FC2ブログ

パワースポットからの花の名所は…

2020.09.20

 4連休があることを5日前まで知らなかったワタシです (^ ^;)ゞ

連休2日目の日曜日は本格的に天気が崩れるというので、自転車は諦めて車で出かけるということに前もって決めてあった。
行き先は、朝起きて考える。

“埼玉_寺社仏閣”で検索。
日帰りの小旅行というと、あるイメージがあった。去年訪れた雷電神社のように、観光地化していないが格と歴史を感じる寺社をめぐるというもの。
しかしネット検索では川越・秩父・さいたま市のメジャーどころしかヒットしない。Googleさんのメジャー誘導戦略はますます深化している様子。

「だいたい雷電神社すらヒットしないんだぜ」
「そりゃそうだ」と相方。「だってあれ、群馬だもん」
「あ、なーるほど」

雷電神社には相方の実家の帰りに立ち寄っており、実家は埼玉だからそう思い込んでいた。実家はほぼ群馬な(ほぼ茨城な)埼玉なのだった。


20200920 komashrine-11


といういきさつがあって、メジャーそうではあるが自分は知らなかった長瀞の寳登山神社を最終目的地に設定し、ルート上にあって聞き覚えのある高麗神社にまず立ち寄ってみることに。


20200920 komashrine-22


9時すぎに出て高麗神社に到着したのが11時。
混みそうな所沢入間バイパスは避けて渋滞はほぼなかったが、それぐらいはかかるのか。


20200920 komashrine-12


高麗神社は716年創設。
参拝後総理大臣になった政治家が多くいることから“出世明神”と呼ばれ、パワースポットとして知られる。


20200920 komashrine-13


拝殿でお参りしたあと、裏手の高麗家住宅に行ってみる。


20200920 komashrine-15


神職を務めた高麗家の住居として慶長年間に建造された国指定重要文化財。
茅葺き・入母屋造りの古い形を残す、東日本の民家としてはきわめて貴重な例だそうだ。


20200920 komashrine-16


運よく屋内解放期間(9月22~29日)で土間まで入ることができた。


20200920 komashrine-18


このブログでは意外に古民家ネタが多く、古民家好きと思われているかもしれないが、偶然です。
たしかに古民家はかなり好きだが、事前にリサーチしてまで訪れることは…。


20200920 komashrine-19


というか、意識したことはないが自分にはセレンディピティを重んじる傾向があるように思う。


20200920 komashrine-17


高麗神社駐車場でナビに長瀞と入力したら3時間と出た。
それだとちょっと大ごとっぽいので、行き先を近くの巾着田に変更。実際、例年この季節は定番コースらしく、神社と巾着田の間でシャトルバスが運行されるとのこと。
巾着田は曼珠沙華(マンジュシャゲ=ヒガンバナ)群生地として有名なスポットだ。


20200920 kinchakuda-12


巾着田曼殊沙華公園の駐車場入り口には“曼殊沙華まつり開催中止”“曼殊沙華は咲いていません”等の張り紙。
車を止めて群生地に入ると衝撃の光景が…。


20200920 kinchakuda-13


あたり一面、刈り倒されたおびただしい数のヒガンバナの花径が散乱している。
開花したものも少し混じるが、多くはつぼみの段階。


20200920 kinchakuda-1520200920 kinchakuda-14


日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式HPをググる。
――適切な感染防止に支障があるとの判断により、「曼珠沙華まつりの開催中止」と同様に大変苦渋の決断ではありますが、曼珠沙華を開花前に刈り込むこととしました。

それはコロナ禍の今年を象徴する悲しい光景。


20200920 kinchakuda-16


巾着田は大きく蛇行する高麗川に囲まれた巾着のような地形の平地。ヒガンバナの群生地は河原沿いの林下に広がっている。
高麗神社参拝のころまで降っていた雨も上がり、散策するのに非常に気持ちいいスポットだ。


20200920 kinchakuda-19


例年どおりだったとしたらどうだろう。人混みの苦手な僕らには、いい印象は残らなかったかもしれない。
花こそなかったが、巾着田の本当のよさに触れられる、偶然の、またとない機会だったかもしれない。


20200920 kinchakuda-11


ところで、巾着田の前に食事をしているが、偶然といえばそのお店では思いもよらぬ偶然の出会いが…。

(つづく)



20200920 kinchakuda-18
“一面の”とはいかないが、ときどき出会う刈り込みを免れた“一輪の”花の美しさ


[DATA]
〈高麗神社〉
 埼玉県日高市大字新堀833
 https://komajinja.or.jp/
〈巾着田管理事務所〉
 埼玉県日高市高麗本郷125-2
 http://kinchakuda.com/





[Today's recommendation]

wachat20200920-1.jpg




https://youtu.be/ZgXNVA9ngx8


街の栄枯盛衰を見つめて 【えぞ】

2018.09.13

 1970~80年代に隆盛を極めたサッポロラーメン… というか「どさん子」チェーン。ピーク時には全国約1200店舗を数えたという。
当然、柳の下に亜流・傍流はあまた出現したであろうし、なかには商標をめぐる訴訟問題にまで発展した事例もあったようだ。
なお、“サッポロ”に関しては、蝦夷えぞえぞ菊えぞふじニューコタン元祖札幌やどさん子ピリカピリカを参照。

いま、裏町や古い幹線道路沿いでひっそり営業しているサッポロのお店たちは、どさん子亜流・傍流チェーンの、本部が消滅してはしごを外されながらも自力でしぶとく生き延びてきたサバイバーなんじゃないかと、ひそかに空想を巡らせている。
あくまでも空想なので取り扱いに注意 σ( ̄、 ̄=) ンー…


180913 ezo-27180913 ezo-26
西所沢「えぞ」(左)、清瀬「蝦夷」


その理由はいくつかあるが、たとえば店名。「えぞ〇〇」が定番で、既視感があるから、「どこかで見たな。チェーン店かな…?」となる。
ずばり「えぞ(蝦夷)」というお店なんかこの近辺に3店もあるんだから、そう考える人間がいても不思議じゃない。

3店の「えぞ」のうちの一つが小平中宿商店街にある。


180913 ezo-11


府中街道ブリヂストン横の小川東町交差点から西へ延びる中宿通りの明学東村山寄り。
駅でいうと西武線小川駅西口。


180913 ezo-16180913 ezo-17
180913 ezo-12180913 ezo-13
180913 ezo-14180913 ezo-15
180913 ezo-18
小平でも一、二の賑わいを見せたという中宿商店街


灯台下暗しというか、練馬区や新宿区にまで足を延ばしているサッポロ巡りだが、おそらくうちからいちばん近いこちらのお店、今回初来店である。


180913 ezo-19


外観の印象からすると相当意外だが、店内はきれいである。これまで取り上げてきた中で一、二のきれいさ。
注文は、サッポロといえばやっぱりみそラーメン、550円(安い!)


180913 ezo-21-2


年配のご夫婦? で営まれている。
客は僕1人ではあるが、それにしても厨房に動きがない。このタイプのラーメンはたいてい炒め野菜がのるので、厨房は中華鍋を扱う動作や音で騒々しいのが常。


180913 ezo-22


おかみさんが麺のゆで上がりの頃合いを見て、
「みそラーメンね」と合図を送る。
「はいよ」とおとうさんが鍋振り開始。
仕事にリズム感があって、なかなかいい感じ。


180913 ezo-24


炒め野菜はモヤシとタマネギ少々、肉系はない。代わりにチャーシューが厚みもあってなかなかの存在感。キクラゲのトッピングはちょっと珍しいかも。
麺はツルッ、パツッとしたストレート麺。
昔ながらの素朴でおいしいみそラーメン。


180913 ezo-23


「あと2年がんばれば2020年で…」うんぬんと話しているので、どれくらいお店をやっているのか聞いてみた。
「ここに移って40年」とおかみさん。「その前もこのすぐ近くでやってたんですけどね」
40年前はこの商店街もにぎやかだったんじゃないだろうか。
「そりゃもう、小平で一、二といわれてましたから」とおとうさん。「スーパーが2軒もあったの。一つは道路拡張でなくなって、もう一つは商売広げすぎてなくなって…」
少しずつ通りがさびれていった主因は、やはり後継者難だそうだ。


180913 ezo-20


「えぞ」の疑問について聞いてみた。
「『えぞナントカ』という店はけっこうあるけど…」とおかみさん。同名のお店の存在自体知らない様子だ。
「チェーン店ではないですよ。仕入れも仕込みも全部うちでやってますから」とおとうさん。


180913 ezo-25


しょせん現在の社会通念の枠を飛び出ることのない自分の空想なんかより、昔ははるかに自由で、商売の形態もずっと多様だったんだと思う。


180913 ezo-28180913 ezo-29


[DATA]
[DATA]
えぞ
東京都小平市小川西町3-3-20





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=o2MlVDpJjgY



wachat180913.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Latest Articles
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
おいしいそばを存分に 【手繰りや 玄治】 Jul 11, 2021
Vaccinationからの… 【桂花ラーメン 新宿ふぁんてん】 Jul 10, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2