fc2ブログ

いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】

2024.02.23

 「道の駅 いちごの里 よしみ」の続きで昼ごはん編。

出るのが遅かったので、行きの途中で正午を過ぎる。
食べるところはあるか、という話になり…
「うどん屋かなんかあったと思う。イチゴうどん…? とかあったりして(笑)」


20240223 rakurakuan-11


と車中、軽いジョークを飛ばしつつ到着した道の駅。
ありました! イチゴうどん。
正確には“いちごカレーうどん” w( ̄▽ ̄;)w


20240223 rakurakuan-12


いちごカレーうどん🍓🍛 ――ただの“イチゴうどん”のさらに斜め上いく革新的な響きで、冗談でも思い付かなかったわ💦


20240223 rakurakuan-13


前記事「いちごの里物産館」の館内にあるうどん処「楽楽庵」。
吉見町産の小麦“さとのそら”を使用したうどんが人気という。
埼玉県北は加須に代表されるうどんどころで、施設食堂でも侮れないものがある。
こちらも地粉うどんの正統派という印象で、何も無理やりイチゴに結び付けなくとも…


20240223 rakurakuan-14


券売機でポツッと、⑥いちごカレーうどん。
あ……

神の見えざる手といいましょうか ( ̄- ̄;) ンー


20240223 rakurakuan-15


もう1品は無難なところで、たぬきうどん。
なにしろ、つけうどんは考えられないくらい寒くて…。
あと野菜天ぷら。


20240223 rakurakuan-16


いちごカレーうどんとは、どのあたりがイチゴなのか?
頼んだあと遅ればせながらそういう話になる。

「なんか大福みたいのに包まれたイチゴがのってる写真だったよ」
「大福ってことはないだろ、さすがに。イチゴの天ぷらとか?」

すでにタガが外れているので、わしらの会話も自由である。
はたして大福? 天ぷら? の正体やいかに。


20240223 rakurakuan-17


カ、カマボコ…?


20240223 rakurakuan-18


なんと、いちごカレーうどんの正体は、イチゴ柄のかまぼこののったカレーうどん?
カ◯テツのほぼシリーズ…?


20240223 rakurakuan-19
いちごカレーうどんと野菜天ぷら


…なわけはなく、あとで売店のおねえさんに聞いたところ、カレー自体にイチゴをふんだんに使い、さらにトッピングにイチゴピューレをかけてあるとのこと😅

ちなみにこの“いちごかまぼこ”、売店で買えるもよう(1本 1030円(冷凍))


20240223 rakurakuan-27


カレーうどんは、つゆを張った上からカレーをかけるタイプではなく“カレーまみれ”系。
たしかにイチゴの風味を感じ、しかも違和感なくマッチしているようにも思える。

考えてみれば、パイナップルカレー、キウイカレー、マンゴーカレー、… と、フルーツカレーは珍しくない。
カレーを仲立ちに地元産品のイチゴとうどんを結び付けるという発想。
実はただの“イチゴうどん”のほうが無理があるのであって。


20240223 rakurakuan-22


野菜天ぷらは、サツマイモ、オカノリ、かき揚げ。
かき揚げがデカい!


20240223 rakurakuan-23


オカノリは初めて食べるが、苦味が強く、この時期デトックス効果が期待できそう。
苦い野菜、基本的に好きです。


20240223 rakurakuan-20


たぬきうどんは温玉付きという、ありそうでなさそうな一品。
うどんは温かい汁うどんでもダレることのなく、しっかり地粉感アリ。


20240223 rakurakuan-21


寒い時期だけに、(たぶん)地場のホウレンソウの風味も力強い。


20240223 rakurakuan-24


やっぱりいちごかまぼこのってます😸


20240223 rakurakuan-25


こちらの厨房や「農産物直売所」のレジなど道の駅のスタッフの多くは農家のおばちゃん的キャラで、その印象のままに、素朴であったまるうどんでした。


20240223 rakurakuan-26


[DATA]
楽楽庵
埼玉県比企郡吉見町大字久保田1737 道の駅いちごの里よしみ
https://www.ichigonosato.com/









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/HtUH9z_Oey8?si=nrlFNQMWvAdi563t



wachat240223-22.jpg





産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】

2024.02.23

 2月とは思えない雨続きの今週。
モヤモヤを募らせ迎えた連休初日、やっぱり雨なのである。
昨日は長靴履いて傘差して散歩したが、今日は車で出かけることに。
気になっていた道の駅へ。


20240223 strawberry-yoshimi-1120240223 strawberry-yoshimi-1220240223 strawberry-yoshimi-13
左が「いちごの里物産館」、右が「農産物直売所」


実は道の駅好き。
これまで4件記事を上げているが(👉右サイド “ Category > 道の駅 ” 参照)、それ以外にも「道の駅 八王子滝山」「道の駅 ちちぶ」など関連記事のあるもの、まったく触れていないものを含め、ここ数年で行った道の駅はけっこうな数に上る。

しかしながら、ほとんどが何かのついでであり、道の駅目的で出かけるのは今回初めてかも。


20240223 strawberry-yoshimi-1420240223 strawberry-yoshimi-1520240223 strawberry-yoshimi-16


車で何度か横を通っている「道の駅 いちごの里 よしみ」。
吉見町は県内有数のイチゴの産地らしい。


20240223 strawberry-yoshimi-17

20240223 strawberry-yoshimi-18

20240223 strawberry-yoshimi-19
「農産物直売所」。昼すぎにして、イチゴ完売!


――埼玉県内第1位の生産量を誇る吉見イチゴの産地として、「いちごかりん糖」「いちご生どら焼」「苺かまぼこ」など、いちごの関連商品を多数販売しています。「吉見町 道の駅いちごの里よしみ」埼玉県HPより)


20240223 strawberry-yoshimi-20


県オリジナル品種「あまりん」「かおりん」「べにたま」を擁する埼玉県は全国12位(2022年)のイチゴ生産県で、吉見町ほか川島町、久喜市、加須市、本庄市、秩父市など県北部で盛んに栽培されている。
どこも“いちごの里”であり、いうなれば“言ったもん勝ち”…?😅


20240223 strawberry-yoshimi-21
これも惹かれるが、寒いのでちょっと…


「道の駅 いちごの里 よしみ」のメインとなる施設は「農産物直売所」と「いちごの里物産館」。
イチゴということでは、生鮮品は前者、加工品などは後者ということになる。


20240223 strawberry-yoshimi-22
「いちごの里物産館」


直売所のイチゴ完売にも驚かされるが、物産館の品ぞろえもすごい。
世の中にこれほどたくさんイチゴネタの食べ物があろうとは… w( ̄▽ ̄;)w


20240223 strawberry-yoshimi-30

20240223 strawberry-yoshimi-24

20240223 strawberry-yoshimi-25

20240223 strawberry-yoshimi-26


で、買ったものはというと… 直売所で晩ごはんの鍋用にミズナやセリ、物産館で乾麺うどんや煎餅、あと園芸店でサヤエンドウ苗。
…って、イチゴ要素どこにもないやないかーい ゞ( ̄∇ ̄;)

というツッコミ対応というわけでもないが、ちゃんと買ってます、いちご大福🍓


20240223 strawberry-yoshimi-23

20240223 strawberry-yoshimi-27


香りよいみずみずしいイチゴとなめらかなこしあん・しろあんのコンビ。
この大福、産直感あり!

(つづく)


20240223 strawberry-yoshimi-28

20240223 strawberry-yoshimi-29


[DATA]
道の駅 いちごの里 よしみ
埼玉県比企郡吉見町大字久保田1737
https://www.ichigonosato.com/









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/rDoOHa1B62E?si=iMJkNJHbrZYDguTB



wachat240223-11.jpg



20240223 strawberry-yoshimi-31
次号予告


光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】

2024.02.22

 2月は日にちが少ないうえ祝日が2日あり、年度末ということもあって、仕事が込み入る。
やっと抜け出したと思ったら連日の雨降りである。
非常に悔しい。


20240222 mori-no-kitchen-11


悔しいので長靴履いて傘差して散歩する。
朝、Instagramに新メニューが投稿してあった「森のキッチン」へ行ってみることに。


20240222 mori-no-kitchen-12


「森のキッチン」は黒焼そばソースでおなじみのソースメーカー「ポールスタア」の直営カフェ。
2019年11月オープンの「さくら茶屋」を22年6月に改称・リニューアルしたもの。


20240222 mori-no-kitchen-13


その際にメニューも一新され、ポールスタアのソース類を使った以前のレシピからより本格的な料理へと幅が広がっている。


20240222 mori-no-kitchen-14


今回の新メニューは、煮込みハンバーグ弁当。
“自家製ソースでじっくり煮込みました”“ソースとハンバーグの味のバランスにこだわりました”とある。


20240222 mori-no-kitchen-15


一つはその煮込みハンバーグ弁当で、もう一つは唐揚げ弁当に。


20240222 mori-no-kitchen-16


ご飯の量を選べる(180g・200g・220gから)とのことで、「あ、そうなんですね…」とか言っちゃったけど、あとでこのブログの過去記事を読み返すとちゃんとそのように(自分で)書いているのだった😅


20240222 mori-no-kitchen-1720240222 mori-no-kitchen-1820240222 mori-no-kitchen-19


ハンバーグはご飯200g、唐揚げは220gに。


20240222 mori-no-kitchen-21


ハンバーグソースは、コクはあるがスッキリした味わいというか。
こなれたバランス感はさすがソースメーカー直営という感じ。


20240222 mori-no-kitchen-22

20240222 mori-no-kitchen-23


こちらの唐揚げ(とコロッケ)は「さくら茶屋」時代から定期的に買っている。
定番のおいしさで、ごはんが進むススム🌟


20240222 mori-no-kitchen-24


上でリンクを張った過去記事には「大食でもない自分でも“大”で普通においしくいただけたので、ガッツリ対応も必要かも」とも書いているが、それに応え… てのことではもちろんなかろうが、“ドカ盛り弁当”なるシリーズがラインアップされている。


20240222 mori-no-kitchen-25


綿密なニーズ調査に基づいた柔軟な対応力が光る工場直営店… といったところ。


20240222 mori-no-kitchen-20


[DATA]
森のキッチン
東京都東村山市久米川町3-28-2
https://pole-star.tokyo/
https://www.facebook.com/polestar1977
https://www.instagram.com/morinokitchen627/?hl=ja
https://www.youtube.com/channel/UCamgSrTDtuJ8ewsUxfHcdCQ









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/eStCSUBJXAM?si=Zy3z7Mftl8fhnZAa



wachat240222-22.jpg



20240222 mori-no-kitchen-26
途中、東村山駅を通って、5kmほど歩く


2月22日は… 【おかき屋 百代】

2024.02.22

 突然ですが、2月22日は何の日でしょう?

正解は……
ふーふーふーで「おでんの日」でした!
(👆本当です;こちら参照)

ところで、おでんをフーフーしないと食べられない人は?

そう、猫舌ですね。
ですから2月22日は「猫の日」でもあるのです! ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

(👆『紙兎ロペ』のパクリ)


20240222 hyakudai-16-2


昼に散歩から帰るとレターパックが届いていた。
差出人は東松山市ふるさと納税サポートセンターで、品名はお菓子とある。

聞くと、ふるさと納税として東松山の保護猫施設に寄付し、返礼品のない寄付だがレビューキャンペーンが行われていて、その当選の品がお菓子ということのよう。


20240222 hyakudai-11


品目は、市内の米菓店「おかき屋 百代」(萩原米菓)の“鉄板焼おかき”で、海老・黒胡椒・バジルソルトの3種。

原材料名を見ると、生地は国産うるち米ででんぷん不使用、調味料は塩と昆布のみで化学調味料・甘味料等よけいなものは入っていない。
調べてみると、鉄板製法といういまでは希少な伝統技法で作られるこだわりの逸品なのであった。


20240222 hyakudai-12


サクッと軽い食感で、いまどき貴重な甘くない煎餅。
機会があればぜひお店にも伺いたい。


20240222 hyakudai-1320240222 hyakudai-14
返礼品なしのふるさと納税でこちらの保護猫活動を支援


猫の日に届いた猫からのお礼という偶然の一致と、お煎餅のあまりのおいしさに、急きょ記事を上げた次第。


20240222 hyakudai-15


[DATA]
おかき屋 百代
埼玉県東松山市元宿2-30-4









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/yNpt_wQqPn4?si=5hyAPb3Wd4OK4zX8


https://youtu.be/ELf_nFVDTAs?si=jsHbGUc_W_GlBvqA


https://youtu.be/N7KqeelNijY?si=CucQRe3v6jiPCrZ3



wachat240222.jpg





タンメンの塩梅 【はつね】

2024.02.20

 もともとタンメン好きだが、この物価(および栄養)の優等生的麺料理に特に目が向くようになったのは4カ月前である。
背景にあるのは健康問題とか? そのへんの経緯や理屈はこちらの記事を参照いただければと思うが。


20240220 hatsune-11


この間、タンメンで15本ほど記事を上げているがハッシュタグ参照)、この東京の西側エリアにおいて、タンメンを語るうえで避けては通れない店がある。
いや、なにか語ろうなどというつもりはさらさらないんだが、自分の興味として避け難い。
前から気になる店ではあったので、この流れで浮上するのは必然なのである。


20240220 hatsune-12


そのお店とは、西荻窪の「はつね」。
知る人ぞ知るタンメンの名店。
東京一とも日本一とも称されるタンメン。


20240220 hatsune-13


気になっていながら入ったことがなかったのは、行列の絶えない店だから。
しかも激セマ店で、行列が動かない(並んだものの離脱した経験あり💦)


20240220 hatsune-14


本日たまたま開店時間11時の15分ほど前に西荻付近を通り、急いで駐輪場に入れて行ってみると、行列2名。
そのまま第三の男となったのであった。


20240220 hatsune-21


時刻は10時47分。


20240220 hatsune-15


キャパはカウンター5席で、僕の後ろに並んだ2人組までが1巡目。


20240220 hatsune-16


創業1961年。
店主は想像していたよりだいぶ若めの方で、寡黙な職人タイプとお見受けする。
激セマ店の至近距離で職人タイプと相対することになるので、緊張感なり、それなりの心構えは必要かも。
というか、調理はもとより接客も誠実そのものであり、客のほうが礼を失してはいけないという意味でも。


20240220 hatsune-17


注文はタンメン。
スープをひと口すすり、けっこう塩気が強いというのが最初の印象。
塩気は強いが、後味にジワッとうま味が来る。
うま味はともかく甘味成分がなく、いまどき好まれる味とはちょっと違うと思う。


20240220 hatsune-18


具はハクサイ、キャベツ、モヤシ、ニンジン。
肉けがないので焼豚をトッピングする人が多いようだ。


20240220 hatsune-19


シンプルな塩気が野菜の甘味を引き出す。
麺への絡みもしかり。
いわゆる塩梅というやつでしょうか。


20240220 hatsune-20


誠実かつ時代におもねらない職人の矜持が、絶大な人気の理由かも。


20240220 hatsune-22


[DATA]
はつね
東京都杉並区西荻南3-11-9





[Today's recommendation]


https://youtu.be/uuqewIy4PMw?si=6BTvz3fbvzHUDQgC



wachat240220.jpg



20240220 hatsune-23


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2