FC2ブログ

市役所横に実力派な洋食屋さんオープン! 【Kitchen blue grove】

2020.01.11

 東村山市役所裏口の向かいにある四軒長屋は一時期さびれていたが、2018年6月に「とり幸」、同7月に「野口製麺所」と、いずれも市内の人気店が立て続けに支店を出し、様子が一変した。
そこへ新たに洋食店が開店し、いっそうの活気とコジャレた華やぎを添えている。


20200111 Kitchen blue grove-12


店名は「Kitchen blue grove(キッチン ブルーグローブ)」。
2019年9月21日オープン。


20200111 Kitchen blue grove-13 20200111 Kitchen blue grove-14


店内は4人掛けテーブル1卓とカウンター5席ほどとこぢんまりしている。
カウンター席の背後の壁際に図書館の自習室ブースのような謎の構造物があるが、よく見るとこれもカウンター席のようだ。
某チェーンの“味集中カウンター”的な? 入ったことないけど (〃 ̄ω ̄〃ゞ ウーン…


20200111 Kitchen blue grove-17


先客はなくテーブル席に着くことができた。
先客はないが、2階から物音や子どもの声が聞こえる。カルチャースクールか何か別運営なのかと思ってあとで聞いてみると、たまたま団体予約の貸し切りとなっていて、普段は客席として普通に使えるそうだ。


20200111 Kitchen blue grove-16
20200111 Kitchen blue grove-15


表でランチメニューをチェックして日替わり+レギュラーという組み立てと決めて入ったわけだが、入って大いに悩む。
カダイフ巻きエビフライって何よ ( ̄ω ̄;)

でもやっぱり最初はハンバーグかなぁ… ということで、デミグラスソースハンバーグ880円と、本日の日替わり:やわらかポークの赤ワインと黒こしょうソース850円に。


20200111 Kitchen blue grove-18


ハンバーグは小判形ではなく、爆弾形などと呼ばれる丸みのある形状。つなぎが少なく牛肉感が強いが、ナツメグをはじめスパイス・ハーブの適度に効いた本格派。
付け合わせのじゃがいものガレットがカリッと香ばしくおいしい。調理道具も使い込んだいいものなんだろうな。


20200111 Kitchen blue grove-19


やわらかポークとは、要するに豚の角煮である。
ふんだんにかけられたソースは赤ワインを煮詰めて暗紫色に底光りしており、甘味が強くバルサミコを思わせる酸味がいいアクセントとなっている。ポークは繊維がほどけるやわらかさ。


20200111 Kitchen blue grove-20


日替わりでこういう料理って、ちょっとすごい。
どれだけ引き出しがあるんだろう… と。


20200111 Kitchen blue grove-21


ご近所の情報筋によれば、ご主人は西武関係のレストランで30年も腕を振るった方だそうだ。花小金井の人気店「ZEN」のシェフのような経歴なのかな…(と思って確認しようとしたら、「ZEN」は閉店したようだ。ショック…)


20200111 Kitchen blue grove-22


先客はなかったが、僕らのあと、1時半すぎにして1人・2人・2人・1人と来客があり、なんと自習室が3席まで埋まってしまった。
市役所に加え久米川病院が移転開業という立地的な好条件下にあって、このクォリティ。
今後の展開が楽しみだ。


20200111 Kitchen blue grove-11


[DATA]
Kitchen blue grove(キッチン ブルーグローブ)
東京都東村山市本町4-6-16





[Today's recommendation]

wachat20200111.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/fLFMhK96wmI

 にほんブログ村 音楽ブログへ






東京そば・大阪うどん 【伊六庵】

2019.11.14

 東はそば文化・西はうどん文化とよくいわれるが、それをそのまま看板に掲げるお店がある。
青梅街道・奈良橋交差点を武蔵大和駅方面へ500m、塩釜神社の裏手にある「伊六庵」は、“東京そば・大阪うどん”を標榜する。


20191114 irokuan-27


このあたりではほかにも萩山通りにあった「元六」、たかの街道にあった「多加楽」が同じ表現で訴求していたが、系列ということでもないと思うので、ちょっと使ってみたくなるある意味テンプレ発想的にわかりやすいコピーということだろうか。


20191114 irokuan-26


「伊六庵」は思ったよりこぢんまりしたお店で、4人掛けテーブル席×2、小上がりに6人掛け×2という構成。
年配のご夫婦で営まれているもよう。


20191114 irokuan-15


東京そばはいつでも食べられるので、ここは大阪うどんでいってみる。
うどん定食800円を注文。


20191114 irokuan-1820191114 irokuan-19

20191114 irokuan-20


十二支置き物、縁起熊手、天狗のお面、木彫りの人形、… と雑多な装飾品に囲まれているが、黒光りする木のテーブルなどいい感じに年季の入った調度・しつらえにより民芸調という統一感でゆるくまとまっており、懐かしくもしっとり落ち着く店内である。
みずみずしい切り花や季節のポインセチアは、きめ細やかな日常メンテナンスを欠かさない姿勢を物語っているよう。


20191114 irokuan-16


うどん定食は、おにぎり2個とお新香付き。
うどんは“昆布だし大阪味きつねうどん”と書いてある。


20191114 irokuan-21


やや細め、讃岐ほど弾力が強くなく武蔵野ほど重くない、ふわっというかみ心地でしなやかなコシのあるうどん。
透き通ったつゆは昆布だしの優しい味わい。
甘辛の三角お揚げが2枚。


20191114 irokuan-22


薬味に小口青ネギと白ネギの2種がデフォでのってくるが、上品なつゆに白ネギは強すぎるし大阪風ということであれば、ここは青ネギのみでいくべきだと思う。と、ちょっとちぐはぐ感を受けなくもないが、ネギどころ・関東平野という土地がら、そうもいかないという事情もわからなくもない。


20191114 irokuan-23 20191114 irokuan-24


おにぎりは温かく作りたてで、ふんわりにぎってある。
具はどちらもカリカリ梅。


20191114 irokuan-17


レジで支払いを済ませると、「飴、いかがですか?」とおかあさん。
最後、きっちりまとめてきたなぁ…(笑)。


20191114 irokuan-25
おばちゃんがアメちゃんくれる

20191114 irokuan-14


[DATA]
伊六庵
東京都東大和市高木2-126-8





[Today's recommendation]

wachat191114.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/Aq8LDUCw6sg

 にほんブログ村 音楽ブログへ






Latest Articles
ランチも優良な“駅前の顔”的居酒屋 【むらやま 久米川店】 Jan 28, 2020
鍋焼きうどんであったまって… 【山田うどん食堂 市場通店】 Jan 27, 2020
東町一丁目の夕日 【スタミナラーメン のぶちゃん】 Jan 26, 2020
ちゃんと調べてこようよ… ヾ(ー ー ) 【上海酒家 軼菁飯店】 Jan 24, 2020
勝負の世界で異種ファイトメシ…? 【スパゲッティPiaPia ウィンズ立川店】 Jan 23, 2020
○○カレーがワンコイン…!? 【サティー】 Jan 21, 2020
老舗中華料理店の名物つゆそば 【翠蘭】 Jan 20, 2020
えっ あのお店…!? という意外な展開 【ラーメン専門店ザボン 立川店】 Jan 19, 2020
失われた時を求めて…? 【ベルン 立川高島屋S.C.店】 Jan 18, 2020
本気度がハンパない超濃厚スープ 【とんこつらーめん いちの屋】 Jan 17, 2020
見た目も味もこだわりを感じる居酒屋ランチ 【魚菜酒笑 吉】 Jan 16, 2020
市役所横に実力派な洋食屋さんオープン! 【Kitchen blue grove】 Jan 14, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2