FC2ブログ

1970’s~80’sそのままのたたずまいの… 【カレーショップ デリー】

2018.09.01

 西武池袋線秋津駅とJR武蔵野線新秋津駅は、両線の乗り換え利用を中心に、ともに乗降客数の多い駅である。
秋津駅の2017年度の1日平均乗降人員は81309人で、西武鉄道全92駅中9位。東村山市内の主要駅としては、東村山駅(49492人、19位)、久米川駅(32758人、29位)を大きく上回る(駅別乗降人員 2017年度版)。ちなみにJR新秋津駅は38860人で、西武鉄道では26位に相当する数字。
両駅間に連絡通路はなく、乗り換え客は街なかを通る。仮に新秋津駅乗降人員の半数を乗り換え客と見積もったとして、1日約2万人が両駅間約360mの狭い通りを行き来していることになる。それに地元買い物客等を加え、ここは商業激戦区。生き馬の目を抜く出店合戦が繰り広げられている。


180901 Delhi-25 (2)


この乗り換え通路となっている商店街は西側が二手に分かれる。距離的に両ルートに変わりはないが、心理的近さ感のある北ルートを多くの人が通り、チェーン系飲食店や地元人気店が並ぶ。


180901 Delhi-29 (3)
突き当りで二手に分かれる。左に「デリー」の看板


一方、南ルートは裏道感が漂い、古い個人店が残っていたりする。
その代表が「カレーショップ デリー」。


180901 Delhi-13


「デリー」は秋津の名物的なお店だが、入るのはこれが初めて。


180901 Delhi-12


われわれは一応地元民なのでここはよく通るしお店も普通に見続けてきたつもりだが、あらためて入り口を間近に見て驚かされる。格子ガラス戸の年季の入り方がただ事じゃない。
店内も同様で、古そうだとは思っていたが、予想以上に年季の入り方に趣がある。


180901 Delhi-20 180901 Delhi-21


創業は1974年とのこと。
カウンターのみ7席の小さいお店で、年配のご婦人が切り盛りしている様子。


180901 Delhi-14


そこが予想というかイメージと違っていて、僕は高齢のマスター像を勝手に思い描いていた。
そのように視点を変えて店内を眺めてみると、なるほど女性の細やかな感性とメンテナンス意識が、こういう文化財的空間の維持管理には欠かせないようにも思えてくる。
ケイトウの花が美しい。


180901 Delhi-19


注文は、カツカレー950円(僕)、チキンカレー600円(相方)。
おばさまは注文を受けてから目の前のコンロで鍋を温め始める。小型の寸胴を2つ同時に火にかけているから、チキンとカツカレー用で別々のようだ。同時に奥の調理場でカツを揚げているもよう。
前もって福神漬け&ラッキョウのセット、ドレッシングやソース類と、順次用意が整っていく。


180901 Delhi-17 180901 Delhi-18


こういったカレーショップは、学生時代はどこにでもあった。西早稲田の西門通りにあった店、新宿サブナードの店、吉祥寺のレンガ館地下なんかによく通った。
店内はまさに1970’s~80’sがそのままタイムカプセルに閉じ込められたかのような趣。
しかしそういった昔のファストフード的カレースタンドよりも、ちょっとていねいに作っている。


180901 Delhi-22


チキンカレーは、S&Bカレーパウダーに少し小麦粉を使いました、というようなぽってり感があって、煮崩れた鶏肉とタマネギが全体に散らばっている。
スパイスの感じも控えめで昭和ナツカシイ味。


180901 Delhi-24


カツカレーはサラダとワンプレートでの提供。
カツは大きなフライヤーを使う専門店式でなく、家庭的というような揚がり具合。カレーはチキンカレーと見た目が違うので、肉なしか…? サラダがフレッシュで好感度アップ!


180901 Delhi-23


帰りしな、ガラス戸の内側の錠が目に留まる。
捻締(ねじしまり)錠というものだ。窓まわりがサッシに取って代わられて、古い家屋でも見かけなくなった。
あまりの懐かしさに写真を撮らせてもらっていると、「おかあさん、大切に使ってきてよかったね(笑)」と常連風のおばさん。
戸は閉めたほうがいいとか看板入れろのと構図の指示が飛んできて、ぎくしゃく。


180901 Delhi-15 180901 Delhi-16


結局、どれもこれも逆光でうまく撮れていない(上右写真)。
おばさま方、すみませんでした (*_ _ )人…


180901 Delhi-11


[DATA]
カレーショップ デリー
東京都東村山市秋津町5-12-1



[Today's recommendation]

Queen A Day at the Races
Queen
『A Day at the Races』

https://www.youtube.com/watch?v=EG6lcAjzwps



wachat180901.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2



180901 kamakiri
ハギとオオカマキリ(東村山市秋津町)


時空を超えるチキンかつ 【かつ秀】

2017.09.12

 昭和的食堂に足を踏み入れた瞬間、周りの空間がグニャッとひずむような感覚を覚えることがある。それが特に強かったのが久米川のそば屋 しなの。そこでは内装や照明の具合、店・客双方側の登場人物のキャラなどによって、見事に昭和40年代的空間が実現していた。
僕がグニャリ体験と呼ぶそういう感覚は、暖簾をくぐった瞬間、自分の中の時間軸といま視界に飛び込んできた光景との乖離によってもたらされる平衡感覚の喪失(目眩)なんじゃないかと思っている。


katsuhide2-19.jpg


初めて入ったとき、「しなの」と同じぐらいグニャリとなったのが、萩山のとんかつ屋「かつ秀」。
ここは外観もだいぶ年季が入っているが、内部のしつらえは素人目にもひと昔もふた昔も前のものだ。照明はオレンジのランプシェードにより昼どきにして落日の色、『三丁目の夕日』的演出効果を上げている。
聴覚効果としてはNHKラジオ第1。不意に『ひるのいこい』テーマ曲が流れたりして、いやおうなしに昭和に飛ばされる(「掘り出されたタイムカプセル」参照)。


katsuhide2-12.jpg


ちなみに、しなのもかつ秀も東村山市萩山町だが、ほかにも ふじのやあさひ揚子江 と、ディープな物件を列挙することができる。萩山町自体、次元の狭間であるかのようだ。


katsuhide2-17.jpgkatsuhide2-14.jpg


本日、入り口の引き戸は網戸になっている。店内が丸見えで、こうなるとグニャリ効果は得られない。
しかし、盛夏はさすがに冷房を使うだろうが、いまぐらいの季節は網戸で十分という、人にも環境にも優しい対応といえる。


katsuhide2-13.jpgkatsuhide2-16.jpg


小さな店で、4人掛けテーブル×2、壁(鏡)に向かった2人掛けテーブル×1、カウンター4席。
テーブル・カウンターの天板も壁も、店内はいつもピカピカに磨き上げられて木材が飴色の光沢を放ち、歳月の経過を感じさせる。
BGはやはりNHK第1で、こういう空間で聴いていると時の彼方より届けられる音声のような錯覚を覚える。


katsuhide2-15.jpg


注文はチキンかつ定食800円。
カツは中サイズが2枚。付け合わせはいつものポテトサラダではなくスパゲティサラダ(リンゴ入り)が別皿で。きゅうりのぬか漬け、豆腐とネギの味噌汁という内容。


katsuhide2-18.jpg


こちらは市内でいちばんおいしいとんかつ屋と勝手に決めていて(といっても専門店は5軒もないんだが…)、個人的評価としては都心の名店にも引けをとらない… かもしれない(採点等は上のリンクより前の記事を参照してください)。
そのようにロースかつはおすすめの逸品だが、チキンかつ定食も味・ボリュームともたいへん満足のいく内容であった。

それにしても、店頭に札が出てる冷やし中華が気になるなぁ。もうシーズンオフだけど。


katsuhide2-20.jpg


[DATA]
かつ秀
東京都東村山市萩山町1-2-3



[Today's recommendation]

Over the Rainbow The Young Judy Garland
Judy Garland
『Over the Rainbow』




chat170912.jpg



miyaginohagi.jpg
秋の七草・萩;ミヤギノハギ(萩山公園)


Latest Articles
とんかつをめぐる点と線 【一力】 Jul 15, 2019
街道沿いの小さな中華屋さん 【ハミリ】 Jul 14, 2019
ガッツリがデフォルトな… 【とんかつ 新和】 Jul 13, 2019
オーダーメードの誕生ケーキ、その2 【猫のあんこ焼き菓子店】 Jul 12, 2019
トータルな世界観を表出する蕎麦の名店 【土家】 Jul 11, 2019
工場とともに40年 【真帆】 Jul 09, 2019
吉祥寺駅前に圧巻の地下空間 【戎ビアホール吉祥寺】 Jul 07, 2019
ふらっと立ち寄る沖縄そば 【やんばる】 Jul 06, 2019
井の頭公園内の超穴場カフェ 【松月】 Jul 04, 2019
Half of My Heart な焼き肉ランチ 【食道園】 Jul 03, 2019
「諏訪町店」改め「駅前店」改め… 【龍巳うどん】 Jul 01, 2019
冷やし中華、いっぱつめ 【九州ラーメン いし】 Jun 30, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2