FC2ブログ

ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】

2019.11.27

 小平市の「うどん弥 根古坂」は、武蔵野うどんのお店としてたいへん好印象を抱いているにもかかわらず、このブログを始めて3年近く、一度も行っていない。そう気安いお店というわけでもないからだ。


20191127 nekkozaka-11


場所は青梅街道・小川町交差点の南120m。いわゆる自宅開放型のお店である。
自宅といってもリビングやキッチンに通されるわけではなくちゃんと専用のうどん部屋が造り付けてあるが、スペースが小さく、店主との距離感が近い。
その距離感が、気安くない。


20191127 nekkozaka-12


断っておくが、こちらのご主人はたいへん好人物であり、おそらく名士でありながら人を和ませる雰囲気を持ち、話術にも長けている。
ただ、そういうのに遠慮を感じてしまうという、ひとえに当方の問題であり、いい悪いではなく単純に得手不得手の話だ。


20191127 nekkozaka-13


大きいお屋敷の門戸をくぐる。“うどん屋”ではなく“うどん弥”としているのは、ご主人のお名前の文字をとっていることが、表札を見てわかる。
“根古坂(ねっこざか)”とはこのあたりの古い地名で、近くの児童公園に名前が残っている。
自宅玄関ではなく、左奥の暖簾のかかったところがお店入り口。


20191127 nekkozaka-14


2時半近くになってしまい、たしかここは昼の遅い時間までやっていたはず… と来てみたわけだが、営業時間11:30~14:30と書いてあり、ぎりぎりセーフ。
驚くことに、その時間で先客が2人。ご主人を含め3人それぞれ緩い地元付き合いというような関係性の感じられる会話が交わされている。


20191127 nekkozaka-15


カウンター5席と、学校机のような席が2つ。
うどんの量、温・冷、肉のありなし、ゆで時間などていねいな説明を受け、糧(かて)うどん(つゆ温・麺冷)600円と、ちくわの天ぷら100円を注文。


20191127 nekkozaka-16


先客の1人はまもなく食べ終えて出ていったが、もう1人のうどんがぜんぜん減らないと思って見てみると、熱燗ひっかけてる。うどんをアテに(笑)。

そこへ閉店ギリギリで年配女性2人組が来店。
おばちゃんだけに、ごく自然に店主との会話が始まる。


20191127 nekkozaka-1720191127 nekkozaka-18


「糧うどんっていうんですか?」とおばさまA。
「キャベツとニンジンが糧です」とご主人。「ゆでた野菜のことをいうんです」
「でも酒のつまみのこと、アテっていうわよね」とおばさまB。
「いやいや、これはカテです、カテ σ(^_^;)」と、隣のおっさん。

笑わせていただきました ヾ(^o^;)


20191127 nekkozaka-22


注文から配膳まで約17分を要した。
うどんは非常にコシが強く、地粉のよい香りがする。いわゆる“耳”がのっているのもうれしい。つゆは甘すぎず、ドンピシャの好みの味だ。


20191127 nekkozaka-20


糧はさっと火を通した程度でシャキシャキの食感が残る。薬味はネギとおろしショウガ。小口ネギというのは武蔵野系では珍しい。
糧のほかに小鉢が2つも付く。懐かしい感じの菜っ葉のおひたしとコンニャクとレンコンの煮物。


20191127 nekkozaka-21


武蔵野うどん(糧うどん)はハレの日のたべものとよくいわれるが、そんなごちそう感いっぱいな一膳。


20191127 nekkozaka-19


前に入ったときに伺った話では、ご主人は栄養専門学校で先生をされていた方で、地元の食文化を残したくてうどん屋を始めたとのこと。
あと、“東村山しあわせ大使”の女優・竹下景子さんとは多摩みどり幼稚園の同年とか。みどり幼稚園はもともと小川にあり、ブリヂストンの工場建設に伴って野口橋近くの現在地に移転したそうだ。

そんないろんなお話を伺いながらおいしいうどんをいただいて、ほっこりとなるお店である。


20191127 nekkozaka-23
都市計画道路3・2・8号線建設予定地の根古坂児童公園。「うどん弥 根古坂」は左前方に位置する


[DATA]
うどん弥 根古坂(ねっこざか)
東京都小平市小川町1-1104-1





[Today's recommendation]

wachat191127.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/yTrQk9FrTfs

 にほんブログ村 音楽ブログへ






武蔵野うどんを究める! 【満月うどん】

2019.07.21

 瑞穂の「ジョイフル本田」に買い物に行った。
買い物というのがコレ ↓↓↓


190721 hasu-1 190721 hasu-2


水鉢… ではなく、そこに植えてある植物、ハスである。チャワンバス(茶碗蓮)という小型の園芸品種で、お茶わんの中でも育てられるということから名づけられた。

なぜ、いきなりハスか。
こちらの記事をご覧いただきたい。上から3列目左の写真、“壺、ご自由にお持ちください”とあったので、ありがたく頂戴した次第 ( 人 ̄ ) アリガトウ!
なのでこのビオトープ一式、かかった費用はチャワンバス苗の980円だけなのだ。
花が咲いたら餃子食べに行こうかな♪


190721 mangetsuudon-11


せっかく瑞穂まで来たので、一度は食べてみたいと思っていた「満月うどん」へ。


190721 mangetsuudon-12


言わずと知れた多摩地区屈指の人気店。
村山特有の入り組んだ細道のきわめてわかりにくい立地にもかかわらず、自転車で通ると常に店外に人があふれている。


190721 mangetsuudon-13


本日も僕らの前に5組ほどの順番待ちがあり、店外に人が多すぎて店舗外観写真がうまく撮れないという(笑)。


190721 mangetsuudon-14


田舎の農家の庭先みたいなところでのんびり待つのも悪くない。
待っている間にも次々車が入ってきて、半分は諦めて撤退する。


190721 mangetsuudon-15
190721 mangetsuudon-16


システム… とは言いたくないので、段取り(一緒か… ヾ(- -;) )がきっちりしていて、並んでしばらくして品書きを渡され、またしばらくして注文を聞かれる。
席に着いてからそれほど待つことなく、うどんが提供されるというわけ。
そんな感じで接客は完璧だと思う。


190721 mangetsuudon-18


注文は、肉汁つけうどん790円・大盛り(3玉)120円増と、冷やしたぬきうどん750円、竹輪天120円、コロッケ120円。
冷やしたぬきは数量限定とあって売り切れ覚悟だったが、オーダーが通ってほっとした。


190721 mangetsuudon-17


店内は4人掛けテーブル2卓、カウンター5席。
たぶん順番に案内し、相席はさせない感じで、僕らは運よくテーブル席。


190721 mangetsuudon-19


抑えめな照明がスタイリッシュな演出効果を上げているが、掲示物も多く程よく家庭的な雰囲気でリラックスできる。
壁の短冊を見ると意外なほどトッピングのメニューが豊富だ。


190721 mangetsuudon-21

190721 mangetsuudon-22


肉汁つけうどんにはデフォで天ぷらが付く(今日は大葉)。
糧(かて)は、キャベツ、モヤシ、コマツナ、ミズナ、ニンジン。肉汁には厚めにカットされた豚肉と油揚げ。
だしの再利用と思われるコンブのつくだ煮がなにげにおいしい。
武蔵野うどんの基本形だが、すべてにおいてふんだんである。


190721 mangetsuudon-23

190721 mangetsuudon-24


冷やしたぬきうどんは、大根おろし、キュウリ、コマツナ、プチトマトと豊富な野菜をはじめ、ナルト、チャーシューはラーメンの具、もちろん揚げ玉ものって。
とてもおトクな感じ。


190721 mangetsuudon-26 190721 mangetsuudon-27

190721 mangetsuudon-25


黒光りならぬ白光りならぬ灰光りとでもいいましょうか。神々しいまでに存在感を放つうどん。
風味の豊かさは粉の素性の確かさを物語る。
評判にたがわず、おいしいうどんでした。

「ピリカ」から「満月うどん」に至る展開は、すべてのモノ・コトに価値(値段)を付して駆動させようというIoTの世界では起こりえないリアルワールドのダイナミズムといえるかも…。


190721 mangetsuudon-20


[DATA]
満月うどん
東京都武蔵村山市三ツ木1-12-10
http://www.mangetsuudon.com/index.html



[Today's recommendation]

wachat190721.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/U_cfvH1_NiI


https://youtu.be/DEtuNQZQdTg





曙町一丁目の夕日 【双葉食堂】

2019.05.19

 立川駅北口ロータリーから昭和記念公園通り(立川タクロス沿いの道)を西に400mほど進んで左の路地をのぞき込むと、JR青梅線の踏切。


190519 futabashokudo-30


その結界を通り抜け70m先を右折、150m進んだ先に「双葉食堂」がある。


190519 futabashokudo-31


駅からわずか650mで体験できるタイムスリップ。


190519 futabashokudo-11


『三丁目の夕日』という言葉がぴったりくる。
あくまでも主観であり、その漫画も映画も知らないので、言葉のイメージだ。
自分の町から見ればここは西の果て、日沈む国。


190519 futabashokudo-12


JR中央線と青梅線、緑川通りに囲まれた三角地帯であり、その閉塞感がイマジネーションを刺激するわけだが、たとえば向かいのうなぎ店「しら澤」はかなりの有名店で、なぜこんなところに…? と、この土地のバックグラウンドを想像したりするのである。


190519 futabashokudo-13

190519 futabashokudo-14 190519 futabashokudo-15


店内は奥行きがなく横に広い。テーブル20席とカウンター5席。
高齢のたぶんご夫婦とその下の世代の女性の3人体制。


190519 futabashokudo-16


麺類とチャーハンと餃子の基本3種でいきたいが、麺はラーメンにするかタンメンにするかで議論があり、ラーメン系のワンタンメンになった。


190519 futabashokudo-18


強い南風が表の暖簾をはためかせる音を除き、驚くほど静か。
この空間は外の世界とは時の刻み方が違うようだ。
静寂を破って中華鍋をあおる音。
記憶中枢がうずくような感覚。
壁のコーナーのテレビが付いていないのは幸い。


190519 futabashokudo-17


まず餃子がユニークな配膳スタイルで出される。


190519 futabashokudo-19
この荷姿でやって来た


1皿7個というのも珍しいかも。鍋の鉄気が移ったようなくすんだ皮色に安心感がある。
皮は薄すぎず餡はジューシーでとてもおいしい餃子だ。


190519 futabashokudo-20


チャーハンはかなりていねいに炒めている気配があり、予想どおりというか米がやや糊化しちゃっているが、しっかりした塩加減で味は悪くない。オイリーなところも僕の好み。


190519 futabashokudo-21


一転、ワンタンメンはあっさり味。いまのラーメンはみな濃すぎ、と言っている僕があっさりというくらいあっさり薄味。香味野菜の風味がやや強い。


190519 futabashokudo-23

190519 futabashokudo-24 190519 futabashokudo-25


麺は中くらいの太さの縮れ麺だが、ねじりコイルのような異様な縮れ方をしている部分があったりと、いろいろおもしろい。チャーシューの懐かし味が全体をまとめてくれる感じかな…。


190519 futabashokudo-26


店を出て、踏切を渡れば、多摩随一の商都・立川の喧騒が聞こえてくる。


190519 futabashokudo-32


[DATA]
双葉食堂
東京都立川市曙町1-10-6





[Today's recommendation]

wakacha190519.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/HtP137xWIoI


みちのく行き当たりバッタリ ο(_ _ο) ――その① 【柳津虚空蔵尊】

2019.04.29

 今回の旅の目的は、オフィシャルには、しばらくまともに会っていない父親に顔見せすること、3年前に亡くなった母親の仏前に手を合わせること、1月に亡くなった叔父(父の弟)の墓参りをすること――である。
旅の2日目の29日午前、東松島市にある叔父の墓に参る。この墓には津波で亡くなった叔父の家族(叔母、従兄弟とその妻子)も眠っている。隣の墓は、やはり津波の犠牲になった従姉妹のご主人。

これで日ごろの不義理のコンマ何パーセントかの義理を果たしたつもりで、あとは自由行動に移らせてもらう。ここからが本当の旅の始まり。
出発前に漠然と考えていたのが「盛岡じゃじゃ麺を食べる」ということ。
いまのところほかに目的がないので、とりあえず姉に盛岡までのルートを聞いていると、途中に「柳津虚空蔵尊」というものがあることを発見した相方が「行ってみたい」と。それなら高速を使わずひたすら国道45号を行けばいいということになった。


190429 yanaizu-11
R45から大鳥居のある参道に入る

190429 yanaizu-12

190429 yanaizu-13

190429 yanaizu-14
参道が北、東、北と3回折れ…

190429 yanaizu-16
山門・仁王堂の奥に本堂がある

190429 yanaizu-15
本堂は江戸末期に建設。古くから、うなぎの絵馬を納める風習がある


――神亀3年(726年・第45代聖武天皇)秋9月、行基菩薩は、天皇から勅を受け東国を巡遊してこの地に来て、御修法21日間一刀三礼を勤めて自ら虚空蔵菩薩を刻みます。丈、一尺二寸にて、天下泰平、国家安穏を祈り、翌月13日一宇を黄土山の嶺に創立し、安置して法を7日間説き、一村の守護仏として尊崇しました。HPより)


190429 yanaizu-17


本堂の左手には「お寺Cafe夢想庵」がある。
江戸時代に建てられた歴史ある旧庫裏をリノベーションした趣あるたたずまい。


190429 yanaizu-20
190429 yanaizu-18 190429 yanaizu-19
190429 yanaizu-23


一応たべもののブログなのでこのカフェのルポをメインにしたかったが、参ったのが10時すぎと早く、残念ながら開店前。
代わりといったらアレだが、売店で売られていた太白飴540円を購入。


190429 yanaizu-21 190429 yanaizu-22


登米地方産のもち米と大麦だけを使った、砂糖・甘味料不使用の自然な甘みがおいしい、昔ながらの飴をほおばり、盛岡めざしあらためて出発。


190429 yanaizu-24
弁天池のコイとニリンソウの花


[DATA]
柳津虚空蔵尊
宮城県登米市津山町柳津字大柳津63
https://kokuzouson.or.jp/



[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします

◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/J80O98AVn1o


春は来ぬ? 来ず? 【ますも庵】

2019.02.08

 金曜の昼は西武新宿線沿線駅で相方と落ち合って食事にするのがお決まりになっている。先週は久米川の「あぷれん堂」、先々週は田無の「珈樹苑」、その前は小平の「豚たつ」という具合。

仕事のいま抱えている分は連休前に納品してしまいたい、意地でも…
というのがあって、今日は外食しているヒマなどないはずだが、今週前半そういうのが続いたこともあり、ここは慣例どおりお出掛けしたい。意地でも。


190208 masumoan-11


ということで比較的近場、東村山駅近くのそば処「ますも庵」へ。


190208 masumoan-12


以前よく使っていた「ますも庵」に最近めっきり行かなくなり、家族にぶつくさ言われていた。この際、遠出できない状況を逆手にガス抜きしとこうという狙いが一つ。
もう一つ、毎年タイミングが合わずに時期が過ぎてしまっている気になる季節メニューをいただくちょうどいい機会だとも思った。


190208 masumoan-13


「お店に13時すぎ」とLINEが入り、13:05に入店。相方はすでに席に着いており、すぐ横にお店のおばちゃんが控えている。
思えばその様子を見て少し慌ててしまったのが敗因。
急いでお目当ての季節メニューを探す。


190208 masumoan-17


この店はメニュー帳が10ページほどもあり、ほかにも壁に木札や短冊がびっしりで、言ってみれば品ぞろえは混とんとしている。
慌てているとき、探しているものが絶対に見つからないパターンだ。


190208 masumoan-26


「お決まりですか」と進み出るおばちゃんに2度までお下がり願い、探し続けるも見つからず。
とうとう諦めました (-_- ; ウーム……


190208 masumoan-16


注文は、いつものざるそばセットを、いつものミニいか天丼で。こればっか…(笑)。
相方は、ランチメニューのもつ煮うどんセットをミニ穴子天丼で。


190208 masumoan-21


そうは言っても、そばはいつもどおりおいしい。
細切りの香りのよいそば。冷水で締めた凛としたたたずまいがなんともそそられる。
都心の名店といわれる店と遜色ないと思うのだが、それがこの値段で食べられるのはうれしい。


190208 masumoan-23


セットで付くいか天丼はげ、ぞとえんぺらの天ぷら。
夜は飲み屋として繁盛する店だから、いかの胴部分は刺し身で供されるのだろうか。


190208 masumoan-19-2


うどんは埼玉の地粉を使った武蔵野うどん。温かいつゆで香りが立ち、優しいかみ心地で麺のおいしさを十分に味わう。そば屋だけれど、うどんもお勧め。


190208 masumoan-20


もつ煮うどんは“創業以来30数年作り続けたヒットメニュー”だそうだ。


190208 masumoan-22


食べようと思っていた季節メニューとは、ワサビ葉を使った冷たいそば。毎年この時期店頭に品書きが張り出される。さっき入る前に表の張り紙を探したが、季節限定は山菜そば方面しか見当たらない。お店のおばちゃんに聞くにも品書きを最後に見たのが1年前のことだから記憶があいまいで、うまく説明できそうにない。


190208 masumoan-14 190208 masumoan-15


――というようなことを食べながら話しつつふとテーブルの隅に目をやると、七味唐辛子の向こうに小さいメニュースタンドが…
“葉わさびせいろ880円”
「そうそう、これ。これを探してたの(苦笑)」
今年も、春は来ず…?


190208 masumoan-24


[DATA]
ますも庵
東京都東村山市本町2-16-30



[Today's recommendation]

wachat190208.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://youtu.be/fYFRaIhj4To


半年、ご無沙汰しております 【喫茶庵 うたたね】

2018.12.15

 陶芸・喫茶の「うたたね」から案内の葉書が届いた。
◇焼き物謝恩セール11~12月
◇秋から春の予約食事会:季節のうたたね膳 デザート・飲物付 1700円


181215 utatane-11


「うたたね」さんは6月の落語の会以来ご無沙汰。
というのも、この間、当方の仕事等の事情が少し変わって、日曜休みのこのお店には行きづらくなった。つまり、平日はもともと無理だけど、土曜日もゆっくりおじゃまするのが難しい。

そのへんの“言い訳”も含めて、年内にごあいさつに伺いたかった。


181215 utatane-12


店内では店主のおばさまのほか、高齢のお客さまがカレーを召し上がっている。
僕らはおしるこを頼んだ。


181215 utatane-13


まず、お茶と一緒に当たり前のようにストーブの上の焼き芋が出される。
この店に初めて入ったのは去年の12月16日
焼き物セールにかこつけて入った冷やかし客のわれわれに、店主さんは焼き芋を振る舞ってくれた。甘くてしみじみおいしかった。


181215 utatane-15 181215 utatane-16


それからちょうど1年。
もっとずっと昔から通っているように感じる。


181215 utatane-14


先客の女性は10年ほど前に武蔵境から近くに越していらしたとのことで、武蔵野の古いお話をいろいろ伺った。
中島飛行機の下請け工場に学徒動員で駆り出されたとか、なんかすごいとしか… w ( ̄▽ ̄;) w…


181215 utatane-19


おしるこは体も心も温まる。
箸休めに刻み浅漬けキムチ。


181215 utatane-17-2


落語の会の安田康子さんは「どんどんうまくなってる」と店主さん。
新ネタを披露しているとのことで、次はぜひ伺いたい。

その前に、新年5日(土)の企画、小さな祝膳(800円)かな。


181215 utatane-18-2


[DATA]
喫茶庵 うたたね
東京都東村山市富士見町5-5-47



[Today's recommendation]

wachat181215-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=sW7GQhEmAhE


お手ごろ価格の華やぎ弁当 【割烹 清乃】

2018.12.07

 “小平グルめぐりスタンプラリー”という小平市内の食めぐりイベントが10~11月にあり、実際には参加しなかったが、おもしろそうだったのでスタンプ台紙はもらっていた。ラリー参加店をざっと眺めていて、気になる情報を見つけた。
小平駅北口の「割烹 清乃」の紹介文。
――一流の料理人たちが腕によりをかけて仕上げた逸品ぞろい。ランチもしています。


181207 kiyono-11


小平霊園表参道を中心に、小平駅北口は葬儀・法要・墓参需要に特化した街並みを形成している。以前ちょっと調べたことがあるが、小平駅北商栄会会員の業態は、ご葬儀、建墓、法要のご会席、御花・御線香、和菓子・おはぎ・だんご、などとなる。
このうち法要のご会席部門を担うのが「清乃」をはじめとする割烹・すし店である。

なので自分には縁のない存在と思っていたが、ランチをやっているとなると話が違ってくる。しかも一流の料理人が腕によりをかける、と。


181207 kiyono-12


ここは車が連なると人も歩けないほど狭い道なので、まず通ることはない。
「清乃」はだいたいの位置しか知らず、「すし処 喜平」のほうからぐるーりと回り込んでようやく入り口を見つけるというくらいに土地勘もない。


181207 kiyono-13 181207 kiyono-14-2
水槽にはなぜかウツボの姿が…


ドアの横にランチタイムのボードが張ってある。
天ぷら定食850円、寿司セット850円。予想していたよりはるかに安い。
こんな毎日のように通る(踏切の反対側を、だけど)駅のすぐ近くに、こんなお得メニューがあることを知らずにいたことにびっくり。


181207 kiyono-17-2


あとでホームページを調べると“120名まで収容可能な大広間”と書いてあり、まあそれを見るまでもなく以前からそんな感じを想像していたが、1階は意外に広く感じない。入って左にテーブル1卓、右がカウンター、奥が小上がり4卓。


181207 kiyono-16 181207 kiyono-17


HPには“割烹清乃は北多摩郡時代の創業時より…”とある。
北多摩郡時代とは…? と調べてみたところ、小平市の市制施行が1962年で、それ以前が北多摩郡小平村→小平町。HPアドレスに“1958”と入っているので、それが創業年と思われる。


181207 kiyono-15


はじめ天ぷら定食と寿司セットにしようと思ったが、菊花弁当というものが気になる。松花堂弁当のようなものとすれば、こういう割烹で1050円はかなりお安いんじゃないだろうか。
ということで、天ぷら定食と菊花弁当を注文。


181207 kiyono-18 181207 kiyono-19


僕らのすぐあとに小上がりの隣席に入ってきた年配女性グループに、お店の人は「お弁当は終わりました」と。
テーブルの品書きを見直すと“限定10食”と書いてある。ラッキー♪


181207 kiyono-20


天ぷら定食は特記事項はないが、サラダ付きでコスパはまあまあ良好だと思う。


181207 kiyono-22


菊花弁当は、仕切りのない重箱に陶器の皿や小鉢が並べられたスタイル。


181207 kiyono-23
菊花弁当全景


ぱっと見、かたじけない気持ちになる。
何もそこまでしていただかなくとも… と ヾ( ̄ω ̄;) カタジケナイ…


181207 kiyono-24


おかずの段を素人なりに説明すると、時計回りに、お造り(マグロ、カンパチ)、サケ白子のおろしポン酢、サーモンといくらの塩麹あえ、やげん軟骨ととび子の梅肉あえ、サワラの幽庵焼き・伊達巻き・たらこの昆布巻き・笹くず餅(カスタード)ほか甘味…(間違ってたらスイマセン)
こうやって文字にしてみても、やっぱりカタジケナイというか、モッタイナイというか…。


181207 kiyono-25 181207 kiyono-26


ただし、これだけおかずが多いとご飯があっという間になくなる。後半はおかずだけを食べるはめになってしまった。
ご飯の量は少なめなので、(できるかどうかわからないけど)男性はご飯大盛り必須です(←そういうこと言う人にこういう料理を出すのが、モッタイナイ)。


181207 kiyono-21


もうちょっと格式張っていると思ったが、店員さんは皆さん気さくで親切。非常に居心地がよく、普段使いできるお店だと思う。
飲食店の少ない小平駅周辺では貴重な存在といえる。


181207 kiyono-28


[DATA]
清乃
東京都小平市美園町2-1-6
http://kiyono1958.jp/index.html



[Today's recommendation]

wachat181207.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=kBALSAh6nh4



 ここにも残念なニュースが…

2018.12.07 ネパール 久米川駅前店/東京都東村山市栄町1-2-1

金曜日の夕方は惣菜を買うことが多く、今日は立体駐車場の一角というユニークな形態で営業している久米川駅北口の持ち帰り専門カレーショップ「ネパール」へ。ここのタンドリーチキンが好きなのだ。
タンドリーチキン200円を3つオーダー、スタッフさんが温めるのを待っていると、ふと張り紙が目に留まった。
「閉店のお知らせ」


181207 nepal-12
181207 nepal-13181207 nepal-14-2
181207 nepal-15


軽いショックを受けつつ、“ビル建て替えにより移転”と書いてあるので、そこに望みを託して聞いてみた。
「どこかに引っ越すということ?」
「うーん… わからない」とスタッフのアビド? さん。
「でも続けることは続けるんでしょ?」
「それも、わからない」と、寂しそうに。
この立体駐車場を取り壊してビルを建てる計画なのだそうだ。

渋谷や表参道や六本木や日本橋…。どれを見ても思ってしまうが、再開発ってハッピーか?
そこまででかい話じゃもちろんないけれど、それだけにいっそう…。


181207 nepal-16


Latest Articles
ランチも優良な“駅前の顔”的居酒屋 【むらやま 久米川店】 Jan 28, 2020
鍋焼きうどんであったまって… 【山田うどん食堂 市場通店】 Jan 27, 2020
東町一丁目の夕日 【スタミナラーメン のぶちゃん】 Jan 26, 2020
ちゃんと調べてこようよ… ヾ(ー ー ) 【上海酒家 軼菁飯店】 Jan 24, 2020
勝負の世界で異種ファイトメシ…? 【スパゲッティPiaPia ウィンズ立川店】 Jan 23, 2020
○○カレーがワンコイン…!? 【サティー】 Jan 21, 2020
老舗中華料理店の名物つゆそば 【翠蘭】 Jan 20, 2020
えっ あのお店…!? という意外な展開 【ラーメン専門店ザボン 立川店】 Jan 19, 2020
失われた時を求めて…? 【ベルン 立川高島屋S.C.店】 Jan 18, 2020
本気度がハンパない超濃厚スープ 【とんこつらーめん いちの屋】 Jan 17, 2020
見た目も味もこだわりを感じる居酒屋ランチ 【魚菜酒笑 吉】 Jan 16, 2020
市役所横に実力派な洋食屋さんオープン! 【Kitchen blue grove】 Jan 14, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2