FC2ブログ

小平産小麦のおいしさを実感 【さんさろうどん】

2020.02.21

 青梅街道の小平上宿交差点(小川三差路)近くの、文字どおり三差路にあるうどん屋さん「さんさろうどん」。


20200221 sansaroudon-11


古い街道沿いだけに昔の“辻の茶屋”を連想させるが、茶屋=休憩所はいまでいえばSAや道の駅であり、飲食提供はカフェテリア方式、これをうどん・そばに当てはめれば… という勝手に三段論法的に路麺=立ち食いそばのイメージを抱いていた「さんさろうどん」であるが、いざ入ってみれば意外性ある真面目な実力派であった… というのが前回のおさらい。


20200221 sansaroudon-13


すっかり忘れていたが、その生真面目で几帳面かつ規則正しい仕事ぶりに感銘を受けたらしく、前報では3Kならぬ5Sならぬ5Kの標語的なものを作っている。
「生真面目で 几帳面に 規則正しく 全面禁煙の きれいなお店」


20200221 sansaroudon-14


先客1人とすいているので、「どちらでも」というご主人のお言葉に甘えてカウンターでなくテーブル席に座らせてもらう。
壁の品書きをじっくり眺めたかったのだ。


20200221 sansaroudon-17


前回はカレーライスで麺類を食べていないので、次に入るときはラーメン+カレーまたはかけそば+カレーにしようと決めていた(←カレー気に入ったらしい)が、正面の“小平産100%小麦使用うどんセット”というものに目が行った。これにも+カレーのセットがある。
ラーメンまたはかけそばのほうに視線を戻すと“小平産以外”とわざわざ断ってある。
これで小平産頼まなかったら非小平民(非国民的な)呼ばわりは免れない。小平市民じゃないけど。


20200221 sansaroudon-16


ということで、小平産100%小麦使用のうどん(かけ)+カレー(中)850円に。


20200221 sansaroudon-18


今回は接客係がご主人。前回、厨房の仕事ぶりを遠目に眺めて気難しそうに感じたが、まったくそんなことはなく、きわめて柔和かつフレンドリーな接客である。


20200221 sansaroudon-15


提供までに10分近くかかっているので、うどんはもちろんゆで上げ。
ぱっと見、やや細めで切り方のそろった上品なうどん。ひと口すすると、しっかりした歯応えである。ラーメンでよくいうところの加水率の低そうな食感というか。


20200221 sansaroudon-19


つゆはかつおだしでやや甘めの田舎風。そのやや鈍重なつゆに浸っていてさえ小麦の甘さがはっきりわかる、というくらいおいしいうどんである。香りも素晴らしく。


20200221 sansaroudon-21


平均的な武蔵野うどんと比べればだいぶ細いが、風味や食感はまさしく小平糧うどん(武蔵野うどんの別称の一つ)そのもの。加水率を下げることで強いコシが得られ、武蔵野うどんにありがちな汁うどんでダレるということがない。甘みを引き出す塩加減もポイントかも。


20200221 sansaroudon-20


カレーはとろみの強いいわゆるそば屋のカレー風。甘めの優しい味わいである。
品書きを見ると、小平地粉100%うどんのカレーうどんというものがある。これは気になるぞ。


20200221 sansaroudon-22


いまは路麺どころか武蔵野エリアで一二を争うおいしいうどんなんじゃないかと…。
自分の想像力の不足を思い知らされるようだが、真面目そのもののお店という印象を強くした。


20200221 sansaroudon-12


[DATA]
さんさろうどん
東京都小平市小川町1₋685





[Today's recommendation]

wachat20200221.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/djgsOrrqzLE

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200221 sansaroudon-31
セツブンソウ(東京都薬用植物園)




サッポロサバイバーの優良店説…? 【札幌ラーメン どさん娘 府中寿町店】

2020.02.20

 サッポロラーメンが好き。
念のため断っておくと、「マニアがオススメ! 札幌の激うまラーメン18選」といったよくあるタイプのサイトにまとめられているような札幌の老舗・名店・人気店の話ではなく、1970~80年代に全国を席巻した“札幌ラーメン”をカタるチェーンまたはその傍流の生き残りという、いたってB級なネタ。

――というようなことをこれまでいろいろ書いてきているので参照していただければ…蝦夷えぞえぞえぞ菊えぞふじ狩勝コタンニューコタン元祖札幌やどさん子どさん子ピリカピリカ


20200220 dosanmusume-11


元祖サッポロ的な「どさん子」チェーンは70年代後半のピーク時、全国約1200店舗を数えたという。
光あるところに影がある。“サッポロの光と影”の影の部分が、こちらの店名に刻まれている。
「どさん娘」と書いて「どさんむすめ」と読む。


20200220 dosanmusume-12


――どさん娘(どさんむすめ)は、サトー商事が展開したラーメンチェーン。1968年創業。 北国商事(現:アスラポート)の「どさん子」を模した店舗名であり、当初はこちらも「どさんこ」と読んでいたが、北国商事との裁判で敗訴したことにより「どさんむすめ」に読み方を変更した。(Wikipedia)

こちらもピーク時には800店舗を展開したが、ブームが去って2000年代初めに運営会社が倒産、現在は個人のFC店がわずかに残っている状況… ということらしい。

逆に考えれば、幾多の試練を乗り越えいまに残るサバイバーは優良店の可能性が高そうでもある。


20200220 dosanmusume-13


「どさん娘 府中寿町店」は、甲州街道との交差点に近い府中街道沿いにある。
10席ほどのカウンターに先客5人とビミョーな密度感で、ちょっと迷っていると、お店のおねえさんが「どうぞ」とテーブル席へと促してくれる。
注文に迷った末「えーと、ラーメンセットというのは…?」と聞くと、「ラーメンの味を選べます」と簡潔かつ的確な答えが返ってくる。


20200220 dosanmusume-14


ラーメン類のほかに飯類・定食・酒のアテ・焼酎ボトルキープ… とメニューは幅広く、きっちり大衆食堂路線を歩んできたもよう。
餃子セットをみそラーメンでお願いする。


20200220 dosanmusume-15


厨房に年配のご夫婦、ホール係は娘さんかと思ったが、世間話が丁寧語なのでパートさんかな? 3人ともよく声が出て、動きもきびきびしていて、いい雰囲気。


20200220 dosanmusume-16


餃子セットはラーメン・餃子のほか、ごはんと漬物が付いてきた。
壁の品書きが遠くて細かい字が読めず、ごはんは想定外。
またまた食べ過ぎ疑惑が浮上… ヽ(  ̄д ̄;)ノ


20200220 dosanmusume-17


みそラーメンはやや白っぽいみそのブレンドで、スープは熱々。
マイルドながらニンニクがけっこう効いている。


20200220 dosanmusume-22


炒め野菜がサッポロスタイル。モヤシを中心に、キャベツ、タマネギ、ニンジン。
まばらにゴマの浮くビジュアルが郷愁を誘う。


20200220 dosanmusume-18


餃子は一口餃子に近い餡の少ないタイプが3個なので、まあごはんが付いてもボリューム的に問題ないかな。
ただしこのセット内容。餃子にはラーメンよりも白ごはん、ラーメンには炒飯よりも白ごはん… という人も少なくないと思うので、ごはんの存在には危険なものを感じる。


20200220 dosanmusume-19


サッポロはひと昔前と言っていい存在で、実際、冒頭に記事リンクを張ったお店のうち4店が閉店している。
でも、おいしいに流行り廃りはなく…。


20200220 dosanmusume-20


[DATA]
札幌ラーメン どさん娘(どさんむすめ)府中寿町店
東京都府中市寿町3-4-1





[Today's recommendation]

wachat20200220-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/jvipPYFebWc

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200220 dosanmusume-21
フクジュソウ




激安&超おいしい! 【よしふさ】

2020.02.20

 かなりマイナーな土地でうまく説明できないので場所は下の地図を参照していただければと思うが、たかの街道から少し入ったところにある焼き鳥屋さん。
銘柄鶏“日向どり”を掲げる「よしふさ」。


20200217 yoshifusa-33


国分寺や国立に出かけるときに通ることがある道で、先日、通りすがりに値段を見て驚いた。
一串60円~ である。


20200217 yoshifusa-32


だいぶ前に一度買って食べたことがあり、おいしかったことがインプットされていて、それだけに値は張ったはずと思いこんでいたフシがある。
“おいしい焼き鳥”→“安い焼鳥”と書き換えられた瞬間。


20200217 yoshifusa-34


営業時間10時~ は、僕のような生態の人間にはありがたい。
とりムネ肉・ねぎま・鳥レバー・砂肝・鳥ハツを3本ずつ注文。すべて日向どりである。
ムネと砂肝は塩で、ほかはタレ。
ムネが60円、ほかは80円で、計15本のお支払い総額1231円と激安。


20200217 yoshifusa-3520200217 yoshifusa-36



屋根・ベンチ付きの待合所完備。
作業場入り口のドアにはHACCPやFood Safetyのステッカーが貼ってあり、いかにも真面目そうな営業姿勢がうかがい知れる。


20200217 yoshifusa-31


肉は小ぶりだが味が濃く、満足感の高い一串。
“激安&超おいしい焼き鳥”と上書き。


20200217 yoshifusa-38

20200217 yoshifusa-40


[DATA]
よしふさ
東京都小平市小川町1-1096-7





[Today's recommendation]

wachat20200220.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/wVQYc4-RsWk

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200217 yoshifusa-37




Latest Articles
小平産小麦のおいしさを実感 【さんさろうどん】 Feb 23, 2020
サッポロサバイバーの優良店説…? 【札幌ラーメン どさん娘 府中寿町店】 Feb 21, 2020
激安&超おいしい! 【よしふさ】 Feb 20, 2020
完璧な武蔵野スタイル! 【田舎うどん 古奈家】 Feb 19, 2020
さくら通りが、いまアツい! 【餃子市 東村山店】 Feb 18, 2020
わが青春のジャンボ餃子 【一圓 三鷹北口店】 Feb 17, 2020
スープが自慢の“うまい・うまい”系…? 【さんちん 三鷹店】 Feb 16, 2020
久々の1人〆ラーメン 【らあめん花月嵐 東村山店】 Feb 14, 2020
24年間、おつかれさまでした 【我家】 Feb 13, 2020
ご近所さん御用達は良店の証し 【中華料理 しまむら】 Feb 12, 2020
日本茶カフェでほっとひと息 【茶かわせみ】 Feb 09, 2020
いまごろ秋冬メンコレ…? 【ラーメン喜楽】 Feb 08, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2