fc2ブログ

愛は惜しみなく 【忠豊】

2022.01.16

 猫の消耗品を買いに「ジョイフル本田 瑞穂店」へ行き、周辺で昼ごはんのお店を探したが、いまひとつしっくりくるところがなく、村山団地西通りの商店街まで戻って探すことにした。


20220116 chuho-1120220116 chuho-12


商店街なら食べるところの5~6軒はすぐ見つかるだろうという安直な読みは見事に外れ、開いているのはラーメン屋さん2店と中華屋さん1店のみ。
相方はラーメン店にあまり入りたがらないので、簡単に中華店に決まりそうなものだが、これがそう簡単な話ではない。


20220116 chuho-13
アーチ2つが出入り口になっているコの字形路地「すずらん通り」の奥、黄色い看板が「忠豊」


中華店というのは「忠豊」。
名にし負うドカ盛り店である。


20220116 chuho-14


たとえば一般的な量を1として「忠豊」の盛りがどの料理も2だとすると、僕1人で入った場合、2頼んで2食べればいい。しかし相方と入ると最低4(2品)頼まなければならず、相方は1以上は食べられないので、僕の食べる量が3に増えるという計算になる。
3人前はちょっと…。


20220116 chuho-1520220116 chuho-16


でも楽天家なワタクシ。
まあ、それくらいなんとかなるか… と入店。


20220116 chuho-18


意外なことに、1時前で先客1人とすいている。
あとで聞いた話では、やっとお客さんが戻ってきたと思った矢先の第6波で、年明けでパタッと客足が落ちたと。うーむ…。


20220116 chuho-1920220116 chuho-20


量、多いからなぁ… と、入る前にさんざん脅かしたので、「いちばん軽そうな中華そば」と相方。
もう1品は焼きそばに。


20220116 chuho-2120220116 chuho-22


まず中華そば。
器もそんな大きくなく、パッと見、普通のラーメン。


20220116 chuho-2320220116 chuho-24


杞憂だったかな、と安堵した次の瞬間…
配膳台のほうから「おっと、ずいぶん多くなっちゃったね」というおかあさんの声が…


20220116 chuho-2520220116 chuho-26


「はい、大盛りサービス!」と、焼きそば来る。
えー!? ∑( ̄[] ̄;)!


20220116 chuho-2820220116 chuho-29


えーと、上記数値でいうと、これ一皿で4か5はある。
一瞬にして計算が破綻した。


20220116 chuho-3020220116 chuho-31


「どうしてこうなっちゃったんです?」
「つかみ加減でねー(笑)」とおかあさん。
加減って、麺の玉単位のカゲンでもしてるんですかぁー!! ヾ(・ε・。)


20220116 chuho-3220220116 chuho-33


中華そばも箸を入れてみるとすごい麺量なのである。
ここからは、ひたすら食べる。


20220116 chuho-27


僕がまず中華そばで、7割がた食べたところでチェンジ。
焼きそばぜんぜん減ってないし ( ̄- ̄;)

焼きそばひと口食べて、無理… と思いました。

中華そばは懐かしくもおいしい昔ながらのラーメンで、食欲を刺激されいくらでも食べられそうな気がした。
そのあっさりさっぱりした味と違って、焼きそばはソース味。
これもナツカシおいしいが、ひと口目の甘さが満腹中枢を直撃。


20220116 chuho-3420220116 chuho-35


でも焼きそばが来たとき、「食べきれなかったら持ち帰っていい?」と相方が聞いているので、ある程度気は楽なのであった。
ただ、持ち帰るにしても皿の半分も食べなかったら失礼にあたると思うので頑張って食べているわけだが、この半分が遠い(笑)。

結局、パックをもらって詰めたんだが、大きめのパックがいっぱいになった。
頑張って食べなかったら1パックに入り切らなかったという、なんと恐ろしい盛り。


20220116 chuho-3620220116 chuho-37


「チャーシューがすごくおいしかった」と相方。
「生のお肉使ってるからね」とおかあさん。「値段は冷凍の3倍はするけど、味がぜんぜん違う。いまさら変えられないです。お客さんにはすぐわかっちゃう」

というように、量のことが取り上げられることが多いが、実はすごくおいしいお店なのである。


20220116 chuho-40


昭和45(1970)年からこの地で続けているそうだ。
昔は賑やかで、この奥まった場所にも人がたくさん出入りしていたと。
出前も多く、エレベーターのない団地の3階4階にもおとうさんは届けていたと。

「あれでもけっこう年なんですよ」とおかあさん。「89歳」
えー!? ∑( ̄[] ̄;)!

「あ… 79か」
ズルッ (ノ_ _)ノ


20220116 chuho-38


焼きそばをパック詰めしてもらうのは申し訳ないので、途中で持ち帰りの焼き餃子を頼んでいたが、その注文が通っていなかったので生餃子にしてもらった。

「焼いていないので、量でサービスしておきました」
「えー!?」

餃子は15個。こちらの餃子1人前は10個のようなので、5割増し。
自家製ラー油までいただいた。なんと、ワンカップサイズでひと瓶も。


20220116 chuho-41


持ち帰った焼きそばと餃子のみで、大満足の晩ごはんになった。
激辛ラー油で冷やっこも食べてみた。


20220116 chuho-42


ほぼいちげんさんなのに、こんなによくしてもらって、これを書きながらも涙が出るほどうれしい。


20220116 chuho-43


「まだまだ続けますから、ぜひまた来てください!」
頑張ってください。ぜひまた伺います!


20220116 chuho-5520220116 chuho-56


[DATA]
忠豊(ちゅうほう)
東京都武蔵村山市学園3-62-4









インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat220116-11.jpg




https://youtu.be/-nmPdUiT5ks



20220116 chuho-39


年末年始のしわ寄せ 【正来】

2022.01.15

 5日ぶりの外食。
オミクロン自粛というわけではなく、単純に忙しかった。
年明けはいつもそんな感じだが、昨年末は発注元の動きがことさら鈍く、しわ寄せはある程度覚悟していた。

ブログにも“年明けにはブログどころではなくなっていることは容易に想像がつく”と書いている。
本当にそうなるとまでは思っていなかったんだが… ( ̄Д ̄;;

明けない夜はないという。
山は越えた。


20220115 shorai-11


久しぶりの散歩を兼ね、後回しになっていた用事を片付けに東村山駅西口へ。
その流れで、昼ごはんは中華料理店「正来」へ。


20220115 shorai-1220220115 shorai-13


東村山駅西口の通称バス通りは、駅前交差点から緩やかな下り坂になっていて、前川を過ぎると今度は正福寺方面への上り坂となる。


20220115 shorai-1420220115 shorai-15


前川側から見れば駅に向かって上る途中に「正来」はある。お店が見えてきたと思ったら、いきなりおとうさんが出前に出動。
まだ11時半だ。

入り口でもたもたしていると、「どうぞ♪」と、おとうさんが引き戸を開けてくれる。
いわゆる“おとうさん”が、少なくともお二方いらっしゃる。


20220115 shorai-1620220115 shorai-17



注文は、うまにメンとチャーハン。
どちらも初のオーダーである。


20220115 shorai-2020220115 shorai-21


チャーハンは、まず初見の見た目がよい。
雄大な山体である。


20220115 shorai-1820220115 shorai-19


使い込んだ鉄の中華鍋に焼かれたごはんの色。これはおいしさの証明でもあると思う。
しっかり濃いめの味ながらちっとも喉が渇かない。これも質のよさの証しなのではないだろうか。


20220115 shorai-2220220115 shorai-23


こちらのラーメン類は何でもうまい。
公正を期すとすれば“お口に合う”という表現でもかまわない。


20220115 shorai-2420220115 shorai-25


うまにメンは初めて食べるけれども、うまいことは食べる前からわかっている。お気に入りの中華丼とアタマが同じだからだ。


20220115 shorai-26


現在のラーメンブームにおいてちょっと足りないかな… と感じる要素の一つに、“炒めの技量”があると思う。
カコンカコンと途切れることなく聞こえてくる音は、おいしさ保証のようでもある。


20220115 shorai-27


食べている間も、出前のおとうさんは戻っては出動のピストン輸送。
僕よりも全然忙しそうだ。


20220115 shorai-28


[DATA]
正来
東京都東村山市野口町1-11-3





[Today's recommendation]

wachat220115.jpg




https://youtu.be/oPQ3o14ksaM



20220115 shorai-29


小麦香るもちもちうどん 【東村山肉汁うどん メリケン】

2022.01.10

 うどんどころだけに意外な場所に意外な形で突如うどん屋さんが出現する東村山――と以前書いているが、意外な業種が参入してきたりもする。
昨年9月にオープンした「東村山肉汁うどん メリケン」。
こちらの運営元は、久米川町「GREEN STORE」、秋津町「SPROUT 3rd」など古着屋を中心に展開する㈲スプラウト


20220110 american-1120220110 american-12


久米川駅北口、2年前に閉店した割烹「小千谷」の跡地。
外観はほぼそのままに、正面に「AMERICAN」の看板が掛かった。


20220110 american-1320220110 american-14


店名の「メリケン」とはもちろんうどんに使う小麦粉の別称“メリケン粉”のことで、語源は“American”が訛ったものだ。


20220110 american-15


以前から店頭で呼び込みをしていたが、最近テイクアウトうどんの販売も始め、入りやすい雰囲気。


20220110 american-1620220110 american-17


店頭の写真を撮らせてもらう流れから、店内券売機まで丁寧に案内していただく。
券売機が苦手でオロオロしていると、「店内でゆっくり決めていただいて大丈夫です」と男性スタッフ。
で、ホール係の女性スタッフがテーブルで注文をとってくれる。

至れり尽くせりの接客 (o ̄∇ ̄)/ アリガトォ♪


20220110 american-18


さすが原宿にも出店しているという古着屋さんのセンスというか、うどん屋とは思えないおしゃれな店内。
スタッフも皆さん若く、トシ全員分足しても「ま○や」の○スおばちゃんにかなわないかも… ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


20220110 american-19


注文は、やはり外せない肉汁うどん並盛り800円。
もう1品は濃厚胡麻汁うどん小盛り700円。


20220110 american-20


本日の天ぷらから、ちくわとわさび菜。


20220110 american-2120220110 american-22


うどんは極太角麺。
よじれや不ぞろい感のない整ったビジュアル。


20220110 american-2320220110 american-24


メリケン粉は全粒粉かな、ホシというかふすまがはっきり見て取れる。
かなりコシが強いが反発することなく、かみしめると小麦の甘さや香りが広がる。


20220110 american-2520220110 american-26


肉汁は甘めだが甘すぎず、だしがよく効いている。
具は豚肉のみとシンプル。
糧のコマツナが付いて武蔵野風。


20220110 american-27


胡麻汁はとてもクリーミーでなめらか。
花椒を勧められたので卓上の瓶をガリガリ擦って入れてみると… これは坦々麺のスープだ!
うどんにもよく合って、おいしくいただける。


20220110 american-3120220110 american-32


ほかにも卓上味変アイテムが充実。
ゆず風味の割り湯がおいしい(2種類あり)。


20220110 american-2820220110 american-29


久米川はうどん店がなかなか定着しないエリアだが、こういう若い感性は大事かも。
もちろんクオリティが伴っているからこそ。


20220110 american-30


[DATA]
東村山肉汁うどん メリケン
東京都東村山市栄町1-1-18
https://www.instagram.com/nikujiruudon_american/









インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat220110.jpg




https://youtu.be/5Z_fsdWYXMA


分散初詣からの… 【芝大門 更科布屋】

2022.01.09

 初詣には必ず行くが、信仰心があついわけではなく、行事に便乗して街歩きを楽しむという性格のもの。コロナ前はイベント性も街歩き要素もより強い七福神めぐりを恒例としていた。
年の初めにこだわるものでもなく、名目さえ与えられるなら12月でも2月でもかまわない。前のシーズンはコロナ禍で注目された“幸先詣”というものにいち早く便乗させてもらったが、感染状況が沈静化していた昨年末は分散化の呼びかけも前年ほど強くなかったためか、どうするか決めかねているうちに機を逸し、いざ正月を迎えれば、密集化が目に見えている場所に近づく気にはやはりなれず。
松の内が明けてようやく、そろそろ初詣でも… となったのは自然の成り行きのようでもある。


20220109 zojojitemple-11
大門


今年は芝の増上寺。
何かの機会に行っておきたいと思っていた。

増上寺は徳川将軍家の菩提寺として知られる日本有数の大寺院。
個人的には、落語『芝浜』の舞台だったり、大正・昭和期の浮世絵師・川瀬巴水の絵の題材になっていたりというあたりに親近感を覚える。


20220109 sarashinanunoya-37


増上寺参道入り口に立つのが駅名にもなっている大門(増上寺旧総門)で、1937(昭和12)年に道路拡幅に伴い鉄筋コンクリート製に造り直されている。
門の基部に陶板が飾られている川瀬巴水『芝大門之雪』はその前年の作で、移築後空襲で焼失した木造の旧大門を知る貴重な資料なのだそうだ。


20220109 zojojitemple-1220220109 zojojitemple-13
三解脱門


三解脱門(中門)の背後に東京タワー。
門をくぐると、ドーンと。
インスタにアップしようとすると、#増上寺と東京タワー は投稿数5000件以上の定番ハッシュタグであった。


20220109 zojojitemple-1420220109 zojojitemple-15


大殿本堂に参拝客の列。
境内が広く密接感はないのでそのまま並んでお参りを済ませる。


20220109 zojojitemple-1620220109 zojojitemple-17


大殿に向かって右手に鐘楼堂。


20220109 zojojitemple-1820220109 zojojitemple-19



増上寺の鐘は“江戸三大名鐘”の一つで、『芝浜』でも重要なシーンに登場する。主人公・魚屋の勝治郎が波打ち際で財布を拾った“芝浜”は田町駅近くの本芝公園のあたりで、現在の山手線がだいたい当時の海岸線にあたるらしい。


20220109 zojojitemple-2320220109 zojojitemple-24


増上寺の鐘が午の刻を告げた(ような気がした)。
腹が、減った……


20220109 sarashinanunoya-1120220109 sarashinanunoya-12


来るとき大門駅から地上に出てすぐのおそば屋さんに行列ができていた。
参道にはそれ以外にこれといった食べ物屋さんは見当たらなかった。
仕方ない、戻って並ぶかぁ…。


20220109 sarashinanunoya-1320220109 sarashinanunoya-14


老舗然とした立派な店構えの「芝大門 更科布屋」。
角には“創業寛政三年”の石柱が立っている。


20220109 sarashinanunoya-34


お店に着いたのが12時半で、幸い行列は長くなっておらず、回転も速い。
僕らの前に5組ほどあったが5~6分で案内される。


20220109 sarashinanunoya-1520220109 sarashinanunoya-16


待っている間、表のショーケースで品定め。


20220109 sarashinanunoya-1720220109 sarashinanunoya-1820220109 sarashinanunoya-19


「更科」といえば、代名詞ともいえるそばの実の芯の部分だけを使った真っ白なさらしなそば。
老舗系更科は、変わりそばも有名だ。


20220109 sarashinanunoya-20


その両方が楽しめる三色そばとまず決めて、もう1品、そば弁当とそばずしで迷う。
両方頼んじゃえば? みたいな ヾ(- -;)


20220109 sarashinanunoya-2120220109 sarashinanunoya-22


麻布十番かいわいに「更科」を名乗るお店が3店あることはよく知られており、こちら「芝大門 更科布屋」を含め更科の源流に位置する。寛政三年(元年とも)は、直系とされる現「更科堀井」初代布屋太兵衛が「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」を創業した年と。


20220109 sarashinanunoya-2320220109 sarashinanunoya-24


今月の変わりそばは唐辛子切り。


20220109 sarashinanunoya-25


辛さは感じないが、ほのかな唐辛子の香りがよい。
真っ白いいわゆるさらしなそばも、本式を食べたのは初めてかも。


20220109 sarashinanunoya-2620220109 sarashinanunoya-27


そば弁当は、天ぷら、焼き魚、そば、ご飯の松花堂弁当。


20220109 sarashinanunoya-28

20220109 sarashinanunoya-2920220109 sarashinanunoya-30


そばずしは、そば汁と酢で〆たのり巻きと稲荷ずし。


20220109 sarashinanunoya-3120220109 sarashinanunoya-32


こちらはベースのつゆが甘めだが、加えてのり巻きのたねの卵焼きや揚げも甘さが強く、華やかさを感じるお品である。


20220109 sarashinanunoya-33


これ、絶対酒飲みたくなる。
でもよそう。また、夢になるといけねぇ…


20220109 sarashinanunoya-3520220109 sarashinanunoya-36
写真中央に大門、その背後に三解脱門


[DATA]
芝大門 更科布屋
東京都港区芝大門1-15-8
http://www.sarashina-nunoya.com/
https://www.facebook.com/%E8%8A%9D%E5%A4%A7%E9%96%80-%E6%9B%B4%E7%A7%91%E5%B8%83%E5%B1%8B-567674253316764/









インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat220109.jpg




https://youtu.be/UdGkoTH7os4


https://youtu.be/7_wJRE8SUX0



20220109 zojojitemple-22
帰りに立ち寄った愛宕神社は大変な混みようだった


古きよき時代の… 【ながしま 磯とり料理】

2022.01.08

 前記事の「貯水池 鳥山」はかなり古い時代の遊興施設を思わせるものがある。
子どものころ、つまり高度成長期、次々とボウリング場が新設されていたような時代に、とんでもない場所にとんでもない娯楽施設ができたりしていた。河川敷の動物園とか、山奥の射撃場とか。炭鉱跡のハワイなどその最たるもの。


20220108 nagashima-11


「鳥山」は東京から日帰りの観光気分でお食事を… というコンセプトだったんだと思うが、狭山丘陵にはほかにも同様の施設があったらしい。
六地蔵の下、いまの野山北・六道山公園インフォメーションセンターの場所に、かつて「村山砦」という料理屋があったらしい。元横綱が下足番をしていたりと、カオスな世界観だったらしい。
そういう欲望渦巻くというか制御不能というか、いろいろエネルギー過剰な時代を考察するのが好きだ。


20220108 nagashima-1220220108 nagashima-13


という前振りで、この記事が「ながしま」というのは、まったくの偶然です (・Θ・;)


20220108 nagashima-14


4カ月ぶりくらいの「ながしま」さん。


20220108 nagashima-1820220108 nagashima-19


ランチのホワイトボードがわかりにくく、何年も通っていてもいまだに悩む。
この場合、ミックスフライはその左の揚物定食の内容説明になっている。
その要領で下へいくと、本日の焼き魚定食は生サケ焼き、煮魚定食はさばみそ煮ということになる。


20220108 nagashima-15


注文は揚物定食800円(ミックスフライ)。
もう1品は、シンプルにマグロづけ丼。


20220108 nagashima-20


卓上には名物ともいえるイカの塩辛。
スルメイカの不漁続きで去年一昨年と、塩辛をあまり見かけなかった。
いまどきこれほどおいしい塩辛はめったに食べられないので、それだけでもう満足… みたいな (^0^ゞ


20220108 nagashima-2520220108 nagashima-26


ミックスフライのカキフライがデカい!


20220108 nagashima-2720220108 nagashima-28


何年ものとかの大きいカキを使っているかというとそうではなく、カキ3~4個を束ねて一個のフライにしてある。
ならば1個1個が小さく味も貧相なのかというと、そういうわけでもなくモノがよいので、非常にぜいたくなカキフライなのである。


20220108 nagashima-2120220108 nagashima-22


づけ丼も安定のおいしさ。
タレのベースはしょうゆ・酒・みりんだが、カウンターのおじさんとマスターの会話によれば、だしの効いた土佐じょうゆで、普通のしょうゆでは味が出ないという。


20220108 nagashima-2320220108 nagashima-24


マスターと常連さんのやりとりを聞くのもまた一興。

話題は、鶏わさ、塩辛… と展開する。
BGMは朝ドラのサッチモ。


20220108 nagashima-29


[DATA]
ながしま 磯とり料理
東京都東村山市栄町1-11-1









インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat220108.jpg




https://youtu.be/Sz6fMGpe37k



20220108 nagashima-31


Latest Articles
愛は惜しみなく 【忠豊】 Jan 16, 2022
年末年始のしわ寄せ 【正来】 Jan 16, 2022
小麦香るもちもちうどん 【東村山肉汁うどん メリケン】 Jan 12, 2022
分散初詣からの… 【芝大門 更科布屋】 Jan 10, 2022
古きよき時代の… 【ながしま 磯とり料理】 Jan 08, 2022
近場で味わう非日常 【貯水池 鳥山】 Jan 06, 2022
意外に書き入れ時な、正月の… 【シャモア洋菓子店 久米川店】 Jan 05, 2022
開いててよかった♪ 【横浜家系 大幸家】 Jan 03, 2022
ファストうどん高率な三が日 【うまげな 西武所沢SC店】 Jan 02, 2022
とある元日風景 Jan 01, 2022
常と変わらぬ… 【ますも庵】 Dec 31, 2021
今年もおつかれさま 【ぼん天 久米川店】 Dec 30, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2