FC2ブログ

小京都のオープンテラスで 【フクロウの森】

2021.04.10

 仕事が一段落して久々の土曜晴れ。貴重な機会なので車で出かけたい。長瀞か嵐山がいいという。じゃ嵐山にしようか… と、わりとすんなり決まる。長瀞では人が多そうだし。

嵐山(らんざん)とは武蔵嵐山渓谷を指しており、京都の嵐山によく似ていることから命名された埼玉県を代表する景勝地。
「『嵐山渓谷』の魅力は、秋が真骨頂です」と嵐山町観光協会公式HPにあるように紅葉の名所で、いま時分は穴場的にすいているんじゃないかという読みがある。


210410 ranzan-11


数年前(の秋)に一度訪れており、そのときと同じ嵐山渓谷バーベキュー場の駐車場を利用する。
着いたのが12時で、まずは昼ごはん。前のことはほとんど覚えていないが、売店で焼きそばを買って背後に広がる槻川 河原で食べたような記憶がかすかにある。


210410 ranzan-12


ところが売店に置いてあるのは包丁や抗菌まな板だけで、観光施設の売店でなんでそんなもん売ってるねーん! ヾ(・ω・o) と激しくツッコミそうになったが、あ、バーベキュー用品か… とナットク。

そして少しずつ思い出していったんだが、前回は駐車場に食べ物の屋台がたくさん出ていた。食べたのは“嵐山辛モツ焼そば”というご当地B級グルメだった。
このご時世で、屋台などは出ているはずもない。これは困った。

案内係のおじさんに近くに食べるところがあるか聞いても、「『すき家』しかないよ。歩ける距離かって? うーん、どうだろ」とアテにならなそうな反応。
駐車料金500円払っちゃってるし、うーん困った。。。


210410 ranzan-13


ググってみる。
わりと近くに「フクロウの森」というお店? がある。バーベキュー場と出ているが、投稿写真でハンバーガーやランチメニューの看板などが上がっている。
不安なものはあるが、位置的に嵐山渓谷に向かうコースの途中で、どうせ渓谷まで歩くつもりだったし、ほかに選択肢はないしで、一か八か行ってみることにした。そこで食べられなかったらメシ抜き必至であるが。


210410 ranzan-14


歩くこと15分。
道端に「フクロウの森」の看板。


210410 fukuronomori-11


“バーベキュー カフェ ドッグラン”
“営業中”

た、助かった…!


210410 fukuronomori-12210410 fukuronomori-13


「フクロウの森」は完全予約制のBBQ場らしいが、カフェは予約なしで入れる。


210410 fukuronomori-14


主にログハウス3棟と屋根付きオープンテラス2カ所という構成で、カフェ利用はキッチン棟で注文し呼び出しベルを持たされるフードコート方式。


210410 fukuronomori-15


ハンバーグランチと焼きチーズカレーを注文。


210410 fukuronomori-16


ちょっと風が冷たいが、2段になっているテラスの上のほうに席をとって待つ。
思いのほか待ち時間が長い。13時を回り空腹のピークで、ほかの席からBBQの匂いが漂ってきてつらい。


210410 fukuronomori-17


ハンバーグランチはライス、サラダ、スープ付き。
サラダにはフレンチドレッシング。野菜がフレッシュでシャキシャキ。


210410 fukuronomori-20


熱々フライパンにのったハンバーグにはデミグラスソースがたっぷり。
肉々してどっしりしたハンバーグで、濃厚なソースがご飯によく合う。


210410 fukuronomori-22


焼きチーズカレーにはナチュラルチーズがふんだんに。
じっくり煮込まれたカレーと香ばしく焼かれたチーズは相性抜群。


210410 fukuronomori-21


水と空気がきれいな場所で食べるから、よりいっそうおいしく感じられる。
ビールが飲めないのがいかにも残念だ。


210410 fukuronomori-18210410 fukuronomori-19


食事のあとは嵐山渓谷へ。
読みどおり人出はまばら。


210410 ranzan-15

210410 ranzan-16

210410 ranzan-17


進むにつれ一歩一歩という感じで記憶がよみがえっていく。数年前に訪れたときとほとんど同じコースを歩いているようで、不思議なデジャヴ体験を味わったのだ。


210410 ranzan-19210410 ranzan-20210410 ranzan-21
210410 ranzan-22210410 ranzan-23210410 ranzan-24
左上から、ジュウニヒトエ、ツボスミレ、ヤブレガサ、マムシグサ、チゴユリ、フデリンドウ


紅葉もいいが新緑も素晴らしい、東京から1時間ちょっとの“武蔵の小京都”。


210410 ranzan-18


[DATA]
フクロウの森
埼玉県比企郡嵐山町鎌形2687-2
http://fukurou-no-mori.com/
https://www.instagram.com/hukurou_no_mori/





[Today's recommendation]

wachat210410-2.jpg




https://youtu.be/jh6RXTXyO4k


変わっていくこと、変わらずにいること 【村山ホープ軒 東大和店】

2019.04.17

 「村山ホープ軒 東大和店」は去年12月以来。

前回「村山ホープ軒 東大和店」の次の記事が吉祥寺の「ホープ軒本舗」。
今回は千駄ヶ谷の「ホープ軒」からの「村山ホープ軒 東大和店」。
この系統はあとを引くようだ。

料理写真が、特に色味的に前報とほとんど変わっていない点について、あらかじめお詫び申し上げます (*_ _) ス、スマン…


190417 murayama-hope-13


前回と変わっている点が2つある。
まず、庇テント。トレードマークともいえる黄色から、赤地に白抜き文字に。


190417 murayama-hope-11

190417 murayama-hope-21190417 murayama-hope-22
過去写真:2018.05.10(左)、2018.12.11(右)

190417 murayama-hope-12


これは武蔵村山の本店と同じデザイン。本店もこの色に変わったのは最近のことだと思うが。
ちなみに暖簾は前回すでに黄色から白に変わっていたことに、いま写真を見直して気づいた。


190417 murayama-hope-14-2


もう一点はスタッフで、若い女性がいる。
以前、一度目にした魔法使いの弟子と同じ人だと思う。お見かけしたのはそのとき以来だが、ずっとやられてきたのかはわからない。


190417 murayama-hope-15


いずれにしろ、この時代の変わり目に心機一転、テコ入れ的な動向は明るい話題。
元号が変わるタイミングの年末、さらには年度末と、ある程度予想してはいたが店を畳むケースがググッと増えていることに衝撃を受けているだけに。


190417 murayama-hope-33190417 murayama-hope-32190417 murayama-hope-31


注文はラーメン700円+もやし130円。
いつもと変わらないラーメンの味。


190417 murayama-hope-16-2


変わっていくことと、変わらずにいることと。
あるいは、変わらないために変わっていくことと。


190417 murayama-hope-20


[DATA]
村山ホープ軒 東大和店
東京都東大和市南街4-13-12





 野火止緑地の“青い”花たち

190417 nobidome-11190417 nobidome-12190417 nobidome-13
タチツボスミレ ジロボウエンゴサク ムラサキケマン

190417 nobidome-14190417 nobidome-15190417 nobidome-16
ヒメオドリコソウ ハナダイコン ハナニラ



[Today's recommendation]

wachat190417-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/zqNTltOGh5c


研究所でタヌキ研究… じゃなくて 【ファンフル】

2018.04.01

 国分寺駅より徒歩10分、JR中央線のすぐ北側にある日立製作所中央研究所。
1942年創設。約20万平方メートルの敷地内には、多摩川の支流である野川の源流の湧水や、創設時から自生する樹木が維持・管理されている。
約120種・合計27000本の樹木には、メジロやシジュウカラ、コゲラなど40種類以上の野鳥が飛来する。

研究所内の緑地は春秋の年2回、地域コミュニケーションの場として市民に公開されている。
今年の春の庭園公開は4月1日。

この日、矢川~谷保の散策のあと閉園時間15時の1時間ちょっと前に研究所に入ることができた。

ちなみに“自転車ご遠慮ください”だったみたいだが、われわれを含め多くのチャリ族を親切に仮駐輪場所に案内してくれている。
ほかにも“お願い”がいろいろあるので、橋を渡ったところで配られている案内の紙にはちゃんと目を通そう。

正門を入ってすぐに橋で、この谷が深い! 高所恐怖症の自分は足がすくむレベルで、なんでこんな駅チカがこんなことになってるのか!? と、びくびくするやらわくわくするやら。


180401 hitachi-31


まもなく芝生の広場。
ぐるっと屋台が囲む。地元の人気カフェから、なぜかバッタ屋的なものまでと幅広い。
といっても、一民間企業におじゃましているわけだから当然といえば当然だが、全面アルコール禁止。
ほぼ10km歩いて、喉カラカラ。谷保の「増本」では、先があるのでグッとこらえていたが、ここでもビールはおあずけ。


180401 hitachi-33


それにしても、特におもしろみのない普通の芝生の庭園。
期待外れだったかな、と。


180401 hitachi-18


芝生の外れに下り道。
こっちも行けるのかな…? と下ってみると、その先がこの庭園の核心部なのであった。


180401 hitachi-32


56年前の記述を見つけた。研究所開設20周年の論文集に、当時の研究所長が寄せたレビューの前書き部分である。

――中央線国分寺駅北側、恋ヶ窪の一角に、武蔵野のなごりをとどめている幽すいな森がある。これが日立中央研究所の所在地で、敷地約20万平方メートル、構内の谷合からは今なお泉がわき出ていて、これを集めて広大な池を作り、池には白鳥が静かに浮いている。先年皇居のお堀から一つがいの寄贈を受けたものであるが、つい先ごろふ化したばかりのひなの姿も見られる。武蔵国、国分寺の跡もほど近いところにあって、構内の森から、谷からなにか神秘的な昔のいぶきさえ感じられる。(星合正治、日立製作所中央研究所の歴史と概要、日立評論、1962年別冊論文集号 日立製作所中央研究所創立二十周年記念論文集、1-7、1962より)


180401 hitachi-17180401 hitachi-16
180401 hitachi-14180401 hitachi-15180401 hitachi-13


過半世紀を経て受ける印象は、この情景描写と変わらない。


180401 hitachi-19180401 hitachi-20



小径には、案外最近見ないヤマブキやヤマツツジ、ウグイスカグラが咲き、大きな池にはハクチョウが浮かぶ。いろいろな種類のサクラはもう花吹雪だ。
高度経済成長を支えた企業研究者が目を休めたであろう、あたかも時が止まったかのような光景。


180401 hitachi-21


池の周囲を時計回りに歩いて、振り返ると、森の向こうに高いビルが見える。
高さ135メートルの超高層ツインタワー「ココブンジウエスト・イースト」。
ちょうど今日、一部開業を迎えた。
これだけは、まさに今日そのものの風景なのであった。


180401 funfull-31


国分寺に寄ったのにはもう一つ理由があって、それはたぬきケーキが買える店があるから。


180401 funfull-51180401 funfull-52


先日の「サン・ローザ」閉店のショックを埋めるためにどうしても来たかった「ファンフル洋菓子店」。


180401 funfull-53180401 funfull-54


お店は昔の洋菓子店そのもの。


180401 funfull-33
オランジュケーキ255円、モンブラン265円、たぬき240円


たぬきは小ぶりで上品な感じ。
中のスポンジはココア味。ほかのケーキもそうだが、味と作り、価格までも昭和の名残を感じさせる。


180401 funfull-56


店主のご婦人の笑顔に、少し立ち直れた気がする。


180401 funfull-55


[DATA]
ファンフル
東京都国分寺市本多2-1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/eaPJKz1o0R4



chat180401-222.jpg
◆ 猫写真はこちら



180401 hitachi-22
4月1日、日立製作所中央研究所


昭和的ドカ盛りカツカレー 【巌窟王】

2017.05.04

 午前中、家の懸案事項に取りかかり、思いのほか作業がはかどったので気が楽になり、昼前にフラフラと自転車の旅に出た。
黒目川上流部の遊歩道が開通していたようなのでそこを視察し、小平霊園を通り抜け、大沼町一丁目アパート南の踏切を越えて多摩湖自転車道へ。花小金井手前から南下して武蔵小金井の街を抜け、崖線を下る。
このあたりで目的地を浅間山と定める。そろそろムサシノキスゲの季節だ。
しかし山に登ったところで1時を回り、空腹に耐えきれなくなってしまった。


gankutsuoh36.jpg


東八道路まで引き返し、ラーメン、中華、とんかつ、ラーメンと並んでいる中からこのとんかつ「巌窟王」に。
まったく事前情報がない状況で入るには少々勇気が要る店構えだが、逆にこの店構えでカツカレーを訴求されるとあらがえないものがある。
先ほど武蔵小金井を通過してきたわけだが、ここはカレーの激戦区であり、街のいたるところにカレーの匂いが漂っていてかなり刺激されてもいる。


gankutsuoh31.jpg


カウンターのみの店内。
目の前のおねえさんに「カツカレー」と申告すると、「ロースかヒレかメンチかチキンか」と聞かれ、「ロース」と答える。
前金で950円を支払う。


gankutsuoh32.jpg


カウンター奥の右半分が調理場で、初老の男性がテレビのワイドショーにツッコミを入れながら仕事をしている。左側がやや年齢不詳のおねえさんの持ち場で、ご飯、みそ汁、漬物、サラダの盛り付けなどを行う。
まずサラダが提供される。


gankutsuoh37.jpggankutsuoh39.jpg


僕の直前に入った客の定食と僕のカツカレーが同時に上がるとの合図を受け、おねえさんがてきぱきとご飯の支度をする。
まず定食のどんぶり。これにてんこ盛りによそい、あろうことか盛り上がっている分をしゃもじでギューッと押し付けた。とんでもないことするなぁ… と思って見ていると、そのご飯を隣の皿にひっくり返した。
わしのご飯だったんかーい(笑)。


gankutsuoh35.jpg


カレーは期待どおり、いろいろ具材を使っているがほぼ煮崩れているタイプ。ゴチャッとしてる。ムサコあたりのおしゃれな欧風カレーとかインドカレーとかじゃなくて、こういうカレーが食べたかった。昭和のカレースタンドの味という感じ。
カツはロースだがほぼ脂身なし。けっこう厚めで肉質も良好。ただ、少し揚げすぎっぽくて食べづらい部分もある。


gankutsuoh33.jpggankutsuoh34.jpg


みそ汁は意外にも上品に豆腐とワカメ。と思ったら肉片が入っていた。しかも1個のみ。こういうのも豚汁というんだろうか?
福神漬けや紅しょうがの力も借りて、なんとかこのドカ盛りカツカレーを平らげた。

ここまでの量は要らないが、こういうタイプのカレーを出す店が近所にあったらうれしい、と個人的には思う。


gankutsuoh11.jpg


[DATA]
巌窟王
東京都小金井市前原町5-9-4






aoisumire.jpgkomisuji.jpg
アオイスミレ、コミスジ(黒目川源流域)

shirobanatanpopo.jpg
シロバナタンポポ(鈴木街道の歩道)

kinran-sengen.jpgmusashinokisuge1.jpgmusashinokisuge2.jpg
キンラン(左)とムサシノキスゲ(浅間山)




https://youtu.be/yn3btUXmoeI


Latest Articles
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
おいしいそばを存分に 【手繰りや 玄治】 Jul 11, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2