fc2ブログ

ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】

2024.03.23

 前記事で普通に“フードコート”という言葉を使っているが、そんなものがあろうとはツユ知らず、目的の? おそば屋さんに入ろうとしてハタと立ち止まったわしら。

ラーメン、おやき、イワナ… と、あちこちに暖簾や看板が出てる。
それぞれ別のお店のようだ。

あ… これってフードコート!?


20240323 miharashi-12


埼玉県唯一の村というくらい辺境の地にあって、突然にぎやかな食堂街が出現する。
『千と千尋の神隠し』のトンネルをくぐった先みたいで、まことにファンタジックな展開なのである。


20240323 foodcourt-10


「めん処 みはらし」でうどんとそばを食べ終わり、まだおなかに余裕があるので「だんごも食べる?」と聞くと、「それは違うお店で」と相方。

いろんなお店で食べてみたいと思わせる雰囲気が、この食堂街にはある。
チェーン店に頼らない、意欲的かつ遊び心いっぱいなローカルフードコート。


20240323 foodcourt-11


ということで、“リの字”形フードコート左奥の「笠山だんご」へ。



笠山だんご

20240323 foodcourt-12


だんごのほかに大判焼き、やきとりを売っている。
だんごは、しょうゆ、みたらし、いそべ海苔の3種類。
しょうゆとみたらしを1本ずつ。


20240323 foodcourt-1320240323 foodcourt-14
20240323 foodcourt-1520240323 foodcourt-16


予報に反して天気もよくなり、山里の清々しい空気のもとで食べるだんごのおいしさ。
こんなオープンで気持ちよいフードコート、なかなかない。


20240323 foodcourt-17



◆ ◆ ◆

そのあと施設内を見て回り… と、時系列的には前々記事へと続く。


20240323 foodcourt-18


農産物直売所でお土産を買い、再びフードコートへ。
おやきを買って帰ると決めてあった。



さとやま工房

20240323 foodcourt-19


扱い品目は、おやき、天ぷら、コロッケ。
おやきは、しゃくし菜、切り干しミックス、おいも&あんこ、きんぴらごぼうの4種類。
切り干し以外の3種類を買う。


20240323 foodcourt-2020240323 foodcourt-21
20240323 foodcourt-2220240323 foodcourt-23


草もちも2個買って、これはその場で食べる。
つぶつぶ感が残って粘りすぎない餅、ヨモギの鮮烈な香り、甘すぎず小豆の香りが立つ餡…。
抜群においしい草もちなのだ。


20240323 foodcourt-24



◆ ◆ ◆

こうなると、ずっとおいしそうな匂いを嗅がされ続けているイワナを買わないわけにはいかない。



イワナ屋

20240323 foodcourt-25


「このへんで育てているんですか?」
「冷たくきれいな水でしか生きられないんですよ」
とお店のおかあさん。


20240323 foodcourt-2620240323 foodcourt-27



ずいぶん焼けているように見えるんだが、注文してからさらにじっくり、10分かかった。


20240323 foodcourt-28



◆ ◆ ◆

帰宅して戦利品でビールというのは、近場旅行の醍醐味であろう。
(現地では飲めないからね💦)


20240323 foodcourt-3020240323 foodcourt-31
20240323 foodcourt-3220240323 foodcourt-33


おやきのしゃくし菜ときんぴらごぼうはビールにめっちゃ合う。
炭火の遠火でじっくり焼いて、冷めてもおいしいイワナは、言わずもがな。


20240323 foodcourt-34


見どころいっぱい、おいしさいっぱい。
サイコーの道の駅なのだ。


20240323 washinosato-16


[DATA]
道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート
埼玉県秩父郡東秩父村御堂441
http://www.michinoeki-washinosato.jp/
http://www.higashichichibu.jp/hosokawashi/washinosato





[Today's recommendation]


https://youtu.be/sLujhePY_iY?si=btEBJ32EOuWKhXEh



wachat240323-33.jpg



20240323 foodcourt-35
「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ」編おしまい


暮れも押し詰まり 【餅萬 総本店】

2023.12.27

 年末の段取りとして、28日に早稲田の穴八幡宮にお参りに行くことにして、となるとごあいさつに伺わなければいけないところがあるので手土産が要る。
手土産には地元のお店のお菓子がよい。


20231227 mochiman-11


東村山市民的には「餅萬」の“だいじょぶだァー饅頭”は安定したウケがとれる定番だが、付け届けにはよいが職場への手土産としてはサイズがやや大きい気がする。
贈り物選びとは、かくも繊細なもの。


20231227 mochiman-12


以前買ったことがある酒まんじゅうを思い出す。
やはり地元の酒蔵「豊島屋酒造」の地酒を使ったイッピンである。


20231227 mochiman-13

20231227 mochiman-14

20231227 mochiman-15
※許可をいただいて撮影


酒まんじゅうは店頭に並んでいなかった気もするので、念のため電話で確認。
6個入り×3パックを予約してから伺う。


20231227 mochiman-16

20231227 mochiman-17


――清酒金婚蔵元・豊島屋酒造の地酒[東村山]を使用した、地元ならではの香り豊かな酒饅頭です。純米酒の繊細な風味とさらし餡の調和を大切にした、新しい東村山の銘菓です。お店HPより)


20231227 mochiman-18


なお、だいじょぶだァー饅頭については過去記事も参照いただければ。


20231227 mochiman-19


本年も押し詰まってまいりました。

(つづく)


20231227 mochiman-20


[DATA]
餅萬 総本店
東京都東村山市久米川町3-29-38
http://mochiman.net/
https://www.facebook.com/daijyobudaa





[Today's recommendation]


https://youtu.be/txdUE10OopA?si=tfktjU9zlqFXVK2p



wachat231227.jpg



20231227 mochiman-22
次号予告


公園売店が好き♪ 【パークス 神代芝生広場店】

2023.11.02

 神代植物公園を訪れるのはこれが4回目だろうか。
推測の根拠は食事で、過去3回分の食事の記憶が残っている。
1回目は園内で食べた焼きそばとパンで、これは写真も残っている。
2回目は正門前の武蔵境通り沿いのそば屋、3回目は深大寺参道の水路脇のそば屋。

というように、深大寺といえばそば。
参道をはじめ一帯にはおそば屋さんがたくさん。


20231102 parksjindaishibafu-11-2


植物公園深大寺門を出たところに緋毛氈を敷いた縁台が目を引く風情あるお店が2店並んでいて、前から気になっていた。
今回はそのどちらかと考えていたが、前記事に記したような事情により、ゆっくり食事する気になれない。


20231102 parksjindaishibafu-12


結局、今回は植物園のみで撤収。
昼めしは園内の売店だぁ😅


20231102 parksjindaishibafu-13


こう書くと、何でもいいから腹の足しに… みたいなニュアンスとも受け取られかねないが、実は売店好き。
都立公園の売店「Parks」なんかこれまで3店も取り上げている。

ということで、わざわざ選んで?「パークス神代芝生広場店」。


20231102 parksjindaishibafu-14

20231102 parksjindaishibafu-15

20231102 parksjindaishibafu-16


カレーライス、焼きそばを注文。
バラを見に来たので、飲み物はローズティーとバラジュース。


20231102 parksjindaishibafu-19
20231102 parksjindaishibafu-2020231102 parksjindaishibafu-21
20231102 parksjindaishibafu-2220231102 parksjindaishibafu-23
20231102 parksjindaishibafu-25


初めてここを訪れた33年前、「Parks」などなかっただろうがどこか売店で焼きそば買って食べたんだろうな。
パンパスグラスなんて、そのころあっただろうか?


20231102 parksjindaishibafu-24


バラジュースという飲み物の、一見オシャレっぽいけれども賦香過剰なセンスなど、むしろ昭和的だったり。


20231102 parksjindaishibafu-17


[DATA]
パークス 神代芝生広場店
東京都調布市深大寺元町5-31-10 神代植物公園内
https://www.tokyo-park.or.jp/jindai/facilities.html





[Today's recommendation]


https://youtu.be/1wC6aQk-388?si=YX8OprJtl1QRw8I7



wachat231102-12.jpg


大福いろいろ 【花みずき】

2023.01.20

 清瀬市内には和菓子店が多い。
昔ながらの和菓子・のり巻きのお店から、創作和菓子店、煎餅工場直売店、町外れのだんご屋さん… と、バリエーションも豊かである。

そんな中でも異彩を放っているのが、けやき通りの塩大福屋さん。
駅と市役所を結ぶ市内幹線道路において、まるで観光地の五平餅屋さんのようなたたずまいである。

所沢から先に行くつもりが、なぜかぐるっと回って清瀬に戻ってきて、11:30。
ハラが減っているとき、甘い物の訴求力にはあらがえない。


20230120 hanamizuki-11


ずっと気になっていた塩大福屋さん。
あとで調べると「花みずき」というらしい。
小さいバラックだが、ごく最近、建屋の隣にラーメン店が入り、行列ができたりして様相が変わっている。


20230120 hanamizuki-12


これまで横目で“塩大福”というのを見てきただけだが、自転車を降りて近づいてみると品ぞろえが豊富である。
マンゴー、もも、ゆず、ごま、よもぎ…

窓口には、いかにも人のよさそうなおとうさん。


20230120 hanamizuki-13


「これ、全部ここで作ってるんですか?」と聞いてみる。
「いや、京都で…」

これもあとで写真を見て気づいたんだが、置き看板は“京都 塩大福”となっている。
ここで作っているわけじゃないんだ…。

でもまあ、本当に素朴で人のよいおとうさんとあれこれお話をしたからには、買わずには帰れない。


20230120 hanamizuki-14


豆大福3個と注文。
ストッカーから大福のパックを取り出すおとうさん。

冷凍であったか。
でも冷凍大福は珍しくないし…。

出しついでに、「マンゴーはこんな色なんです」と、お勧めするおとうさん。「ごまは、こんな感じで…」
マンゴーとごまを追加。


20230120 hanamizuki-16


「15分か20分でやわらかくなりますから」

帰宅までに30分以上を要した。
でも大福、カチコチ… ( ̄- ̄;) ンー


20230120 hanamizuki-18


こういうのも、まあいいかなとは思うが、手づくりでないというのはやっぱり寂しい。
ただ、店先に野菜が並んでいて、そっちはおとうさんの手づくりなのかも。


20230120 hanamizuki-15


和菓子屋さんの店頭に野菜が並べてあるというより、野菜直売所で大福も売ってます… みたいな感覚かもしれない。


20230120 hanamizuki-17


[DATA]
花みずき
東京都清瀬市中里3-894





[Today's recommendation]


https://youtu.be/1TXc2JbCjmw



wachat230120.jpg


名にし負う 【豊島屋酒造 KAMOSHInoBA】

2021.12.16

 仙台の友人KE君から牡蠣が送られてきた。名にし負う松島かきである。
あとで聞いたところ、シーズン初めから毎週のように食べ、おいしくなってきた頃合いで送ってくれたと。
ありがたいね ♪(o ̄∇ ̄)/


20211217 toshimaya-1220211217 toshimaya-13


牡蠣が来たので酒を買いに豊島屋酒造の売店スペース「KAMOSHInoBA(醸しの場)」へ。


20211217 toshimaya-1420211217 toshimaya-15


前記事同様、ちょうど1年前に訪れており、年間のサイクルのようで安心・安定な行動といえる。


20211217 toshimaya-16-220211217 toshimaya-17
※許可をいただいて撮影


KAMOSHInoBA Limited Editionすなわち醸しの場限定酒“NEONシリーズ”から、“NEON GREEN 特別純米無濾過生原酒”を購入。


20211217 toshimaya-1820211217 toshimaya-19


夜は蒸し牡蠣と酢牡蠣に。
たらふく食べてもまだ3分の1程度で、あとは翌日に。


20211217 toshimaya-23
蒸し牡蠣。これじゃさっぱりわからんが、酔っ払ってるのでスイマセン


お返しに酒を送るのに、2日続けて「KAMOSHInoBA」へ。


20211217 toshimaya-2020211217 toshimaya-21


1本は前日飲んだ“GREEN”で、上品な甘味のある芳醇な味わいの酒。
もう1本、“NEON BLUE 21 純米吟醸無濾過生原酒”は、限定酒リピ-ト率No.1で、爽やかなかんきつ系の香りに心地よい微発泡感あるスッキリ辛口であると。


20211217 toshimaya-11


こちらは、名にし負う江戸の草分。


20211217 toshimaya-22


[DATA]
豊島屋酒造 KAMOSHInoBA(醸しの場)
東京都東村山市久米川町3-14-10
http://toshimayasyuzou.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat211217.jpg




https://youtu.be/00WCEbKM_SE





 松島かき!

20211217 toshimaya-3120211217 toshimaya-32


松島湾磯崎の牡蠣。
殻付きの焼き(蒸し)用と生食用チューブ。


20211217 toshimaya-33


毎年送ってもらっているが、今年もうまいぞ!


20211217 toshimaya-34


一皿10ヶ○○円! 【珍来】

2021.10.09

 ちょっとしたアクシデントで前沢の病院を受診。
幸い大事なかったので途中で昼ごはんを食べて帰ることに。

帰りは所沢街道か新所沢街道か滝山中央通りか新青梅街道か、どこを通っても所要時間はさほど違わないんじゃないかというくらい交通の便はよいが、飲食店の選択肢となると限られる。
パッと思い付いたのが滝山の商店街の中華店「珍来」。


20211009 chinrai-1120211009 chinrai-12


先の緊急事態宣言では期間中ずっと休業の張り紙がされていた。
宣言解除後の今月初頭、たまたま通りかかり、やってるかなぁ…? と勝手口から厨房をうかがっていると、外の喫煙場所に座っていたお店のおばちゃんがにこやかに会釈してくれる。
その刹那、炒飯やみそラーメンや餃子がインプリントされてしまったんじゃないかと思うのだ。


20211009 chinrai-13


店内で食べるのは実に1年9カ月ぶり。
店先の看板を見て驚いた。
名物餃子が“一皿10ヶ250円”に値上がりしてる (o ̄∇ ̄)o!! ガーン

さて、事情を知らない人はここで混乱をきたし、挙げ句、タイプミスとの結論に至るに違いない。

10ヶ250円? 値上がりして?? ナニイッテンダロウコノヒト ┐( ´- ω-`)┌


20211009 chinrai-14


いいえ、タイプミスなどではありません。
名物餃子、“一皿10ヶ200円”だったのだ。ついこないだまで。

それにしても、250円でも字ヅラのインパクトがいささかも揺らぐことのないところがすごい。


20211009 chinrai-27


注文は、炒飯とみそラーメン(サッポロラーメン)と餃子。
最低限、これだけは食べたいというラインアップ。1人では食べきれないので、相方と行く機会をうかがっていたと。

「珍来」の炒飯と「ピリカ」のみそラーメン、どっちか選べと言われても… という話。
(詳しくはこちらをご覧ください)


20211009 chinrai-1620211009 chinrai-1720211009 chinrai-1820211009 chinrai-19


混むときはものすごく混む店だが、11時半前ですでに客の出入りが激しい。
以前より賑わっているようにも感じられるが、それもピリカ効果だったりするんだろうか?


20211009 chinrai-2020211009 chinrai-21


まず炒飯来る。


20211009 chinrai-22


こちらの炒飯、しっとりオイリーだったり、いい具合にパラパラだったりと、ゆらぎがあるが、本日は…

「いい味だ。しかし……」
「山岡さん……」


20211009 chinrai-23


みそラーメンは、まさしくピリカのみそラーメン。
炒飯とは対照的に、こちらは抜群の安定感で、経験値の違い…?


20211009 chinrai-2420211009 chinrai-25


もはや絶滅危惧種なくらい数を減らしている“サッポロ”。
こういう形にどこかでひっそり生き長らえているものもあるかもしれない。


20211009 chinrai-26


餃子一皿10ヶ250円。
ちょっと焦げちゃってるのも愛嬌というもの。
一つ一つにサービスの心が詰まっているのだ。


20211009 chinrai-28


「それにしても、よく似てるねー」
トゥイードルダムとトゥイードルディーが奇妙なゲームを繰り広げているかのようなファンタジーな厨房なのであった。


20211009 chinrai-15


[DATA]
珍来
東京都東久留米市滝山5-12-23





[Today's recommendation]

wachat211009.jpg




https://youtu.be/flopOJk8KuI



20211009 chinrai-31
10月とは思えない湿った空模様


ふるさとの復興支援イベント! ――出張カキ小屋「牡蠣奉行」

2019.12.14

 11月の終わり、相方が「ポールスタアの横にカキ小屋できてる」と言う。
何の冗談かと思って行ってみると、まさにカキ小屋ができてる。
開店準備中らしいスタッフさんに話を聞いてみると、東北復興支援のイベントで、宮城県石巻産のカキを提供するという。自分のふるさと絡みじゃないの…!
それがオープン前日の話。


20191214 kakibugyo-11
「牡蠣奉行」昼の様子


――「牡蠣奉行」は、旬の牡蠣を産地から全国へ直送し、屋外の特設会場で楽しんでいただける出張カキ小屋です。東日本大震災の後、風評被害に遭った宮城県石巻の牡蠣を多くの人に食べてほしいとの思いから、出張カキ小屋は始まりました。HPより)


20191214 kakibugyo-12
夕方の様子


出張牡蠣小屋「牡蠣奉行」は2015年秋スタート。今シーズンまでに10月~3月のシーズン中、全国各地で開催されるまでに定着しているらしい。
カキをはじめ、冬においしい海産物などを本格炭火で焼いて食べる海鮮BBQスタイルのお店である。


20191214 kakibugyo-13
夜…!


「出張カキ小屋『牡蠣奉行』in ポールスタア ファクトリーショップ横」は11月29日~12月22日の日程で開催。
日を追って認知度が高まっていったようで、いまでは昼から周囲に磯の香りが漂っている。内陸の東村山としては異常事態といわざるを得ない (ノ ̄□ ̄)ノ オオ


20191214 kakibugyo-14


万難を排して伺わなければ… と思いつつ、われわれは終盤になってしまった。
土曜夜だけに「2名様、ご案内できるかどうか確認してきます」というくらいの盛況ぶり。


20191214 kakibugyo-15


入り口にあるトレーにカキの盛り籠(約1kg)、ほかにお好きな食材を載せ、まず会計というシステム。


20191214 kakibugyo-16
20191214 kakibugyo-1720191214 kakibugyo-18-2
20191214 kakibugyo-19



ほかの食材など、もちろんあとで追加できるので、とりあえずカキ2籠(600円×2)と生ビール2(500円×2)、カキご飯390円を注文。
ほかに席代(炭代など)が500円×2で、合計3590円というお会計。


20191214 kakibugyo-20


席に案内され、ていねいに焼き方の説明を受ける。
あとは好きにやってください… となる。


20191214 kakibugyo-21
20191214 kakibugyo-2420191214 kakibugyo-25
20191214 kakibugyo-2320191214 kakibugyo-22


姉の高校の友人にカキ養殖の生産者に嫁いだ人がいて、15年ほど前、そこのカキを姉が送ってくれていた。
「筏から勝手に持ってって」みたいな感じだったらしく、毎年100個くらい送られてきていた。
その生産者は震災前、すでに事業をやめていたらしいが、福貴浦のカキは本当においしかったのだ。


20191214 kakibugyo-26


牡蠣奉行 in 東村山はあと1週間。
興味のある方はお早めに。


20191214 kakibugyo-27


[DATA]
出張カキ小屋「牡蠣奉行」in ポールスタア ファクトリーショップ横
東京都東村山市久米川町3-28-2
http://kakibugyo.com/
https://www.facebook.com/kakibugyou.kantou/





[Today's recommendation]

wachat191214-2.jpg




https://youtu.be/qm2o88Zh4d8


https://youtu.be/QIEEOZDM-eM


ぷりぷりエビフライに心も軽やか 【プリモ】

2019.05.28

 三鷹は近くて遠い街である。
吉祥寺に住んでいた学生時代、大学は新宿区、主なバイト先も新宿区および杉並区と、行く先が東向きに偏っており、西の方角には一つ隣駅の三鷹ですら「行った記憶がない…」というくらいに関わりが薄かった。
いまの町に住むようになって、もっと西の国分寺や立川は行きやすいため親近感も湧いてくるが、今度三鷹は東にビミョーに遠い。

自分にとって三鷹は中央線のエアポケット的スポット。
ゆえにアウェー感ハンパない。


190528 primo-21-2


三鷹には魅力的な店がたくさんあるが、アウェーだけにビビッて近寄れないのが実情。ところがたまに、ハードルの高い店でも「いまなら入れるかも…」と思うことがある。
今日、そうなった。
三鷹でも特に難易度の高いお店に入れそうな気がする。これを逃すと次いつ来るかわからないので現地に急行。


190528 primo-12


三鷹駅北口の街外れ、成蹊通りのJR中央本線をくぐるガード北の平沼園前五差路周辺には、気になるお店が集中している。
その一つ「プリモ」。


190528 primo-22


道行く人を郷愁の彼方へといざなわずにはおかない古きよき喫茶店の風貌。
少し観察していると、70がらみの仕事人風の男性が足を止め、サンプルケースに見入り、店内に吸い込まれていった。


190528 primo-30


釣られるようにケースをのぞき込む。
フォークでグルグル麺リフトしている、食品サンプルを代表する意匠のアレが2柱。ナポリタンもミートソースも720円(サラダ付き、税別)。
昔はスパゲティが多かったけど、このところこういうお店で食べるのは、ほぼカレー。しかしここで目に留まったのはそのどちらでもなかった。
エビフライ。
日替わりメニューでセット価格760円って、安くない?


190528 primo-28


店内は右手にバーカウンター、左側がローテーブルの客席。収容人数20名程度のところ予想外に10人ほども先客がおり、(アウェーだけに)ちょっとビビる。
悪いことにお店の人が見当たらず、そのまま適当なところに座っても絶対気づいてもらえないパターンだ。
カウンター内の奥で調理している気配があり、そちらに「こんちはー」と声を掛ける。


190528 primo-25


出てきたのは、ガイジン…? としか思えない彫りの深い顔立ちの年配の紳士であった。
ネット上で出生地情報は見つからなかったが、マスターは元船乗りという書き込みがあった。そういえば僕の父親も元船乗りで若いころは外人みたいと言われていた。船乗りにはそういう傾向があるのかも。


190528 primo-55


ミニチュアシップや船舶灯、ガラス浮き玉、なぜかサーベル (^○^) といった装飾品に囲まれ、船乗りだらけのような環境に育った自分にとって、(アウェーなのに)懐かしくもホッとする空間である。


190528 primo-26


エビフライは3本。サイズ感があって揚げ方も申し分なく、プリップリで甘みたっぷり。
付け合わせの野菜がいろいろ。スープはかき玉コンソメ。
タルタルソースとウスターソースが両方出されるのがうれしい。2本タルタル、1本ウスターでいただいた。


190528 primo-27


マスターのsoft and gentleな応対もあって、少なくともここにアウェーな空気はない。
海の男のopen mindに触れ、こちらの精神も開放されたかのよう。


190528 primo-23


[DATA]
プリモ
東京都武蔵野市中町1-34-8





[Today's recommendation]

wachat190528-22.jpg




https://youtu.be/ZnJ7uOK4nYg


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2