
20240317 chichibu2-0920240317 chichibu2-10


あたりはいつしか杉林で、いよいよ山登り感が高まるが、ほどなく前方が開け…


20240317 chichibu2-21
前方、芦ヶ久保? の山々越しに武甲山


まあ、この区間が上りということはあらかじめ調べがついており、“難所”という表現もあったりして覚悟はしていた。
しかし難所とはいかにも大げさで、ずっと舗装路ということからもわかるように、去年あちこち出かけた低山登りに比してもだいぶ楽である。


20240317 chichibu2-22


“札所二番”の大きい看板の位置が峠になっており、少し下るとお寺の駐車場。
その奥から再び上ると札所2番 真福寺。



札所2番 真福寺
埼玉県秩父市山田3095

20240317 chichibu2-23

20240317 chichibu2-24

20240317 chichibu2-25

20240317 chichibu2-26


――この札所は、1番札所から徒歩40分、急なジグザグな坂道を登りつめたところにある。本堂は三間四面、江戸時代末期の再建によるものである。特に向拝の意匠に善美をつくした時代の気風を再現している。本尊は、聖観音立像一木造り、高さ64cm、室町時代の作である。「札所2番 大棚山真福寺」秩父市HPより)


20240317 chichibu2-27

20240317 chichibu2-28



◆ ◆ ◆

お参りを済ませて、時刻は11:25。
腹が、減った……


20240317 chichibu2-29


駐車場の端には丸太スツールがいくつも設置してあり、山の上で眺めもよく、絶好の休憩ポイントとなっている。
ということで、軽食タイム。


20240317 chichibu2-30


セブンイレブンのカレーパンのウマいこと🐱


20240317 chichibu2-3120240317 chichibu2-32
20240317 chichibu2-3320240317 chichibu2-34


梅や早春の花も咲き乱れ✿


20240317 chichibu2-35



◆ ◆ ◆

――なお、1860年(万延元年)の火事で大伽藍を焼失したため現在は高台に観音堂が建つだけの無住の寺で、納経や御朱印などは麓の光明寺で行っている。「真福寺(秩父市)」Wikipediaより、最終更新 2024年3月16日06:48)

ということで、3番札所の前に光明寺へ。


20240317 chichibu2-36
20240317 chichibu2-3720240317 chichibu2-38
20240317 chichibu2-3920240317 chichibu2-40


上った分だけ下る感じで。
はじめつづら折りの山道もやがて人里に。


20240317 chichibu2-41


“←札所3番4番 ↑光明寺(2番納経所)”の看板を右へ。



2番納経所 光明寺
埼玉県秩父市山田2191

20240317 chichibu2-42

20240317 chichibu2-43


20240317 chichibu2-45


前記事に書いているように御朱印を授かることはないので納経所はパスしてもいいのかもしれないが、これもご縁だと思うので手を合わさせていただく。

(つづく)


20240317 chichibu2-47


[DATA]
秩父札所
https://chichibufudasho.com/

札所2番 真福寺
埼玉県秩父市山田3095




[Today's recommendation]


https://youtu.be/KvPyu31yxls?si=gDaDBg2QkNafEryB



wachat240317-22.jpg



20240317 chichibu2-50
次号予告


旧街道をゆく ――吾野宿

2023.03.05

 “そうだ 埼玉、行こう。”あるいは“Go To 埼玉”シリーズ。
一昨年10月に続く旧吾野村(飯能市坂石&坂石町分)エリア。

前回はコロナ禍1年半で自分的に観光解禁とした直後だったが、それからさらに1年半が経過している。
いまさらながら、まあ長いこと、コロナ ( ̄Θ ̄;) ムゥ…

吾野宿は秩父街道の宿場町で、馬継ぎの宿として栄えたらしい。
古民家が軒を連ね歴史的な景観を残すという旧国道沿いの宿場町には惹かれるものがある。

約1.5km先の東郷公園駐車場に車を止めて歩く。
吾野宿内は、ちょっと調べた感じで10台収容のコインパーキングがあるのみというのがネック。
それくらい歩くのに全然抵抗ないけど。


20230305 aganojuku-11
高麗川と西武秩父線橋梁(坂石橋側道橋より)


坂石橋でR299から分岐し旧国道へ。
そこから吾野橋まで約1.5km、高麗川右岸に宿場町が形成されている。


20230305 aganojuku-12
特急ラビュー(西武秩父線 吾野第1号踏切道)


西武池袋線吾野駅から上流側は街外れで、これといった見どころはない。
湧水があるというので踏切を渡って山側へ。


20230305 aganojuku-29
吾野駅ホーム。吾野までが西武池袋線でその先が西武秩父線… と駅前の売店のおかあさんに教わった

20230305 aganojuku-3220230305 aganojuku-33
吾野湧水。立て札に「…この水の管理は行っておりませんので水を飲まれる方は自己責任にてお願いします」💦 そばの登山道標識には「熊注意! 目撃情報あり!」💦💦

20230305 aganojuku-14
吾野湧水から法光寺に抜ける隧道

20230305 aganojuku-15
左が法光寺参道、右が旧国道


駅周辺は意外に複雑な構造で、“吾妻湧水”から線路下のトンネルをくぐって旧国道側に戻る。
法光寺にお参りして、あらためて街歩き。


20230305 aganojuku-16
吾野弁財天

20230305 aganojuku-30
吾野宿木碑


吾野駅前橋横の巨岩の上に弁財天が祀られている。
橋のたもとには吾野宿木碑。

「吾野まちづくり(吾野観光案内)」サイトでは吾野駅前橋の先を“吾野宿”としている。
実際、このあたりから趣ある建物が増えてくる。


20230305 aganojuku-34


一軒の軒先に“ひな飾り”のつり下げ旗。
「飯能ひな飾り展 吾野宿」というものがちょうど始まったところだったらしい(期間 3/5~12)


20230305 aganojuku-31-2


実は先週、飯能の街なかのこのイベント(飯能市といっても広く、エリアごとに会期をずらしているようだ)に行くつもりだったが忙しくていけなかったというのがあって、“飯能_ひな飾り”にビビッと反応したわけである。


20230305 aganojuku-17
景観重要建造物「高山家」

20230305 aganojuku-18

20230305 aganojuku-20

20230305 aganojuku-19
高山家(鱗や)ひな飾り(3/5、11、12限定開催)


ガラスの引き戸が閉まっており、これは勝手に開けて見学するんだろうか? と、鍵が閉まっていなかったので勝手に開けて見ていると、おうちのおかあさんが出てきていろいろお話を伺えた。
こちらは“厨子造り“と呼ばれる建造物で、なんと築300年。
吾野宿では明治期に大火や出水があったとのことだが、それもかいくぐって現在に残っているという。

ほかに2軒ひな飾りを展示しているお宅があるということを教えてもらい、見に行った。


20230305 aganojuku-22
「大河原家」

20230305 aganojuku-21

20230305 aganojuku-23
大河原家(こくや)ひな飾り(3/5、11、12限定開催)


1軒は道を少し戻ったところの「大河原家(こくや)」。
ひな人形は、なんと明治時代のものだそうで、箱の裏書きも見せてもらった。

残る1軒も「大河原家(問屋)」だが、そちらはまさに極め付きで、次回あらためて掲載しようと思う。

ちなみに吾野宿には埼玉県の景観重要建造物に指定されている古民家が3軒あり、うち2軒が今回ひな飾りを展示していた「高山家(鱗や)」と「大河原家(問屋)」である。
もう1軒は“擬洋風建築”と呼ばれるハイカラな雰囲気の建物「石田家(藤田屋)」。


20230305 aganojuku-25
景観重要建造物「石田家」

20230305 aganojuku-26


そのまま吾野橋まで歩き、引き返す。


20230305 aganojuku-27
吾野橋


シャッター化や櫛欠けが著しいのは日本中共通の問題だが、たまたまひな飾りイベントがあったおかげで、いろいろお話を聞くことができたわけである。

(つづく)


20230305 aganojuku-28
旧R299を木製の看板に従って左折すると吾野橋~吾野宿。前方の交差点(標識)はR299バイパス


[DATA]
吾野宿
埼玉県飯能市坂石町分
https://aganojuku.jimdofree.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/h5AcpmGzR-w



wachat230305-11-22.jpg



20230305 aganojuku-35
次号予告


約14ha! 広大な野外博物館 【府中市郷土の森博物館】

2022.05.22

 仕事でつらかった2週間も過ぎ、身軽になって、久々に“観光”したくなった。

朝起きて、「今日、自転車で行ったほうが府中の街に寄るにしても手軽でいいような気がするんだけど」と話すと、「府中? 結局そっち行くことになったの?」と相方。
そっちのほかにどっちかあるのか?

今日の行き先を昨夜相談して、てっきり「府中市郷土の森博物館」に決まったものと思っていたが、そのあと話が大きく展開して三鷹の天文台に行くことになったらしい。酔っ払っていて覚えていないが、たしかにその案も魅力的だ。

「天文台だったら昼ごはんは深大寺にそば食べに行く。郷土の森だったら中の古民家カフェみたいなの。どっちがいい?」
「古民家かな。深大寺混みそうだし」
結局、混みそうな企画は日曜にはキビシイ。


20220522 fuchu-localforestmuseum-1120220522 fuchu-localforestmuseum-12


ということで、やっぱり「郷土の森博物館」へ。
こちらは江戸中期から昭和初期の府中市域の建築物が移築復元されていたりと、入場料300円で盛りだくさんらしい。


20220522 fuchu-localforestmuseum-1320220522 fuchu-localforestmuseum-14


ここには先月も来ているが、その日は雨で、広い野外博物館を見て回るには条件が悪く入館を断念。
宿題が残った形になっていた施設である。


20220522 fuchu-localforestmuseum-1920220522 fuchu-localforestmuseum-20


「企画展 多摩の観光」というのにひかれ、まず本館へ。


20220522 fuchu-localforestmuseum-15

20220522 fuchu-localforestmuseum-16

20220522 fuchu-localforestmuseum-1720220522 fuchu-localforestmuseum-18
こういうポスター類が多数展示されていて、観光好きにはたまらない企画展


企画展会場のパネルには“本日は数ある観光スポットの中から当館を選んでいただき、ありがとうございます”と書いてある。
わが意を得たり…! と、うれしくなる。

普段あまり見ることのないスライド上映も大國魂神社の“くらやみ祭り”という興味深い内容。
主目的は古民家だが、園内の古民家を見て回る前から充実度高し。
ちなみに、僕らは入ってないが、本館には目玉施設のプラネタリウムも併設されている。


20220522 fuchu-localforestmuseum-3720220522 fuchu-localforestmuseum-38


入り口スロープを挟んで本館の向かいという位置にある「旧府中尋常高等小学校」から見学。


20220522 fuchu-localforestmuseum-2520220522 fuchu-localforestmuseum-26
旧府中尋常高等小学校(左)と旧田中家住宅(右)

20220522 fuchu-localforestmuseum-2920220522 fuchu-localforestmuseum-30
旧府中尋常高等小学校

20220522 fuchu-localforestmuseum-3120220522 fuchu-localforestmuseum-32
旧田中家住宅

20220522 fuchu-localforestmuseum-4120220522 fuchu-localforestmuseum-42
梅欅庵(茶室)

20220522 fuchu-localforestmuseum-3320220522 fuchu-localforestmuseum-34
旧島田家住宅

20220522 fuchu-localforestmuseum-3520220522 fuchu-localforestmuseum-36
旧府中町役場


20220522 fuchu-localforestmuseum-3920220522 fuchu-localforestmuseum-40
旧府中郵便取扱所


近代の建築物はここまで。
同様の“古民家の博物館”小金井公園「江戸東京たてもの園」に比べ棟数は少ないがゆったり配置され緑も多く、空間自体のリラクゼーション効果の高さを感じる。人が少ないのもいい。

この先、驚くことに地形がダイナミックに変化。
いわば“地学・自然・民族”エリアとなる。

(つづく)


20220522 fuchu-localforestmuseum-5020220522 fuchu-localforestmuseum-51
右は旧田中家住宅、左は手前から旧島田家住宅、旧府中町役場、旧府中郵便取扱所


[DATA]
府中市郷土の森博物館
東京都府中市南町6-32
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/





[Today's recommendation]

wachat220522-1.jpg




https://youtu.be/JZF1xUrD_Fg



20220522 fuchu-localforestmuseum-43-2
次号予告


Over the Hills and … ――横沢入里山保全地域

2021.10.24

 御岳山、飯能周辺、川越と、新規感染者数のグラフと反比例するように近場観光の記事が増えている。この流れで外せない定番スポットに高尾山というのがあるが、前にも書いているように、(高尾山クラスでも)山登りに不安がある。
そこで、ウォーミングアップとして、子ノ権現旧表参道に続いて軽めの山歩き第2弾。


20211024 shogotei-11


JR五日市線武蔵五日市駅からひと山越えて隣の沢に下るというルート。


20211024 shogotei-12


このルートは以前歩いたことがあるが、5年前くらいからさかのぼること約10年分の記憶が失われているミッシングリンクのできごとで、ここのことを最近まで忘れていた。
実はこのブログにときどきひそかに登場する“失われた時を求めて”シリーズでもある。


20211024 shogotei-13


武蔵五日市駅前の駐車場に車を止めて歩き始める。
地図と照らし合わせ、以前おそらくこう歩いたであろう、秋川街道から横沢小机林道へ。


20211024 shogotei-1420211024 shogotei-15
ツリフネソウとサラシナショウマ


何ひとつ思い出せないまま峠まで上ったが、そこでもう一つの可能性の天竺山山頂経由のルートが合流していて、そんな悪路を歩いたとは思えないので、過去ルートはやっぱり林道だったんだろうなぁ… と。


20211024 shogotei-16

20211024 shogotei-17


下りは木漏れ日の気持ちよい杉林。


20211024 shogotei-19


下り始めから意外に早く麓の谷地が開けた。
横沢入里山保全地域である。


20211024 shogotei-2020211024 shogotei-21


――JR五日市線武蔵増戸駅から徒歩15分、7つの谷戸から構成される里山です。一時は田んぼや畑が放棄され、自然が荒れていきましたが、都の保全事業により田んぼが復元され、地域の方々の力で里山の風景をとり戻しつつあります。森林・緑地保全活動情報センターHP


20211024 shogotei-22


以前訪れたのは“里山”という用語が注目され始めたころだったように思う。
だからこの谷地の光景はイメージとして残っていた。


20211024 shogotei-23


道端に落ちている栗を拾ったことを思い出した。お寺には萩が咲いていた。
やはりいまごろの季節に来ていたわけだ。


20211024 shogotei-24


旧五日市街道を武蔵五日市駅方面に戻る。
途中、岩走神社にお参り。


20211024 shogotei-25


さて、昼ごはん。

(つづく)


20211024 shogotei-26


[DATA]
横沢入里山保全地域
東京都あきる野市151横沢
https://www.tokyo-satoyama.metro.tokyo.lg.jp/map/detail?cId=185





[Today's recommendation]

wachat211024-1.jpg




https://youtu.be/6VFqoKHjpps



20211024 shogotei-47
次号予告


ポストワクチン時代は… 【木曽路】

2021.09.07

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会ではワクチン接種後の行動制限緩和に関する提言を取りまとめている。具体的には県境を越える出張や旅行、大規模イベント、大人数での会食などを認める内容が含まれ、希望者にワクチンが行き渡る11月初旬の開始が見込まれるとしている。

2回目のワクチン接種からちょうど1カ月。上記提言を待つまでもなく、行動制限は接種前より緩く考えていいわけである。もちろんマスクはするし人との距離もとる。大っぴらにはこれまでと何ら変わるところはないとは思うが。

つまりこういう事情。――高齢の父親が体調を崩して短期間だが入院したりというのがあって、一度田舎に行っておこうと。ほぼ2年行けていないし。
そういう話を三陸出身仲間の会社社長IKHさんとしていると、「行くときは宮城ナンバーのレンタカーを借りるのがよい」と。たしかになぁ… と思いました。

こっちはワクチン接種済みのつもりでいても、はた目にはわからない。一方、多摩ナンバーは一目瞭然である。
冒頭のように制限緩和は提言段階であり、正当な理由ありとしても公序良俗に反するごとくに映る行動は慎むべきだし、あおり運転されるのもイヤだし(笑)。
車は諦め新幹線で日帰りすることにした。


20210907 kisoji-3020210907 kisoji-31


ということで、JR駅で発券しなければならないので仕事の合間に新秋津駅へ… って、ずいぶん長い前振りだぁ~ ゞ( ̄∇ ̄;)


20210907 kisoji-32
裏口?


新秋津駅前ロータリーの「木曽路」。
いまや希少な非チェーン系立ち食いそば店である。


20210907 kisoji-2820210907 kisoji-29
隣の八百屋さん(手前の三角地帯)がなくなって、つくりがわかりやすくなった。「木曽路」は正面建物の右(写真1枚目)と左(2枚目)の両側に入り口がある


立ち食いそばには思い入れがある。


20210907 kisoji-26


前報に「若いころ入った飲食店で覚えているところはほとんどないにもかかわらず、立ち食いそば屋は1回しか入っていないようなところでも覚えていたりする」と書いている。
旅先の駅のホームだったり観光施設だったりと、立ち食いそば的なものは“ハレ”の日の現場であることが多かったりするのである。


20210907 kisoji-2320210907 kisoji-24


注文は天ぷらそば。


20210907 kisoji-25
天ぷらそば(ネギ抜き)


カップ麺的天ぷらがこちらの売りで、このB級感覚は得難いものがある。
そばもけっこうおいしいよ c( ̄▽ ̄)


20210907 kisoji-22


通りすがりに、「あ、すいてる…」って何も考えずに入ったのでアレだけど、もっと違った頼み方もあったかと思う。
次回は天ぷら・コロッケ・玉子で。


20210907 kisoji-21


[DATA]
木曽路
東京都東村山市秋津町5-13-33





[Today's recommendation]

wachat210907.jpg




https://youtu.be/PbkqYOKLt24



20210907 kisoji-34
微妙な朝空

夏の休日 【ますも庵】

2021.07.22

 夏にまとまった休みがあると、昔のお盆みたいだ。
同じように思ったのかどうか、次女が泊まりに来た。
帰省というか、里帰りというか。


20210722 masumoan-11


ちょうど昼飯時に駅に着くというので、外で食事をすることに。
東村山駅近くのそば店「ますも庵」で待ち合わせる。


20210722 masumoan-12


娘のお迎えを兼ねて店まで車で行こうかというくらい暑い。
考えがあってそうしなかったが。


20210722 masumoan-1420210722 masumoan-15


ほかの人も同じように思ったのかどうか、お店はいつも以上に混んでいた。
久しぶりに家族そろって… みたいな。


20210722 masumoan-1620210722 masumoan-17


注文は、肉汁うどん(次女)、かき揚げセイロうどん(相方)、海老天もちそば(わし)。


20210722 masumoan-1820210722 masumoan-19


「ビールって出してます?」と聞いてみる。
「ノンアルコールでしたら」とお店のおばさま。
“考え”というのは“そば屋で昼飲み”であって、あえなく撃沈。


20210722 masumoan-20


緊急事態宣言下においては「飲食店に酒提供の一律停止を求める」が原則のもよう。
「20時まで」とかコロコロ変わるから把握しきれない。


20210722 masumoan-21


まず僕の海老天もちそば。
しっかり香りパツンパツンと締まった食感の十割そば。かつおだしの効いた濃いめのつゆ。


20210722 masumoan-2720210722 masumoan-26


天ぷらはビールのアテ要員でもあるので、飲めないならなくてもよかったかも…。
てか、プリプリ海老揚げたて、ビ、ビール…💦


20210722 masumoan-22


かき揚げは薄くのばして揚げてあり、カリカリで香ばしいのが2枚。
桜えびたっぷりで、ぜいたく感も。


20210722 masumoan-2820210722 masumoan-29


「ますも庵」は武蔵野うどんの隠れた名店。
無漂白粉のうどんは小麦の香りがプンプン感じられる。


20210722 masumoan-23


子どもたちは帰ってくるとうどんを食べたがる。
うどんといえば肉汁うどん。


20210722 masumoan-3120210722 masumoan-30


生まれたときから食べ親しんでいるため、僕ら以上にうどん文化が染み付いているのかもしれない。
帰省して地元の食べ物って、やっぱりお盆っぽかったかも。


20210722 masumoan-2420210722 masumoan-25


[DATA]
ますも庵
東京都東村山市本町2-16-30





[Today's recommendation]

wachat210722.jpg




https://youtu.be/nR7y2wrhUtc



20210722 masumoan-33


狭山丘陵花紀行からの… 【峰英軒】

2021.05.30

 3本前の記事に、Instagramでテーマを決めて統一感を出すということを書いているが、自分がそういうことをやっているわけではない。僕のはむしろトッチラカッてる。

要するに、テーマというのは各人の趣味を指している。
趣味や興味の対象は一つではないし、アレとコレはまるで隔たった世界のようでいて、自分の中では結び付いているかもしれない。
こてこてのとんこつラーメンの帰りに野の花を愛でることもあれば、ぎとぎとのとんこつラーメンを食べて世にも美しいファンタジー小説を思い浮かべることだってあるかもしれない。



https://youtu.be/JZF1xUrD_Fg


ブログにしても、末尾に張る音楽動画を探しているときがいちばん楽しいし、僕自身にとってこのブログはグルメ情報というより好きな音楽にインデックスを付けていつでも聴ける状態にしておくツールという位置づけになっている。

というようなことで、それもこれも…
♪When I shout it out loud ~ (ハイッ!)いっつまいらーい♪
というのがワタシの考えです。


20210530 sayama-11


長い前振りになってしまったが、インスタは見つけた花を記録するのに重宝するということが言いたかった(笑)。

先週ウメガサソウの写真をアップしてハッシュタグを開くとサイハイランの写真を一緒に上げている人が多い。
あ、同じ時期(つまり、今)なのか… とアセッた。
これまでサイハイラン(の葉っぱ)を見つけた中でいちばん確実そうな野山北・六道山公園に行ってみることに。


20210530 sayama-1220210530 sayama-13
ミズバショウ(栽培、左) ヤブレガサ(右)


普段なら自転車で行くところ、午後雷雨の予報が出ているということで、車で野山北公園まで。
これがすごく楽チンだ(当たり前だ)。


20210530 sayama-14


カタクリ群生地の斜面につくられた取り付き道から尾根道へ。
まずは去年11月に狭山丘陵を1周したルートを逆回りに歩き始める。


20210530 sayama-1520210530 sayama-16


このあたりにはカンアオイやチゴユリ、ギボウシ類が多く、ラン科ではキンラン、ギンラン、オオバノトンボソウなどが見られる。
が、比較的どこにでもある印象のサイハイランであるが、いざ探すとまったく見つからないのである。


20210530 sayama-17
出会いの広場

20210530 sayama-1920210530 sayama-18
オオバノトンボソウ(左) カンアオイ(右)


それでも森の中を歩いているだけで気持ちいいので、目的はともかく十分満足。思いがけずエイザンスミレの群生地を見つけ、来年の楽しみもできた。


20210530 sayama-2020210530 sayama-21
六地蔵

20210530 sayama-2220210530 sayama-2320210530 sayama-24
エイザンスミレ(左) ヤブラン(中) サイハイラン(右)


上ってすぐの広場で地図を見て須賀神社の奥の院から里山民家に下るルートをとることにしていた。
その分岐の直前で、ようやくサイハイランに出会う。1株見つけたら次々に出現。


20210530 sayama-25


残念ながら花は盛りを過ぎていたが、なんとかぎりぎりインスタ投稿に絶えられるコンディションではあるかな。そもそもこういうしなだれたような花だし…。
サイハイランは采配蘭と書き、花の様子を戦場で軍勢を率いる際に用いた指揮具“采配”に見立てたもの。


20210530 sayama-26
分かれ道を右へ

20210530 sayama-27


里山民家は今年の春先に偶然見つけた施設で、隣接する岸田んぼとともに日本の里山風景が再現された素晴らしいスポットである。


20210530 sayama-2920210530 sayama-30


コロナが明けたら一緒に行こうと言っていたのでちょうどいいや… ってぜんぜん明けてないけど。


20210530 sayama-31

20210530 sayama-32

20210530 sayama-33

20210530 sayama-34

20210530 sayama-35

20210530 sayama-36


田んぼでは子どもがチョウチョ追っかけたりザリガニ捕まえたりしてます (≧∇≦)b


20210530 sayama-3720210530 sayama-38


縁結びの須賀神社にお礼ともう一案件のお願いを兼ねてお参りして、さて昼ごはん。


20210530 sayama-39


ここから野山北公園の駐車場まで下の道のルート上にあるお店は、うどん、ラーメン、うどん、うどん、うどん…。


20210530 sayama-40


1軒目のうどん店が定休日で、2軒目のラーメン店は青梅街道に電光看板が出ていて遠くからでもやっていることがわかる。


20210530 sayama-41


ここまでけっこう歩いたし(あとで測距したら5kmちょっと)、時刻も11時半。
腹が、減った……


20210530 sayama-42


「峰英軒」は“神社ラーメン”の愛称で親しまれている。
1300年前に創立された古社・十二所神社の外門の後ろに店を構える門前の“中華”そば屋である。
こちらも相方が興味を示していたお店だが、自転車ではちょっと遠くてどうか…? となっていたので、今日はちょうどよかった。


20210530 sayama-43


これまで2回入っていずれも僕以外に客はいなかったが、今日はほぼ埋まっている。
ほとんどが常連さんだ。


20210530 sayama-46


混んでいてもお店のおとうさん、おかあさんはパニックになることなく粛々とこなしており、これが通常の神社ラーメンの姿なのであろう。


20210530 sayama-4420210530 sayama-45


注文は、僕がラーメンとカレーライスセットで、相方がつけめんコロッケ付き(ゴマ汁、小1玉)。


20210530 sayama-47

20210530 sayama-50

20210530 sayama-49


つけめんは麺の量が大中小とあり(値段は同じ)、小ではワリが悪い感じもあるが、ほかのテーブルの料理を見るとどれもすごい量である。
はっきり言って、普通の人は小で正解。

で、僕のセットは大丈夫か… (・Θ・;)


20210530 sayama-48

20210530 sayama-51

20210530 sayama-52

20210530 sayama-53


鶏ガラスープに細縮れ麺の小池さんのラーメン的ラーメン。肉は見つけられなかったがじゃがいもゴロゴロがうれしいリンゴとハチミツ的あまーいカレー。昭和の大衆食堂にタイムスリップしたような感覚。
内容は満足だが、量はさすがに多かった。


20210530 sayama-55


十二所神社にお参りして野山北公園へ。
コロナ禍で街に行かなくなり、その分こっち方面に来ることが増え、狭山丘陵は家の裏山に近い感覚になってきているかも。
健全といえば健全なライフスタイルであり、これもIt's My …?


20210530 sayama-54


[DATA]
峰英軒
東京都武蔵村山市三ツ木5-13-1





[Today's recommendation]

wachat210530.jpg




https://youtu.be/vx2u5uUu3DE


緑深く幽玄な 【彩翔亭】

2021.04.25

 新所沢まで電車で行って歩いて帰ってくる予定だったが、腰だったり膝だったり、2人ともどこかしら痛みを抱えていて、不安になって1駅手前の航空公園で降りた。
1年前に比べて明らかに身体がガタついている。
これは僕らに残された時間がそう多くないことを端的に物語っているのだね(笑)。

そんな年寄り予備軍の貴重な1年を棒に振った感は否めない。
コロ助許すまじナリー ٩( `○ヮ○´)۶(←似てねー(笑))


20210425 saishotei11


所沢航空発祥記念館前広場で行われている“暮らすところマーケット”に並ぶ若者の長蛇の列を尻目に、日本庭園茶室「彩翔亭」へ。


20210425 saishotei12


前々から気になる存在だったが、ちょっと敷居が高そうでもあり、(何度目かの)下見ということで門から内部をうかがう。


20210425 saishotei13


立て札に「茶のみ処」と「日本庭園」のオープン時間が別々に書いてある。
あ、庭園の散策だけということでも入園できるのね(入園無料)


20210425 saishotei14


初めて門をくぐる。
「茶のみ処」の入り口にのれんが掛かっていて後ろ髪引かれるものがあるが、あくまでも下見ということで…。


20210425 saishotei15


茶室の棟を回り込むと、純和風の庭園が広がっていた。


20210425 saishotei22


灌木の植え込みの向こうにクスノキやメタセコイアといった公園の高木が立ち並び、メイン広場のすぐ近くとは思えない静かで緑深い空間デザインとなっている。まさに別世界。
頻繁に訪れる航空公園に、こんな場所があったとは。


20210425 saishotei16


池の向こうでは花嫁・花婿の写真撮影が行われている。
コロナ禍で、式や披露宴を行わず挙式風の記念写真を撮影するフォトウェディングが人気という。
こういう場所でならば、低俗な披露宴の何十倍もよい思い出になるに違いない。


20210425 saishotei17


池に注ぐ小川に架かる平橋が、茶のみ処の表側の入り口になっている。

「やっぱり入りたいんでしょ?」と相方。
「はい」


20210425 saishotei18


室内は感染防止対策として1方向の座席配置で、庭園鑑賞する形にはなっているが、各テーブルに1人まで。それでは味気ない。
「外の席でしたら」と、入側前にしつらえられた席に案内してもらう。そこなら2人並んで座れる。


20210425 saishotei19


狭山茶の本場だけに、品書きに狭山茶と書いてあるまっ茶セットとせん茶セットに。
お菓子はそれぞれ、ねりきり“花菖蒲”と豆かのこ“こいのぼり”。


20210425 saishotei20


「どちらのお菓子ですか?」
「秋津の『宝来屋』さんです」


20210425 saishotei21


最前よりの気取らない接客に加え、地元(所沢よりむしろ僕らの地元)の和菓子屋さんということで、ぐっと敷居が下がったのである。


20210425 saishotei23


まっ茶は狭山のブランド茶“明松(みょうしょう)”とのこと。


20210425 saishotei31


日常に隣り合った異空間に時を忘れる。


20210425 saishotei2420210425 saishotei25


せん茶の甘味とうま味は3杯目を出しても味わえる。


20210425 saishotei32


季節感を大切にするのが和菓子の世界。
いまは現実世界でなかなかそれが実感できない。


20210425 saishotei35


2年前の改元の10連休で東北旅行したときに入った宮城県登米市の古民家カフェ「春蘭亭」を思い出した。
ごく身近な場所でもこんな非日常を味わえるんだから、わざわざ出かけなくてもいいよね。
いや、むしろ、どこか遠くへ行きたい気持ちは募り…。


20210425 saishotei34


[DATA]
彩翔亭
埼玉県所沢市並木1-13 所沢航空記念公園内
http://tokorozawa-kokuu.com/chasitsu/





[Today's recommendation]

wachat210425.jpg




https://youtu.be/ZUXviJxS-Aw


辺縁系茶色い食卓 【中村屋】

2021.03.31

 東村山市では街外れに位置する精肉・惣菜店の事例が多い。
多摩湖町の「肉の八萬」、富士見町の「日乃出精肉店」、青葉町の「津南精肉店」、諏訪町の「中村屋」…。
市の端っこの辺縁系グループと分類できよう。

立地の共通点を無理やり挙げるとすれば、URや都営アパートに近いことか…?
昔ながらの需要層に支えられていることは間違いないと思う。


210331 nakamuraya-21


「晩ごはんお願いしたい。餃子かなぁ…。コロッケでもいいよ」と。
ならば両方売ってるお店へ行きましょう。
ということで「中村屋」へ。


210331 nakamuraya-22


こちらで餃子を売っていることは通りすがりに横目でチェックしてある。
“肉屋のシューマイ”は“肉屋のコロッケ”にも劣らぬ定番アイテムだが、“肉屋のギョーザ”はそう多くないので気になっていた。


210331 nakamuraya-23210331 nakamuraya-24


が、いざ買おうと思ったら、並んでいるのは生餃子。
夕方バタバタするので惣菜… という流れだけに、生餃子ではちょっと…。残念。


210331 nakamuraya-25


コロッケのほかにハムかつ、うずらフライ、鶏カラアゲを買う。
#茶色い食卓 になってしまった。


210331 nakamuraya-27210331 nakamuraya-26


あとで気づいたんだが、餃子が駄目ならシューマイ買えばよかったのね… (〃 ̄ω ̄〃ゞ


210331 nakamuraya-28


お肉屋の惣菜は懐かしい匂いがする。
昔のデパ地下の匂いがする。

匂いによってよみがえる、過去の記憶。
辺縁系だけに。。。 ヾ( ̄ω ̄o)


210331 nakamuraya-29210331 nakamuraya-30


[DATA]
中村屋
東京都東村山市諏訪町2-6-85





[Today's recommendation]

wachat210331.jpg




https://youtu.be/1S3EgFuo6ak



210331 nirinso
ニリンソウ


春は♪ 【あけぼの三隆 新秋津駅前店】

2021.03.09

 久米川には“持ち帰りずし・弁当&和菓子”のお店が多い… ということで1週間前に立て続けに3店取り上げたが、市内にはほかにも似た業態のお店がある。並べてみたくなるのが人情というもの。
真っ先に思い浮かぶのが新秋津駅前の「あけぼの」。


210309 akebono-22


ただの「あけぼの」と覚えている人も多いと思うが(ワタシがそうでした m(_ _;) m、正式には「あけぼの三隆」というらしい。“あけぼのみたか”と読むらしい。「のりの太丸」の系列らしい(←それは知ってた)

春って曙よ!
ということで、華やぎの和菓子を求め「あけぼの三隆 新秋津駅前店」(長っ…)へ。


210309 akebono-12210309 akebono-13


和菓子の魅力は色味にある。
春の色は桃色、桜色、苺色。和菓子でいえば、桜餅、道明寺、いちご大福…。


210309 akebono-14210309 akebono-15


お店の右サイドに漆器の番重が並び、そこには桜道明寺、よもぎ桜もち、桜もち、豆大福、いちご大福、よもぎ餅… と、さすがにポイントを押さえた品ぞろえ。
が、桜もちの札のところに品がない。


210309 akebono-20


キョロキョロ探してみると、店の真ん中に無造作に置かれたコンテナに、大量の桜もち。しかしすべて4個パックだ。

「桜もち単品はないんですか?」と聞いてみる。
「えーと…」と、和菓子の番重をのぞき込むおねえさん。「売り切れちゃいました」


210309 akebono-18210309 akebono-19


個食の時代、日配品4個パックというだけで違和感を覚えるほどで、それをこれほど大量につくってさばけるんだろうか… と心配にもなるが、売れるから用意するんだろうな。
客層がナゾ… というより、弁当の種類の多さなどからして単純によく売れる店なんだと思う。


210309 akebono-21


道明寺といちご大福、それに和菓子コーナーの隅に並ぶアマビエまんじゅうを各1個ピックアップ。


210309 akebono-25-2210309 akebono-26-2


さて、アマビエまんじゅう、去年6月に一度買っている。もしかしたら第1号の客だったかもしれないというくらいに縁があったんだが(詳しくはインスタをご覧ください)、そのときの商品形態がこれ(↙↙写真左)。シール貼っただけかーい! と激しくツッコんだものである。


210309 akebono-23-2210309 akebono-24-2


今回(写真右↗↗)は焼き印が押され、確実にレベルアップしている。
MPも上がってそうだ。

疫病退散! ( ̄0人) >>>>>>


210309 akebono-28


[DATA]
あけぼの三隆 新秋津駅前店
東京都東村山市秋津町5-25-13
https://norinodaimaru.com/





[Today's recommendation]

wachat210309.jpg




https://youtu.be/vtrhVEOteVM



210309 akebono-27
シロバナタンポポ


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2