FC2ブログ

小京都のオープンテラスで 【フクロウの森】

2021.04.10

 仕事が一段落して久々の土曜晴れ。貴重な機会なので車で出かけたい。長瀞か嵐山がいいという。じゃ嵐山にしようか… と、わりとすんなり決まる。長瀞では人が多そうだし。

嵐山(らんざん)とは武蔵嵐山渓谷を指しており、京都の嵐山によく似ていることから命名された埼玉県を代表する景勝地。
「『嵐山渓谷』の魅力は、秋が真骨頂です」と嵐山町観光協会公式HPにあるように紅葉の名所で、いま時分は穴場的にすいているんじゃないかという読みがある。


210410 ranzan-11


数年前(の秋)に一度訪れており、そのときと同じ嵐山渓谷バーベキュー場の駐車場を利用する。
着いたのが12時で、まずは昼ごはん。前のことはほとんど覚えていないが、売店で焼きそばを買って背後に広がる槻川 河原で食べたような記憶がかすかにある。


210410 ranzan-12


ところが売店に置いてあるのは包丁や抗菌まな板だけで、観光施設の売店でなんでそんなもん売ってるねーん! ヾ(・ω・o) と激しくツッコミそうになったが、あ、バーベキュー用品か… とナットク。

そして少しずつ思い出していったんだが、前回は駐車場に食べ物の屋台がたくさん出ていた。食べたのは“嵐山辛モツ焼そば”というご当地B級グルメだった。
このご時世で、屋台などは出ているはずもない。これは困った。

案内係のおじさんに近くに食べるところがあるか聞いても、「『すき家』しかないよ。歩ける距離かって? うーん、どうだろ」とアテにならなそうな反応。
駐車料金500円払っちゃってるし、うーん困った。。。


210410 ranzan-13


ググってみる。
わりと近くに「フクロウの森」というお店? がある。バーベキュー場と出ているが、投稿写真でハンバーガーやランチメニューの看板などが上がっている。
不安なものはあるが、位置的に嵐山渓谷に向かうコースの途中で、どうせ渓谷まで歩くつもりだったし、ほかに選択肢はないしで、一か八か行ってみることにした。そこで食べられなかったらメシ抜き必至であるが。


210410 ranzan-14


歩くこと15分。
道端に「フクロウの森」の看板。


210410 fukuronomori-11


“バーベキュー カフェ ドッグラン”
“営業中”

た、助かった…!


210410 fukuronomori-12210410 fukuronomori-13


「フクロウの森」は完全予約制のBBQ場らしいが、カフェは予約なしで入れる。


210410 fukuronomori-14


主にログハウス3棟と屋根付きオープンテラス2カ所という構成で、カフェ利用はキッチン棟で注文し呼び出しベルを持たされるフードコート方式。


210410 fukuronomori-15


ハンバーグランチと焼きチーズカレーを注文。


210410 fukuronomori-16


ちょっと風が冷たいが、2段になっているテラスの上のほうに席をとって待つ。
思いのほか待ち時間が長い。13時を回り空腹のピークで、ほかの席からBBQの匂いが漂ってきてつらい。


210410 fukuronomori-17


ハンバーグランチはライス、サラダ、スープ付き。
サラダにはフレンチドレッシング。野菜がフレッシュでシャキシャキ。


210410 fukuronomori-20


熱々フライパンにのったハンバーグにはデミグラスソースがたっぷり。
肉々してどっしりしたハンバーグで、濃厚なソースがご飯によく合う。


210410 fukuronomori-22


焼きチーズカレーにはナチュラルチーズがふんだんに。
じっくり煮込まれたカレーと香ばしく焼かれたチーズは相性抜群。


210410 fukuronomori-21


水と空気がきれいな場所で食べるから、よりいっそうおいしく感じられる。
ビールが飲めないのがいかにも残念だ。


210410 fukuronomori-18210410 fukuronomori-19


食事のあとは嵐山渓谷へ。
読みどおり人出はまばら。


210410 ranzan-15

210410 ranzan-16

210410 ranzan-17


進むにつれ一歩一歩という感じで記憶がよみがえっていく。数年前に訪れたときとほとんど同じコースを歩いているようで、不思議なデジャヴ体験を味わったのだ。


210410 ranzan-19210410 ranzan-20210410 ranzan-21
210410 ranzan-22210410 ranzan-23210410 ranzan-24
左上から、ジュウニヒトエ、ツボスミレ、ヤブレガサ、マムシグサ、チゴユリ、フデリンドウ


紅葉もいいが新緑も素晴らしい、東京から1時間ちょっとの“武蔵の小京都”。


210410 ranzan-18


[DATA]
フクロウの森
埼玉県比企郡嵐山町鎌形2687-2
http://fukurou-no-mori.com/
https://www.instagram.com/hukurou_no_mori/





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210410-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/jh6RXTXyO4k

 にほんブログ村 音楽ブログへ








生き返る 【九州ラーメン いし】

2021.03.25

 コロナで1年損した… と感じている人も多いと思う。自分的にはそういう一側面ばかりでなく得るところ少なくなかったとも考えているが、それでも行きつけのラーメン屋に入ったときタイムスリップ感を覚えたりすれば“失われた1年”という言葉が脳裏をよぎりもしよう。


210325 ishi-21


行きつけの「九州ラーメン いし」へ。
なんかナツカシイ (-_- ) シミジミ


210325 ishi-22


と書いておいてアレだけど、実はそれほど回数が減っているわけではない。
外食そのものが激減し、その少ない機会にどこへ? と考えると、やはり昔なじみのお店が浮かぶ。それも近場の。
ラーメン屋3~4軒あればいいかぁ… って、スイマセン、暴論でした \(_ _。)


210325 ishi-24


「大盛り」
「はいよっ!」


210325 ishi-25


このお店は正面・側面がフロントサッシで、この季節は開け放っているので換気バッチリ。
アド街ベスト20入りの熱気も落ち着いて? 時間を選べば混雑することもない。
ほろ酔い加減の常連さんと大将のよもやま話を聞くともなしに聞きながら、いつものラーメンをすする。
時間がいくらか失われようとも、体が覚え込んでいる味。


210325 ishi-27


「生き返りました」
「よろしい👍」


210325 ishi-26


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210325.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/k9e157Ner90

 にほんブログ村 音楽ブログへ




210325 senbonyari
センボンヤリ(浅間山)




春は♪ 【あけぼの三隆 新秋津駅前店】

2021.03.09

 久米川には“持ち帰りずし・弁当&和菓子”のお店が多い… ということで1週間前に立て続けに3店取り上げたが、市内にはほかにも似た業態のお店がある。並べてみたくなるのが人情というもの。
真っ先に思い浮かぶのが新秋津駅前の「あけぼの」。


210309 akebono-22


ただの「あけぼの」と覚えている人も多いと思うが(ワタシがそうでした m(_ _;) m、正式には「あけぼの三隆」というらしい。“あけぼのみたか”と読むらしい。「のりの太丸」の系列らしい(←それは知ってた)

春って曙よ!
ということで、華やぎの和菓子を求め「あけぼの三隆 新秋津駅前店」(長っ…)へ。


210309 akebono-12210309 akebono-13


和菓子の魅力は色味にある。
春の色は桃色、桜色、苺色。和菓子でいえば、桜餅、道明寺、いちご大福…。


210309 akebono-14210309 akebono-15


お店の右サイドに漆器の番重が並び、そこには桜道明寺、よもぎ桜もち、桜もち、豆大福、いちご大福、よもぎ餅… と、さすがにポイントを押さえた品ぞろえ。
が、桜もちの札のところに品がない。


210309 akebono-20


キョロキョロ探してみると、店の真ん中に無造作に置かれたコンテナに、大量の桜もち。しかしすべて4個パックだ。

「桜もち単品はないんですか?」と聞いてみる。
「えーと…」と、和菓子の番重をのぞき込むおねえさん。「売り切れちゃいました」


210309 akebono-18210309 akebono-19


個食の時代、日配品4個パックというだけで違和感を覚えるほどで、それをこれほど大量につくってさばけるんだろうか… と心配にもなるが、売れるから用意するんだろうな。
客層がナゾ… というより、弁当の種類の多さなどからして単純によく売れる店なんだと思う。


210309 akebono-21


道明寺といちご大福、それに和菓子コーナーの隅に並ぶアマビエまんじゅうを各1個ピックアップ。


210309 akebono-25-2210309 akebono-26-2


さて、アマビエまんじゅう、去年6月に一度買っている。もしかしたら第1号の客だったかもしれないというくらいに縁があったんだが(詳しくはインスタをご覧ください)、そのときの商品形態がこれ(↙↙写真左)。シール貼っただけかーい! と激しくツッコんだものである。


210309 akebono-23-2210309 akebono-24-2


今回(写真右↗↗)は焼き印が押され、確実にレベルアップしている。
MPも上がってそうだ。

疫病退散! ( ̄0人) >>>>>>


210309 akebono-28


[DATA]
あけぼの三隆 新秋津駅前店
東京都東村山市秋津町5-25-13
https://norinodaimaru.com/





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210309.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/vtrhVEOteVM

 にほんブログ村 音楽ブログへ




210309 akebono-27
シロバナタンポポ




地図の空白を埋める存在 【福龍】

2017.07.30

 清瀬のいわゆる病院通りと緑蔭通りの交差点。ここに以前から中華店があることは認識していたが、今日初めて入ってみて、食べて、帰ってきてお店のデータを調べていてようやく、そこが自分が認識していた店とは違う店であることを知った。
今日入った店は「福龍」で、開業2015年2月6日。お店のFacebookページにそうあるから間違いない。僕がこのあたりをよく通っていたのは10年以上も前のことだ。


fukuryu41.jpg


Facebookの続きには「清瀬駅の近くで35年続けてきた店を移転しました」とある。
以前ここにあったお店(「梅園」といった)が閉店して居抜きで入ったということらしい。


fukuryu40.jpg


今日の午前中、妻がこのあたりに用事があり、その流れで昼食にしようと。
「何食べたい?」と聞くと「あんかけ焼きそば」との返事。
場所的に、こんなことでもない限り機会は少ないと思われるので、わりとすんなりここに決まる。


fukuryu32.jpgfukuryu33.jpg


古い街の中華屋さんをイメージしていたので、いろいろな部分で予想とだいぶ違っている。
店内はテーブル席がなく、カウンターのみ10席。内装・しつらえは全体に新しくきれい。
ご高齢のお母さんが接客係というのはイメージどおりだが、厨房には比較的若い男性。母子での営業のようだ。
メニュー表の品数は多くはなく、麺類9種類と飯類2種類と餃子のみ。ほかの品(焼きそば類、定食類、セットなど)は壁に短冊が張ってある。
ラーメン半チャーハンセット800円(僕)、あんかけ焼そば850円(妻)。


fukuryu34.jpg


テレビでは注目の高校野球西東京大会決勝が始まろうとしている。が、水面下でチャンネル争いが繰り広げられているもようで、ときどき画面が『NHKのど自慢』に切り替わる。こういうのは他人には入り込む余地はない。
ちなみに、お母さんは普通ににこやかだが、息子さんはまったく愛想がない。


fukuryu17.jpgfukuryu18.jpg


調理時間がけっこう長くかかっている。調理人の手元はよく見えないが、仕事ぶりはかなり丁寧そう。たとえば炒めた焼きそばの麺の油切りが徹底的。チャーハンの炒め時間も長い。


fukuryu36.jpg


まずあんかけ焼そば。
具はハクサイ、キャベツ、タマネギ、コマツナ、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、エノキ、豚肉、エビ、イカと10種以上。
麺が細麺であるのに対しあんが熱々、たっぷりなので、後半まで麺がその性状等を保つことができるか… という構成だ。


fukuryu37.jpg


ラーメンは普通といえば普通だが、典型的な中華そばとはちょっと違う。
でもこういう味はときどきどこかで食べている、という味で、例えはよくないがコンソメキューブのような、というか…。


fukuryu38.jpg


チャーハンは意表を突く煮物鉢のような器での提供で、こういう見た目の覚えがないから量が測りがたい。具がそれぞれ細かく刻まれており、以前食べた“丁寧なチャーハン”(「規格外・価格破壊な大衆中華」参照)を思い出した。味つけはかなり好きなタイプ。


fukuryu35.jpg


1時を過ぎてお母さんは当番が終わったという感じでどこかへ出かけた。
息子さんはだれ気兼ねなくテレビで野球観戦。この人は料理提供の際やこのあとの支払いのときにも思ったのだが、愛想がないんじゃなく物静かなだけ。おとなしいことは罪悪のように扱われる世の中だが、僕は美徳だと思っている。

早実・清宮選手の第1打席ファーストゴロを見届けてお店をあとにする。


fukuryu39.jpg


[DATA]
福龍
東京都清瀬市梅園3-2-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/EaO-kgG7eCQ



chat170730-22.jpg



azami11-22.jpg
アザミ類(多摩北部医療センター)



 うなぎの名店
2017.07.30 うなぎ源八/東京都東村山市野口町1-15-4

genpachi21.jpg
genpachi22.jpggenpachi23.jpg
持ち帰り蒲焼並2000円+税


昭和的ドカ盛りカツカレー 【巌窟王】

2017.05.04

 午前中、家の懸案事項に取りかかり、思いのほか作業がはかどったので気が楽になり、昼前にフラフラと自転車の旅に出た。
黒目川上流部の遊歩道が開通していたようなのでそこを視察し、小平霊園を通り抜け、大沼町一丁目アパート南の踏切を越えて多摩湖自転車道へ。花小金井手前から南下して武蔵小金井の街を抜け、崖線を下る。
このあたりで目的地を浅間山と定める。そろそろムサシノキスゲの季節だ。
しかし山に登ったところで1時を回り、空腹に耐えきれなくなってしまった。


gankutsuoh36.jpg


東八道路まで引き返し、ラーメン、中華、とんかつ、ラーメンと並んでいる中からこのとんかつ「巌窟王」に。
まったく事前情報がない状況で入るには少々勇気が要る店構えだが、逆にこの店構えでカツカレーを訴求されるとあらがえないものがある。
先ほど武蔵小金井を通過してきたわけだが、ここはカレーの激戦区であり、街のいたるところにカレーの匂いが漂っていてかなり刺激されてもいる。


gankutsuoh31.jpg


カウンターのみの店内。
目の前のおねえさんに「カツカレー」と申告すると、「ロースかヒレかメンチかチキンか」と聞かれ、「ロース」と答える。
前金で950円を支払う。


gankutsuoh32.jpg


カウンター奥の右半分が調理場で、初老の男性がテレビのワイドショーにツッコミを入れながら仕事をしている。左側がやや年齢不詳のおねえさんの持ち場で、ご飯、みそ汁、漬物、サラダの盛り付けなどを行う。
まずサラダが提供される。


gankutsuoh37.jpggankutsuoh39.jpg


僕の直前に入った客の定食と僕のカツカレーが同時に上がるとの合図を受け、おねえさんがてきぱきとご飯の支度をする。
まず定食のどんぶり。これにてんこ盛りによそい、あろうことか盛り上がっている分をしゃもじでギューッと押し付けた。とんでもないことするなぁ… と思って見ていると、そのご飯を隣の皿にひっくり返した。
わしのご飯だったんかーい(笑)。


gankutsuoh35.jpg


カレーは期待どおり、いろいろ具材を使っているがほぼ煮崩れているタイプ。ゴチャッとしてる。ムサコあたりのおしゃれな欧風カレーとかインドカレーとかじゃなくて、こういうカレーが食べたかった。昭和のカレースタンドの味という感じ。
カツはロースだがほぼ脂身なし。けっこう厚めで肉質も良好。ただ、少し揚げすぎっぽくて食べづらい部分もある。


gankutsuoh33.jpggankutsuoh34.jpg


みそ汁は意外にも上品に豆腐とワカメ。と思ったら肉片が入っていた。しかも1個のみ。こういうのも豚汁というんだろうか?
福神漬けや紅しょうがの力も借りて、なんとかこのドカ盛りカツカレーを平らげた。

ここまでの量は要らないが、こういうタイプのカレーを出す店が近所にあったらうれしい、と個人的には思う。


gankutsuoh11.jpg


[DATA]
巌窟王
東京都小金井市前原町5-9-4






aoisumire.jpgkomisuji.jpg
アオイスミレ、コミスジ(黒目川源流域)

shirobanatanpopo.jpg
シロバナタンポポ(鈴木街道の歩道)

kinran-sengen.jpgmusashinokisuge1.jpgmusashinokisuge2.jpg
キンラン(左)とムサシノキスゲ(浅間山)




https://youtu.be/yn3btUXmoeI


Latest Articles
心置きなく1人焼きそば 【ぼん天】 Apr 22, 2021
街中華かくあるべし 【正来】 Apr 20, 2021
懐かしの味に再会❗ 【くるま屋台GT】 Apr 19, 2021
新旧武蔵野の交わる… 【三上さんちの焼きだんご】 Apr 18, 2021
ループものな午后1時 【チャイニーズレストラン 一番】 Apr 17, 2021
超絶住宅街に、歴史の詰まった… 【餃子屋さん】 Apr 15, 2021
ウワサにたがわぬおいしさ 【手打ちうどん 漕】 Apr 14, 2021
創意あふれるお団子セット 【ふしみだんご】 Apr 13, 2021
小京都のオープンテラスで 【フクロウの森】 Apr 11, 2021
生涯おいしく食べるために 【焼き鳥野島】 Apr 10, 2021
無性に食べたくなる… 【さんらいず亭】 Apr 08, 2021
お祝いのお寿司🎉 【ダイヤ寿司】 Apr 06, 2021
Category
Ranking
          
          
Category-2