FC2ブログ

旬のフルーツたっぷり! 【お菓子屋Heureux】

2020.10.04

 経緯は忘れたが、「お菓子屋Heureux(ウルー)」はこの町に住んで初めてひいきにしたケーキ屋さんだったと思う。
ホームページを見ると2008年オープンとあるが、もっとずっと昔からあったような感覚。
ちなみにこちらのルーツは青葉町商店街にあった昔ながらのケーキ屋さんだ。


20201003 heureux-26


そんなこともあって会員登録した時期が早かったんだと思うが、案内はいまだにワタシのPCアドレスに来る。
“10月11日は○○さんのお誕生日ですね。おめでとうございます。”


20201003 heureux-25


うちには10月生まれが2人いるので、このクーポンの案内が2回来ることになっている。
4人家族だから年4回。
それが何年続いているか。

ケーキ8%引きのバースデークーポンを使って、バースデーケーキを購入。


20201003 heureux-23


季節柄、モンブランは外せないな。
栗クリームはラム酒の香りがよく上品な味わい。
初めて食べたとき、中に生クリームとカスタードが入っていて、見えないところに凝ったつくりがうれしかったことを思い出した。
いまはガラスケースに手書きのイラストを張って親切な案内をしている。


20201003 heureux-21


もうすぐシーズンが終わりそうないちじくに惹かれて、いちじくタルトも選ぶ。


20201003 heureux-22


軽い口当たりが魅力のフランボワーズはわが家の定番。


20201003 heureux-2920201003 heureux-30



このように、ホールケーキをカットするのもいいが、いろいろな味が楽しめるからピースで買うことが多い。
どれも作り手のこだわりと確かな腕が感じられて、買ってうれしいケーキなのだ。


20201003 heureux-28


年4回の頻度でも、街のケーキ屋さんで買う特別感を忘れさせないでいてくれる、貴重なメッセージ。


20201003 heureux-27


[DATA]
お菓子屋Heureux(ウルー)
東京都東村山市本町3-8-14
http://www.heureux.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat20201004-1.jpg




https://youtu.be/vh8kDs9GR4s


ゆったりな時の流れのデミグラスソース 【サンエトワール 玉川上水】

2019.08.25

(ワンコインランチシリーズは日曜日につきお休み。まだまだ続く予定…♪)

 夏の間の活動度の低下で関節がさびついているようで、自転車をこぐとき左膝にイヤな痛みが走る。こういうのはひたすら歩いて潤滑をよくするしかないと、体育会的バカ頭はいくつになってもそういう考え方をするんだが、さすがに木陰じゃないと… (-"-;A …


190825 saint etoile-31


散歩コースは始点と終点が自宅駅沿線の駅であることが望ましい。
今回は西武国分寺線・鷹の台駅から西武拝島線・玉川上水駅まで4kmちょっとのルート。土地勘のある人ならおわかりかと思うが、ひたすら玉川上水沿いに林下を歩くわけである。

計画したわけではないが、12時半に玉川上水駅という行程となった。
お昼ごはんは…?


190825 saint etoile-35


この駅はエアポケット的になじみがない。
ちょっと歩いてみて、駅前にもかかわらず飲食店が少ないのにびっくり。少ない中にもフレンチやイタリアンが複数見つかるところが不思議。


190825 saint etoile-11


駅舎を通って北口へ。
唯一知っているお店といえる、一昨年の「ひがしやまとスイーツウォーキング」のときに立ち寄ったパン・洋菓子店「サンエトワール」。
イートインコーナーがあって軽食くらいはできそうと、そのときチェックしてあった。


190825 saint etoile-13


お店の前にランチの幟と看板。
手作りシチューと煮込みハンバーグ。どちらもライス・パン・サラダ・コーヒー付きのセットで1000円。


190825 saint etoile-12


その両方をオーダー(レジで前払いシステム)。


190825 saint etoile-15


「サンエトワール」はいかにも昔のフランチャイズ的店構えだが、あとで調べてみると山崎製パンのベーカリーのようだ。


190825 saint etoile-14


ただしHPの店舗一覧にこの玉川上水店は載っていないので、独立という形なのか、契約更新をしなかったのか…。昭和のころの商いはいまよりずっとのどかだったのだろうな。

ほぼベーカリー業態の他店と違って洋食レストランのようなシャレたお料理がいただけるお店であると、すぐに納得させられる。


190825 saint etoile-18190825 saint etoile-19


サラダに続いてパン。
パンに続いてライス。
…え?


190825 saint etoile-20


“ライス or パン”でなく“ライス・パン”と書いてあるとおり、両方来る。
「本日は鮭ご飯になります」と、サービス係のおねえさん。


190825 saint etoile-21


ハンバーグもシチューも同じデミグラスソースでとても昭和な感じ。


190825 saint etoile-22-2


ハンバーグにはパン粉どころか大きなパンの塊が入っていたりと、つなぎが多いながらも手作り感があって好印象。


190825 saint etoile-23-222


ビーフシチューはよく煮込んだ肉がほろっと崩れて、なかなか本格的だ。
どちらにもジャガイモ、ニンジン、ブロッコリーが入って野菜たっぷりがうれしい。


190825 saint etoile-24


食べ終わるころあいでコーヒーが出る。
店内の時間の流れは明らかに外界よりゆったりしている。


190825 saint etoile-25190825 saint etoile-29


桜が丘団地内のマンション1Fで、お店はSince 1984、団地の歴史と重なる。
帰りにクッキーシューを買った。
いまではなかなか味わえないバタークリームのシュークリームだった。


190825 saint etoile-30
化粧箱に3個入らず別包装という規格外のサイズ感(笑)


[DATA]
サンエトワール 玉川上水
東京都東大和市桜ヶ丘3-44-32





[Today's recommendation]

wachat190825.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/UNS3sQDPbg4


季節のフルーツをケーキに 【猫のあんこ焼き菓子店】

2018.10.22

 一橋学園の「学園坂タウンキッチン」で月曜日に営業している「猫のあんこ焼き菓子店」は季節の果物のタルトを焼いている。
季節はぶどう、いちじくからりんごへと移ろっていく。
秋の果物でいちばん好きなのが、柿。


181022 nekonoanko-11
2週間前、熟成中の柿


2週間前にバースデーケーキをお願いしたとき、ぶどうのタルトを焼いてくれたが、僕が柿柿言うものだから、「柿にしようかとも思ったんですが…」と、あんこさん(←店主のおねえさん)。
そのときは仕入れた柿が熟しきらなかったとのこと。
で、追熟中の柿がテーブルに置いてあった。


181022 nekonoanko-12


その1週間後。
「ヤバい! 爆発しそうに熟れて」とお店Facebook。「今このタイミングでタルトにしたいです。でも次回出店は22日(月)…」


181022 nekonoanko-16 181022 nekonoanko-17


ということで、一応Facebookで予定を確認して(いちじくのタルト、柿のタルト、林檎キャラメルタルト、プルーンのタルト… とあった)昼すぎに伺った。


181022 nekonoanko-14


柿のタルトがたくさん並んでいて、安堵。
例の爆発しそう案件は、冷蔵庫で鎮静化させることでなんとかなった、と。


181022 nekonoanko-18


柿のほかに、いちじくとプルーンを買う。


181022 nekonoanko-21


焼き目のついた柿のタルト。
干し柿を思わせる十分な和の甘さが、いいね。


181022 nekonoanko-19


対照的にプルーンは酸味と香りがあって、洋菓子らしい華やかさ。
まだ日中に暑さが残るこの時期は生のタルトもおいしくて、ピスタチオののるフレッシュないちじくもまたよし、でした。


181022 nekonoanko-15


また次の出店日に向けて、柿4個追熟中。


181022 nekonoanko-20 (2)


[DATA]
猫のあんこ焼き菓子店
https://ja-jp.facebook.com/nekonoanco/
東京都小平市学園東町1-16-1 学園坂タウンキッチン
http://koakinai.wixsite.com/home



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=PMbmGd8afWs



wachat181022.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


弁当屋さんがかなえた夢 【じゃがいも】

2017.02.24

 東村山駅周辺の昭和的食堂といえば「ひの食堂」が抜群の存在感を放っているが、かつて住んでいた地域の実力派といえば「ますや」と「じゃがいも」だった。だからわしらにとってこの2店はいまだに、名店ひのにも劣らぬ地元の誇り的存在なのである。
じゃがいもは、府中街道の向かい側のいまよりずっと駅寄りで営業していたころ、すなわち「じゃがいも弁当」時代から利用させてもらっている。

駅の周辺に2軒、チェーン系の弁当屋があるが、そんな店を使っている人が気の毒に思えた。ちょっと足を延ばせばじゃがいも弁当があるのに、と。
移転してからは、斜向かいのファミレスに入る人がアホに見えた。わしもそのころアホみたいな顔してたまにファミレスを利用していたが、あるときハンバーグを食べたら気持ち悪くなって、以来洋食系ファミレスには一度も行っていない。

この店ができたとき、店主の夢がかなったんだろうなと思った。つまり洋食屋さん。
あと小さなかわいらしい西山製麺の暖簾がかかった。ラーメン屋さんもやりたかったんだ。こっちはおかあさん主導なんじゃないかと僕はみている。ラーメンのスープは業務用っぽいのだが、それなりに仕上げてくるあたりはさすが。
さらに弁当屋も継続していて出前までやっているから、昼時は大忙しだ。


jagaimo1-13.jpg


唐揚げ定食540円+税。汁ものはみそ汁を選択(千切り大根と豆腐とワカメ)。
唐揚げにマヨネーズを添えるか聞かれる。家ではマヨネーズを使いすぎると家族にばかにされるので、こういうところでもミエを張って「なしで」と答えてしまう。
大ぶりの唐揚げがゴロゴロ。ニンニクが効いていてご飯が進む。

あと、じゃがいもを名乗っているだけあって、ここのポテトサラダはたいへん美味だ。ほぼジャガイモのみでつくられている純粋ポテサラは、お店のメルクマール的一品なのだと思う。


jagaimo1-12-2.jpg


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26







https://www.youtube.com/watch?v=heYL3nU4aQw


Latest Articles
安い=ウマい! の法則 【ミートショップいのうえ】 Aug 01, 2021
暑気払いの和菓子 【福栄堂】 Jul 30, 2021
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2