fc2ブログ

厄払いからの… 暑気払い! 【小川藤】

2022.08.14

 前記事の続きで、「厄除けだんご ふかの」でおだんごを食べたあと「喜多院 境内みやげ品店」の前を「そばそうめんって何だろうねー」とか言いつつ通り過ぎ、喜多院北参道。

「昼ごはん、どうする?」
「川越って、これといった名物なさそうだしね…」
「いや、うなぎはけっこう名物らしいよ」
「うなぎ食べたい!!」と、ムスメ。


20220814 kitain-24


石を投げれば… というくらい、とにかく川越はうなぎ店が多い。
いまも北参道を出て左に折れ、そんなことを話しながらぶらぶら歩いていて、前を行く若いファミリーが立ち止まって趣ある建物をのぞき込んでいるなぁと、通り過ぎざまに確かめてみると、うなぎ店なのである。

そうだね… うなぎ食べようか! となったとき、頭の中でお店は決まっている。
川越街道の老舗「小川藤(おがとう)」。


20220814 ogato-11


趣ある外観からその存在は認識していたが、入ったのは今年4月が初めて。
そのときのブログ記事に次のように書いている。

――“川越=うなぎ”で、うなぎ屋さんに入ってはみたいが、観光地だけにお店選びは難しそう。歴史はあるが観光化していない、入るならそんな店にしたいという狙いに、ドンピシャなお店であった。


20220814 ogato-12


好奇心からいろんなお店に入ってみたいというのがあって、短期間に同じところに立て続けに入ることは少ないが、この場合は別。
いろんなお店に入りたい… には、いいお店を見つけ、人に教えたい、連れていきたい! という動機を含む。
特に価値観が近いであろう娘には、このお店はぜひ教えておきたいと。


20220814 ogato-13


行ってみると、店の前にゆるい人だかり。
どうやら開店前の順番待ちの人たちのよう。


20220814 ogato-14


ググると開店時間は11:30で、現在11:20。順番待ち記名帳に5組ほど。
タイミング的にバッチリなのだった。


20220814 ogato-15


記名帳では“2階(座敷)可”を選ばせるようになっているが、前報に「2階は絶対入ってみたい」と書いているくらいで、“2階のみ可”はないのか? と思ったほど。
まあ、1階のキャパは小さいので順番的に自然に2階に案内される流れではあったが。


20220814ogato-24.jpg


2階に上る階段は、ギシギシとよく軋む。
ちょうどサイレンを鳴らしながら消防車が近くを通り、ちょっとドキドキ (;^_^A


20220814 ogato-16


座敷は思ったとおりいい感じに割烹スタイルで、障子の向こう、北西の厠に向かう狭い鉤形の外廊下がグッド👍


20220814 ogato-17


ただ障子が閉じられたままて、チントンシャンとやりながら料理屋の2階から往来を見下ろすという粋な絵柄が思い描けないのが、少し残念。


20220814 ogato-1820220814 ogato-19


注文は、定番のうな重 竹×3。


20220814 ogato-20


前回がうな丼(並)だったので、少し出世している。
うなぎのサイズは2倍である。


20220814 ogato-21


――大正12年の創業以来、長い歴史の中で、日本の心を大切にした小川藤の味が創り出されてきました。厳選されたうなぎ、その味を生かした創業からのつぎ足しのタレが当店の自慢でございます。HPより)


20220814 ogato-22


タレを付けては焼きを繰り返し、紀州備長炭で丁寧に焼き上げているという。
身はしっかりしているが口の中でふわっとほどけ、タレは甘すぎず、うなぎのうま味が口に広がる。
文化財級の建物や親身な接客を含め、やはり素晴らしいお店だと思った。


20220814 ogato-23


お店を出て少し歩いた川越の街、こっちはいろいろ“払い”を済ませてあるから心配ないが、とはいえすごい人出なのだった。


20220814ogato-25.jpg


[DATA]
小川藤(おがとう)
埼玉県川越市松江町2-3-1
https://www.ogatou.jp/









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]

wachat220814-33.jpg




https://youtu.be/qWdLJ6-PeVo





厄除けあれこれ 【喜多院】

2022.08.14

 1週間前のこと。
相方からLINEで突然、今年ワタクシが本厄である旨、宣告された。
電車でたまたま佐野厄除大師の車内広告を見て気づいたという。

そういうものに興味はないから知らないまま1年の半分以上をのほほんと暮らしてきたが、この先そういうわけにもいくまい。
興味はないが、度胸もないので、知ったからには気になってしょうがない。
悪いことに長女も本厄だというし、ますます気が気でない (・Θ・;)


20220814 kitain-11


前記事に書いている“用事”とは、厄除け。
お盆で長女が帰っているタイミングで厄除けすることになったと。


20220814 kitain-12


川越で厄除けといえば、川越大師 喜多院。


20220814 kitain-13


――第18代天台座主慈恵大師は神秘奇跡を数多く残しました。その慈恵大師を祀る喜多院は、厄除けのお大師さまと呼ばれ、多くの方々の信仰を集めています。HPより)


20220814 kitain-14


慈恵堂(本堂)に厄年一覧表が張ってあり、それによると佐野と違って僕はすでに後厄だ(笑)。


20220814 kitain-15


前厄・本厄・後厄の3年間のうち2年7カ月強をのほほんと暮らしてきたわけで、ここまで来たら残り数カ月、いっそ知らずにいられれば… と思わなくもないが、そこはあれ、1mは一命取る、因幡の白兎、雨月物語吉備津の釜…。
ゆめ油断めさるなという警鐘と捉えたい。


20220814 kitain-16


喜多院では護摩修行をもって厄除け等とするが、そのようなオオゴトはちょっとアレなので、普通にお参りしたあと魔除けの護符である角大師と豆大師の御札2枚が1組みになった“門札”を授かる。


20220814 kitain-17


無事用事を済ませ…


20220814 kitain-19


ときに、喜多院境内には昔ながらの門前のお休み処が残っている。
その名も「厄除けだんご ふかの」
厄除けのついでに立ち寄るのにこれほどピッタシなお店があるだろうか。


20220814 kitain-20


厄除けだんご3本パックを買う(3本と5本がある)。
生じょうゆのしょっぱめの味付けがおいしい。


20220814 kitain-21


信仰に篤くない人間でもこうやってあれこれ書くことがあったりするユルいところが、日本人の宗教観の本質だったりとかなんだったりとか… 。


20220814 kitain-22

20220814 kitain-23


さて、だんごひと串が呼び水となって本格的に腹も減ってきたことだし。
厄払いの食事と。。。

(つづく)


20220814 kitain-24


[DATA]
喜多院
埼玉県川越市小仙波町1-20-1
https://kitain.net/









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]

wachat220814-22.jpg




https://youtu.be/0pRG9FJKARA



20220814 kitain-25
次号予告


17万石の風格 【川越城本丸御殿】

2022.08.14

 川越に用事があって朝から出かけた。

川越は北埼玉の実家に行くのに昔から通っていたが、街なかは人も車も多く駐車場事情も悪そうで、近くて遠い観光地という位置づけだった。
それが去年秋、農産物直売所「あぐれっしゅ川越」横に無料の市内観光用駐車場があることを知り、ガラッと認識が変わった。
さらに最近、クルマ的にきわめてストレスレスな伊佐沼ルートを開拓し、川越はずっと身近な存在になった。

あぐれっしゅ横駐車場は川越観光の中心地から1kmほどあるが、普段歩くことに慣れていればどうってことない距離である。
で、中心部へ歩いて向かうときに必ず通るのが「川越城本丸御殿」。


20220814 kawagoejo-31


気になりつつもほかに観光スポットの多い川越において優先順位的に上位に来づらいこういう施設でも、ちょこっとのぞいてみるべか…? となるのが、時間を無限に使える無料駐車場の効能である。
川越市観光課等はそのあたりをもっとアピールしてもよいのではないかと思う。


20220814 kawagoejo-32


実は今日の用事とは全然関係ないのだが、ちょこっとのぞいてみようかと。
なにしろ「川越城本丸御殿」、入場料はたったの100円。


20220814 kawagoejo-33


――川越城は、長禄元年(1457年)に、上杉持朝の命により、家臣の太田道真・道灌親子が築いたといわれています。江戸時代には江戸の北の守りとして重要視され、代々幕府の重臣が城主となっていました。現存する建物は嘉永元年(1848年)に建てられたもので、本丸御殿の一部として玄関・大広間・家老詰所が残り、川越藩17万石の風格をしのばせています。川越市HP


20220814 kawagoejo-34
詰所表側の廊下

20220814 kawagoejo-35
第一展示室に保存されている葵の御紋の入ったオリジナルの鬼瓦

20220814 kawagoejo-36
家老詰所(奥の建物)

20220814 kawagoejo-37
廊下(裏側)

20220814 kawagoejo-38
家老詰所

20220814 kawagoejo-39
家老詰所廊下

20220814 kawagoejo-40
36畳の大広間。欄間と川越藩御用絵師 船津蘭山による杉戸絵「朝日に松」

20220814 kawagoejo-41
大広間床の間に飾られた大鎧および天下三槍「御手杵の槍」の鞘「杵黒熊毛槍鞘」


本丸御殿とは城主が生活し政務を行う場所であり、虚構のお城のイメージと違い実務のニュアンスが感じられて興味深い。
立派な復元天守などよりむしろリアルに歴史に接する思いがする。

(つづく)


20220814 kawagoejo-42


[DATA]
川越城本丸御殿
埼玉県川越市郭町2-30-1
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kankospot/hommarugotenzone/hommarugoten.html









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]

wachat220814-11.jpg




https://youtu.be/d-AjmHS7FcI



20220814 kawagoejo-43
次号予告


Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】

2022.08.11

 いちおう前記事の続きということになるが、夏休みの山間部の昼ごはん事情を甘く見てはいけないという件…?

前記事に書いているように、檜原村に向かう途中、五日市街道睦橋で渋滞に巻き込まれた。秋川流域は川遊びのメッカであり、武蔵五日市駅前はBBQと思われる若者であふれ、夏休みのそのたぐいの人出が多かったものとみられる。それによりモノレール便が遅くなり、小林家住宅総角沢モノレール駅に戻ってきた時点ですでに13時すぎ。悪いことに、来る途中で車のエンプティランプが点灯してしまい、山奥だけに気が気でない。来るとき目星をつけておいた飲食店を通り越し、モノレールの運転手のおっちゃんに教えてもらった最寄りのガソリンスタンドへ直行。この段階で主要道の檜原街道で、その先は再び川遊び等の人出が急増、当然、道々の飲食店も常にない混みよう。

――という悪循環で、ランチ難民化 =( ̄ロ ̄;)⇒

こうなったら何でもいいが、五日市街道を行くより青梅に抜けたほうが見込みがありそうと、武蔵五日市駅前交差点から秋川街道へ。
吉野街道を過ぎ調布橋を渡って青梅街道へと右折する手前にとんかつ店を発見。
時刻はすでに14:30。
いちおう駐車場に車を入れて営業時間を確認すると、ランチタイム ~15:00と。

た、助かった…。


20220811 tonkatsutaro-11


店名は「とんかつ太郎」。
――チェーン店のとんかつ太郎さんとは関係ありません🙇‍♂️お店Twitter


20220811 tonkatsutaro-13


このような店構えのとんかつ店は、経験則から、値が張る可能性がある。
もはやそんなこと言ってる場合じゃないんだが…。


20220811 tonkatsutaro-14


が、品書きに目を通すと、ぜんぜんお高くないのである。
平日でないので頼めないが、ランチメニューは700~800円台。
レギュラーメニューでもロースかつ定食1050円など、いまどきかなりリーズナブルといえよう。


20220811 tonkatsutaro-1520220811 tonkatsutaro-16

20220811 tonkatsutaro-1720220811 tonkatsutaro-18


注文は、ロースかつ定食とフライ盛り合わせ定食。

このような店構えのとんかつ店は、経験則から、ご飯の量がお上品な可能性がある。
なのでフライ盛り合わせ定食のご飯は大盛りに。


20220811 tonkatsutaro-19


が、まずやって来たロースかつ定食のご飯、ぜんぜん少なくないのである。
大盛りごはん、どうなるのか…。


20220811 tonkatsutaro-20


キャベツたっぷりで、かつのサイズも大きい。
そしてなにより、肉がおいしい!
SNSによれば人気No.1なのだそう。知らずに頼んだが正解だったわけだ。


20220811 tonkatsutaro-21 (2)


フライ盛り合わせ定食は、エビフライ、ヒレ串かつ、イカフライ、とりフライ。
どれも素材のよさが感じられる仕上がり。
問題のご飯も、かなり多くはあったが、おかずがおいしいと楽勝で食べられるものだ。


20220811 tonkatsutaro-22


ランチ難民の危機から一転、いいところに行き着いた。
こういうお店は忘れないと思う。


20220811 tonkatsutaro-23


[DATA]
とんかつ太郎
東京都青梅市千ヶ瀬町5-604-1
https://twitter.com/tonkatsuome
https://www.instagram.com/ome_tonkatsu/





[Today's recommendation]

wachat220811-22.jpg




https://youtu.be/hSa_hbutFt0


天空の古民家 【小林家住宅】

2022.08.11

 先週からいろんな仕事が波状的にやって来てアタマ使いすぎというかワーキングメモリーが飽和状態というか、意識がフワフワして現実感がない。
おそらく来週前半がピークであり、このままの状態ではまずいので英気を養いに山に行くことにした。

山といってももちろん日帰り圏だし、この暑さでは歩いて登る気にもなれず、できれば公共交通機関の使えるところがいい。密や混雑も避けたい。

そんなところがあるだろうか…?
ありました。


20220811 kobayashike-11-2
小林家住宅見学者用駐車場(5台収容)およびトイレ。水根本宿線の右が橘橋方面で左は行き止まり


先日、Instagramで檜原村の古民家情報を見つけた。
そのあたりに古民家がいくつか残されていることは知っているが、その投稿で目に留まったのは古民家そのものの情報ではなく“#小林家住宅総角沢モノレール駅”というハッシュタグ。
…モノレール駅?


20220811 kobayashike-13


モノレールというと東京では多摩都市モノレールと羽田の東京モノレールくらいしか思い浮かばないが、檜原村にもモノレールがあったのか?


20220811 kobayashike-12
駐車場の下側にモノレール駅


“小林家住宅”は有名な古民家で、その公式HPに“モノレールについて”のページがある。

――小林家住宅は車の近づけない山間部に位置しているため、保存修理工事にあたっては、解体した資材や修理に必要となる資材、作業員を運搬するための設備が必要となりました。そこで設置したのがモノレールです。工事終了後、本モノレールは国からの払い下げを経て村の所有となり、現在は訪れた観光客を小林家住宅まで運搬するための輸送手段としても活躍しています。

立派な公共(村営)交通機関なのである。


20220811 kobayashike-14


小林家住宅総角沢モノレール駅へのアプローチは、檜原街道橘橋交差点から水根本宿線を約12km。


20220811 kobayashike-15

20220811 kobayashike-16

20220811 kobayashike-17
下り便が下ってくる様子


モノレールには時刻表もあるが予約が必要で(原則1時間前まで)、11:50の便に予約してあった。
実はその2便前の10:30くらいに合わせて出てきたんだが、五日市街道(睦橋通り)の睦橋手前が大渋滞。そのあたりからいろいろ行動に狂いが生じていたわけだが、それは次回のお話


20220811 kobayashike-18

20220811 kobayashike-19
“車窓”からの眺め


モノレール線は全長およそ450mで、上り13分・下り10分。車体は運転手を除いて8人乗り。
コースは終始急斜面(最大傾斜は43°)で、はっきりGが感じられるほど。


20220811 kobayashike-20


小林家住宅駅というのかな? 到着駅の目の前に立派な茅葺き屋根の住宅が姿を現す。


20220811 kobayashike-21


――重要文化財小林家住宅とは、東京都内陸部で唯一の村「檜原村」の標高約750mの尾根上に建つ山岳民家です。建物は、その構造形式や部材の調査結果等から推測するに18世紀前半頃に建てられたものと見られています。山間にありながら、比較的質が良く、改変も少ないこともあり、東京都から山梨県へかけての民家の関連を知ることのできる貴重な遺例であるとして、昭和53年に重要文化財に指定されました。そして平成23年からおよそ3年にもわたる保存修理工事を経て、創建当時の姿へと復原されました。小林家住宅HPより)


20220811 kobayashike-22


しばし悠久の時の流れを堪能。


20220811 kobayashike-23

20220811 kobayashike-24

20220811 kobayashike-25

20220811 kobayashike-26

20220811 kobayashike-27

20220811 kobayashike-28


もとは馬小屋・穀物置であったところに飲み物の無人販売所がつくられている。
じゃがいもとみょうが、すず竹で編んだ籠も並び、小さな小さなマーケットの様相を呈している。


20220811 kobayashike-29

20220811 kobayashike-33


ペットボトルのお茶がなんだかぜいたく品のように感じられる。


20220811 kobayashike-30


いまでこそモノレールなど使わないと上ってこれない“秘境”だが、昔は3本の尾根道の交わる交通の要衝だったらしい。
道端には古い石碑が。


20220811 kobayashike-31


下りのモノレールの時刻まで少し間があって、縁側でぼーっと。
蝉の声が岩にしみ入るような、閑な時間。


20220811 kobayashike-32


[DATA]
小林家住宅
東京都西多摩郡檜原村4994
https://kobayashike.tokyo/





[Today's recommendation]

wachat220811-11.jpg




https://youtu.be/XN3QPVcExZ8


20220811 kobayashike-34
次号予告


Latest Articles
厄払いからの… 暑気払い! 【小川藤】 Aug 16, 2022
厄除けあれこれ 【喜多院】 Aug 15, 2022
17万石の風格 【川越城本丸御殿】 Aug 14, 2022
Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】 Aug 13, 2022
天空の古民家 【小林家住宅】 Aug 11, 2022
田園地帯の古民家カフェ 【繭久里カフェ】 Aug 09, 2022
関東(ry) ロード ―5 【手打ちうどん・そば 子亀】 Aug 08, 2022
ここにもガラパゴス系!? 【バスラーメン】 Aug 06, 2022
猛暑後半に備える 【焼き鳥野島】 Aug 05, 2022
暑いときほど、アツアツ💦 【さんらいず亭】 Aug 04, 2022
単なるノスタルジアにあらず 【河内屋】 Aug 02, 2022
80’sファンシーな 【迷夢】 Aug 01, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2