FC2ブログ

超ボリューミーでお得なセット 【秀味軒】

2019.11.12

 記事内容と関係ないけど、がんばれアズミ… ←あ、友人にあてたメッセージにすぎず深い意味はありません。気にしないでください(←ブログの私物化疑惑)。←理不尽に忙しくてヤサグレてるだけなので。どうもすいません (*_ _)人

忙しいときほど、意地でも外に食べに行ってやる…! となる。
しかし昼ごはんの時間はキリのいいところで、というそのキリのいい… が、忙しいとどうしても後ろにずれ込み、14時を過ぎることも珍しくない。
忙しいと昼ごはんのお店が限られる。


20191112 shumiken-11


久米川の西友通り商店街中ほどの中国料理店は、いわゆる鬼門物件である。
中華屋、ラーメン屋と立て続けに撤退したあと「清香屋」が2009~18年とがんばったが、そのあとに入った「鴻福」はまた1年半という短期間しかもたなかった。


20191112 shumiken-12


いまは「秀味軒」という、外観からしてこれまでと同系統すなわち台湾系とみられる中国料理店となっている。


20191112 shumiken-13 20191112 shumiken-14


昼の営業時間は11:00~15:00。
あいててよかったナンチャラカンチャラ。


20191112 shumiken-16


先日、通りすがりに見た店頭の品書きで気になっていたものがある。
ラーメンセット:麺類5種類+飯類9種類から組み合わせ自由で昼700円(税別)というもので、麺類トップに載っている台湾ラーメンが気になった。
単に好きなんだが、セットでその値段はかなりオトクなんじゃないか?


20191112 shumiken-15


せっかくだから飯類を台湾炒飯というものにして、W台湾で攻めることにした。
ちなみに台湾ラーメンとは名古屋発祥のラーメンで台湾とは何の関係もないというのは有名な話。
でもこういうたべものを作らせたら台湾系の人は上手に決まってる、というイメージ。ターミー麺とちょっと似てるし… とワタシは考える。


20191112 shumiken-18


台湾ラーメンは、なんかこうコザッパリした盛り付けだ。区画内に空き地が多いというか、具の量があっさりしてる。ちょっと酸味のあるピリ辛ひき肉とコクのあるスープのバランス感はいいと思う。
麺が特徴的で、やや太めで非常にコシが強い。


20191112 shumiken-19


台湾炒飯の量に驚かされる。勝手に半チャーハンと思い込んでいたが、フルサイズでこれより少ないところも普通にあるんじゃないの…? というボリュームである。
気合入れないと完食できないセットなのだった。


20191112 shumiken-20


具はこちらもシンプルで、細かく刻まれたチャーシュー、卵、ワケギ。赤っぽいものはチャーシューの縁のようで、ちゃんと焼いて作っているのかも。


20191112 shumiken-17


支払いでおねえさんに「前のお店とは違うんですよね?」と、いちおう確認。「鴻福」のときもそうだったなぁ…。
「いつからですか?」
「7月」
にこやかで感じのいいおねえさんで、そういうのも妙にデジャヴ感。
長くがんばっていただきたい。


20191112 shumiken-24


[DATA]
秀味軒
東京都東村山市栄町2-4-14



[Today's recommendation]

wachat191112.jpg  ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/lfMKfsZ7qyU
https://youtu.be/IJOuoyoMhj8


 にほんブログ村 音楽ブログへ






そばセット探索の旅へ 【滝乃家】

2019.07.25

 いま、そば屋のセットメニューに関心がいっている。
これは一般的に、そば or うどん+ミニ丼をメインにお新香・小鉢類が付くという内容のもの。
栄養バランスはともかく麺+丼は好きな組み合わせではあるが、ネックは価格で、相場が1000~2000円との情報も寄せられている。
700~800円のそば屋のセットメニューを発見できればめっけものじゃないか?


190725 takinoya-20


ということでいままさに、片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず。
まずは千住宿ならぬ近場の既知のお店。


190725 takinoya-12


東村山青葉町の「滝乃家」はセットメニューが豊富で、1000円以下のものも少なくなかったはず。
ここをアッパーリミットに探索を始めようというわけである。


190725 takinoya-13


「滝乃家」の一番人気は、たぶんソースカツ丼。
ソースカツ丼は福井県のご当地名物。福井出身のご主人の望郷の思いが込められた一品である。
ソースカツ丼単品が900円、そば・うどんとのセットが1050円、セットの丼がミニになると950円。


190725 takinoya-14


ミニソースカツセット950円を注文。
「冷たいの?」と、お店のおかあさん。
「あ…? はい、冷たいの」と僕。
「おそば?」
「おそば」

このやりとりで当方に重大な落ち度があったことが後ほど判明することになる。


190725 takinoya-18
190725 takinoya-19
これもなかなか惹かれるものがある“夏のおすすめ”メニュー


提供までに約10分。
ミニソースカツセットの荷姿は、丼+ザルではなく丼+丼。


190725 takinoya-23


丼はまあミニだが、そばの量がすごいんじゃないの…!? と一瞬ビビるが、ちゃんとすのこが敷いてあるので大丈夫。そばの量も普通である。


190725 takinoya-21


ソースカツ丼は千切りキャベツの上にソースに浸したカツがのっている。
カツはレギュラー丼で3枚、ミニ丼で2枚。ちょっと酸味のある甘いソースが食欲を刺激する。
そばのつゆはかつおだしの香り高く、辛めのかえしとのバランスもよい。街そばとしてはかなりレベルが高いといえる。


190725 takinoya-22


途中、ふと違和感を覚える。
いま食べているそば、もりじゃなくおろしのはずでは…? と、古い記憶が問いかける。


190725 takinoya-16
“ふる里福井名物”の品書き


左手の壁の品書きを確認すると、“ふる里福井名物 ミニソースカツセット(冷やしおろしまたは温たぬき)950円”とある。これは記憶どおりで、そのつもりで注文した。
ところが正面の壁の“滝乃家おすすめミニシリーズ”は、“※セットにはもりまたはたぬき付き”となっている。
値段は同じ950円。


190725 takinoya-15
“滝乃家おすすめミニシリーズ”の品書き


どういうことか?
まあ、記憶やこのブログの過去記事の写真等から推測するに、どうやらこれは一種のダブルスタンダードと思われる。だって単品ならもりとおろしで200円も違うのだ(500円と700円)。もちろん悪意などはなく、たぶん整合をとるのがめんどくさいから放っといてるだけという (;^_^A アセ…
注文時、「冷たいおろしそば」と正確に申告する必要があったのだ。


190725 takinoya-17
メニュー表では“ざる”と、全部違う(笑)


実はブログ記事にないのが自分でも意外なほど以前はよく食べていたセットで、甘めのソースカツ丼とさっぱりしたおろしそばの組み合わせが絶妙。それを紹介するつもりが今回かなわず、まことに残念。

もりそばとの組み合わせも悪くないが、旅の始まりにあたってはおろしそばを食べたつもりになって、「ミニソースカツ丼+おろしそば、お新香・小鉢付き950円」というハイレベルなボーダーラインを設定したい。
しょっぱなからずっこけた感はあるが、ともあれ、そばセット探索の旅へ。


190725 takinoya-11


[DATA]
滝乃家
東京都東村山市青葉町2-1-3



[Today's recommendation]

wachat190725.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/Zsx-qV2Ax9E


https://youtu.be/DpmlAG-X4DY





気候変動下のシーズン到来 【大清かまぼこ店】

2018.11.17

 鍋シーズン立ち上がりの動きが鈍い。
気候変動すなわち地球温暖化とその影響、具体的には11月中旬までに木枯らし1号が吹いていないことが、家庭の食卓に影を落としている。
秋の芋煮鍋を皮切りに、その次がおでんというのがうちのパターン。
そのおでんをまだやっていない。気候変動と併せ、そのタイミングで萩山の定食屋「じろえもん」でテイクアウトしたことも影響している。


181117 daiseikamaboko-12


ということで、おでん種を買いにひばりが丘へ。


181117 daiseikamaboko-13


おでんの練り物は「大清かまぼこ店」と決めている。
ここの味に慣れるとスーパーの練り物はちょっと厳しい。ほかに吉祥寺の「塚田蒲鉾店」があるが、味はよいが価格的にちょっとキビシイ。


181117 daiseikamaboko-15


うずら玉子巻、ウインナー巻、利休揚、いんげん揚、はす揚、ごぼう巻(以上90円×3)、自家製 上半ぺん150円×2を購入。


181117 daiseikamaboko-17 181117 daiseikamaboko-18
181117 daiseikamaboko-16


おでんのシメは、ご飯に豆腐をのせて汁をぶっかける日本橋「お多幸本店」の“とうめし”風、またはうどん。
帰り道のルートを変えて、うどんを買いに東久留米団地(上の原)へ。


181117 daiseikamaboko-14


[DATA]
大清かまぼこ店
東京都西東京市ひばりが丘北4-2-25



 時空のひずみ、アクティブ化

2018.11.17 さぬきや/埼玉県新座市西堀2-5-18


181117 sanukiya-11 181117 sanukiya-12


東久留米団地の建て替えなどにより生じる広大な余剰地について、東久留米市上の原地区土地利用構想が策定され、大規模工事が実施されている。具体的には、日帰り温浴施設、ホームセンター、複合商業施設ができるらしい。こんな駅から遠く主要道路が通っているわけでもない土地に…? という謎の事業である。


181117 sanukiya-16


その北側。東久留米団地とともに栄え、衰退した商店街「西堀銀座」。
残された数少ないお店の一つ「さぬきや」は、当ブログの記事第1号である。
訪れた当時はブログをやるとは夢にも思っていなかったが、何か貴重な記録のような気がして写真を撮らせてもらった。それがいまにつながっている。


181117 sanukiya-14 181117 sanukiya-15


手打うどん130円(+税)を2玉購入。


181117 sanukiya-13


再開発事業が完成すれば、この商店街はいよいよ立ち行かなくなるかもしれない。
あるいは、最新施設とレトロな横丁とのギャップのおもしろさから、リノベーションが進むかもしれない。


181117 daiseikamaboko-19-2
「大清かまぼこ店」でつい練り物を買いすぎるので、うちのおでんは茶色い。入りきらない豆腐やジャガイモ、ロールキャベツなどを追加する2日目は色味もよくなる



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=hNPBclhziXE



wachat181117-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Latest Articles
1CLシリーズ、まとめてみた ――その2 Dec 14, 2019
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2