FC2ブログ

お高いようで、意外に…? 【たかはしや】

2021.08.01

 午後に所沢の松が丘に用事のある人がいて車で送っていくことになっており、早めに出て青梅街道を西へ。
東村山駅から2.5kmほどの目的地へ30km以上の大回りで向かおうというわけである。

なんというか、家にいるのがキツい。
「オリンピックはとてもステイホーム率を上げている」と都知事は言うが、関心のない人間はどうせよと。もともとテレビはあまり見ないが、ニュースや天気予報の枠にまでオリンピック中継に食い込んでこられるのはストレスである。
平時であれば新宿や吉祥寺に出かけているところ、そうもいかないので、車で少し遠いところへごはんを食べに行くというケースが多くなっていると。


20210801 takahashiya-11


青梅街道・箱根ケ崎交差点に割烹風の日本料理店がある。


20210801 takahashiya-12


ときどき書いているが、昨年来、こっち方面に自転車で来ることが多くなっていて、当然、街の情報にも詳しくなっていく。
日本料理「たかはしや」は、交通の要衝・箱根ケ崎宿の昔の賑わいをしのばせるかのような古い街並みの外れに位置し、由緒あるふうな構えもあって気になる存在。
1人では入りづらい雰囲気で、まさにこんなシチュエーションのためにとっておいたようなお店である。


20210801 takahashiya-13


1974年創業。
1573(天正元)年創建という圓福寺の門前に位置することもあってか法要など会食需要が多いようで、店のつくりもそれなりに格式高い。お値段もややお高い (;^_^A


20210801 takahashiya-1720210801 takahashiya-18

20210801 takahashiya-1920210801 takahashiya-20


きのこおろしそばとヒレかつ重を注文。


20210801 takahashiya-15


ざっと通路を挟んで右がテーブル席、左が座敷席というつくりで、テーブルは1つずつボックスに仕切られプライバシーに配慮されている。
その点はコロナ禍において大きなアドバンテージになるので強調しておきたい。


20210801 takahashiya-16


ちなみに見える範囲で座敷席は畳用テーブルセットとなっていて、足の悪いお年寄りへの配慮も行き届いている。
女性店員さんの接客は、丁寧かつ親身&すごく気さく (≧∇≦)b


20210801 takahashiya-24


そばはぶっかけタイプ。
写真ではいまひとつ豪快さが伝わらないが、盛り付けは30cmかそれ以上という大皿に、どぉーんと。


20210801 takahashiya-25


きのこはブナシメジとエリンギ。
そばは国内産そば粉使用の自家製とのこと。


20210801 takahashiya-26


ところかまわず手繰ってはズズッとすする。つけそばのように粋とはいかないが、痛快である。


20210801 takahashiya-21


ヒレかつ重は見るからにボリューミーだが、食べてみると見た目よりもっと重量級。分厚いカツが、面積の大きい浅鉢の表面をびっしり覆っているのだから。ご飯の量もきっぱり多く。


20210801 takahashiya-22


かつはデカいが脂身のないヒレかつだからペロッと食べられる。味付けもくどくなく上品。


20210801 takahashiya-23


“お高い”という印象は間違いで、このヒレかつ重などオトクと言っても過言でない。


20210801 takahashiya-14


高いわけではなく、安い選択肢の少ない… としたほうが的確。
今回の組み合わせはお値段以上の満足度といえる。
これなら、たとえばうな丼2350円(持ち帰りなら2070円)も、かなり期待できるかも。


20210801 takahashiya-27


[DATA]
たかはしや
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎135
https://mizuho.shop-info.com/takahashiya/





[Today's recommendation]

wachat210801.jpg




https://youtu.be/UIArwjfCClk



20210801 kamakiri-22
ハラビロ? カマキリ 3齢? 幼虫


元気が出るテイクアウト丼 【花暖(KADAN)】

2020.05.10

 「#東村山エール飯」のSNS投稿を見ていると地元飲食店事情に通じた人がたくさんいるものだなぁと感心させられるが、そりゃあもともとの地元の人にすれば昔から出前をとってる中華屋だったり、同級生んちのすし屋だったり、友だちが始めた洋食屋だったりといったケースは珍しくないだろうから、よそ者のわれわれとはお店との距離感が違うだろうし、それだけに思い入れも大きいと思うのだ。
いざというとき助けになるのは人のつながりである、と。


20200510 kadan-11


このたびお昼ごはんにテイクアウトしたのは「花暖」の焼き肉弁当。
ランチで食べた焼き肉がおいしくて夜も来たいと思っていたが、予約がいっぱいで入れなかったりと、結局再訪できないまま3年近くが過ぎてしまっている。


20200510 kadan-13


テイクアウトはどのお店もそうだと思うが予約したほうがいい。
用意するほうにとっては仕入れの都合があるし、買いに行く側としては待たずに手にできる。
わかってはいるがなかなか予定を立てるのが下手なもので、12時を過ぎていきなり店を訪れた。牛焼肉丼980円と豚丼680円を注文。


20200510 kadan-14


20分くらいでできるとのことだったので、近くの空堀川をぶらぶら。
暑くもなく寒くもなく、風は心地よいし、新緑は目にまぶしい。1年でいちばんいい季節を自粛で過ごさなければいけないなんて…。


20200510 kadan-15


家に帰ってふたを開けると、香ばしい肉の香りと一緒に炭の香りが立ち上る。ガスコンロでは絶対できない香り。鼻腔をくすぐられ、食欲増大。


20200510 kadan-17


牛焼肉丼はカルビ、ハラミ、ロースの3種、豚丼は肩ロースとバラ肉。
どちらのどんぶりにも共通するのが、とにかく肉がたっぷり。普段のランチサービスなどよりもさらにオトク感がある。


20200510 kadan-16


以前、焼き肉ランチをいただいたときはきっぱり甘めのタレが印象に残っているが、このどんぶりは甘さ控えめ。
炭火で香ばしく焼き上げられていて、冷めてもおいしくいただける。


20200510 kadan-18


肉を焼くには長い20分という待ち時間は、ご飯を炊く時間じゃないかと思った。
だって、炊きたてのおいしさなのである。
そういうきめ細かいオペレーションもうれしいよね♪


20200510 kadan-12



[DATA]
花暖(KADAN)
東京都東村山市栄町2-14-26
http://yakiniku-kadan.jp/index.html





[Today's recommendation]

wachat20200510.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=a9HWo4THnHA



madonna-12.jpg
「ホームベーカリー マドンナ」


四十余年、おつかれさまでした 【狩勝】

2018.12.06

 3週間前に伺ったとき、12月いっぱいで閉店すると聞かされた久米川のサッポロラーメン「狩勝」だが、その後お店の外面に変わったところはなく、淡々と毎日が過ぎていった。
表に閉店のお知らせの張り紙がされるでもなく。


181228 karikachi-12


「お客さんみたいな人、ときどきいるんだけど、今度来たとき『あれ? いつの間にか閉まってる…』ってなるかな…」とお店のおかあさんが言っていた。
僕みたいな、とは常連にはいないタイプという意味だと思うが、そういうところには口づてに伝わることもなく、つまり表立って告知しないままひっそり閉めようという腹づもりかも… と感じた。


181228 karikachi-13


なので躊躇するところもあったのだが、でも自分ならそれはイヤだな、「あれ? いつの間にか…」となりたくないなと思ったので、少しでもお店のファンの方に伝わればと、前回あえて記事にした次第である。


181228 karikachi-14


「もう1回、来れたら来ます」と言ってあった。
できれば家族そろって行きたいが、年末ぎりぎりでないと都合が合わない。12月いっぱいといってもいつまでやるのか? 「銀行は28日までだしねぇ…」とおかあさんは言っていた。
結局、大っぴらな告知は出ていない。
最終日の可能性のある28日に相方だけでも一緒に、ということになった。


181228 karikachi-15-2


のれんが掛かっていて、ひと安心。
お店に入ると、テレビ台に張り紙がしてあった。

“12月末日をもって閉店することになりました。四十余年の御来店、有がとうございました”

「年末、最後までやることにしたんですか?」と聞いてみる。
「やらないわよ。明日まで」とおかあさん。
やっぱりぎりぎり危なかったわけだ。


181228 karikachi-16


注文は決まっている。
「狩勝」ではかわりばんこに食べてきた、みそラーメンとしおラーメン。それに餃子1皿。
体力的に作るのが大変になったという話はだいぶ前に聞いていたので、同時に作れると思っていた、みそとしおを頼んだわけである。


181228 karikachi-17


しかし、まずしおラーメンが来て、みそがやって来るまでにそれから4分かかった。

その間に餃子。
家族で入って餃子2皿頼むと、半分は決まって失敗して(ひっついて皮が破れちゃって)値引きしてもらっていた。小さいが餡がみっちり詰まっておいしい餃子なのだ。
今日の焼き面カラッとした焼き上がりは、過去最高傑作かも。


181228 karikachi-18


明日閉める店なのにサービスメニューは普通に継続中で、レギュラー価格550円のみそラーメンは500円。
いちばんたくさん食べたのは、やっぱりみそラーメン。
しんみりする…


「40何年、ずっと変わらないまま来たのよ、私たちは」とおかあさん。「でもこのあたりはすっかり変わっちゃった」


181228 karikachi-21


こういうことはこの先も避けられないだろうが、「狩勝」のおかあさんの最後まで明るく朗らかなキャラは救い。
お店は閉じてもこのあたりで暮らしていることに変わりはない。
これからも、街でひょっこり出会うことがあると思うよ。


181228 karikachi-11


[DATA]
狩勝(かりかち)
東京都東村山市栄町2-7-1





[Today's recommendation]

wachat181228.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=F2aEikKiGcc


GW初日は近場であれこれ 【得得市場】

2018.04.28

 夜は久々に家族がそろうので、鮮魚を買いに得得市場(東久留米卸売市場)へ。
相方はなぜか業者モードのスイッチが入って、8時ごろには出掛ける気満々。
市場のあともいろいろやることがあるので、やっぱり早めに出て、8時半すぎには現地に。


180428 tokutokuichiba-36


この時間でも出入りの車や人出は多い。
業者だけでなく、われわれのような一般客も少なくない。


180428 tokutokuichiba-37


大きい鮮魚店・卸2社を中心とする奥の棟は、すでにピークを過ぎているような気配も漂う。
実際、卸のマグロ刺し身パックのケース前では「この時間にして、早くも残りわずか!」と若手社員。
とりあえず「東京北魚」と「柴源」の鮮魚を見比べて、購入前にひと通り場内をぶらぶら。


180428 tokutokuichiba-11180428 tokutokuichiba-12180428 tokutokuichiba-13
アンデス食品

180428 tokutokuichiba-14180428 tokutokuichiba-15180428 tokutokuichiba-16
柴源

180428 tokutokuichiba-17180428 tokutokuichiba-18
ササキミート、三基フーズ

180428 tokutokuichiba-19180428 tokutokuichiba-20
東京北魚

180428 tokutokuichiba-21180428 tokutokuichiba-22180428 tokutokuichiba-23
Cafe漕人

180428 tokutokuichiba-24180428 tokutokuichiba-25
丸八水産、近江フーズサービス

180428 tokutokuichiba-26180428 tokutokuichiba-27180428 tokutokuichiba-28
のりの太丸、魚沼の庄

180428 tokutokuichiba-29180428 tokutokuichiba-30
柏木、かぼ久よこがわ

180428 tokutokuichiba-31180428 tokutokuichiba-32
宮田商店、大東青果

180428 tokutokuichiba-33180428 tokutokuichiba-34180428 tokutokuichiba-35
海鮮市場食堂、丸平海産、市場のおばちゃん食堂


「柴源」で生メバチマグロ(千葉産)、天然ブリ(高知産)を購入。
「あのカツオ、あとで柵になったりします?」と聞いてみる。
「あれは小さいから…。半身までかなぁ」と、親切な店員さん。

「東京北魚」ではおいしそうなヤリイカを買うことに。さっき回ったときより数が減っていて、残り2枚。
「2枚買わないとダメかな…?」ということで、相方が近くの社員さんに聞きに行く。
「1枚でいいすよ」と社員さん。
ひと言ふた言交わした相方が仰天してる。支払い所から戻ってきた相方のひと言に、僕も仰天。
「700円もした」
「えー!?」
「ヤリイカじゃなくてシロイカなんだって。まあ、せっかくだからさ」
マグロとブリで500円ちょっとだから、ものすごいイカの買い物であった。

そのあと駐車場の花屋でバーベナを購入して市場をあとにする。


180428 tokutokuichiba-38


八坂のぞうさん公園へ移動。
先日、「翁寿司」で抽選券をいただいた八坂商店会の抽選会が行われている。
ちょっと使いそうにない景品ばかりだったのでどうかと思ったが、せっかくいただいた券を無駄にするわけにはいかないのだ。


180428 yasaka-11180428 yasaka-12180428 yasaka-13
180428 yasaka-14180428 yasaka-15180428 yasaka-16


しかし、僕らが並んでから列が進まない。
見ると、福引のガラガラ(正式名称:新井式廻轉抽籤器)が不具合を起こしたらしく、商店会のおっちゃん連中が分解して復旧を試みている。
「こんなの初めてだな」「寿命ってあるのかな…?」というつぶやきが聞こえてくる。
ポンコツ、ロートル… などの用語が頭をよぎり、いろいろ考えさせられるなぁ(笑)。

オーバーホール? でよみがえったポンコツで4回ガラガラ。
全部「C」。
景品は「A」がナショナル(←注:パナソニック)強力マルチライト、「B」が洗剤2種、それ以外は全部「C」。
それにしても、洗剤がBで、なんで傘がCやねーん!

先日「いらない…(笑)」と言ってた相方、さっそく日傘の恩恵にあずかる。


180428 yasaka-17


清瀬にワープ。
明日の朝食のパンを買いに、相方お気に入りの無添加パン工房「あいらんど」へ。


180428 island-11180428 island-12
180428 island-13180428 island-14180428 island-15


この日はお買い得品が多く、食パン1斤、玄米パン1斤、くるみパンハーフ×2と買って、合計545円。


180428 island-16


清瀬駅方面へ向かう途中、救世軍清瀬病院のバザーに遭遇。
せっかくだからのぞいてみる。
相方が見つけたトルコ製のカラフェは、なかなかのめっけものだった(100円)。


180428 salvation army-11180428 salvation army-12180428 salvation army-13


この時点でちょうど12時。朝早くから動いているので空腹もピークに。
バザー会場では食べ物もいろいろ売られていて、ふらふらと引き寄せられそうになる。
しかし、さっきから気分は〇〇焼きそば。屋台のソース焼きそばじゃない。

救世軍をあとに、清瀬駅方面に向かう。 (つづく?)


180428 salvation army-14


[この日の購入品 & 戦利品]

180428 tokutokuichiba-41180428 tokutokuichiba-42
180428 tokutokuichiba-43180428 tokutokuichiba-40
180428 tokutokuichiba-44180428 tokutokuichiba-45180428 tokutokuichiba-46


[DATA]
得得市場(東久留米卸売市場)
東京都東久留米市下里5-12-12
https://tokutoku-ichiba.or.jp/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=FlZGJBFvd2g



chat180428-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


おしることニラ焼きと、常滑焼と 【うたたね】

2018.03.24

 出かける前に郵便受けをのぞくと1通の手紙が届いている。
差出人は「うたたね」とある。
あ、お願いしていた案内かな、と思った。

出先の昼食の席で開けてみた。
卯月(第9回)落語の会「喫茶庵・うたたね ―ねぼけ会―」のチラシ。
演目は安田康子さんの『天狗裁き』。
B5判の三つ折りが長形4号白無地の二重和封筒に入っているあたり、古風な折り目正しさを感じる。


utatane180324-31.jpg


メッセージを記したはがき2枚が同封してあった。
1枚は落語会とお食事会のご案内とお誘い。もう1枚には次のように書いてある。
「店のお客様より、うたたねの紹介文をみせて頂きました。本当に有難うございました」
どなたかこのブログの以前の記事をご覧になった方が、うたたねの店主さんに教えてくださったということのようなのだ。


utatane180324-12.jpg


このブログを始めてまもなく1年になるが、このような反応をいただいたのは初めて。
店主さんはインターネットをやらない方だから、僕の発信がアナログ変換されて返ってきたわけである。
その不確かなようでいて必然的にも思えるプロセスには情報伝達の抱える課題と対策がいろいろ含まれるようでもあるし、それだけにかけがえのないメッセージにも感じられる。


utatane180324-27.jpg


そもそも、こちらからごあいさつに伺うのが筋なのではないかという気もする。
冬の間に一度おしるこをいただこうと思っていて、1カ月ほど前の日曜日に一度伺ったが、休みだった。日曜はレコード鑑賞会を行うので喫茶は休みと聞いていたことを思い出した。
あれこれ勘案すれば、土曜日の今日、伺うしかないようだ。


utatane180324-13.jpg


店主さんがにこやかに迎えてくれる。
「載せていただいてありがとうございます」
「いえ… 勝手なことしてすみませんでした」
みたいなやりとり。
おしるこを2つお願いする。


utatane180324-15.jpgutatane180324-32.jpg


たくさんの焼き物や絵に囲まれ、ほっと落ち着く空間。


utatane180324-16.jpg


ちょうど冬枯れの藤棚を通して柔らかな西日が差し込み、うらうらとする。
石油ストーブの上で鉄瓶がことこと。


utatane180324-21.jpgutatane180324-22.jpg


店先の植え込みに大株のクリスマスローズがシングルピンクの花を咲かせ、何輪か大テーブルの花生けにアオモジ、クロモジと一緒に挿してある。


utatane180324-25.jpgutatane180324-26.jpg


粒あんのおしるこは、しっかり甘く懐かしい味。
箸休めに、厚むきの大根の千切りを使った浅漬けキムチ。


utatane180324-11.jpg


お茶の追加は小さな急須で。


utatane180324-17.jpgutatane180324-19.jpgutatane180324-28.jpg


「これでも2人分は入るんですよ」と店主さん。「もう亡くなりましたけど、常滑の陶芸家さんの作品で…」
形はかわいらしいが、窯変藻掛け? の荒々しい模様が印象的だ。
ほかにも同じ作家さんの急須をいくつか見せていただいた。どれも模様のタイプが異なる。


utatane180324-20.jpg


驚いたのが、高さ30cmはありそうな大急須。お店の何周年だかのお祝いにいただいたとのこと。
「急須としても使えますけど、お花を生けるほうがいいですよね」


utatane180324-51.jpg


おしるこが終わるころ、ニラ焼きを出してくれる。
「この間教えてもらったんですけど、簡単なんですよ。小麦粉と卵、あとみそを入れます」
「子どものころ、こういうの作ってもらってました。懐かしい。うちの場合、ニラ入ってませんでしたけど(笑)」
いつも何かサービスを付けてくれる。


utatane180324-52.jpg


外で高齢のご婦人がじっとガラス戸の張り紙をにらんでいる。
「チラシ読んでるんじゃない?」と店主さん。
僕が少し引き戸を開けると、笑いながら「こんにちわ」と入ってきた。
ちょうどお暇をする頃合い。


utatane180324-29.jpg


せっかくお誘いいただいた落語の会だが、月曜なのでちょっと厳しい。
次の機会にまたご案内くださるようお願いをして、お店をあとにした。


utatane180324-30.jpg


[DATA]
陶器・喫茶 うたたね
東京都東村山市富士見町5-5-47





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=NjH6z89W6Qs



chat180324-2.jpg
◆ 猫写真はこちら


鶏がらスープのやさしい味わい 【らーめん いっ歩】

2017.08.25

 自転車のタイヤがパンクした。パンクっていうか、チューブじゃなくタイヤそのものに穴が開いているような状態なので、これはもう、どうあがいてもタイヤ交換である。
最近は自分で交換するのがめんどくさくて自転車屋さんにお願いする。だが、かかりつけの「MCS東村山」はお休みで、しょうがないので府中街道の郵便局の向かいの自転車屋に。
所要時間30分と言われ、向かいのブックオフで時間をつぶしていてボザールトリオのシューベルト/ベートーヴェン(Made in West Germany)を280円で購入。これはラッキーな買い物だったが、自転車の修理代は5080円。うーむ…。


Beaux Arts Trio The Trout-33


この時点で1時半を回っており、昼食の店もすでに限定されつつある。
あとは期せずして昨日とまったく同じパターンをたどり、多摩湖自転車道を途中で引き返して萩山町でなんとか滑り込む。昨日と同様に新しめの店、「らーめん いっ歩」。


ippo12.jpg


このあたりは行政区画がわかりにくい。
というのも、小平駅から西に2~3分歩けば東村山市になってしまう。多くの東村山市民はそのことに気づいていないんじゃないだろうか。
僕は最近まで知らなかった。何しろ小平霊園の西半分が東村山市ということも相当意外だったし。


ippo22.jpg


飲食店基準で簡単に整理すると、小平駅南口から「永田珈琲」の下の信号を渡って「清川そば」のところを自転車道に入ると右手に「よっちゃん酒場」が見えてくるが、その先の自転車道と南北に交差する道がもう市の境である。なので「うな圭」や「惣菜かぼす」なんかは余裕で東村山である。
市境の道を南に行くと「やきとり ひで」や定食の「百太郎」があるが、どちらも道の西側なので東村山市萩山町となる。だから、焼き鳥屋の角を西にしばらく歩いたところにある「らーめん いっ歩」は、もうどっぷり東村山市といえる。


ippo21.jpg


ここで、東村山市にこだわるような記述になっているのは、僕自身はもっと広く動いているが、家族、特に子どもたちに“地元”のいいものを伝えておきたいと考えたときに、“市内”がまず基本となるから、常にそういう線引きは頭にあるのである。特にこういう微妙な位置は、ミョーに気になるというわけだ。

ということで、気になるからこのあたりは自転車道を外れてよく通るのだが、このラーメン屋に気づいたのは半年前ぐらい。いまどきのラーメン屋っぽくも見えるが、突き抜けきれないようなギラギラ感の欠如が逆に気を引く。そもそも集客を望めない立地はともかく、営業しているところをあまり見ないのも謎なのであった。
本日、14:23で“営業中”というのもまた、謎である。


ippo15.jpg


店内は思っていたより狭く暗い。いや、暗いのは照明の話で、雰囲気が暗いわけではない。カウンター6席のスナックのようなつくり。店主はいかにも真面目そうな若い男性。

いろいろな掲示物があって逆にメニューがわかりにくいが、たまたま座った席の目の前に張ってある基本味っぽい“鶏ガラスープで3種類、どれでも600円、塩・しょうゆ・みそ”から、しょうゆを注文。
「麺とモヤシ、大盛りにできますが」と言われ、モヤシ大盛りでお願いする。


ippo23.jpg


たとえば、ゆで上がった麺をどんぶりにあけ、その上から1杯分を小鍋で合わせたスープをかけるというような素人っぽいオペレーションが、むしろ安心感があってよい。こんな片隅の店で湯切りのパフォーマンス等を1対1で披露されても困ってしまうし。

ラーメンは、ちょっと甘いかなという気はするが基本的にやさしい味わい。
中太ストレートの麺は特徴的だが、どこかでこういうの食べてるな… というタイプ。


ippo24.jpg


具はチャーシュー、モヤシ、ナルト、ノリと、カイワレかと思ったら豆苗だった。けっこう大きい一枚肉のチャーシューは硬めだがしっかりした味付け。黒豆系のモヤシは甘めのスープによく合う。

食べ終わって席を立とうとしたら、「おなかにやさしいヨーグルトです」とランチタイムのデザートが出てきた。
遅ればせながら、“体にやさしい”がこの店のコンセプトなのかなと思った。


ippo25.jpg


全体に主張が強すぎないのは個人的には好印象。素人くさい分、丁寧な仕事でいいんじゃないかな、と。
こういう店が近所にあったら通うだろうなと思う。いや、これくらいの距離感は十分通えるんだが。


ippo26.jpg


[DATA]
らーめん いっ歩
東京都東村山市萩山町1-27-23





[Today's recommendation]


https://youtu.be/zM_EBFa0x6E



chatdailleurs170825-22.jpg



chat170825-22.jpg




 名前はまだない。
2017.08.25 (名前のない)餃子の店/東京都東大和市南街1-3-2

東大和ハミングロードの餃子・シューマイのお店。
初めて買ったとき、看板に表示がないので店名を伺った。
「名前、ないんです」とご主人。「そろそろ考えなきゃと思ってるんですけど…」
もう名前ついてるかな?


gyozaya2-23.jpggyozaya2-24.jpg
餃子300円/パック


路地裏に歴史と文化の薫り 【でんえん】

2017.07.22

 1957年創業、60年続く国分寺の名曲喫茶「でんえん」。元は1924年に建てられた米蔵だという。
以前より気になる店だったが、先週放送されたテレビ東京『出没! アド街ック天国』に登場し、店主が90歳の女性であることを知り、これはぜひ行っておかなければと思った。


denen22.jpg


見ようによっては趣があり、見ようによっては朽ち果てている。――名曲喫茶というものはすでに40年ぐらい前からそういう存在だった。


denen26.jpg


昔入った名曲喫茶は、お茶の水の「ウィーン」、高田馬場「らんぶる」、中野「クラシック」、吉祥寺「こんつぇると」「バロック」など。これらの中でも「らんぶる」と「クラシック」の廃墟感はすごかった。
それらは「バロック」を除きすべて閉店し、ほかに新宿「らんぶる」など、現存するが名曲喫茶とは名ばかりというところも多い。
そんななか、われわれが若かったころすでに古びていたと想像され、そのまま現在に至っている貴重な存在が「でんえん」である。


denen15.jpgdenen13.jpg


扉を開けるとマダムのお出迎え。きちんとした服装にベレー帽の上品でかわいらしい女性である。
店のつくりは突き当りを左折するL字形で、意外に奥行きがある。いちばん奥の席に着く。
名曲喫茶に共通のにおいがする。かび臭いような、ヤニ臭いような。しかし壁紙などはメンテナンスされており、店内はきれいで落ち着く。
コーヒーは480円。角砂糖が懐かしい。


denen31.jpg


看板に〝クラシックと絵“とあるように、壁にはセザンヌ、マリー・ローランサン、ジョルジュ・ルソー… の絵。
フルート協奏曲的なバロックの音楽が流れており、先客1人がスピーカーに向かって座っているので、昔を思い出して会話がはばかられる。
その後2組お客さんが入り、(マナーの範囲内で)普通に会話が交わされ、僕らもやっとリラックスする。


denen24.jpgdenen25.jpg


曲はシューベルト『野ばら』に変わる。チェロ編曲の小品集のようで、続いて同じくシューベルト『セレナード』、シューマン『トロイメライ』、サン-サーンス『白鳥』、ボッケリーニ『メヌエット』…

店を出ると3時前にして日が陰っている。工事中の駅前ツインタワーの影響のようだ。
明るい日の光にさらされるよりも、路地裏の暗がりが、むしろ古き情緒を際立たせる。
大きな環境の変化にも、60年も街の文化を支え続けたその存在感は揺るがない。


denen27.jpg


[DATA]
でんえん
東京都国分寺市本町2-8-7





[Today's recommendation]


https://youtu.be/7_t9m2YZa0s


衰退商店街の時空のひずみ 【さぬきや】

2017.01.21

 「西堀銀座」というほぼ壊滅している商店街。さびれた路地裏好きにはたまらないこの調査地をくまなく巡見してみる。
だいぶ前にここにはめぼしい物件は残されていないことを確認しているが、じっくり見て回れば何か見つかるかもしれない。
南北に3本通っているうちのいちばん西の路地、「高砂」というたぶんもうやっていないソバ屋の角を入る。


sanukiya31.jpg


路地の中ほどに、いい感じのうどん店を発見。
「さぬきや」という店名からして武蔵野うどんではなさそうだが、おでん種とかも含めけっこう品数は多そうで、こんな街にしては意外なほど活性化されてる感が漂っている。

これはちょっとした収穫だ。今度利用させてもらおう。
とはいえこの時点で、こっちは頭から玉売り専門と思い込んでいる。


sanukiya39.jpg


お店を横目に通り過ぎる際、チラッと視界に入った文字に何ともいえない違和感が。

肉汁うどんって…?
肉汁、ビニール袋に入れてお持ち帰り?
しかも¥700いくらとか書いてなかったか? テイクアウトでそれは高すぎるだろう…。

10m先で自転車をUターンさせました。


sanukiya33.jpg


戻ってみると、なんと、店の右隅に上り階段があるじゃないか。
「お食事は二階です」の張り紙も!
ゾクゾクしましたね。

その隠し通路のような階段が、私の目には異界への秘密の入り口のように映ったのでした。
(ちなみに発見当日、プレートは「準備中」だった)


sanukiya32.jpg


で、その週末に妻と潜入調査を敢行。
本当に食事処をやっているのか半信半疑だったが、着いてみると「営業中」と出てる。
よかった、というより、ちょっと緊張… 。

先客はなく、お店のおとうさんが階段の電気をつけながら先導してくれる。
洞窟探検みたいだ。

2階のフロアの電気をつけ、テレビもつけてくれた。
なんか日常っぽくなった。


sanukiya34.jpg


4人掛けテーブル5脚と、意外に広い店内。掃除が行き届きこざっぱりしている。
現役バリバリ、まあ普通といえば普通で、ちょっと拍子抜けしないでもないが、逆に謎は深まったように思えた。
きれいにしているということは一定のニーズがあるということ。
誰がどんな目的で? つまり利用シーンがまったくイメージできないのだ。


sanukiya40.jpg


店主は注文をとって階下に下り、10分以上もわしらの貸し切り状態に。
そりゃそうだ、1人で切り盛りしているらしいお父さんは、小売りの客もさばかなきゃならないし、調理場も1階にあるようだし。

撮り忘れたが4ページのちゃんとプリントしてある写真入りメニュー表があり、実に品数が豊富なのだ。
ナンチャラ御膳的な豪華セットも載っていて、そんな注文が入ったらどう対応するのか、部外者ながら心配になってしまった。


sanukiya37.jpg


手打ちごまだれつけめん(写真手前)と手打ち肉汁うどん(奥)。
「麺、温めましたから」と提供される。
コシは強くないが、温めたからか小麦の香りが立つ。ごまだれはかなり甘めでちょっと酸味がある。全体に素朴で優しい感じが好ましい。
麺は並2玉。注文してすぐ大3玉にすればよかったと後悔したが、出されてみれば選択が正しかったことを知る。他店では大盛りレベルである。「きくや」感覚で注文したらとんでもないことになるところだった。


sanukiya38.jpg


さぬきといってもいまどきの咀嚼をも拒むコシ過剰の麺ではない。うどんといえば讃岐だ、くらいの発想のネーミングと思われ、そういうセンスの時代から続いているお店なのだろう。
何でもかんでも〇〇系とくくらなくても特に問題は生じなかった時代。
そのころの大らかな社会通念というかユルい空気感というか、そんな精神と交感するかのような不思議な体験であった。


sanukiya41.jpg


[DATA]
さぬきや
埼玉県新座市西堀2-5-18







https://www.youtube.com/watch?v=nsRcgN9ey70


Latest Articles
こんなラーメン屋さん、懐かしい 【ラーメンショップまるよし】 Sep 18, 2021
日帰り旅 【大もりや】 Sep 17, 2021
元気をもらえる朝ラー 【村山ホープ軒 本店】 Sep 16, 2021
しっぽり飲みたい 【本むら庵】 Sep 14, 2021
コロナ禍でも根強い人気 【じゃがいも】 Sep 13, 2021
東村山が誇る銘菓 【宝来屋】 Sep 12, 2021
さんぽ 【サントアン】 Sep 11, 2021
カツカレー、こういう感じもいいな… 【八海食堂】 Sep 09, 2021
ポストワクチン時代は… 【木曽路】 Sep 07, 2021
夢から醒めて 【ぼん天 瑞穂店】 Sep 06, 2021
○○の恋しい… 【ながしま 磯とり料理】 Sep 04, 2021
ちょっぴり寂しい… 【野口製麺所 本町店】 Sep 03, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2