fc2ブログ

辻のお地蔵さん 【北向地蔵】

2024.04.21

 前記事に書いているように、物見山ルートはトレイルランナーが多く、山頂でも人が食事しているベンチのすぐ横をかすめるように走り抜けたりして落ち着かないったら。
それとなく観察していると山頂ではスタッフ風2~3人が待機してランナーに声かけをしており、どうやらトレランのレースなどが行われているもよう。
あとで調べると、「第13回 奥武蔵もろやまトレイルラン」というものだったらしい。


20240421 kitamukijizo-11
黄色い矢印はトレランのコース標識らしい


トレイルランナーは偏屈そうなおっさん登山者などよりよっぽど礼儀正しい人が多かったりもするし、トレラン自体を否定するつもりもないが、せめて一般ハイカーの憩いの場である山頂などはコースから外していただければと感じた次第で。


20240421 kitamukijizo-13


物見山は市町境にあたり、山頂から少し下ると日高市から毛呂山町に入る。


20240421 kitamukijizo-14


次のチェックポイントは「北向地蔵」(毛呂山町)


20240421 kitamukijizo-15


下りきると車道(奥武蔵グリーンライン)と交差し、再び上る。


20240421 kitamukijizo-16


少し上ってだらだら下ると、下方に地蔵堂らしき祠が見えてくる。


20240421 kitamukijizo-17


まさに“辻のお地蔵さん”という風情で、オモムキあります c( ̄▽ ̄)


20240421 kitamukijizo-18


“北向地蔵”で検索すると全国各地のものがヒットする。
そもそも北向地蔵とは?


20240421 kitamukijizo-19


“北向き”の呼称については「レファレンス協同データベース」(レファ協)に登録されているこちらのレファレンス事例が参考になる。


20240421 kitamukijizo-20


地蔵菩薩の浄土である佉羅陀山は南方にあることからそこに座すお地蔵様はおのずと北を向く説や、忌むべき方角とされた北を向いて立つ説、など。


20240421 kitamukijizo-21


こちらのお地蔵さんは栃木市の岩船地蔵尊の分身であり、栃木のお地蔵さんと向かい合うように北向きに立つ… という北向き説である。


20240421 kitamukijizo-22


このあたりから道標が危うくなり、ここまで目印にしてきた〇〇方面の地名が突如消滅したり、分かれ道に標識がなかったり、肝心の地名に誤字があったり😅
幸い要所要所にトレランスタッフが配置されていて道を尋ねることができたが(笑)。


20240421 kitamukijizo-23


そんなこんなでマップのチェックポイント「土山」を飛ばしてしまったようで、次の「五常の滝」へ。


20240421 kitamukijizo-24


道標だけでなく道も整備されておらず、倒木・倒竹だらけの区間があったり…。


20240421 kitamukijizo-25


で、五常の滝は要入場料(200円)
ま、いっか。“まぼろしの滝”見たことだし。
ということで、五常は通過。


20240421 kitamukijizo-35


その先は沢沿いの緩やかな下り道。
水音とマイナスイオンとやらで心地よいが、アスファルトの下り道は足にこたえる。


20240421 kitamukijizo-36


車の走行音が聞こえてきたと思ったら、車道の向こうに駅のホーム。
道を渡ればもう武蔵横手駅で、交通量の多いR299を歩かされることなく助かった。


20240421 kitamukijizo-26


が、ちょうど上り電車が入ってきたタイミングで、しかも下りの特急ラビュー号との列車交換でホームに通じる踏切は閉まったまま、駆け込むこともできない。

次の上りまで30分近く、ホームのベンチでボーッと飯能アルプスを眺め、足の疲れを癒やしたのでありました。


20240421 kitamukijizo-27


1区間だけ電車に乗って、スタート/ゴール地点の(車を止めてある)高麗駅へ。

さて、このあとどうするか。
10時に軽く食べただけで夜までハラがもつのかという、ひるめしのもんだい。

(つづく)


20240421 kitamukijizo-28


[DATA]
北向地蔵
埼玉県入間郡毛呂山町









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/ZWROGkueZmM?si=tE_W3QetXYTQz0-G



wachat240421-55.jpg



20240421 kitamukijizo-37
次号予告





 日和田山~物見山の春の花

20240421 kitamukijizo-2920240421 kitamukijizo-30
20240421 kitamukijizo-3120240421 kitamukijizo-32
20240421 kitamukijizo-3320240421 kitamukijizo-34
チゴユリ、キランソウ、ミヤマキケマン、ムラサキケマン、アカネスミレ? ホウチャクソウ


木漏れ日の山頂めし ――物見山

2024.04.21

 峠の茶屋的「ふじみや」を出て少し歩くと、舗装路を外れ物見山へ向かう山道の入り口がある。


20240421 monomiyama-11


これがややわかりにくく、少し上ってみて右手に神社を見つけ、マップの⛩️マークと照合し「合ってる合ってる✌」みたいな。


20240421 monomiyama-13


不思議なことに、山道に入った途端、急に人が増えていた。
それもみなトレランの人。
なんか歩きにくいなぁ… と感じなくもないが、これはまだ序の口なのであった。


20240421 monomiyama-14


北向地蔵方面と物見山山頂経由の分岐を右へ。


20240421 monomiyama-15


物見山山頂375mまではわりとすぐである。


20240421 monomiyama-16


マップに“頂上付近にはたくさんのベンチがあり休憩できます”と書いてあり、昼食ポイントとして当たりを付けてあった。
金刀比羅神社二の鳥居以来、先になり後になり何度か行き交ったおじさんたちも、高指山で「おにぎり? 物見山まで我慢しようよ」と話し合っていた(笑)。


20240421 monomiyama-17


ということで、09:57とだいぶ早いが💦 お昼タイム。


20240421 monomiyama-18


今年初、PRIMUS IP-MBLに着火!


20240421 monomiyama-19


カップ麺は2人で1個。


20240421 monomiyama-20


以前も書いているが、塩分やら糖分やらを含む人間の食べ物は当然環境を汚染するので、外ごはんでは汁気まですべてハラに収めなければならず、カップ麺1人1個は麺というよりスープが多すぎる。
さらにいうと、かやくやスープが別添小袋仕様の商品も多いが、アウトドアではチマチマめんどくさいし、カップ麺はふたを開けてお湯を注ぐだけのタイプに限る… と思っている。


20240421 monomiyama-21

20240421 monomiyama-2220240421 monomiyama-23


あとは麓のローソンで買ったパン。


20240421 monomiyama-24


例のおじさんたちも向こうのベンチでカップ麺食べてる😅
どんどん天気もよくなり、木漏れ日のもとで食べるカップ麺は格別なのだ!

(つづく)


20240421 monomiyama-25


[DATA]
物見山
埼玉県日高市高麗本郷









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/jvpufchju6A?si=VRugUBdj2kMlfN2C



wachat240421-33.jpg



20240421 monomiyama-26
次号予告


のどかな峠の茶屋 【ふじみや】

2024.04.21

 日和田山山頂から登った反対側の“高指山へ”方向へ下る。
次の目標が高指山(ルートマップは前記事をご覧ください)


20240421 fujimiya-11


予報に反し木漏れ日の差す新緑の落葉樹林をのんびり歩く。


20240421 fujimiya-13


道端に“←古滝”の石の標識。
僕は花を探しつつ道の両側の地べたを見ながら歩くので見つけたが、真っすぐ前を向いていればまず気づかない控えめな標識である。
ちょっと先の杉の木には “←まぼろしの滝”。


20240421 fujimiya-1420240421 fujimiya-15


やはり控えめではあるが、周到というか、どうしても滝を見てほしいという熱意が伝わってくる。
“6分”と書いてあるので、行ってみるか。

で、現在地は尾根道で、滝というんだから、下る。
かなり下る。
最後はロープ伝いだ😅


20240421 fujimiya-16


古滝は水こそチョロチョロしか流れていないが、ジオパーク的観点からも重要そうで、迫力ある姿である。


20240421 fujimiya-17


これは一見の価値があると思いました。


20240421 fujimiya-18


元の尾根道に復帰し、しばらく行くと舗装道路に出る。
高指山はその道の先という。


20240421 fujimiya-19

20240421 fujimiya-20


高指山はかつて山頂にNTTの無線中継所があったため、舗装路が整備されているわけである。


20240421 fujimiya-21


山頂から南西方向に広がる眺望は素晴らしい。


20240421 fujimiya-22


地図に“のどかな山村”と書いてある集落には茶屋風なお店。
店先にはアイスの幟。


20240421 fujimiya-23


時刻は9:26。
岩場などでひと汗もふた汗もかいてデトックス的な身体はアイスを欲する。


20240421 fujimiya-24


ビールは毎日でも飲んでいるが、アイスを食べるのは何年ぶりだろう…
というようなことを毎年言ってる気がするので、平均して1年ぶり?


20240421 fujimiya-25

20240421 fujimiya-26


窓から南西に眺望が広がり、(アイス等)付加価値が加わる分、高指山山頂にまさる。


20240421 fujimiya-27

20240421 fujimiya-28


ひと汗もふた汗もかいて、眺めもよく、これほどうまいアイスを食べたのは何年ぶりだろう。

(つづく)


20240421 fujimiya-29


[DATA]
ふじみや
埼玉県日高市高麗本郷939









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/SAl6ZnIDwKE



wachat240421-22.jpg



20240421 fujimiya-30
次号予告


遠足のメッカ ――日和田山

2024.04.21

 日曜日、山に行きたいけれども、早いところは昼すぎに降り出し夜には本降りという雨予報で、悩むところだが、まあ早くに出て昼すぎまでに撤収すればよいわけで。
ということで近場の低山。

R299台交差点は、秩父方面とカワセミ街道~毛呂山方面の分岐となる交通の要衝だが、車で通るとき必ずハイカーの姿を見かけ、低山ハイクのメッカ的でもある。
ハイカーがめざすのは日和田山登山口。


20240421 hiwadasan-11


日和田山の名前にはだいぶ前から聞き覚えがあった。
娘の保育園の遠足の行き先だったりと。
低山ハイクというより、遠足のメッカ。


20240421 hiwadasan-1220240421 hiwadasan-13
R299台交差点で、向かって左が巾着田・および和田山


保育園の遠足じゃなぁ… とこれまでまともに取り合ってこなかったが、調べてみると初級から上級までいくつものコースへと展開する奥武蔵~秩父エリアの玄関口というのが、日和田山の位置づけだったりする。


20240421 hiwadasan-10-120240421 hiwadasan-10-220240421 hiwadasan-10-3
(西武鉄道で行くハイキングコース24選「滝とのどかな高麗の山里への道」より)


西武鉄道の運営する「西武鉄道で行くハイキングコース24選」というサイトで「滝とのどかな高麗の山里への道」というモデルコースを見つけた。
このサイトは記事・地図とも非常に質が高いので、そのまま使えるでしょ c( ̄▽ ̄)


20240421 hiwadasan-14
正面が日和田山


5時起きで6時すぎに家を出て7時15分、高麗駅到着。
高麗駅は台交差点の間近。
調べておいた1日500円の駐車場に止め、車で通るときのランドマーク「ローソン日高高麗店」で昼ごはん用のパンを買う。


20240421 hiwadasan-15


台交差点から下り、高麗川を渡ってカワセミ街道を上ってまもなく、「←日和田山登山口」の道標。


20240421 hiwadasan-16


少し上ると、右に駐車場、左にきれいな公衆トイレ、その間に日和田山登山口。


20240421 hiwadasan-17


ゆるゆる上ると、堂々たる一の鳥居。


20240421 hiwadasan-18


鳥居をくぐると道は二手に分かれ、左が男坂、右が女坂。
寺社によくあるパターンである。


20240421 hiwadasan-19


さっきまで女坂を上るつもりでいたが、フラフラッと左へ。
ヤマツツジがきれいに咲いているから。
この先は桃源郷か、はたまた山姥のすみかか。


20240421 hiwadasan-20


少し下ると沢筋で、いろいろ標識が立っている。
男坂とはどうやら正面のゴツゴツした岩肌に真っ向から取り組むコースらしい。


20240421 hiwadasan-22


「なにこれ💢」
「かんべんして🗯️」
はじめまだ文句を言う余裕もあったが、やがて無口に。


20240421 hiwadasan-25

20240421 hiwadasan-26


怖いので写真もほとんど撮ってないです💦
保育園児はこんなとこ登るのか? 😱


20240421 hiwadasan-27


大きな岩を回り込んで振り返ると、木々の間に視界が開け、ピンポイントに巾着田の全容が見渡せる。


20240421 hiwadasan-28

  
上りきると金刀比羅神社二の鳥居で、眼下には雄大な眺望が。
たしかに得がたい達成感である。


20240421 hiwadasan-30

20240421 hiwadasan-29

20240421 hiwadasan-32


鳥居の下で撮影を頼まれたベテラン風のおじさんに聞いてみた。

「女坂のほうが楽ですか?」
「それはもう、ぜんぜん。こっち(男坂)を下るのはキツいので、上りはこっち… なんです」

こういう慣れたふうな人でもこっちはキツいのね、と少し安心した😅

今後の人生において男か女かどっちか選べと選択を迫られるような場面があれば、迷わず女を選ぶだろう。


20240421 hiwadasan-31

20240421 hiwadasan-33

20240421 hiwadasan-34


金刀比羅神社にお参りして社殿の右を回り込んで少し上ると、日和田山山頂。


20240421 hiwadasan-38


標高302mとは思えない、登りごたえのある山なのである。


20240421 hiwadasan-36


ここからは北側への眺望が利く。
予報に反し、空も明るくなってきた。

(つづく)


20240421 hiwadasan-37


[DATA]
日和田山
埼玉県日高市清流









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/YYDvxhcqusw?si=ZVBJpqigSaRtorVx



wachat240421-11.jpg



20240421 hiwadasan-39
次号予告

紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】

2024.04.20

 運動のため自転車で新宿へ。
先日の新宿ネタに書いているように、新宿までの最短距離27.5km。
今日通ったルートは最短より1割増として、片道30kmくらいかと。


20240420 monsnack-11


前々記事前記事の流れで、せっかく街に出かけるからには、書店をチェックしておきたい。


20240420 monsnack-12


新宿で書店といえば紀伊國屋。
新宿紀伊國屋といえば地下飲食店街😅


20240420 monsnack-13


ずっと工事中でテナントも閉じた状況が続いていたと思うが、先日いろいろ飲食店がオープンしている現場を通りかかった。
その中に「モンスナック」の名前が。


20240420 monsnack-14


モンスナックといえば――

紀伊國屋ビルができた1964(昭和39)年に地下1階に創業した老舗カレースタンドで…
2021年7月、ビルの耐震補強工事に伴い閉店… と報道されていたが、「モンスナック 新宿野村ビル店」が2022年1月14日オープンし、移転かと思われていたが…

このたび創業の地で再スタート。


20240420 monsnack-15


タッチパネル券売機と連動のセルフシステムである。
カツカレーをポツッとし、席を確保して発券番号で呼ばれるのを待つ。


20240420 monsnack-16


売り文句のとおりカレーはしゃばしゃばだが、前に食べたとき感じたより“具”は多いと思う。
豚バラブロックがごろごろで、あとズッキーニ? の薄切りがいっぱい。


20240420 monsnack-17

20240420 monsnack-18 (2)

20240420 monsnack-19


👆️の写真のようにカツやライスが埋没するほど、カレーがタプタプの盛り。
明らかにサービス精神なのでありがたい限りだが、味濃いめのカレータプタプというのは、塩分調整生活の人としては過剰ぎみ。
バランス的にはごはんがもっと多いとウレシイかも(←カロリーは気にしていないもよう)


20240420 monsnack-20


――変わらぬ製法 元祖しゃばしゃばカレー。「モンスナック」は、紀伊國屋ビルが竣工した昭和39(1964)年に地下1階に創業した老舗カレースタンドです。著名人のサイン色紙がぎっしりと飾られた店内は「昭和」を感じさせる雰囲気が漂い、創業当時と変わらぬ製法にこだわった元祖しゃばしゃばカレーは長年多くの方に親しまれてきました。紀伊國屋プレスリリースより)


20240420 monsnack-21


ところで、書店チェックはどうなった? 💦


20240420 monsnack-22


[DATA]
モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店
東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋ビルB1F
http://www.monsnack.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/aQhKqlOccHE?si=GlfgdYj5GVTFcRyO



wachat340420.jpg



20240420 monsnack-24
次はここかな…


Latest Articles
辻のお地蔵さん 【北向地蔵】 Apr 25, 2024
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2